RESTORE Statements - HEADERONLY (Transact-SQL)RESTORE Statements - HEADERONLY (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database (Managed Instance のみ) XAzure Synapse Analytics (SQL DW) XParallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server YesAzure SQL Database (Managed Instance only) NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) NoParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server で特定のバックアップ デバイス上にあるすべてのバックアップ セットについて、すべてのバックアップ ヘッダー情報を含む結果セットを返します。Returns a result set containing all the backup header information for all backup sets on a particular backup device in SQL ServerSQL Server.

注意

引数の説明については、「RESTORE の引数 (Transact-SQL)」を参照してください。For the descriptions of the arguments, see RESTORE Arguments (Transact-SQL).

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
RESTORE HEADERONLY   
FROM <backup_device>   
[ WITH   
 {  
--Backup Set Options  
   FILE = { backup_set_file_number | @backup_set_file_number }   
 | PASSWORD = { password | @password_variable }   
  
--Media Set Options  
 | MEDIANAME = { media_name | @media_name_variable }   
 | MEDIAPASSWORD = { mediapassword | @mediapassword_variable }  
  
--Error Management Options  
 | { CHECKSUM | NO_CHECKSUM }   
 | { STOP_ON_ERROR | CONTINUE_AFTER_ERROR }  
  
--Tape Options  
 | { REWIND | NOREWIND }   
 | { UNLOAD | NOUNLOAD }    
 } [ ,...n ]  
]  
[;]  
  
<backup_device> ::=  
{   
   { logical_backup_device_name |  
      @logical_backup_device_name_var }  
   | { DISK | TAPE | URL } = { 'physical_backup_device_name' |  
       @physical_backup_device_name_var }   
}  
  

注意

URL は、Microsoft Azure Blob Storage の場所とファイル名を指定するために使用される形式であり、SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 以降でサポートされています。URL is the format used to specify the location and the file name for Microsoft Azure Blob Storage and is supported starting with SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2. Microsoft Azure ストレージはサービスですが、実装はディスクやテープと似ており、3 つのデバイスすべてで一貫したシームレスな復元エクスペリエンスを実現できます。Although Microsoft Azure storage is a service, the implementation is similar to disk and tape to allow for a consistent and seamless restore experience for all the three devices.

引数Arguments

RESTORE HEADERONLY の引数の説明については、「RESTORE の引数 (Transact-SQL)」を参照してください。For descriptions of the RESTORE HEADERONLY arguments, see RESTORE Arguments (Transact-SQL).

結果セットResult Sets

指定されたデバイス上にあるバックアップごとに、サーバーからヘッダー情報の行が送信されます。下に説明する列が含まれています。For each backup on a given device, the server sends a row of header information with the following columns:

注意

RESTORE HEADERONLY では、メディア上のすべてのバックアップ セットが確認されます。RESTORE HEADERONLY looks at all backup sets on the media. そのため、大容量のテープ ドライブを使用している場合は結果セットの生成に時間がかかることがあります。Therefore, producing this result set when using high-capacity tape drives can take some time. バックアップ セットごとの情報を取得せずにメディアの内容をすばやく確認するには、RESTORE LABELONLY を使用するか、FILE = backup_set_file_number を指定します。To get a quick look at the media without getting information about every backup set, use RESTORE LABELONLY or specify FILE = backup_set_file_number.

注意

MicrosoftMicrosoft Tape Format の特性により、他のソフトウェア プログラムから作成されたバックアップ セットと MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server のバックアップ セットが同じメディア上に記録されている場合があります。Due to the nature of MicrosoftMicrosoft Tape Format, it is possible for backup sets from other software programs to occupy space on the same media as MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server backup sets. RESTORE HEADERONLY によって返される結果セットには、その他のバックアップ セットの情報も 1 件につき 1 行ずつ含まれます。The result set returned by RESTORE HEADERONLY includes a row for each of these other backup sets.

