RESTORE ステートメントの引数 (Transact-SQL)RESTORE Statements - Arguments (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、RESTORE {DATABASE|LOG} ステートメントと、関連する補助ステートメントRESTORE FILELISTONLY、RESTORE HEADERONLY、RESTORE LABELONLY、RESTORE REWINDONLY、および RESTORE VERIFYONLY の「構文」に記載されている引数について説明します。This topic documents the arguments that are described in the Syntax sections of the RESTORE {DATABASE|LOG} statement and of the associated set of auxiliary statements: RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, RESTORE REWINDONLY, and RESTORE VERIFYONLY. ほとんどの引数は、これら 6 つのステートメントでのみ使用できます。Most of the arguments are supported by only a subset of these six statements. 各引数のサポート状況については、引数の説明で示します。The support for each argument is indicated in the description of the argument.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

構文については、次のトピックを参照してください。For syntax, see the following topics:

引数Arguments

DATABASEDATABASE
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

対象のデータベースを指定します。Specifies the target database. ファイルとファイル グループのリストを指定した場合は、そのファイルとファイル グループだけが復元されます。If a list of files and filegroups is specified, only those files and filegroups are restored.

データベースで完全な復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルを使用しているときは、ほとんどの場合、SQL ServerSQL Server ではデータベースの復元前にログ末尾のバックアップが必要になります。For a database using the full or bulk-logged recovery model, SQL ServerSQL Server requires in most cases that you back up the tail of the log before restoring the database. RESTORE DATABASE ステートメントに WITH REPLACE 句または WITH STOPAT 句が指定されていない場合、最初にログ末尾のバックアップを行わずに、データベースを復元しようとするとエラーが発生します。これらの句は、データのバックアップ終了後の時間またはトランザクションの指定が必要となる句です。Restoring a database without first backing up the tail of the log results in an error, unless the RESTORE DATABASE statement contains either the WITH REPLACE or the WITH STOPAT clause, which must specify a time or transaction that occurred after the end of the data backup. ログ末尾のバックアップの詳細については、「ログ末尾のバックアップ (SQL Server)」をご覧ください。For more information about tail-log backups, see Tail-Log Backups (SQL Server).

LOGLOG
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

トランザクション ログ バックアップをこのデータベースに適用することを指定します。Specifies that a transaction log backup is to be applied to this database. トランザクション ログは順番に適用する必要があります。Transaction logs must be applied in sequential order. SQL ServerSQL Server では、バックアップされたトランザクション ログがチェックされ、トランザクションが正しいデータベースに正しい順序で読み込まれていることが確認されます。checks the backed up transaction log to ensure that the transactions are being loaded into the correct database and in the correct sequence. 複数のトランザクション ログを適用するには、最後の復元操作を除くすべての復元操作で NORECOVERY オプションを使用します。To apply multiple transaction logs, use the NORECOVERY option on all restore operations except the last.

注意

通常、最後に復元されるログは、ログ末尾のバックアップです。Typically, the last log restored is the tail-log backup. ログ末尾のバックアップ は、データベースを復元する直前 (通常は、データベースでの失敗の後) に行われるログ バックアップです。A tail-log backup is a log backup taken right before restoring a database, typically after a failure on the database. 損傷した可能性があるデータベースに関するログ末尾のバックアップを使用すると、まだバックアップされていないログ (ログの末尾) がキャプチャされるので、作業の抜けや失敗を防ぐことができます。Taking a tail-log backup from the possibly damaged database prevents work loss by capturing the log that has not yet been backed up (the tail of the log). 詳細については、「ログ末尾のバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Tail-Log Backups (SQL Server).

詳細については、「トランザクション ログ バックアップの適用 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Apply Transaction Log Backups (SQL Server).

{ database_name | @ database_name_var}{ database_name | @database_name_var}
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

ログまたはデータベース全体の復元先データベースを指定します。Is the database that the log or complete database is restored into. 変数 ( @ database_name_var) として指定する場合、この名前は、文字列定数 ( @ database_name_var = database_name) として、または ntexttext データ型を除く、文字列データ型の変数として指定できます。If supplied as a variable (@database_name_var), this name can be specified either as a string constant (@database_name_var = database_name) or as a variable of character string data type, except for the ntext or text data types.

<file_or_filegroup_or_page> [ , ...n ]<file_or_filegroup_or_page> [ ,...n ]
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

RESTORE DATABASE または RESTORE LOG ステートメントに含める論理ファイル、論理ファイル グループ、またはページの名前を指定します。Specifies the name of a logical file or filegroup or page to include in a RESTORE DATABASE or RESTORE LOG statement. ファイルまたはファイル グループのリストを指定できます。You can specify a list of files or filegroups.

単純復旧モデルを使用するデータベースでは、FILE および FILEGROUP オプションは、対象のファイルまたはファイル グループが読み取り専用の場合、またはこれが PARTIAL 復元である場合 (結果としてファイル グループの機能停止につながる) にのみ指定できます。For a database that uses the simple recovery model, the FILE and FILEGROUP options are allowed only if the target files or filegroups are read only, or if this is a PARTIAL restore (which results in a defunct filegroup).

データベースで完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルを使用している場合、RESTORE DATABASE を使用して 1 つ以上のファイル、ファイル グループ、ページを復元した後では、通常、復元したデータを含むこれらのファイルにトランザクション ログを適用する必要があります。トランザクション ログを適用すると、これらのファイルとデータベースの残りの部分の一貫性がとれるようになります。For a database that uses the full or bulk-logged recovery model, after using RESTORE DATABASE to restore one or more files, filegroups, and/or pages, typically, you must apply the transaction log to the files containing the restored data; applying the log makes those files consistent with the rest of the database. ただし、次の場合は例外となります。The exceptions to this are as follows:

  • 復元するファイルが、前回のバックアップ時まで読み取り専用であった場合。この場合、トランザクション ログを適用する必要はありません。RESTORE ステートメントではこの状況が報告されます。If the files being restored were read-only before they were last backed up-then a transaction log does not have to be applied, and the RESTORE statement informs you of this situation.

  • バックアップにプライマリ ファイル グループが含まれており、部分バックアップを実行する場合。If the backup contains the primary filegroup and a partial restore is being performed. この場合、バックアップ セットから自動的にログが復元されるので、復元ログは必要ありません。In this case, the restore log is not needed because the log is restored automatically from the backup set.

FILE = { logical_file_name_in_backup| @ logical_file_name_in_backup_var}FILE = { logical_file_name_in_backup| @logical_file_name_in_backup_var}
データベースの復元に含めるファイルの名前を指定します。Names a file to include in the database restore.

FILEGROUP = { logical_filegroup_name | @ logical_filegroup_name_var }FILEGROUP = { logical_filegroup_name | @logical_filegroup_name_var }
データベースの復元に含めるファイル グループの名前を指定します。Names a filegroup to include in the database restore.

指定したファイル グループが読み取り専用で、これが部分復元である場合 (つまり、WITH PARTIAL が使用される場合)、FILEGROUP は単純復旧モデルでのみ使用できます。Note FILEGROUP is allowed in simple recovery model only if the specified filegroup is read-only and this is a partial restore (that is, if WITH PARTIAL is used). 復元されなかった読み書き可能なファイル グループは機能していないとマークされ、ここで復元されたデータベースには以降復元できなくなります。Any unrestored read-write filegroups are marked as defunct and cannot subsequently be restored into the resulting database.

READ_WRITE_FILEGROUPSREAD_WRITE_FILEGROUPS
読み書き可能なファイル グループをすべて選択します。Selects all read-write filegroups. このオプションは、読み書き可能なファイル グループを復元した後で、読み取り専用のファイル グループを復元する場合に特に便利です。This option is particularly useful when you have read-only filegroups that you want to restore after read-write filegroups before the read-only filegroups.

PAGE = ' file : _page* [ , ...n ] 'PAGE = 'file:_page* [ ,...n ]'
ページ復元の対象となる 1 ページまたは複数ページのリストを指定します (ページ復元は、完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルを使用しているデータベースに対してのみサポートされています)。Specifies a list of one or more pages for a page restore (which is supported only for databases using the full or bulk-logged recovery models). 値は次のとおりです。The values are as follows:

PAGEPAGE
1 つ以上のファイルおよびページで構成されるリストです。Indicates a list of one or more files and pages.

filefile
復元する特定ページを含むファイルのファイル ID です。Is the file ID of the file containing a specific page to be restored.

pagepage
ファイル内の復元対象ページのページ ID です。Is the page ID of the page to be restored in the file.

nn
複数のページを指定できることを示すプレースホルダーです。Is a placeholder indicating that multiple pages can be specified.

復元シーケンスで 1 つのファイルに復元できる最大ページ数は、1,000 ページです。The maximum number of pages that can be restored into any single file in a restore sequence is 1000. ただし、ファイルに含まれる損傷ページの数が多い場合は、ページでなくファイル全体を復元することをお勧めします。However, if you have more than a small number of damaged pages in a file, consider restoring the whole file instead of the pages.

注意

ページ復元は復旧されません。Page restores are never recovered.

ページ復元の詳細については、「ページ復元 (SQL Server)」を参照してください。For more information about page restore, see Restore Pages (SQL Server).

[ , ...n ][ ,...n ]
複数のファイル、ファイル グループ、およびページをコンマ区切りリストに指定できることを示すプレースホルダーです。Is a placeholder indicating that multiple files and filegroups and pages can be specified in a comma-separated list. 数の制限はありません。The number is unlimited.

