UI を使ったデバイス アカウントの作成 (Surface Hub v1)Create a device account using UI (Surface Hub v1)

注意

このページには、元の Surface Hub (v1) に関する情報が含まれています。This page includes information about the original Surface Hub (v1). Surface Hub 2S の場合は、「Surface Hub 2S デバイス アカウントの 作成」を参照してくださいFor Surface Hub 2S, see Create Surface Hub 2S device account.

グラフィカル ユーザー インターフェイスを使用する場合は、Office 365 の UI または Exchange 管理センターを使って Microsoft Surface Hub のデバイス アカウントを作成できます。If you prefer to use a graphical user interface, you can create a device account for your Microsoft Surface Hub with either the Office 365 UI or the Exchange Admin Center.

Office 365 を使ったデバイス アカウントの作成Create a device account using Office 365

  1. Microsoft 365 管理センターでアカウントを作成しますCreate the account in the Microsoft 365 Admin Center.
  2. Microsoft Exchange 管理センターからのモバイル デバイス メールボックス (ActiveSync) ポリシーの作成Create a mobile device mailbox (ActiveSync) policy from the Microsoft Exchange Admin Center.
  3. PowerShell の使用によるデバイス アカウント作成の完了.Use PowerShell to complete device account creation.
  4. PowerShell の使用によるアカウントの Exchange プロパティの構成Use PowerShell to configure Exchange properties of the account.
  5. Skype for Business に対するアカウントの有効化Enable the account with Skype for Business.

管理センターでアカウントを作成するCreate the account in the admin center

  1. にアクセスして Office 365 にサインインします https://portal.office.comSign in to Office 365 by visiting https://portal.office.com.

  2. Office 365 テナントの管理者資格情報を入力します。Provide the admin credentials for your Office 365 tenant. これにより、Microsoft 365 管理センターに移動します。This will take you to your Microsoft 365 Admin Center.

    Microsoft 365 管理センター。

  3. 管理センターで、左側のパネルの [リソース ] に移動し、[会議室] を& しますIn the admin center, navigate to Resources in the left panel, and then click Rooms & equipment.

    管理&の会議室と備品オプション

  4. [追加] をクリックして会議室アカウントを作成します。Click Add to create a new Room account. アカウントの表示名とメール アドレスを入力し、[追加] をクリックします。Enter a display name and email address for the account, and then click Add.

    新しい会議室アカウントの作成ウィンドウ

  5. 作成した会議室アカウントを [アクティブなユーザー] の一覧で選択します。Select the Room account you just created in the Active Users list. 右側のパネルに、アカウントのプロパティといくつかの省略可能なオプションが表示されます。In the right panel, you can see the account properties and several optional actions. [パスワードのリセット] をクリックしてパスワードを変更し、[このユーザーが最初にサインインしたときに、パスワードの変更を行うようにする] をオフにします (Surface Hub のサインイン フローではパスワードを変更できないため)。Click Reset password to change the password, and unselect Make this user change their password when they first sign in, because it is not possible to change the password from the Surface Hub sign-in flow.

  6. [割り当て済みのライセンス] セクションの [編集] をクリックし、適切なライセンスの横に表示されているドロップダウン矢印をクリックして詳細を表示します。In the Assigned license section, click Edit, and then click the dropdown arrow next to the appropriate license to expand the details. ユーザーの場所を選択し、ライセンスの一覧で、[Skype for Business Online (プラン 2)] をオンにして [保存] をクリックします。Select a user location, and in the list of licenses, toggle on Skype for Business Online (Plan 2), and then click Save. このライセンスは組織によって異なる場合があります (たとえば、プラン 2 の場合も プラン 3 の場合もあります)。The license may vary depending on your organization (for example, you might have Plan 2 or Plan 3).

Exchange 管理センターからのモバイル デバイス メールボックス (ActiveSync) ポリシーの作成Create a mobile device mailbox (ActiveSync) policy from the Exchange Admin Center

  1. 管理センターの左側のパネルで、[管理]をクリックし****、[Exchange] をクリックしますIn the admin center’s left panel, click ADMIN, and then click Exchange.