列名Column name データ型Data type SQL Server バックアップ セットの場合の説明Description for SQL Server backup sets
BackupNameBackupName nvarchar(128)nvarchar(128) バックアップ セット名。Backup set name.
BackupDescriptionBackupDescription nvarchar (255)nvarchar(255) バックアップ セットの説明。Backup set description.
BackupTypeBackupType smallintsmallint バックアップの種類:Backup type:

1 = データベース1 = Database

2 = トランザクション ログ2 = Transaction log

4 = ファイル4 = File

5 = データベースの差分5 = Differential database

6 = ファイルの差分6 = Differential file

7 = 部分的7 = Partial

8 = 部分的な差分8 = Differential partial
ExpirationDateExpirationDate datetimedatetime バックアップ セットの失効日。Expiration date for the backup set.
CompressedCompressed BIT(1)BIT(1) ソフトウェア ベースの圧縮によりバックアップ セットが圧縮されているかどうか:Whether the backup set is compressed using software-based compression:

0 = いいえ0 = No

1 = はい1 = Yes
PositionPosition smallintsmallint ボリューム内でのバックアップ セットの位置 (FILE = のオプションで使用)。Position of the backup set in the volume (for use with the FILE = option).
DeviceTypeDeviceType tinyinttinyint バックアップ操作で使用するデバイスに対応する値。Number corresponding to the device used for the backup operation.

ディスク:Disk:

2 = 論理2 = Logical

102 = 物理102 = Physical

テープ:Tape:

5 = 論理5 = Logical

105 = 物理105 = Physical

仮想デバイス:Virtual Device:

7 = 論理7 = Logical

107 = 物理107 = Physical

論理デバイス名とデバイス番号は sys.backup_devices です。詳細については、「sys.backup_devices (Transact-SQL)」を参照してください。Logical device names and device numbers are in sys.backup_devices; for more information, see sys.backup_devices (Transact-SQL).
UserNameUserName nvarchar(128)nvarchar(128) バックアップ操作を実行したユーザーの名前。User name that performed the backup operation.
ServerNameServerName nvarchar(128)nvarchar(128) バックアップ セットを作成したサーバーの名前。Name of the server that wrote the backup set.
DatabaseNameDatabaseName nvarchar(128)nvarchar(128) バックアップの作成元であるデータベースの名前。Name of the database that was backed up.
DatabaseVersionDatabaseVersion intint バックアップの作成元であるデータベースのバージョン。Version of the database from which the backup was created.
DatabaseCreationDateDatabaseCreationDate datetimedatetime データベースが作成された日時。Date and time the database was created.
BackupSizeBackupSize numeric(20,0)numeric(20,0) バックアップのサイズ (バイト単位)。Size of the backup, in bytes.
FirstLSNFirstLSN numeric(25,0)numeric(25,0) バックアップ セット内にある先頭のログ レコードのログ シーケンス番号。Log sequence number of the first log record in the backup set.
LastLSNLastLSN numeric(25,0)numeric(25,0) バックアップ セットの次のログ レコードのログ シーケンス番号。Log sequence number of the next log record after the backup set.
CheckpointLSNCheckpointLSN numeric(25,0)numeric(25,0) バックアップが作成された時点における最新チェックポイントのログ シーケンス番号。Log sequence number of the most recent checkpoint at the time the backup was created.
DatabaseBackupLSNDatabaseBackupLSN numeric(25,0)numeric(25,0) データベース全体の最新バックアップのログ シーケンス番号。Log sequence number of the most recent full database backup.