FROM { <backup_device> [ , ...n ]| <database_snapshot> } 通常、バックアップを復元する元のバックアップ デバイスを指定します。FROM { <backup_device> [ ,...n ]| <database_snapshot> } Typically, specifies the backup devices from which to restore the backup. または、RESTORE DATABASE ステートメントの中で FROM 句を使用して、データベースを元に戻すためのデータベース スナップショットの名前を指定することもできます。この場合、WITH 句は使用できません。Alternatively, in a RESTORE DATABASE statement, the FROM clause can specify the name of a database snapshot to which you are reverting the database, in which case, no WITH clause is permitted.

FROM 句を省略した場合、バックアップの復元は行われず、If the FROM clause is omitted, the restore of a backup does not take place. 代わりにデータベースが復旧されます。Instead, the database is recovered. この機能により、NORECOVERY オプションで復元されているデータベースを復旧したり、スタンバイ サーバーに切り替えたりすることができます。This allows you to recover a database that has been restored with the NORECOVERY option or to switch over to a standby server. FROM 句を省略する場合は、WITH 句の中で NORECOVERY、RECOVERY、または STANDBY を指定する必要があります。If the FROM clause is omitted, NORECOVERY, RECOVERY, or STANDBY must be specified in the WITH clause.

<backup_device> [ , ...n ] 復元操作に使用する論理または物理バックアップ デバイスを指定します。<backup_device> [ ,...n ] Specifies the logical or physical backup devices to use for the restore operation.

サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE REWINDONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, RESTORE REWINDONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

<backup_device>::= バックアップ操作に使用する論理または物理バックアップ デバイスを、次のように指定します。<backup_device>::= Specifies a logical or physical backup device to use for the backup operation, as follows:

{ logical_backup_device_name | @ logical_backup_device_name_var }{ logical_backup_device_name | @logical_backup_device_name_var }
データベースの復元元である、sp_addumpdevice で作成されたバックアップ デバイスの論理名を指定します。この名前は識別子の規則に従っている必要があります。Is the logical name, which must follow the rules for identifiers, of the backup device(s) created by sp_addumpdevice from which the database is restored. 変数 ( @ logical_backup_device_name_var) として指定する場合、バックアップ デバイス名は、文字列定数 ( @ logical_backup_device_name_var = logical_backup_device_name) として、または ntexttext データ型を除く、文字の文字列データ型の変数として指定できます。If supplied as a variable (@logical_backup_device_name_var), the backup device name can be specified either as a string constant (@logical_backup_device_name_var = logical_backup_device_name) or as a variable of character string data type, except for the ntext or text data types.

{DISK | TAPE } = { ' physical_backup_device_name ' | @ physical_backup_device_name_var }{DISK | TAPE } = { 'physical_backup_device_name' | @physical_backup_device_name_var }
指定したディスク デバイスまたはテープ デバイスから、バックアップを復元することを許可します。Allows backups to be restored from the named disk or tape device. ディスクとテープのデバイスの種類は、DISK ='Z:\SQLServerBackups\AdventureWorks.bak'TAPE ='\\\\.\TAPE0' のように、デバイスの実際の名前 (たとえば、完全なパスとファイル名) を使用して指定する必要があります。The device types of disk and tape should be specified with the actual name (for example, complete path and file name) of the device: DISK ='Z:\SQLServerBackups\AdventureWorks.bak' or TAPE ='\\\\.\TAPE0'. 変数 ( @ physical_backup_device_name_var) として指定する場合、デバイス名は、文字列定数 ( @ physical_backup_device_name_var = 'physical_backup_device_name') として、または ntexttext データ型を除く、文字の文字列データ型の変数として指定できます。If specified as a variable (@physical_backup_device_name_var), the device name can be specified either as a string constant (@physical_backup_device_name_var = 'physical_backup_device_name') or as a variable of character string data type, except for the ntext or text data types.

UNC 名 (マシン名を含む必要があります) を持つネットワークサーバーを使用している場合は、ディスクのデバイスの種類を指定します。If using a network server with a UNC name (which must contain machine name), specify a device type of disk. UNC 名を使用する方法の詳細については、「バックアップ デバイス (SQL Server)」を参照してください。For more information about how to use UNC names, see Backup Devices (SQL Server).

RESTORE 操作を実行するには、SQL ServerSQL Server を実行するアカウントに、リモート コンピューターまたはネットワーク サーバーへの読み取りアクセス権が与えられている必要があります。The account under which you are running SQL ServerSQL Server must have READ access to the remote computer or network server in order to perform a RESTORE operation.

nn
最大 64 個のバックアップ デバイスをコンマ区切りリストに指定できることを示すプレースホルダーです。Is a placeholder indicating that up to 64 backup devices may be specified in a comma-separated list.

以下に示すように、復元シーケンスで必要になるバックアップ デバイスの数が、バックアップが含まれるメディア セットの作成で使用したデバイスの数と同じになるかどうかは、復元をオフラインとオンラインのどちらで行うかによって決まります。Whether a restore sequence requires as many backup devices as were used to create the media set to which the backups belong, depends on whether the restore is offline or online, as follows:

  • オフライン復元の場合は、バックアップの作成時よりも少ない数のデバイスでバックアップを復元できます。Offline restore allows a backup to be restored using fewer devices than were used to create the backup.

  • オンライン復元の場合は、バックアップの作成時に使用されたすべてのバックアップ デバイスが必要です。Online restore requires all the backup devices of the backup. それより少ない数のデバイスで復元しようとしても失敗します。An attempt to restore with fewer devices fails.

たとえば、サーバーに接続している 4 つのテープ ドライブに、データベースがバックアップされているとします。For example, consider a case in which a database was backed up to four tape drives connected to the server. これをオンライン復元する場合は、サーバーに 4 つのドライブを接続する必要がありますが、オフライン復元する場合は、マシンに接続しているドライブが 3 つ以下でもバックアップを復元できます。An online restore requires that you have four drives connected to the server; an offline restore allows you to restore the backup if there are less than four drives on the machine.

注意

ミラー化メディア セットからバックアップを復元する場合は、各メディア ファミリに対して 1 つのミラーだけを指定できます。When you are restoring a backup from a mirrored media set, you can specify only a single mirror for each media family. エラーが発生したとき、他に複数のミラーを用意しておくと復元に関する問題をすばやく解決できる場合があります。In the presence of errors, however, having the other mirrors enables some restore problems to be resolved quickly. 損傷したメディア ボリュームは、別のミラーの対応するボリュームで代替できます。You can substitute a damaged media volume with the corresponding volume from another mirror. オフライン復元の場合は、メディア ファミリの数よりも少ない数のデバイスから復元できますが、各ファミリは一度しか処理されないことに注意してください。Be aware that for offline restores you can restore from fewer devices than media families, but each family is processed only once.

<database_snapshot>::=<database_snapshot>::=
サポートしているステートメント: RESTORE DATABASESupported by: RESTORE DATABASE

DATABASE_SNAPSHOT = database_snapshot_nameDATABASE_SNAPSHOT =database_snapshot_name
database_snapshot_name で指定したデータベース スナップショットにデータベースを戻します。Reverts the database to the database snapshot specified by database_snapshot_name. DATABASE_SNAPSHOT オプションは、データベース全体の復元にのみ使用できます。The DATABASE_SNAPSHOT option is available only for a full database restore. 元に戻す操作では、データベース スナップショットがデータベース全体のバックアップの代わりとなります。In a revert operation, the database snapshot takes the place of a full database backup.

指定したデータベース スナップショットが、データベース上の唯一のデータベース スナップショットであることが必要です。A revert operation requires that the specified database snapshot is the only one on the database. 元に戻す操作の実行中は、データベース スナップショットと出力先データベースの両方が In restore としてマークされます。During the revert operation, the database snapshot and the destination database and are both marked as In restore. 詳細については、「RESTORE DATABASE」の「解説」セクションを参照してください。For more information, see the "Remarks" section in RESTORE DATABASE.

WITH オプションWITH Options

復元操作で使用するオプションを指定します。Specifies the options to be used by a restore operation. 各オプションを使用するステートメントの一覧については、このトピックに後述される「WITH オプションと対応ステートメントの一覧」を参照してください。For a summary of which statements use each option, see "Summary of Support for WITH Options," later in this topic.

注意

ここでは、WITH オプションが「RESTORE {DATABASE|LOG}」の「構文」セクションと同じ順序で構成されています。WITH options are organized here in the same order as in the "Syntax" section in RESTORE {DATABASE|LOG}.

PARTIALPARTIAL
サポートしているステートメント: RESTORE DATABASESupported by: RESTORE DATABASE

部分復元操作で、プライマリ ファイル グループと指定したセカンダリ ファイル グループを復元することを指定します。Specifies a partial restore operation that restores the primary filegroup and any specified secondary filegroup(s). PARTIAL オプションでは暗黙的にプライマリ ファイル グループが選択されるので、FILEGROUP = 'PRIMARY' を指定する必要はありません。The PARTIAL option implicitly selects the primary filegroup; specifying FILEGROUP = 'PRIMARY' is unnecessary. セカンダリ ファイル グループを復元するには、FILE オプションまたは FILEGROUP オプションで明示的にファイル グループを指定する必要があります。To restore a secondary filegroup, you must explicitly specify the filegroup using the FILE option or FILEGROUP option.

