トレースとトレース テンプレートの保存Save Traces and Trace Templates

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

トレース ファイルの保存とトレース テンプレートの保存は、区別して考えることが重要です。It is important to distinguish saving trace files from saving trace templates. トレース ファイルを保存すると、キャプチャされたイベント データが特定の場所に保存されます。Saving a trace file involves saving the captured event data to a specified place. トレース テンプレートを保存すると、特定のデータ列、イベント クラス、フィルターなどのトレースの定義が保存されます。Saving a trace template involves saving the definition of the trace, such as specified data columns, event classes, or filters.

トレースの保存Saving Traces

キャプチャしたイベント データの分析や再生を後で行う必要がある場合、データをファイルまたは SQL ServerSQL Server テーブルに保存します。Save captured event data to a file or a SQL ServerSQL Server table when you need to analyze or replay the captured data at a later time. トレース ファイルは、次の用途に使用します。Use a trace file to do the following:

  • トレース ファイルまたはトレース テーブルから、データベース エンジン チューニング アドバイザーへの入力として使用するワークロードを生成します。Use a trace file or trace table to create a workload that is used as input for Database Engine Tuning Advisor.

  • トレース ファイルを使用してイベントをキャプチャし、そのトレース ファイルを分析のためにサポート プロバイダーに送信します。Use a trace file to capture events and send the trace file to the support provider for analysis.

  • SQL ServerSQL Server のクエリ処理ツールを使用して、データにアクセスしたり、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerでデータを表示したりします。Use the query processing tools in SQL ServerSQL Server to access the data or to view the data in SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler. ただし、トレース テーブルに直接アクセスできるのは、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーとテーブルの作成者だけです。Only members of the sysadmin fixed server role or the table creator can access the trace table directly.

注意

トレース データをテーブルにキャプチャすると、ファイルにキャプチャする場合と比べて操作に時間がかかります。Capturing trace data to a table is a slower operation than capturing trace data to a file. テーブルにキャプチャする代わりに、トレース データをファイルにキャプチャしておき、このトレース ファイルを開き、トレースをトレース テーブルとして保存する方法があります。An alternative is to capture trace data to a file, open the trace file, and then save the trace as a trace table.

トレース ファイルを使用する場合、キャプチャしたイベント データ (トレース定義ではない) は SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler により SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler トレース (*.trc) ファイルに保存されます。When you use a trace file, SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler saves captured event data (not trace definitions) to a SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler Trace (*.trc) file. この拡張子は、トレース ファイルを保存するときに、他の拡張子が指定されているかどうかに関係なくファイル名の終わりに自動的に付加されます。The extension is added to the end of the file automatically when the trace file is saved, regardless of any other specified extension. たとえば、 Trace.datという名前のトレース ファイルを指定すると、作成されるファイルの名前は Trace.dat.trcになります。For example, if you specify a trace file called Trace.dat, the file created is called Trace.dat.trc.

重要

SHOWPLAN 権限、ALTER TRACE 権限、または VIEW SERVER STATE 権限を持つユーザーは、プラン表示出力にキャプチャされたクエリを表示できます。Users who have the SHOWPLAN, the ALTER TRACE, or the VIEW SERVER STATE permission can view queries that are captured in Showplan output. これらのクエリには、パスワードなどの機密情報が含まれている場合があります。These queries may contain sensitive information such as passwords. したがって、これらの権限は、機密情報を表示することが認められているユーザー (たとえば db_owner 固定データベース ロールのメンバーや sysadmin 固定サーバー ロールのメンバー) のみに付与することをお勧めします。Therefore, we recommend that you only grant these permissions to users who are authorized to view sensitive information, such as members of the db_owner fixed database role, or members of the sysadmin fixed server role. また、プラン表示ファイルまたはプラン表示関連のイベントを含むトレース ファイルのみを保存すること、保存先は NTFS ファイル システムが使用されている場所とすること、および機密情報を表示する権限を持つユーザーのみにアクセスを制限することをお勧めします。Additionally, we recommend that you only save Showplan files or trace files that contain Showplan-related events to a location that uses the NTFS file system, and that you restrict access to users who are authorized to view sensitive information.