DatabaseBackupLSN は、バックアップの開始時にトリガーされる "チェックポイントの先頭" です。DatabaseBackupLSN is the "begin of checkpoint" that is triggered when the backup starts. データベースがアイドル状態で、レプリケーションが構成されていないときにバックアップが実行された場合、この LSN は FirstLSN と同じになります。This LSN will coincide with FirstLSN if the backup is taken when the database is idle and no replication is configured.
BackupStartDateBackupStartDate datetimedatetime バックアップ操作が開始した日時。Date and time that the backup operation began.
BackupFinishDateBackupFinishDate datetimedatetime バックアップ操作が終了した日時。Date and time that the backup operation finished.
SortOrderSortOrder smallintsmallint サーバーの並べ替え順。Server sort order. この列はデータベース バックアップのみで有効です。This column is valid for database backups only. これは旧バージョンとの互換性のために用意されています。Provided for backward compatibility.
CodePageCodePage smallintsmallint サーバーが使用するサーバー コード ページまたは文字セット。Server code page or character set used by the server.
UnicodeLocaleIdUnicodeLocaleId intint Unicode 文字データの並べ替えに使用する、サーバー Unicode ロケール ID 構成オプション。Server Unicode locale ID configuration option used for Unicode character data sorting. これは旧バージョンとの互換性のために用意されています。Provided for backward compatibility.
UnicodeComparisonStyleUnicodeComparisonStyle intint Unicode データの並べ替えに詳細な設定を追加できる、サーバー Unicode 比較スタイル構成オプション。Server Unicode comparison style configuration option, which provides additional control over the sorting of Unicode data. これは旧バージョンとの互換性のために用意されています。Provided for backward compatibility.
CompatibilityLevelCompatibilityLevel tinyinttinyint バックアップの作成元であるデータベースの互換性レベル設定。Compatibility level setting of the database from which the backup was created.
SoftwareVendorIdSoftwareVendorId intint ソフトウェア ベンダーの識別番号。Software vendor identification number. SQL Server の場合、この値は 4608 (16 進数では 0x1200) です。For SQL Server, this number is 4608 (or hexadecimal 0x1200).
SoftwareVersionMajorSoftwareVersionMajor intint バックアップ セットを作成したサーバーのメジャー バージョン番号。Major version number of the server that created the backup set.
SoftwareVersionMinorSoftwareVersionMinor intint バックアップ セットを作成したサーバーのマイナー バージョン番号。Minor version number of the server that created the backup set.
SoftwareVersionBuildSoftwareVersionBuild intint バックアップ セットを作成したサーバーのビルド番号。Build number of the server that created the backup set.
MachineNameMachineName nvarchar(128)nvarchar(128) バックアップ操作を実行したコンピューターの名前。Name of the computer that performed the backup operation.
FlagsFlags intint 1 に設定されている場合の個々のフラグ ビットの意味は次のとおりです。Individual flags bit meanings if set to 1:

1 = ログ バックアップに一括ログ操作が含まれている。1 = Log backup contains bulk-logged operations.

2 = スナップショット バックアップ。2 = Snapshot backup.

4 = データベースがバックアップ時に読み取り専用だった。4 = Database was read-only when backed up.

8 = データベースがバックアップ時にシングル ユーザー モードだった。8 = Database was in single-user mode when backed up.

16 = バックアップにバックアップ チェックサムが含まれている。16 = Backup contains backup checksums.

32 = データベースがバックアップ時に損傷したが、エラーに関係なくバックアップ操作の続行が要求された。32 = Database was damaged when backed up, but the backup operation was requested to continue despite errors.

64 = ログ末尾のバックアップ。64 = Tail log backup.

128 = 不完全なメタデータでのログ末尾のバックアップ。128 = Tail log backup with incomplete metadata.

256 = NORECOVERY でのログ末尾のバックアップ。256 = Tail log backup with NORECOVERY.

重要: Flags ではなく、下に示す HasBulkLoggedData から IsCopyOnly までのブール値をとる各列の使用をお勧めします。Important: We recommend that instead of Flags you use the individual Boolean columns (listed below starting with HasBulkLoggedData and ending with IsCopyOnly).
BindingIDBindingID uniqueidentifieruniqueidentifier データベースに割り当てられたバインド ID。Binding ID for the database. これは、sys.database_recovery_status database_guid に対応します。This corresponds to sys.database_recovery_status database_guid. データベースが復元されると、新しい値が割り当てられます。When a database is restored, a new value is assigned. FamilyGUID (下記) も参照してください。Also see FamilyGUID (below).
RecoveryForkIDRecoveryForkID uniqueidentifieruniqueidentifier 最後の復旧分岐の ID。ID for the ending recovery fork. この列は、backupset テーブル内の last_recovery_fork_guid に対応します。This column corresponds to last_recovery_fork_guid in the backupset table.