PARTIAL オプションは、RESTORE LOG ステートメントでは使用できません。The PARTIAL option is not allowed on RESTORE LOG statements.

PARTIAL オプションによって段階的な部分復元の初期段階を開始できるようになりました。この場合、残りのファイル グループは後で復元することができます。The PARTIAL option starts the initial stage of a piecemeal restore, which allows remaining filegroups to be restored at a later time. 詳細については、「段階的な部分復元 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Piecemeal Restores (SQL Server).

[ RECOVERY | NORECOVERY | STANDBY ][ RECOVERY | NORECOVERY | STANDBY ]
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

RECOVERYRECOVERY
復元操作に対して、コミットされていないトランザクションをロールバックすることを指定します。Instructs the restore operation to roll back any uncommitted transactions. 復元操作の後、データベースは使用可能な状態になります。After the recovery process, the database is ready for use. NORECOVERY、RECOVERY、または STANDBY のいずれも指定しない場合は、RECOVERY が既定値になります。If neither NORECOVERY, RECOVERY, nor STANDBY is specified, RECOVERY is the default.

この後 RESTORE 操作 (差分バックアップからの RESTORE LOG または RESTORE DATABASE) を予定している場合は、代わりに NORECOVERY または STANDBY を指定してください。If subsequent RESTORE operations (RESTORE LOG, or RESTORE DATABASE from differential) are planned, NORECOVERY or STANDBY should be specified instead.

以前のバージョンの SQL ServerSQL Server で作成したバックアップ セットを復元するときには、データベースのアップグレードが必要になる場合があります。When restoring backup sets from an earlier version of SQL ServerSQL Server, a database upgrade might be required. このアップグレードは、WITH RECOVERY が指定されていれば自動的に実行されます。This upgrade is performed automatically when WITH RECOVERY is specified. 詳細については、「トランザクション ログ バックアップの適用 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Apply Transaction Log Backups (SQL Server).

注意

FROM 句を省略する場合は、WITH 句の中で NORECOVERY、RECOVERY、または STANDBY を指定する必要があります。If the FROM clause is omitted, NORECOVERY, RECOVERY, or STANDBY must be specified in the WITH clause.

NORECOVERYNORECOVERY
復元操作に対して、コミットされていないトランザクションをロールバックしないことを指定します。Instructs the restore operation to not roll back any uncommitted transactions. 別のトランザクション ログを後で適用する必要がある場合は、NORECOVERY または STANDBY オプションのいずれかを指定してください。If another transaction log has to be applied later, specify either the NORECOVERY or STANDBY option. NORECOVERY、RECOVERY、または STANDBY のいずれも指定しない場合は、RECOVERY が既定値になります。If neither NORECOVERY, RECOVERY, nor STANDBY is specified, RECOVERY is the default. NORECOVERY オプションを使用したオフライン復元操作が行われている間、データベースは使用できません。During an offline restore operation using the NORECOVERY option, the database is not usable.

データベース バックアップと 1 つ以上のトランザクション ログを復元する場合や、複数の RESTORE ステートメントが必要な場合 (データベース全体を復元してからデータベースの差分バックアップを復元する場合など) は、最後の RESTORE ステートメントを除くすべての RESTORE ステートメントに、WITH NORECOVERY オプションを指定する必要があります。For restoring a database backup and one or more transaction logs or whenever multiple RESTORE statements are necessary (for example, when restoring a full database backup followed by a differential database backup), RESTORE requires the WITH NORECOVERY option on all but the final RESTORE statement. 推奨事項としては、複数段階に分かれた復元シーケンスで、すべてのステートメントに WITH NORECOVERY を使用して目的の復旧ポイントまで復旧を行います。その後で、個別の RESTORE WITH RECOVERY ステートメントを使用して、復旧のみを行うことをお勧めします。A best practice is to use WITH NORECOVERY on ALL statements in a multi-step restore sequence until the desired recovery point is reached, and then to use a separate RESTORE WITH RECOVERY statement for recovery only.

ファイルまたはファイル グループの復元操作で NORECOVERY を使用した場合、データベースは復元操作の後も復元中の状態になります。When used with a file or filegroup restore operation, NORECOVERY forces the database to remain in the restoring state after the restore operation. これは、次の状況で効果的です。This is useful in either of these situations:

  • 復元スクリプトが実行されていて、ログが常に適用される場合。A restore script is being run and the log is always being applied.

  • ファイルが順番に復元されており、2 つの復元操作の間でデータベースを使用できないようにする場合。A sequence of file restores is used and the database is not intended to be usable between two of the restore operations.

場合によっては、RESTORE WITH NORECOVERY では、ロールフォワード セットがデータベースとの一貫性を保てるポイントまでロールフォワードされることがあります。In some cases RESTORE WITH NORECOVERY rolls the roll forward set far enough forward that it is consistent with the database. このような場合、ロールバックは発生せず、データはオフラインのままになります。これはこのオプションに想定されている動作ですが、In such cases, roll back does not occur and the data remains offline, as expected with this option. データベース エンジンDatabase Engineからは情報メッセージが返され、RECOVERY オプションを使用してロールフォワード セットを復元できるようになったことが示されます。However, the データベース エンジンDatabase Engine issues an informational message that states that the roll-forward set can now be recovered by using the RECOVERY option.

STANDBY = standby_file_nameSTANDBY =standby_file_name
スタンバイ ファイルを指定します。このファイルを使用すると、復旧の結果を元に戻すことができます。Specifies a standby file that allows the recovery effects to be undone. STANDBY オプションは、部分復元を含むオフライン復元で使用でき、The STANDBY option is allowed for offline restore (including partial restore). オンライン復元では使用できません。The option is disallowed for online restore. オンライン復元操作に STANDBY オプションを指定すると、復元操作は失敗します。Attempting to specify the STANDBY option for an online restore operation causes the restore operation to fail. また、データベースのアップグレードが必要な場合も、STANDBY は使用できません。STANDBY is also not allowed when a database upgrade is necessary.

スタンバイ ファイルは、RESTORE WITH STANDBY の Undo パスにおいて変更されるページに対して、"書き込み時コピー" のプリイメージを保持するために使用されます。The standby file is used to keep a "copy-on-write" pre-image for pages modified during the undo pass of a RESTORE WITH STANDBY. スタンバイ ファイルを使用すると、トランザクション ログの復元の間では、読み取り専用でデータベースにアクセスできます。また、このファイルは、ウォーム スタンバイ サーバーを使用する場合や、特別な復旧状況 (ログの復元の間にデータベースを調査する場合など) で使用できます。The standby file allows a database to be brought up for read-only access between transaction log restores and can be used with either warm standby server situations or special recovery situations in which it is useful to inspect the database between log restores. RESTORE WITH STANDBY 操作の後、次に RESTORE 操作を行うと、UNDO ファイルは自動的に削除されます。After a RESTORE WITH STANDBY operation, the undo file is automatically deleted by the next RESTORE operation. 次に RESTORE 操作を行う前にスタンバイ ファイルを手動で削除した場合は、データベース全体をもう一度復元する必要があります。If this standby file is manually deleted before the next RESTORE operation, then the entire database must be re-restored. データベースが STANDBY の状態にある間、このスタンバイ ファイルは他のデータベース ファイルと同様に扱う必要があります。While the database is in the STANDBY state, you should treat this standby file with the same care as any other database file. ただし他のデータベース ファイルと異なり、このファイルは、アクティブな復元操作の実行中のみ、データベース エンジンDatabase Engineによって開かれたままになります。Unlike other database files, this file is only kept open by the データベース エンジンDatabase Engine during active restore operations.

standby_file_name では、場所がデータベースのログに格納されるスタンバイ ファイルを指定します。The standby_file_name specifies a standby file whose location is stored in the log of the database. 指定した名前が既存のファイルのものである場合はファイルが上書きされ、そうでない場合はデータベース エンジンDatabase Engineによってファイルが作成されます。If an existing file is using the specified name, the file is overwritten; otherwise, the データベース エンジンDatabase Engine creates the file.

スタンバイ ファイルのサイズ要件は、復元操作において、コミットされていないトランザクションを元に戻す操作がどれだけあるかによって決まります。The size requirement of a given standby file depends on the volume of undo actions resulting from uncommitted transactions during the restore operation.

重要

指定したスタンバイ ファイルが格納されるドライブでディスク容量がなくなった場合、復元操作は停止します。If free disk space is exhausted on the drive containing the specified standby file name, the restore operation stops.

RECOVERY と NORECOVERY の比較については、「RESTORE」の「解説」セクションを参照してください。For a comparison of RECOVERY and NORECOVERY, see the "Remarks" section in RESTORE.

LOADHISTORYLOADHISTORY
サポートしているステートメント: RESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE VERIFYONLY

復元操作で情報が msdb 履歴テーブルに読み込まれることを指定します。Specifies that the restore operation loads the information into the msdb history tables. LOADHISTORY オプションを指定した場合は、確認中の 1 つのバックアップ セットに対して、メディア セットに格納されている SQL ServerSQL Server バックアップに関する情報が、msdb データベース内のバックアップおよび復元履歴テーブルに読み込まれます。The LOADHISTORY option loads information, for the single backup set being verified, about SQL ServerSQL Server backups stored on the media set to the backup and restore history tables in the msdb database. 履歴テーブルの詳細については、「システム テーブル (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about history tables, see System Tables (Transact-SQL).