    管理センター。Exchange のアクティブなユーザーを表示します。

  2. ブラウザーの別のタブが開き、Exchange 管理センターが表示されます。ここで、Surface Hub のメールボックスの設定を作成して設定できます。This will open another tab on your browser to take you to the Exchange Admin Center, where you can create and set the Mailbox Setting for Surface Hub.

    Exchange 管理センター。

  3. モバイル デバイス メールボックス ポリシーを作成するには、左側のパネルの [モバイル] をクリックし、[モバイル デバイス メールボックス ポリシー] をクリックします。To create a Mobile Device Mailbox Policy, click Mobile from the left panel and then click Mobile device mailbox policies. Surface Hub には、パスワードを要求しないモバイル デバイス メールボックス ポリシーが適用されたアカウントが必要です。したがって、この要件に一致するポリシーが既に存在する場合は、アカウントにそのポリシーを適用できます。Surface Hubs require an account with a mobile device mailbox policy that does not require a password, so if you already have an existing policy that matches this requirement, you can apply that policy to the account. それ以外の場合は、次の手順を使用して、Surface Hub デバイス アカウントのみに対して使用される新しいポリシーを作成します。Otherwise use the following steps to create a new one to be used only for Surface Hub device accounts.

    Exchange 管理センター - モバイル デバイス メールボックス ポリシーの作成。

  4. 新しい Surface Hub のモバイル デバイス メールボックス ポリシーを作成するには、ポリシーの一覧の上に表示されているコントロールで + をクリックし、新しいポリシーを追加します。To create a New Surface Hub mobile device mailbox policy, click the + button from the controls above the list of policies to add a new policy. 名前については、このポリシーと他のデバイス アカウントを区別しやすい名前 (たとえば、SurfaceHubDeviceMobilePolicy) を入力します。For the name, provide a name that will help you distinguish this policy from other device accounts (for example, SurfaceHubDeviceMobilePolicy). ポリシーに割り当てられたデバイスのパスワードがこのポリシーで要求されないようにします。そのため、[パスワードを要求する] チェック ボックスがオフになっていることを確認し、[保存] をクリックします。Make sure the policy does not require a password for the devices assigned to, so make sure Require a Password remains unchecked, then click Save.

    新しいモバイル デバイス ポリシーを示す画像。

  5. 新しいモバイル デバイス メールボックス ポリシーを作成したら、Exchange 管理センターに戻ります。新しいポリシーが一覧に表示されます。After you have created the new mobile device mailbox policy, go back to the Exchange Admin Center and you will see the new policy listed.

    Exchange 管理センターでの新しいモバイル デバイス メールボックス ポリシーの画像。

PowerShell の使用によるデバイス アカウント作成の完了Use PowerShell to complete device account creation

ここからは、PowerShell を使って構成を設定し、アカウント作成処理を完了する必要があります。From here on, you'll need to finish the account creation process using PowerShell to set up some configuration.

これらの PowerShell スクリプトで使用されるコマンドレットを実行するには、次のツールを管理者用 PowerShell コンソールにインストールする必要があります。In order to run cmdlets used by these PowerShell scripts, the following must be installed for the admin PowerShell console:

PowerShell に次のモジュールをインストールします。Install the following module in PowerShell.

install-module AzureAD
Install-module MsOnline

オンライン サービスへの接続Connecting to online services

  1. 管理者として Windows PowerShell を実行します。Run Windows PowerShell as Administrator.

    Windows PowerShell を起動し、管理者として実行する方法を示す画像。

  2. Credentials オブジェクトを作成し、Skype for Business Online に接続している新しいセッションを作成します。次に、グローバルのテナント管理者アカウントを指定し、[OK] をクリックします。Create a Credentials object, then create a new session that connects to Skype for Business Online, and provide the global tenant administrator account, then click OK.