データのバックアップでは、RecoveryForkIDFirstRecoveryForkID と同じです。For data backups, RecoveryForkID equals FirstRecoveryForkID.
CollationCollation nvarchar(128)nvarchar(128) データベースで使用されている照合順序。Collation used by the database.
FamilyGUIDFamilyGUID uniqueidentifieruniqueidentifier 元のデータベースに関する作成時の ID。ID of the original database when created. この値は、データベースが復元されても変わりません。This value stays the same when the database is restored.
HasBulkLoggedDataHasBulkLoggedData bitbit 1 = 一括ログ記録操作を含むログ バッグアップ。1 = Log backup containing bulk-logged operations.
IsSnapshotIsSnapshot bitbit 1 = スナップショット バックアップ。1 = Snapshot backup.
IsReadOnlyIsReadOnly bitbit 1 = データベースがバックアップ時に読み取り専用だった。1 = Database was read-only when backed up.
IsSingleUserIsSingleUser bitbit 1 = データベースがバックアップ時にシングル ユーザーだった。1 = Database was single-user when backed up.
HasBackupChecksumsHasBackupChecksums bitbit 1 = バックアップ チェックサムを含むバックアップ。1 = Backup contains backup checksums.
IsDamagedIsDamaged bitbit 1 = データベースがバックアップ時に損傷したが、エラーに関係なくバックアップ操作の続行が要求された。1 = Database was damaged when backed up, but the backup operation was requested to continue despite errors.
BeginsLogChainBeginsLogChain bitbit 1 =1 連鎖的なログ バックアップの先頭。1 = This is the first in a continuous chain of log backups. データベースが作成された後、または単純復旧モデルが完全復旧モデルや一括ログ復旧モデルに切り替わったときに、最初に行われるログ バックアップを先頭にして、ログ チェーンが形成されます。A log chain begins with the first log backup taken after the database is created or when it is switched from the Simple to the Full or Bulk-Logged Recovery Model.
HasIncompleteMetaDataHasIncompleteMetaData bitbit 1 = 不完全なメタデータでのログ末尾のバックアップ。1 = A tail-log backup with incomplete meta-data.

不完全なバックアップ メタデータでのログ末尾のバックアップについては、「ログ末尾のバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For information about tail-log backups with incomplete backup metadata, see Tail-Log Backups (SQL Server).
IsForceOfflineIsForceOffline bitbit 1 = NORECOVERY で行われたバックアップ。データベースがバックアップによってオフラインになった。1 = Backup taken with NORECOVERY; the database was taken offline by backup.
IsCopyOnlyIsCopyOnly bitbit 1 = コピーのみのバックアップ。1 = A copy-only backup.

コピーのみのバックアップを行っても、データベースの全体的なバックアップと復元の手順に影響はありません。A copy-only backup does not impact the overall backup and restore procedures for the database. 詳細については、「コピーのみのバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Copy-Only Backups (SQL Server).
FirstRecoveryForkIDFirstRecoveryForkID uniqueidentifieruniqueidentifier 最初の復旧分岐の ID。ID for the starting recovery fork. この列は、backupset テーブルの first_recovery_fork_guid に対応します。This column corresponds to first_recovery_fork_guid in the backupset table.

データのバックアップでは、FirstRecoveryForkIDRecoveryForkID と同じです。For data backups, FirstRecoveryForkID equals RecoveryForkID.
ForkPointLSNForkPointLSN numeric(25,0) NULLnumeric(25,0) NULL FirstRecoveryForkIDRecoveryForkID と同じでない場合、これは分岐ポイントのログ シーケンス番号になります。If FirstRecoveryForkID is not equal to RecoveryForkID, this is the log sequence number of the fork point. これらが同じである場合、この値は NULL になります。Otherwise, this value is NULL.
RecoveryModelRecoveryModel nvarchar(60)nvarchar(60) データベースの復旧モデル。次のいずれかになります。Recovery model for the Database, one of:

FULLFULL

BULK-LOGGEDBULK-LOGGED

SIMPLESIMPLE
DifferentialBaseLSNDifferentialBaseLSN numeric(25,0) NULLnumeric(25,0) NULL シングル ベースの差分バックアップの場合、値は差分ベースの FirstLSN と同じになります。DifferentialBaseLSN 以上の LSN の変更は差分に含まれます。For a single-based differential backup, the value equals the FirstLSN of the differential base; changes with LSNs greater than or equal to DifferentialBaseLSN are included in the differential.