<general_WITH_options> [ ,...n ]<general_WITH_options> [ ,...n ]

RESTORE DATABASE および RESTORE LOG ステートメントでは、一般的な WITH オプションをすべて使用できます。The general WITH options are all supported in RESTORE DATABASE and RESTORE LOG statements. これらのオプションの一部は、以下で説明するように 1 つ以上の補助ステートメントでもサポートされます。Some of these options are also supported by one or more auxiliary statements, as noted below.

復元操作オプションRestore Operation Options

以下のオプションは、復元処理の動作に影響します。These options affect the behavior of the restore operation.

MOVE ' logical_file_name_in_backup ' TO ' operating_system_file_name ' [ ...n ]MOVE 'logical_file_name_in_backup' TO 'operating_system_file_name' [ ...n ]
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE and RESTORE VERIFYONLY

logical_file_name_in_backup で論理名が指定されるデータまたはログ ファイルを、operating_system_file_name で指定される場所に復元して移動するように指定します。Specifies that the data or log file whose logical name is specified by logical_file_name_in_backup should be moved by restoring it to the location specified by operating_system_file_name. バックアップ セット内のデータ ファイルまたはログ ファイルの論理ファイル名は、バックアップ セットが作成されたときのデータベース内における論理名と同じです。The logical file name of a data or log file in a backup set matches its logical name in the database when the backup set was created.

n は追加の MOVE ステートメントを指定できることを示すプレースホルダーです。n is a placeholder indicating that you can specify additional MOVE statements. バックアップ セットから新しい位置に復元する論理ファイルごとに、MOVE ステートメントを指定してください。Specify a MOVE statement for every logical file you want to restore from the backup set to a new location. 既定では、logical_file_name_in_backup ファイルが元の場所に復元されます。By default, the logical_file_name_in_backup file is restored to its original location.

注意

バックアップ セットに含まれる論理ファイルの一覧を取得するには、RESTORE FILELISTONLY を使用します。To obtain a list of the logical files from the backup set, use RESTORE FILELISTONLY.

RESTORE ステートメントを使用して、データベースを同じサーバーに再配置したり、別のサーバーにコピーするとき、データベース ファイルの再配置によって既存ファイルとの衝突が発生するのを防ぐために、MOVE オプションが必要になる場合があります。If a RESTORE statement is used to relocate a database on the same server or copy it to a different server, the MOVE option might be necessary to relocate the database files and to avoid collisions with existing files.

RESTORE LOG で MOVE オプションを使用する場合は、復元するログの対象期間中に追加されたファイルを再配置するためにのみ使用してください。When used with RESTORE LOG, the MOVE option can be used only to relocate files that were added during the interval covered by the log being restored. たとえば、ログ バックアップにファイル file23 のファイル追加操作が含まれる場合、このファイルは RESTORE LOG で MOVE オプションを使用して再配置することがあります。For example, if the log backup contains an add file operation for file file23, this file may be relocated using the MOVE option on RESTORE LOG.

SQL ServerSQL Server スナップショット バックアップで使用する際は、MOVE オプションは、元の BLOB と同じストレージ アカウント内の Azure BLOB にファイルを再配置する場合にのみ使用できます。When used with SQL ServerSQL Server Snaphot Backup, the MOVE option can be used only to relocate files to an Azure blob within the same storage account as the original blob. ローカル ファイルまたは別のストレージ アカウントには、スナップショット バックアップを復元するのには、MOVE オプションを使用できません。The MOVE option cannot be used to restore the snapshot backup to a local file or to a different storage account.

RESTORE VERIFYONLY ステートメントを使用して、データベースを同じサーバーに再配置するか別のサーバーにコピーする場合は、対象となるサーバーに利用可能な容量が十分あるかどうか、および既存のファイルと衝突する可能性がないかどうかを確認するために、MOVE オプションが必要になる場合があります。If a RESTORE VERIFYONLY statement is used when you plan to relocate a database on the same server or copy it to a different server, the MOVE option might be necessary to verify that sufficient space is available in the target and to identify potential collisions with existing files.

詳細については、「 バックアップと復元によるデータベースのコピー」を参照してください。For more information, see Copy Databases with Backup and Restore.

CREDENTIALCREDENTIAL
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

適用対象:SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 through SQL Server 2017SQL Server 2017

Microsoft Azure Blob ストレージ サービスからバックアップを復元する場合にのみ使用されます。Used only when restoring a backup from the Microsoft Azure Blob storage service.

注意

SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 から SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) の場合、URL からの復元時にのみ、1 つのデバイスから復元できます。With SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 until SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x), you can only restore from a single device when restoring from URL. URL からの復元時に複数のデバイスから復元するには、SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) から現在のバージョンを使用する必要があります。また、Shared Access Signature (SAS) トークンを使用する必要があります。In order to restore from multiple devices when restoring from URL you must use SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) through current version) and you must use Shared Access Signature (SAS) tokens. 詳細については、「Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップを有効にする」と「Simplifying creation of SQL Credentials with Shared Access Signature ( SAS ) tokens on Azure Storage with PowerShell」 (PowerShell を使用する Azure ストレージにおける Shared Access Signature (SAS) トークンでの SQL 資格情報の作成の簡素化) を参照してください。For more information, see Enable SQL Server Managed Backup to Microsoft Azure and Simplifying creation of SQL Credentials with Shared Access Signature ( SAS ) tokens on Azure Storage with Powershell.

[REPLACE]REPLACE
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

指定したデータベースと同じ名前のデータベースが既に存在していても、SQL ServerSQL Server でデータベースとその関連ファイルを作成することを指定します。Specifies that SQL ServerSQL Server should create the specified database and its related files even if another database already exists with the same name. この場合、既存のデータベースは削除されます。In such a case, the existing database is deleted. REPLACE オプションを指定しない場合、安全性チェックが行われます。When the REPLACE option is not specified, a safety check occurs. これにより、他のデータベースを誤って上書きするのを防止できます。This prevents overwriting a different database by accident. 安全性チェックで次の両方に該当した場合は、RESTORE DATABASE ステートメントで現在のサーバーにデータベースが復元されることはありません。The safety check ensures that the RESTORE DATABASE statement does not restore the database to the current server if the following conditions both exist:

  • RESTORE ステートメントで指定したデータベースが、現在のサーバー上に既に存在する。The database named in the RESTORE statement already exists on the current server, and

  • データベース名が、バックアップ セットに記録されているデータベース名と異なる。The database name is different from the database name recorded in the backup set.

REPLACE を指定すると、既存のファイルが復元するデータベースに属するかどうかを確認できない場合も、RESTORE でそのファイルを上書きできます。REPLACE also allows RESTORE to overwrite an existing file that cannot be verified as belonging to the database being restored. 通常、RESTORE では既存のファイルは上書きされません。Normally, RESTORE refuses to overwrite pre-existing files. WITH REPLACE は、RESTORE LOG オプションと同じ方法で使用することもできます。WITH REPLACE can also be used in the same way for the RESTORE LOG option.

REPLACE はまた、データベースを復元する前のログ末尾のバックアップの要件をオーバーライドします。REPLACE also overrides the requirement that you back up the tail of the log before restoring the database.

REPLACE オプションを使用した場合の影響については、「RESTORE (Transact-SQL)」を参照してください。For information the impact of using the REPLACE option, see RESTORE (Transact-SQL).

RESTARTRESTART
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

SQL ServerSQL Server で中断されていた復元操作を再開することを指定します。Specifies that SQL ServerSQL Server should restart a restore operation that has been interrupted. RESTART では、中断された時点から復元操作が再開されます。RESTART restarts the restore operation at the point it was interrupted.

RESTRICTED_USERRESTRICTED_USER
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE.

新しく復元したデータベースへのアクセスを、db_ownerdbcreator、または sysadmin ロールのメンバーに制限します。Restricts access for the newly restored database to members of the db_owner, dbcreator, or sysadmin roles. RESTRICTED_USER は、DBO_ONLY に置き換わるオプションです。RESTRICTED_USER replaces the DBO_ONLY option. DBO_ONLY は、SQL Server 2008SQL Server 2008 で廃止されました。DBO_ONLY has been discontinued with SQL Server 2008SQL Server 2008.

RECOVERY オプションと共に使用します。Use with the RECOVERY option.

バックアップ セット オプションBackup Set Options

以下のオプションは、復元されるバックアップを含んでいるバックアップ セットに適用されます。These options operate on the backup set containing the backup to be restored.

FILE = { backup_set_file_number | @ backup_set_file_number }FILE ={ backup_set_file_number | @backup_set_file_number }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

復元するバックアップ セットを特定します。Identifies the backup set to be restored. たとえば、 1backup_set_file_number は、バックアップ 目での最初のバックアップ セットを示し、2 の backup_set_file_number2 番目のバックアップ セットを示します。For example, a backup_set_file_number of 1 indicates the first backup set on the backup medium and a backup_set_file_number of 2 indicates the second backup set. バックアップ セットの backup_set_file_number を取得するには、 RESTORE HEADERONLY ステートメントを使用します。You can obtain the backup_set_file_number of a backup set by using the RESTORE HEADERONLY statement.

