DROP WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)DROP WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)

製品をクリックしてくださいClick a product!

次の行から興味がある製品名をクリックしてみてください。In the following row, click whichever product name you're interested in. この Web ページでは、クリックした製品に合わせて、異なるコンテンツが表示されます。The click displays different content here on this webpage, appropriate for whichever product you click.

* SQL Server *  * SQL Server *   SQL Database
マネージド インスタンス
SQL Database
managed instance
SQL Data
Warehouse
SQL Data
Warehouse

 

SQL Server と SQL Database Managed InstanceSQL Server and SQL Database managed instance

既存のユーザー定義の Resource Governor ワークロード グループを削除します。Drops an existing user-defined Resource Governor workload group.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions.

構文Syntax


DROP WORKLOAD GROUP group_name  
[;]  

引数Arguments

group_namegroup_name
既存のユーザー定義のワークロード グループの名前を指定します。Is the name of an existing user-defined workload group.

RemarksRemarks

Resource Governor の内部グループや既定のグループに対して、DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを使用することはできません。The DROP WORKLOAD GROUP statement is not allowed on the Resource Governor internal or default groups.

DDL ステートメントを実行する場合、Resource Governor の状態について詳しく理解しておくことをお勧めします。When you are executing DDL statements, we recommend that you be familiar with Resource Governor states. 詳細については、「リソース ガバナー」を参照してください。For more information, see Resource Governor.

アクティブなセッションが含まれているワークロード グループを削除したり別のリソース プールに移動したりした場合、その変更を適用するために ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを呼び出すと失敗します。If a workload group contains active sessions, dropping or moving the workload group to a different resource pool will fail when the ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE statement is called to apply the change. この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します。To avoid this problem, you can take one of the following actions:

  • そのグループからすべてのセッションが切断されるまで待ってから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。Wait until all the sessions from the affected group have disconnected, and then rerun the ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE statement.

  • そのグループ内のセッションを KILL コマンドで明示的に停止してから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。Explicitly stop sessions in the affected group by using the KILL command, and then rerun the ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE statement.

  • サーバーを再起動します。Restart the server. 再起動プロセスの完了後、削除したグループは作成されず、移動したグループは新しいリソース プール割り当てを使用します。After the restart process is completed, the deleted group will not be created, and a moved group will use the new resource pool assignment.

  • DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを実行してから、変更適用のためにセッションを明示的に停止するのは不適切であると判断した場合、DROP ステートメントの実行前と同じ名前でグループを再作成し、このグループを元のリソース プールに移動することができます。In a scenario in which you have issued the DROP WORKLOAD GROUP statement but decide that you do not want to explicitly stop sessions to apply the change, you can re-create the group by using the same name that it had before you issued the DROP statement, and then move the group to the original resource pool. 変更を適用するには、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを実行します。To apply the changes, run the ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE statement.

アクセス許可Permissions

CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires CONTROL SERVER permission.

使用例Examples

次の例では、adhoc という名前のワークロード グループを削除します。The following example drops the workload group named adhoc.

DROP WORKLOAD GROUP adhoc;  
GO  
ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE;  
GO  

参照See Also

リソース ガバナー Resource Governor
CREATE WORKLOAD GROUP (Transact-SQL) CREATE WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)
ALTER WORKLOAD GROUP (Transact-SQL) ALTER WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)
CREATE RESOURCE POOL (Transact-SQL) CREATE RESOURCE POOL (Transact-SQL)
ALTER RESOURCE POOL (Transact-SQL) ALTER RESOURCE POOL (Transact-SQL)
DROP RESOURCE POOL (Transact-SQL) DROP RESOURCE POOL (Transact-SQL)
ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL)ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL)

SQL ServerSQL Server SQL Database
マネージド インスタンス
SQL Database
managed instance
* SQL Data
Warehouse *
 
* SQL Data
Warehouse *
 

 

SQL Data Warehouse (プレビュー)SQL Data Warehouse (Preview)

ワークロード グループを削除します。Drops a workload group. ステートメントが完了すると、設定が有効になります。Once the statement completes, the settings are in effect.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions.

構文Syntax

DROP WORKLOAD GROUP group_name  

引数Arguments

group_namegroup_name
既存のユーザー定義のワークロード グループの名前を指定します。Is the name of an existing user-defined workload group.

RemarksRemarks

ワークロード グループに分類子が存在する場合、ワークロード グループを削除することはできません。A workload group cannot be dropped if classifiers exist for the workload group. ワークロード グループが削除される前に、分類子を削除します。Drop the classifiers before the workload group is dropped. ワークロード グループのリソースを使用しているアクティブな要求が削除されると、それらの背後で DROP WORKLOAD ステートメントがブロックされます。If there are active requests using resources from the workload group being dropped, the drop workload statement is blocked behind them.

使用例Examples

ワークロード グループを削除するには、その前に次のコード例を使用して、削除する必要がある分類子を決定する必要があります。Use the following code example to determine which classifiers need to be dropped before the workload group can be dropped.

SELECT c.name as classifier_name
      ,'DROP WORKLOAD CLASSIFIER '+c.name as drop_command
  FROM sys.workload_management_workload_classifiers c
  JOIN sys.workload_management_workload_groups g
    ON c.group_name = g.name
  WHERE g.name = 'wgXYZ' --change the filter to the workload being dropped

アクセス許可Permissions

CONTROL DATABASE アクセス許可が必須ですRequires CONTROL DATABASE permission

参照See also

CREATE WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)CREATE WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)