マルチ ベースの差分バックアップの場合、この値は NULL です。ベース LSN はファイル レベルで決定される必要があります。For a multi-based differential, the value is NULL, and the base LSN must be determined at the file level. 詳細については、RESTORE FILELISTONLY (Transact-SQL) を参照してください。For more information, see RESTORE FILELISTONLY (Transact-SQL).

差分バックアップ以外の種類のバックアップの場合は常に NULL。For non-differential backup types, the value is always NULL.

詳細については、「 差分バックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Differential Backups (SQL Server).
DifferentialBaseGUIDDifferentialBaseGUID uniqueidentifieruniqueidentifier シングル ベースの差分バックアップの場合は、差分ベースの一意識別子。For a single-based differential backup, the value is the unique identifier of the differential base.

マルチ ベースの差分バックアップの場合は、NULL。差分のベースはファイルごとに決定する必要があります。For multi-based differentials, the value is NULL, and the differential base must be determined per file.

差分バックアップ以外の種類の場合、値は NULL です。For non-differential backup types, the value is NULL.
BackupTypeDescriptionBackupTypeDescription nvarchar(60)nvarchar(60) バックアップの種類を表す文字列。次のいずれかになります。Backup type as string, one of:

DATABASEDATABASE

TRANSACTION LOGTRANSACTION LOG

FILE OR FILEGROUPFILE OR FILEGROUP

DATABASE DIFFERENTIALDATABASE DIFFERENTIAL

FILE DIFFERENTIAL PARTIALFILE DIFFERENTIAL PARTIAL

PARTIAL DIFFERENTIALPARTIAL DIFFERENTIAL
BackupSetGUIDBackupSetGUID uniqueidentifier NULLuniqueidentifier NULL メディア上のバックアップ セットを識別する、バックアップ セットの一意識別番号。Unique identification number of the backup set, by which it is identified on the media.
CompressedBackupSizeCompressedBackupSize bigintbigint バックアップ セットのバイト数。Byte count of the backup set. 圧縮されていないバックアップの場合、この値は BackupSize と同じです。For uncompressed backups, this value is the same as BackupSize.

圧縮比率を計算するには、CompressedBackupSizeBackupSize を使用します。To calculate the compression ratio, use CompressedBackupSize and BackupSize.

この値は、msdb のアップグレード中に、BackupSize 列の値と一致するように設定されます。During an msdb upgrade, this value is set to match the value of the BackupSize column.
containmentcontainment tinyint not NULLtinyint not NULL 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later.

データベースの包含状態を示します。Indicates the containment status of the database.

0 = データベースの包含がオフ0 = database containment is off

1 = データベースは部分的な包含1 = database is in partial containment
KeyAlgorithmKeyAlgorithm nvarchar(32)nvarchar(32) 適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) から現在のバージョンまで)。Applies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) through current version.

バックアップの暗号化に使用される暗号化アルゴリズム。The encryption algorithm used to encrypt the backup. NO_Encryption では、バックアップが暗号化されていないことを示します。NO_Encryption indicates that the backup was not encrypted. システムに正しい値を特定できない場合、値は NULL になります。When the correct value cannot be determined the value should be NULL.
EncryptorThumbprintEncryptorThumbprint varbinary(20)varbinary(20) 適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) から現在のバージョンまで)。Applies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) through current version.

データベースに保存されている証明書や非対称キーを検索するために使用される暗号化機能の拇印。The thumbprint of the encryptor which can be used to find certificate or the asymmetric key in the database. バックアップが暗号化されていない場合、この値は NULL となります。When the backup was not encrypted, this value is NULL.
EncryptorTypeEncryptorType nvarchar(32)nvarchar(32) 適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) から現在のバージョンまで)。Applies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) (CU1) through current version.

使用される暗号化の種類:証明書キーまたは非対称キー。The type of encryptor used: Certificate or Asymmetric Key. バックアップが暗号化されていない場合、この値は NULL となります。When the backup was not encrypted, this value is NULL.

注意

バックアップ セットにパスワードが定義されている場合、RESTORE HEADERONLY によって完全な情報が返されるのは、コマンドの PASSWORD オプションと同じパスワードが指定されているバックアップ セットに対してのみです。If passwords are defined for the backup sets, RESTORE HEADERONLY shows complete information for only the backup set whose password matches the specified PASSWORD option of the command. また保護されていないバックアップ セットについても、RESTORE HEADERONLY では完全な情報が返されます。RESTORE HEADERONLY also shows complete information for unprotected backup sets. メディア上にある、他のパスワードで保護されているバックアップ セットについては、BackupName 列が ' Password Protected ' に設定され、他の列は NULL になります。The BackupName column for the other password-protected backup sets on the media is set to 'Password Protected', and all other columns are NULL.