値を指定しない場合は、RESTORE HEADERONLY を除き、既定値の 1 が使用されます。RESTORE HEADERONLY では、メディア セットにあるすべてのバックアップ セットが処理されます。When not specified, the default is 1, except for RESTORE HEADERONLY in which case all backup sets in the media set are processed. 詳細については、このトピック内の後にある「バックアップ セットの指定」を参照してください。For more information, see "Specifying a Backup Set," later in this topic.

重要

この FILE オプションには、データベース ファイルを指定するための FILE オプション (FILE = { logical_file_name_in_backup | @ logical_file_name_in_backup_var }) との関連はありません。This FILE option is unrelated to the FILE option for specifying a database file, FILE = { logical_file_name_in_backup | @logical_file_name_in_backup_var }.

PASSWORD = { password | @ password_variable }PASSWORD = { password | @password_variable }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

バックアップ セットのパスワードを指定します。Supplies the password of the backup set. バックアップ セットのパスワードは文字列です。A backup-set password is a character string.

注意

この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.

バックアップ セットの作成時にパスワードを設定した場合、このバックアップ セットから復元操作を実行するときにはそのパスワードが必要になります。If a password was specified when the backup set was created, that password is required to perform any restore operation from the backup set. 間違ったパスワードを指定した場合や、パスワードが設定されていないバックアップ セットにパスワードを指定した場合はエラーになります。It is an error to specify the wrong password or to specify a password if the backup set does not have one.

重要

このパスワードは、メディア セットを保護する手段としては強力なものではありません。This password provides only weak protection for the media set. 詳細については、各ステートメントの「権限」を参照してください。For more information, see the Permissions section for the relevant statement.

メディア セットのオプションMedia Set Options

以下のオプションは、メディア セット全般に適用されます。These options operate on the media set as a whole.

MEDIANAME = { media_name | @ media_name_variable}MEDIANAME = { media_name | @media_name_variable}
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

メディアの名前を指定します。Specifies the name for the media. メディア名を指定する場合、その名前がバックアップ ボリューム上のメディア名と一致している必要があります。一致していない場合、復元操作は終了します。If provided, the media name must match the media name on the backup volumes; otherwise, the restore operation terminates. RESTORE ステートメントにメディア名を指定しない場合は、バックアップ ボリューム上のメディア名と一致するかどうかの確認は行われません。If no media name is given in the RESTORE statement, the check for a matching media name on the backup volumes is not performed.

重要

バックアップ操作と復元操作で同じメディア名を一貫して使用することで、復元操作で選択されたメディアに対する安全性チェックが強化されます。Consistently using media names in backup and restore operations provides an extra safety check for the media selected for the restore operation.

MEDIAPASSWORD = { mediapassword | @ mediapassword_variable }MEDIAPASSWORD = { mediapassword | @mediapassword_variable }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

メディア セットのパスワードを指定します。Supplies the password of the media set. メディア セットのパスワードは文字列です。A media-set password is a character string.

注意

この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.

メディア セットのフォーマット時にパスワードを設定した場合、メディア セット上のバックアップ セットにアクセスするときにはそのパスワードが必要になります。If a password was provided when the media set was formatted, that password is required to access any backup set on the media set. 間違ったパスワードを指定した場合や、パスワードが設定されていないメディア セットにパスワードを指定した場合はエラーになります。It is an error to specify the wrong password or to specify a password if the media set does not have any.

重要

このパスワードは、メディア セットを保護する手段としては強力なものではありません。This password provides only weak protection for the media set. 詳細については、関連するステートメントの「権限」セクションを参照してください。For more information, see the "Permissions" section for the relevant statement.

BLOCKSIZE = { blocksize | @ blocksize_variable }BLOCKSIZE = { blocksize | @blocksize_variable }
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

物理ブロック サイズをバイト単位で指定します。Specifies the physical block size, in bytes. サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。The supported sizes are 512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768, and 65536 (64 KB) bytes. テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。The default is 65536 for tape devices and 512 otherwise. 通常は、RESTORE でデバイスに適するブロック サイズが自動的に選択されるので、このオプションは不要です。Typically, this option is unnecessary because RESTORE automatically selects a block size that is appropriate to the device. ブロック サイズを明示的に指定すると、自動選択されたブロック サイズがオーバーライドされます。Explicitly stating a block size overrides the automatic selection of block size.

CD-ROM からバックアップを復元する場合は、BLOCKSIZE=2048 と指定します。If you are restoring a backup from a CD-ROM, specify BLOCKSIZE=2048.

注意

このオプションがパフォーマンスに影響するのは、通常、テープ デバイスから読み取るときだけです。This option typically affects performance only when reading from tape devices.

データ転送オプションData Transfer Options

このオプションでは、バックアップ デバイスからのデータ転送を最適化できます。The options enable you to optimize data transfer from the backup device.

BUFFERCOUNT = { buffercount | @ buffercount_variable }BUFFERCOUNT = { buffercount | @buffercount_variable }
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

復元操作に使用される I/O バッファーの総数を指定します。Specifies the total number of I/O buffers to be used for the restore operation. 任意の正の整数を指定できますが、バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセス内で仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーが発生する場合があります。You can specify any positive integer; however, large numbers of buffers might cause "out of memory" errors because of inadequate virtual address space in the Sqlservr.exe process.

バッファーで使用される領域の合計は、buffercount* * maxtransfersize で決定されます。The total space used by the buffers is determined by: buffercount**maxtransfersize.

MAXTRANSFERSIZE = { maxtransfersize | @ maxtransfersize_variable }MAXTRANSFERSIZE = { maxtransfersize | @maxtransfersize_variable }
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

バックアップ メディアと SQL ServerSQL Server の間で使用される最大転送単位をバイト単位で指定します。Specifies the largest unit of transfer in bytes to be used between the backup media and SQL ServerSQL Server. 有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。The possible values are multiples of 65536 bytes (64 KB) ranging up to 4194304 bytes (4 MB).

注意

データベースで FILESTREAM が構成されているか、メモリ内 OLTP ファイル グループが含まれている場合、復元時の MAXTRANSFERSIZE は、バックアップの作成時に使用されたものより大きくなります。When the database has configured FILESTREAM, or includes or In-Memory OLTP File Groups, MAXTRANSFERSIZE at the time of restore should be greater than or equal to what was used when the backup was created.

エラー管理オプションError Management Options

このオプションでは、復元操作でバックアップのチェックサムを有効にするかどうか、およびエラー発生時に操作を停止するかどうかを指定できます。These options allow you to determine whether backup checksums are enabled for the restore operation and whether the operation stops on encountering an error.

{ CHECKSUM | NO_CHECKSUM }{ CHECKSUM | NO_CHECKSUM }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

既定の動作では、チェックサムがある場合はチェックサムの確認が行われ、チェックサムがない場合は確認せずに動作が続行されます。The default behavior is to verify checksums if they are present and proceed without verification if they are not present.

CHECKSUMCHECKSUM
バックアップ チェックサムを必ず確認することを指定します。バックアップにバックアップ チェックサムがない場合、復元操作は失敗し、チェックサムがないことを示すメッセージが返されます。Specifies that backup checksums must be verified and, if the backup lacks backup checksums, causes the restore operation to fail with a message indicating that checksums are not present.

注意

ページ チェックサムは、バックアップ チェックサムが使用されている場合にのみバックアップ操作に関連します。Page checksums are relevant to backup operations only if backup checksums are used.

既定では、無効なチェックサムが検出されると、RESTORE によってチェックサム エラーがレポートされ処理が停止します。By default, on encountering an invalid checksum, RESTORE reports a checksum error and stops. ただし、CONTINUE_AFTER_ERROR を指定した場合は、破損による影響がない限り、チェックサム エラーと無効なチェックサムを含むページ番号が返された後、RESTORE の処理が続行します。However, if you specify CONTINUE_AFTER_ERROR, RESTORE proceeds after returning a checksum error and the number of the page containing the invalid checksum, if the corruption permits.

バックアップ チェックサムの操作の詳細については、「バックアップ中および復元中に発生する可能性があるメディア エラー (SQL Server)」を参照してください。For more information about working with backup checksums, see Possible Media Errors During Backup and Restore (SQL Server).

NO_CHECKSUMNO_CHECKSUM
復元操作によるチェックサムの検証を、明示的に無効にします。Explicitly disables the validation of checksums by the restore operation.

{ STOP_ON_ERROR | CONTINUE_AFTER_ERROR }{ STOP_ON_ERROR | CONTINUE_AFTER_ERROR }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

STOP_ON_ERRORSTOP_ON_ERROR
最初にエラーが発生した時点で、復元操作を停止することを指定します。Specifies that the restore operation stops with the first error encountered. これは RESTORE の既定の動作ですが、VERIFYONLY では既定の動作ではありません。VERIFYONLY の既定の動作は、CONTINUE_AFTER_ERROR になります。This is the default behavior for RESTORE, except for VERIFYONLY which has CONTINUE_AFTER_ERROR as the default.

CONTINUE_AFTER_ERRORCONTINUE_AFTER_ERROR
エラーが発生した後も、復元操作を続行することを指定します。Specifies that the restore operation is to continue after an error is encountered.

バックアップに破損したページが含まれている場合は、エラーがない別のバックアップ、たとえばページが破損する前に作成したバックアップなどを使用して、復元操作をもう一度実行することをお勧めします。If a backup contains damaged pages, it is best to repeat the restore operation using an alternative backup that does not contain the errors-for example, a backup taken before the pages were damaged. ただし、最終的な手段として、復元ステートメントの CONTINUE_AFTER_ERROR オプションを使用して破損したバックアップを復元し、データの復旧を試みることもできます。As a last resort, however, you can restore a damaged backup using the CONTINUE_AFTER_ERROR option of the restore statement and try to salvage the data.