テンプレートの保存Saving Templates

トレースのテンプレート定義には、トレースの作成に使用するイベント クラス、データ列、フィルター、およびその他のすべてのプロパティ (キャプチャしたイベント データは除く) が含まれています。The template definition of a trace includes the event classes, data columns, filters, and all other properties (except the captured event data) that are used to create a trace. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler にはシステム テンプレートがあらかじめ定義されていて、これを使用することでトレースの一般的な作業、およびデータベース エンジン チューニング アドバイザーで物理的なデータベース デザインをチューニングするためのワークロードを作成するなどの特定の作業を行うことができます。provides predefined system templates for common tracing tasks and for specific tasks, such as creating a workload that Database Engine Tuning Advisor can use to tune the physical database design. ユーザー定義テンプレートを作成して保存することもできます。You can also create and save user-defined templates.

テンプレートのインポートとエクスポートImporting and Exporting Templates

SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を使用して、サーバー間でテンプレートのインポートとエクスポートを行うことができます。allows you to import and export templates from one server to another. テンプレートをエクスポートすると、既存のテンプレートのコピーが指定したディレクトリに移動されます。Exporting a template moves a copy of an existing template to a directory that you specify. テンプレートをインポートすると、指定したテンプレートのコピーが作成されます。Importing a template makes a copy of a template that you specify. インポートまたはエクスポートしたテンプレートは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerで表示したときにテンプレート名の後に "(ユーザー)" という語が付いて、システム テンプレートと区別されます。When these templates are viewed in SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, you can distinguish them from system templates by the term "(user)" that follows the template name. あらかじめ定義されているシステム テンプレートを上書きしたり、直接変更したりすることはできません。You cannot overwrite or directly modify a predefined system template.

テンプレートを使用したパフォーマンスの分析Analyzing Performance with Templates

SQL ServerSQL Serverを頻繁に監視する場合は、テンプレートを使用してパフォーマンスを分析してください。If you frequently monitor SQL ServerSQL Server, use templates to analyze performance. テンプレートを使用すれば、同一のイベント データを毎回キャプチャし、同一のトレース定義で同一のイベントを監視できます。The templates capture the same event data each time and use the same trace definition to monitor the same events. トレースを作成するたびにイベント クラスやデータ列を定義する必要はありません。You do not need to define the event classes and data columns every time you create a trace. さらに、特定の SQL ServerSQL Server イベントを監視するために、テンプレートを他のユーザーに提供できます。Also, a template can be given to another user to monitor specific SQL ServerSQL Server events. たとえば、サポート プロバイダーから顧客にテンプレートを提供できます。For example, a support provider can supply a customer with a template. 顧客はこのテンプレートを使用して必要なイベント データをキャプチャし、キャプチャしたデータを分析のためサポート プロバイダーに送信します。The customer uses the template to capture the required event data, which is then sent to the support provider for analysis.

トレースをファイルに保存するにはTo save a trace to a file

トレース結果のファイルへの保存 (SQL Server Profiler)Save Trace Results to a File (SQL Server Profiler)

sp_trace_create (Transact-SQL)sp_trace_create (Transact-SQL)

参照See Also

トレース結果のテーブルへの保存 (SQL Server Profiler) Save Trace Results to a Table (SQL Server Profiler)
トレース テンプレートの作成 (SQL Server Profiler) Create a Trace Template (SQL Server Profiler)
実行中のトレースからのテンプレートの作成 (SQL Server Profiler) Derive a Template from a Running Trace (SQL Server Profiler)
トレース ファイルまたはトレース テーブルからのテンプレートの作成 (SQL Server Profiler) Derive a Template from a Trace File or Trace Table (SQL Server Profiler)
トレース テンプレートのエクスポート (SQL Server Profiler) Export a Trace Template (SQL Server Profiler)
トレース テンプレートのインポート (SQL Server Profiler)Import a Trace Template (SQL Server Profiler)