全般的な解説General Remarks

クライアントは RESTORE HEADERONLY を使用して、特定のバックアップ デバイス上のすべてのバックアップについて、バックアップ ヘッダーに関するすべての情報を取得できます。A client can use RESTORE HEADERONLY to retrieve all the backup header information for all backups on a particular backup device. バックアップ デバイス上にあるバックアップごとに、ヘッダー情報が 1 行のデータとしてサーバーから送信されます。For each backup on the backup device, the server sends the header information as a row.

SecuritySecurity

バックアップ操作では、オプションで、メディア セットとバックアップ セットにそれぞれパスワードを設定できます。A backup operation may optionally specify passwords for a media set, a backup set, or both. メディア セットまたはバックアップ セットにパスワードが設定されている場合は、RESTORE ステートメントで正しいパスワードを指定する必要があります。When a password has been defined on a media set or backup set, you must specify the correct password or passwords in the RESTORE statement. これらのパスワードを設定しておくと、MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server ツールを使用して不正に復元操作が行われたり、メディアにバックアップ セットが不正に追加されたりするのを防ぐことができます。These passwords prevent unauthorized restore operations and unauthorized appends of backup sets to media using MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server tools. ただし、BACKUP ステートメントで FORMAT オプションが使用された場合、パスワードでメディアの上書きを防ぐことはできません。However, a password does not prevent overwrite of media using the BACKUP statement's FORMAT option.

重要

パスワードによる保護は強力なものではありません。The protection provided by this password is weak. 権限の有無にかかわらず、ユーザーが SQL ServerSQL Server ツールを使用して不適切な復元を行わないようにすることを目的としています。It is intended to prevent an incorrect restore using SQL ServerSQL Server tools by authorized or unauthorized users. その他の手段によるバックアップ データの読み取りやパスワードの置き換えを防ぐわけではありません。It does not prevent the reading of the backup data by other means or the replacement of the password. この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.バックアップ保護に最適な方法は、バックアップ テープを安全な場所に保管するか、バックアップしたディスク ファイルを適切なアクセス制御リスト (ACL) で保護することです。The best practice for protecting backups is to store backup tapes in a secure location or back up to disk files that are protected by adequate access control lists (ACLs). ACL は、バックアップを作成するディレクトリのルートに設定する必要があります。The ACLs should be set on the directory root under which backups are created.

アクセス許可Permissions

バックアップ セットやバックアップ デバイスに関する情報の取得には CREATE DATABASE 権限が必要になります。Obtaining information about a backup set or backup device requires CREATE DATABASE permission. 詳細については、「GRANT (データベースの権限の許可) (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see GRANT Database Permissions (Transact-SQL).

Examples

次の例では、ディスク ファイル C:\AdventureWorks-FullBackup.bak のヘッダー情報を返します。The following example returns the information in the header for the disk file C:\AdventureWorks-FullBackup.bak.

RESTORE HEADERONLY   
FROM DISK = N'C:\AdventureWorks-FullBackup.bak'   
WITH NOUNLOAD;  
GO  

参照See Also

BACKUP (Transact-SQL) BACKUP (Transact-SQL)
backupset (Transact-SQL) backupset (Transact-SQL)
RESTORE REWINDONLY (Transact-SQL) RESTORE REWINDONLY (Transact-SQL)
RESTORE VERIFYONLY (Transact-SQL) RESTORE VERIFYONLY (Transact-SQL)
RESTORE (Transact-SQL) RESTORE (Transact-SQL)
バックアップの履歴とヘッダーの情報 (SQL Server) Backup History and Header Information (SQL Server)
バックアップ中または復元中にバックアップ チェックサムを有効または無効にする (SQL Server) Enable or Disable Backup Checksums During Backup or Restore (SQL Server)
メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server) Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server)
復旧モデル (SQL Server)Recovery Models (SQL Server)