FILESTREAM オプションFILESTREAM Options

FILESTREAM ( DIRECTORY_NAME =directory_name )FILESTREAM ( DIRECTORY_NAME =directory_name )
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE and RESTORE VERIFYONLY

適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017

Windows と互換性のあるディレクトリ名です。A windows-compatible directory name. この名前は、SQL ServerSQL Server インスタンス内のすべてのデータベース レベルの FILESTREAM ディレクトリ名の間で一意である必要があります。This name should be unique among all the database-level FILESTREAM directory names in the SQL ServerSQL Server instance. 一意性の比較では、SQL ServerSQL Server の照合順序の設定とは関係なく、大文字と小文字は区別されません。Uniqueness comparison is done in a case-insensitive fashion, regardless of SQL ServerSQL Server collation settings.

監視オプションMonitoring Options

このオプションでは、バックアップ デバイスからのデータ転送を監視できます。These options enable you to monitor the transfer of data transfer from the backup device.

STATS [ = percentage ]STATS [ = percentage ]
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE and RESTORE VERIFYONLY

指定したパーセンテージが完了するたびにメッセージを表示します。進行状況を判断する場合に使用できます。Displays a message each time another percentage completes, and is used to gauge progress. percentage を省略した場合、SQL ServerSQL Server では約 10% 完了するごとにメッセージが表示されます。If percentage is omitted, SQL ServerSQL Server displays a message after each 10 percent is completed (approximately).

STATS オプションでは、次のパーセンテージ間隔を報告するしきい値に達した時点までに、完了したパーセンテージを報告します。The STATS option reports the percentage complete as of the threshold for reporting the next interval. このしきい値は、指定したパーセンテージを正確に反映するものではありません。たとえば、STATS=10 の場合、データベース エンジンDatabase Engineでは正確に 40% ではなく、43% の時点でメッセージが表示される場合があります。This is at approximately the specified percentage; for example, with STATS=10, the データベース エンジンDatabase Engine reports at approximately that interval; for instance, instead of displaying precisely 40%, the option might display 43%. 大きいバックアップ セットの場合、これは重要な問題にはなりません。それは、完了した I/O コール間の完了パーセンテージの差異はそれほど大きくないためです。For large backup sets, this is not a problem because the percentage complete moves very slowly between completed I/O calls.

テープ オプションTape Options

このオプションはテープ デバイスにのみ適用されます。These options are used only for TAPE devices. テープ以外のデバイスが使用される場合、このオプションは無視されます。If a nontape device is being used, these options are ignored.

{ REWIND | NOREWIND }{ REWIND | NOREWIND }
このオプションはテープ デバイスにのみ適用されます。These options are used only for TAPE devices. テープ以外のデバイスが使用される場合、このオプションは無視されます。If a non-tape device is being used, these options are ignored.

REWINDREWIND
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

SQL ServerSQL Server でテープを解放して巻き戻すように指定します。Specifies that SQL ServerSQL Server release and rewind the tape. 既定値は REWIND です。REWIND is the default.

NOREWINDNOREWIND
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE and RESTORE VERIFYONLY

これ以外の復元ステートメントで NOREWIND を指定するとエラーが発生します。Specifying NOREWIND in any other restore statement generates an error.

SQL ServerSQL Server でバックアップ操作後にテープを開いたままにしておくことを指定します。Specifies that SQL ServerSQL Server will keep the tape open after the backup operation. このオプションを使用すると、1 つのテープに対して複数のバックアップ操作を実行する場合のパフォーマンスを向上できます。You can use this option to improve performance when performing multiple backup operations to a tape.

NOREWIND は暗黙的に NOUNLOAD も意味しています。この 2 つのオプションを同一の RESTORE ステートメント内で同時に使用することはできません。NOREWIND implies NOUNLOAD, and these options are incompatible within a single RESTORE statement.

注意

NOREWIND を使用する場合、テープ ドライブの所有権は SQL ServerSQL Server インスタンスによって保持されます。同じプロセス内で実行される BACKUP ステートメントや RESTORE ステートメントで REWIND オプションまたは UNLOAD オプションが使用されるか、サーバー インスタンスがシャットダウンすると、所有権は解放されます。If you use NOREWIND, the instance of SQL ServerSQL Server retains ownership of the tape drive until a BACKUP or RESTORE statement running in the same process uses either the REWIND or UNLOAD option, or the server instance is shut down. テープを開いたままにすると、他のプロセスではそのテープにアクセスできません。Keeping the tape open prevents other processes from accessing the tape. 開いているテープの一覧を表示する方法、および開いているテープを閉じる方法については、「バックアップ デバイス (SQL Server)」を参照してください。For information about how to display a list of open tapes and to close an open tape, see Backup Devices (SQL Server).

{ UNLOAD | NOUNLOAD }{ UNLOAD | NOUNLOAD }
サポートしているステートメント: RESTORERESTORE FILELISTONLYRESTORE HEADERONLYRESTORE LABELONLYRESTORE REWINDONLYRESTORE VERIFYONLYSupported by: RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, RESTORE LABELONLY, RESTORE REWINDONLY, and RESTORE VERIFYONLY.

このオプションはテープ デバイスにのみ適用されます。These options are used only for TAPE devices. テープ以外のデバイスが使用される場合、このオプションは無視されます。If a non-tape device is being used, these options are ignored.

注意

UNLOAD または NOUNLOAD はセッションの設定であり、セッションが終了するまで、または代わりとなるオプションの指定によりリセットされるまで有効です。UNLOAD/NOUNLOAD is a session setting that persists for the life of the session or until it is reset by specifying the alternative.

UNLOADUNLOAD
バックアップ完了後、テープの巻き戻しおよびアンロードを自動的に行います。Specifies that the tape is automatically rewound and unloaded when the backup is finished. UNLOAD は、セッション開始時の既定値です。UNLOAD is the default when a session begins.

NOUNLOADNOUNLOAD
RESTORE 操作の後、テープ ドライブにテープを読み込んだままにすることを指定します。Specifies that after the RESTORE operation the tape remains loaded on the tape drive.

<replication_WITH_option><replication_WITH_option>

このオプションは、バックアップ作成時にデータベースがレプリケートされた場合にのみ使用します。This option is relevant only if the database was replicated when the backup was created.

KEEP_REPLICATIONKEEP_REPLICATION
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

KEEP_REPLICATION は、ログ配布と共に動作するようにレプリケーションを設定する場合に使用します。Use KEEP_REPLICATION when setting up replication to work with log shipping. これによって、データベースのバックアップまたはログのバックアップをウォーム スタンバイ サーバーで復元し、データベースが復旧したときに、レプリケーションの設定が削除されるのを防ぐことができます。It prevents replication settings from being removed when a database backup or log backup is restored on a warm standby server and the database is recovered. NORECOVERY オプションを使用してバックアップを復元するときにこのオプションを指定することはできません。Specifying this option when restoring a backup with the NORECOVERY option is not permitted. 復元の後、レプリケーションを確実に機能させるには、次のことが必要です。To ensure replication functions properly after restore:

  • ウォーム スタンバイ サーバーにある msdb および master データベースが、プライマリ サーバーにある msdb および master データベースと同期していること。The msdb and master databases at the warm standby server must be in sync with the msdb and master databases at the primary server.

  • ウォーム スタンバイ サーバーの名前が、プライマリ サーバーと同じ名前に変更されていること。The warm standby server must be renamed to use the same name as the primary server.

<change_data_capture_WITH_option><change_data_capture_WITH_option>

このオプションは、バックアップ作成時にデータベースで変更データ キャプチャが有効になっていた場合にのみ使用します。This option is relevant only if the database was enabled for change data capture when the backup was created.

KEEP_CDCKEEP_CDC
サポートしているステートメント: RESTORESupported by: RESTORE

KEEP_CDC は、データベースのバックアップまたはログのバックアップを別のサーバーで復元してデータベースを復旧するときに、変更データ キャプチャの設定が削除されないようにするために使用する必要があります。KEEP_CDC should be used to prevent change data capture settings from being removed when a database backup or log backup is restored on another server and the database is recovered. NORECOVERY オプションを使用してバックアップを復元するときにこのオプションを指定することはできません。Specifying this option when restoring a backup with the NORECOVERY option is not permitted.

KEEP_CDC を指定してデータベースを復元すると、変更データ キャプチャ ジョブは作成されません。Restoring the database with KEEP_CDC does not create the change data capture jobs. データベースを復元した後にログから変更を抽出するには、復元されたデータベースに対してキャプチャ プロセス ジョブとクリーンアップ ジョブを再作成します。To extract changes from the log after restoring the database, recreate the capture process job and the cleanup job for the restored database. 詳細については、「sys.sp_cdc_add_job (Transact-SQL)」を参照してください。For information, see sys.sp_cdc_add_job (Transact-SQL).

データベース ミラーリングでの変更データ キャプチャの使用については、「変更データ キャプチャとその他の SQL Server 機能」を参照してください。For information about using change data capture with database mirroring, see Change Data Capture and Other SQL Server Features.

<service_broker_WITH_options><service_broker_WITH_options>

Service BrokerService Broker のメッセージ配信を有効または無効にするか、新しい Service BrokerService Broker 識別子を設定します。Turns Service BrokerService Broker message delivery on or off or sets a new Service BrokerService Broker identifier. このオプションは、バックアップ作成時にデータベースに対して Service BrokerService Broker が有効 (アクティブ) になっていた場合にのみ使用します。This option is relevant only if Service BrokerService Broker was enabled (activated) for the database when the backup was created.

{ ENABLE_BROKER | ERROR_BROKER_CONVERSATIONS | NEW_BROKER }{ ENABLE_BROKER | ERROR_BROKER_CONVERSATIONS | NEW_BROKER }
サポートしているステートメント: RESTORE DATABASESupported by: RESTORE DATABASE

ENABLE_BROKERENABLE_BROKER
復元の終わりに Service BrokerService Broker メッセージ配信を有効にして、メッセージをすぐに送信できるようにすることを指定します。Specifies that Service BrokerService Broker message delivery is enabled at the end of the restore so that messages can be sent immediately. 既定では、Service BrokerService Broker メッセージ配信は復元中に無効化されています。By default Service BrokerService Broker message delivery is disabled during a restore. データベースは、既存の Service Broker 識別子を保持します。The database retains the existing Service Broker identifier.

ERROR_BROKER_CONVERSATIONSERROR_BROKER_CONVERSATIONS
データベースがアタッチまたは復元されていることを示すエラーと共に、すべてのメッセージ交換を終了します。Ends all conversations with an error stating that the database is attached or restored. これによりアプリケーションは、既存のメッセージ交換に対して、通常のクリーンアップを実行できます。This enables your applications to perform regular clean up for existing conversations. Service Broker メッセージ配信はこの操作が完了するまで無効になり、その後有効になります。Service Broker message delivery is disabled until this operation is completed, and then it is enabled. データベースは、既存の Service Broker 識別子を保持します。The database retains the existing Service Broker identifier.

NEW_BROKERNEW_BROKER
データベースに新しい Service Broker 識別子を割り当てることを指定します。Specifies that the database be assigned a new Service Broker identifier. データベースは新しい Service Broker と見なされるため、データベースにおける既存のメッセージ交換は、終了ダイアログ メッセージを生成せずに、直ちに削除されます。Because the database is considered to be a new Service Broker, existing conversations in the database are immediately removed without producing end dialog messages. 古い Service Broker 識別子を参照するルートは、新しい識別子を使用して作成し直す必要があります。Any route referencing the old Service Broker identifier must be recreated with the new identifier.

<point_in_time_WITH_options><point_in_time_WITH_options>

サポートしているステートメント: RESTORE {DATABASE|LOG} および完全または一括ログ復旧モデルの場合のみ。Supported by: RESTORE {DATABASE|LOG} and only for the full or bulk-logged recovery models.

STOPAT、STOPATMARK、または STOPBEFOREMARK 句で目的の復旧ポイントを指定することで、特定の時点またはトランザクションにデータベースを復元できます。You can restore a database to a specific point in time or transaction, by specifying the target recovery point in a STOPAT, STOPATMARK, or STOPBEFOREMARK clause. 指定された時間またはトランザクションへの復元は、常にログ バックアップから行われます。A specified time or transaction is always restored from a log backup. 復元シーケンスのすべての RESTORE ステートメントで、同一の STOPAT、STOPATMARK、STOPBEFOREMARK のいずれかの句で目的の時間またはトランザクションを指定する必要があります。In every RESTORE LOG statement of the restore sequence, you must specify your target time or transaction in an identical STOPAT, STOPATMARK, or STOPBEFOREMARK clause.

特定の時点への復元の前提条件として、最初にエンド ポイントが目的の復旧ポイントよりも前になっているデータベースの完全バックアップを復元する必要があります。As a prerequisite to a point-in-time restore, you must first restore a full database backup whose end point is earlier than your target recovery point. 復元するデータベース バックアップを識別しやすくするには、RESTORE DATABASE ステートメントで WITH STOPAT、WITH STOPATMARK、WITH STOPBEFOREMARK のいずれかの句をオプションで指定し、指定した目的の時間に対してデータのバックアップが近すぎる場合はエラーが発生するようにします。To help you identify which database backup to restore, you can optionally specify your WITH STOPAT, STOPATMARK, or STOPBEFOREMARK clause in a RESTORE DATABASE statement to raise an error if a data backup is too recent for the specified target time. ただし、目的の時間が指定されている場合でも常にデータのバックアップ全体が復元されます。But the complete data backup is always restored, even if it contains the target time.

注意

特定の時点を指定する WITH オプションは RESTORE_DATABASE と RESTORE_LOG で似ていますが、mark_name 引数をサポートするのは RESTORE LOG のみです。The RESTORE_DATABASE and RESTORE_LOG point-in-time WITH options are similar, but only RESTORE LOG supports the mark_name argument.

{ STOPAT | STOPATMARK | STOPBEFOREMARK }{ STOPAT | STOPATMARK | STOPBEFOREMARK }

STOPAT = { ' datetime ' | @ _datetime_var* }STOPAT = { 'datetime' | @_datetime_var* }
datetime または @ datetime_var パラメーターで指定された日時の状態にデータベースを復元するように指定します。Specifies that the database be restored to the state it was in as of the date and time specified by the datetime or @datetime_var parameter. 日付と時刻の指定については、「日付と時刻のデータ型および関数 (Transact-SQL)」を参照してください。For information about specifying a date and time, see Date and Time Data Types and Functions (Transact-SQL).

STOPAT に変数を使用する場合、変数は varcharcharsmalldatetime、または datetime データ型にする必要があります。If a variable is used for STOPAT, the variable must be varchar, char, smalldatetime, or datetime data type. 指定した日付と時刻以前に書き込まれたトランザクション ログ レコードだけが、データベースに適用されます。Only transaction log records written before the specified date and time are applied to the database.

注意

指定した STOPAT 時間が前回のログ バックアップ後である場合、データベースは、NORECOVERY を指定して RESTORE LOG を実行した場合と同様に、復旧されていない状態のままになります。If the specified STOPAT time is after the last LOG backup, the database is left in the unrecovered state, just as if RESTORE LOG ran with NORECOVERY.

詳細については、「SQL Server データベースを特定の時点に復元する (完全復旧モデル)」を参照してください。For more information, see Restore a SQL Server Database to a Point in Time (Full Recovery Model).

STOPATMARK = { ' mark_name ' | ' lsn:lsn_number ' } [ AFTER ' datetime ' ]STOPATMARK = { 'mark_name' | ' lsn:lsn_number' } [ AFTER 'datetime' ]
復旧を、指定された復旧ポイントに指定します。Specifies recovery to a specified recovery point. 指定したトランザクションは復旧に含められますが、このトランザクションがコミットされるのは、トランザクションの実際の生成時に既にコミットされていた場合のみです。The specified transaction is included in the recovery, but it is committed only if it was originally committed when the transaction was actually generated.

RESTORE DATABASE と RESTORE LOG の両方で lsn_number パラメーターがサポートされます。Both RESTORE DATABASE and RESTORE LOG support the lsn_number parameter. このパラメーターは、ログ シーケンス番号を指定します。This parameter specifies a log sequence number.

mark_name パラメーターは、RESTORE LOG ステートメントでのみサポートされます。The mark_name parameter is supported only by the RESTORE LOG statement. このパラメーターは、ログ バックアップでトランザクション マークを識別します。This parameter identifies a transaction mark in the log backup.

RESTORE LOG ステートメントでは、AFTER datetime を省略すると、指定された名前の最初のマークで復旧が停止します。In a RESTORE LOG statement, if AFTER datetime is omitted, recovery stops at the first mark with the specified name. AFTER datetime を指定すると、datetime 以降の指定した名前を持つ最初のマークで復旧が停止します。If AFTER datetime is specified, recovery stops at the first mark having the specified name exactly at or after datetime.

注意

指定したマーク LSN または時間が前回のログ バックアップ後である場合、データベースは、NORECOVERY を指定して RESTORE LOG を実行した場合と同様に、復旧されていない状態のままになります。If the specified mark, LSN, or time is after the last LOG backup, the database is left in the unrecovered state, just as if RESTORE LOG ran with NORECOVERY.

詳細については、「マークされたトランザクションを使用して関連するデータベースを一貫した状態に復元する方法 (完全復旧モデル)」と「ログ シーケンス番号への復旧 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Use Marked Transactions to Recover Related Databases Consistently (Full Recovery Model) and Recover to a Log Sequence Number (SQL Server).

STOPBEFOREMARK = { ' mark_name ' | ' lsn:lsn_number ' } [ AFTER ' datetime ' ]STOPBEFOREMARK = { 'mark_name' | ' lsn:lsn_number' } [ AFTER 'datetime' ]
復旧を、指定された復旧ポイントまでに指定します。Specifies recovery up to a specified recovery point. 指定したトランザクションは復旧に含められず、WITH RECOVERY を使用していればロールバックされます。The specified transaction is not included in the recovery, and is rolled back when WITH RECOVERY is used.

RESTORE DATABASE と RESTORE LOG の両方で lsn_number パラメーターがサポートされます。Both RESTORE DATABASE and RESTORE LOG support the lsn_number parameter. このパラメーターは、ログ シーケンス番号を指定します。This parameter specifies a log sequence number.

mark_name パラメーターは、RESTORE LOG ステートメントでのみサポートされます。The mark_name parameter is supported only by the RESTORE LOG statement. このパラメーターは、ログ バックアップでトランザクション マークを識別します。This parameter identifies a transaction mark in the log backup.

RESTORE LOG ステートメントでは、AFTER datetime を省略すると、指定した名前の最初のマークの直前に復旧が停止します。In a RESTORE LOG statement, if AFTER datetime is omitted, recovery stops just before the first mark with the specified name. AFTER datetime を指定すると、datetime 以降の指定した名前を持つ最初のマークの直前に復旧が停止します。If AFTER datetime is specified, recovery stops just before the first mark having the specified name exactly at or after datetime.

重要

部分復元シーケンスで FILESTREAM ファイル グループを除外した場合、特定の時点への復元はサポートされません。If a partial restore sequence excludes any FILESTREAM filegroup, point-in-time restore is not supported. 復元シーケンスを強制的に実行して続行することもできます。You can force the restore sequence to continue. ただし、RESTORE ステートメントから除外された FILESTREAM ファイル グループは復元できません。However, the FILESTREAM filegroups that are omitted from the RESTORE statement can never be restored. 特定の時点への復元を強制的に実行するには、STOPAT、STOPATMARK、または STOPBEFOREMARK オプションに CONTINUE_AFTER_ERROR オプションを組み合わせて指定します。To force a point-in-time restore, specify the CONTINUE_AFTER_ERROR option together with the STOPAT, STOPATMARK, or STOPBEFOREMARK option. CONTINUE_AFTER_ERROR を指定した場合、部分復元シーケンスは正常に実行されますが、FILESTREAM ファイル グループは復元できなくなります。If you specify CONTINUE_AFTER_ERROR, the partial restore sequence succeeds and the FILESTREAM filegroup becomes unrecoverable.

結果セットResult Sets

結果セットについては、次のトピックを参照してください。For result sets, see the following topics:

RemarksRemarks

追加説明については、次のトピックを参照してください。For additional remarks, see the following topics:

バックアップ セットの指定Specifying a Backup Set

バックアップ セット には、正常に終了した 1 つのバックアップ操作のバックアップが含まれます。A backup set contains the backup from a single, successful backup operation. RESTORE、RESTORE FILELISTONLY、RESTORE HEADERONLY、および RESTORE VERIFYONLY ステートメントは、単一または複数の指定バックアップ デバイス上のメディア セット内にある単一のバックアップ セットに対して機能します。RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, and RESTORE VERIFYONLY statements operate on a single backup set within the media set on the specified backup device or devices. 該当するメディア セット内の必要なバックアップを指定する必要があります。You should specify the backup you need from within the media set. バックアップ セットの backup_set_file_number を取得するには、 RESTORE HEADERONLY ステートメントを使用します。You can obtain the backup_set_file_number of a backup set by using the RESTORE HEADERONLY statement.

復元するバックアップ セットを指定するときのオプションは次のとおりです。The option for specifying the backup set to restore is:

FILE = { backup_set_file_number | @ backup_set_file_number }FILE ={ backup_set_file_number | @backup_set_file_number }

ここで backup_set_file_number は、メディア セット内のバックアップの位置を示します。Where backup_set_file_number indicates the position of the backup in the media set. たとえば、backup_set_file_number が 1 (FILE = 1) の場合はバックアップ メディア内の最初のバックアップ セット、backup_set_file_number が 2 (FILE = 2) の場合は 2 番目のバックアップ セットというように示されます。A backup_set_file_number of 1 (FILE = 1) indicates the first backup set on the backup medium and a backup_set_file_number of 2 (FILE = 2) indicates the second backup set, and so on.

次の表で説明するように、このオプションの動作はステートメントによって異なります。The behavior of this option varies depending on the statement, as described in the following table:

ステートメントから削除してください。Statement バックアップ セットの FILE オプションの動作Behavior of backup-set FILE option
RESTORERESTORE 既定のバックアップ セット ファイル番号は 1 です。The default backup set file number is 1. 1 つの RESTORE ステートメントでは、1 つのバックアップ セットの FILE オプションのみが許可されます。Only one backup-set FILE option is allowed in a RESTORE statement. ここではバックアップ セットを順序どおり指定することが重要です。It is important to specify backup sets in order.
RESTORE FILELISTONLYRESTORE FILELISTONLY 既定のバックアップ セット ファイル番号は 1 です。The default backup set file number is 1.
RESTORE HEADERONLYRESTORE HEADERONLY 既定では、メディア セット内のすべてのバックアップ セットが処理されます。By default, all backup sets in the media set are processed. RESTORE HEADERONLY の結果セットでは、メディア セット内における位置など、各バックアップ セットに関する情報が返されます。The RESTORE HEADERONLY results set returns information about each backup set, including its Position in the media set. 特定のバックアップ セットの情報が返されるようにするには、その位置番号を FILE オプションの backup_set_file_number 値として使用します。To return information on a given backup set, use its position number as the backup_set_file_number value in the FILE option.

注:テープ メディアの場合、RESTORE HEADER では、読み込まれているテープのバックアップ セットのみが処理されます。Note: For tape media, RESTORE HEADER only processes backup sets on the loaded tape.
RESTORE VERIFYONLYRESTORE VERIFYONLY 既定の backup_set_file_number は 1 です。The default backup_set_file_number is 1.

注意

バックアップ セットを指定するための FILE オプションには、データベース ファイルを指定するための FILE オプション (FILE = { logical_file_name_in_backup | @ logical_file_name_in_backup_var }) との関連はありません。The FILE option for specifying a backup set is unrelated to the FILE option for specifying a database file, FILE = { logical_file_name_in_backup | @logical_file_name_in_backup_var }.

WITH オプションのサポートの一覧Summary of Support for WITH Options

次の WITH オプションは、RESTORE ステートメントのみがサポートしています。BLOCKSIZE、BUFFERCOUNT、MAXTRANSFERSIZE、PARTIAL、KEEP_REPLICATION、{ RECOVERY | NORECOVERY | STANDBY }、REPLACE、RESTART、RESTRICTED_USER、{ STOPAT | STOPATMARK | STOPBEFOREMARK }The following WITH options are supported by only the RESTORE statement: BLOCKSIZE, BUFFERCOUNT, MAXTRANSFERSIZE, PARTIAL, KEEP_REPLICATION, { RECOVERY | NORECOVERY | STANDBY }, REPLACE, RESTART, RESTRICTED_USER, and { STOPAT | STOPATMARK | STOPBEFOREMARK }

注意

PARTIAL オプションは、RESTORE DATABASE でのみ使用できます。The PARTIAL option is supported only by RESTORE DATABASE.

次の表は、1 つ以上のステートメントで使用できる WITH オプションと、各オプションの対応ステートメントの一覧です。The following table lists the WITH options that are used by one or more statements and indicates which statements support each option. チェックマーク (√) はそのオプションが使用できることを示し、ダッシュ (-) は使用できないことを示します。A check mark (√) indicates that an option is supported; a dash (-) indicates that an option is not supported.

WITH のオプションWITH option RESTORERESTORE RESTORE FILELISTONLYRESTORE FILELISTONLY RESTORE HEADERONLYRESTORE HEADERONLY RESTORE LABELONLYRESTORE LABELONLY RESTORE REWINDONLYRESTORE REWINDONLY RESTORE VERIFYONLYRESTORE VERIFYONLY
{ CHECKSUM{ CHECKSUM

| NO_CHECKSUM }| NO_CHECKSUM }
-
{ CONTINUE_AFTER_ERROR{ CONTINUE_AFTER_ERROR

| STOP_ON_ERROR }| STOP_ON_ERROR }
-
FILE1FILE1 - -
LOADHISTORYLOADHISTORY - - - - -
MEDIANAMEMEDIANAME -
MEDIAPASSWORDMEDIAPASSWORD -
MOVEMOVE - - - -
PASSWORDPASSWORD - -
{ REWIND | NOREWIND }{ REWIND | NOREWIND } REWIND のみOnly REWIND REWIND のみOnly REWIND REWIND のみOnly REWIND -
STATSSTATS - - - -
{ UNLOAD | NOUNLOAD }{ UNLOAD | NOUNLOAD }

1 FILE = backup_set_file_number。{FILE | FILEGROUP} とは異なります。1 FILE =backup_set_file_number, which is distinct from {FILE | FILEGROUP}.

アクセス許可Permissions

権限については、次のトピックを参照してください。For permissions, see the following topics:

使用例Examples

例については、次のトピックを参照してください。For examples, see the following topics:

参照See Also

BACKUP (Transact-SQL) BACKUP (Transact-SQL)
RESTORE (Transact-SQL) RESTORE (Transact-SQL)
RESTORE FILELISTONLY (Transact-SQL) RESTORE FILELISTONLY (Transact-SQL)
RESTORE HEADERONLY (Transact-SQL) RESTORE HEADERONLY (Transact-SQL)
RESTORE LABELONLY (Transact-SQL) RESTORE LABELONLY (Transact-SQL)
RESTORE REWINDONLY (Transact-SQL) RESTORE REWINDONLY (Transact-SQL)
RESTORE VERIFYONLY (Transact-SQL) RESTORE VERIFYONLY (Transact-SQL)
SQL Server データベースのバックアップと復元 Back Up and Restore of SQL Server Databases
FILESTREAM (SQL Server)FILESTREAM (SQL Server)