    Windows PowerShell 資格情報の要求の画像。

  3. Microsoft Online Services に接続するには、次のコマンドを実行します。To connect to Microsoft Online Services, run:

    Connect-MsolService -Credential $Cred
    

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  4. ここで、Skype for Business Online サービスに接続するには、次のコマンドを実行します。Now to connect to Skype for Business Online Services, run:

    $sfbsession = New-CsOnlineSession -Credential $cred
    

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  5. 最後に、Exchange Online サービスに接続するには、次のコマンドを実行します。Finally, to connect to Exchange Online Services, run:

    $exchangeSession = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri "https://outlook.office365.com/powershell-liveid/" -Credential $cred -Authentication "Basic" –AllowRedirection
    

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  6. ここで、Skype for Business Online セッションと、前の手順で作成した Exchange Online セッションをインポートする必要があります。これにより、Exchange と Skype のコマンドをローカルで使用できるようにインポートします。Now you have to import the Skype for Business Online Session and the Exchange Online session you have just created, which will import the Exchange and Skype Commands so you can use them locally.

    Import-PSSession $exchangesession -AllowClobber -WarningAction SilentlyContinue
    Import-PSSession $sfbsession -AllowClobber -WarningAction SilentlyContinue
    

    この手順の完了には時間がかかることに注意してください。Note that this could take a while to complete.

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  7. オンライン サービスに接続したら、さらにいくつかのコマンドレットを実行して、このアカウントを Surface Hub デバイス アカウントとして構成する必要があります。Once you’re connected to the online services you need to run a few more cmdlets to configure this account as a Surface Hub device account.

PowerShell の使用によるアカウントの Exchange プロパティの構成Use PowerShell to configure Exchange properties of the account

オンライン サービスに接続したので、デバイス アカウントの設定を完了できます。Now that you're connected to the online services, you can finish setting up the device account. デバイス アカウントのメール アドレスには、次の用途があります。You'll use the device account email address to:

  • メールボックスの種類を標準から会議室に変更する。Change the mailbox type from regular to room.
  • パスワードを設定して、会議室メールボックスのアカウントを有効にする。Set the password and enable the room mailbox account
  • さまざまな Exchange プロパティを変更する。Change various Exchange properties
  • ユーザー アカウントのパスワードを無期限に設定する。Set the user account password to never expire.
  1. アカウントのメール アドレスを入力し、その値が格納された変数を作成する必要があります。You’ll need to enter the account’s mail address and create a variable with that value:

    $mailbox = (Get-Mailbox <your device account’s alias>)
    

    値を格納するには、メールボックスからその値を取得します。To store the value get it from the mailbox:

    $strEmail = $mailbox.WindowsEmailAddress
    

    値を出力します。Print the value:

    $strEmail
    

    正しいメール アドレスが表示されます。You will see the correct email address.

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  2. 次のコマンドレットを実行します。Run the following cmdlet:

    Set-CASMailbox $strEmail  -ActiveSyncMailboxPolicy "SurfaceHubDeviceMobilePolicy"
    
  3. 会議エクスペリエンスを向上させるには、さまざまな Exchange プロパティをデバイス アカウントに設定できます。Various Exchange properties can be set on the device account to improve the meeting experience. 設定が必要なプロパティについては、「Exchange プロパティ」をご覧ください。You can see which properties need to be set in the Exchange properties section.

    Set-CalendarProcessing -Identity $strEmail -AutomateProcessing AutoAccept -AddOrganizerToSubject $false –AllowConflicts   $false –DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false
    Set-CalendarProcessing -Identity $strEmail -AddAdditionalResponse $true -AdditionalResponse "This is a Surface Hub room!"
    

    PowerShell コマンドレットを示す画像。

  4. パスワードを無期限にする場合は、PowerShell コマンドレットでも設定できます。If you decide to have the password not expire, you can set that with PowerShell cmdlets too. 詳細については、「パスワード管理」をご覧ください。See Password management for more information.

    Set-MsolUser -UserPrincipalName $strEmail -PasswordNeverExpires $True
    

Skype for Business に対するアカウントの有効化Enable the account with Skype for Business

デバイス アカウントを Skype for Business に対して有効にします。Enable the device account with Skype for Business.

Skype for Business を有効にするには、環境が次の前提条件を満たしている必要があります。In order to enable Skype for Business, your environment will need to meet the following prerequisites:

  • O365 プランに Skype for Business Online スタンドアロン プラン 2 以上が必要です。You'll need to have Skype for Business Online Standalone Plan 2 or higher in your O365 plan. プランで会議機能がサポートされている必要があります。The plan needs to support conferencing capability.
  • Surface Hub 用のエンタープライズ VoIPサービス プロバイダーを使用する PSTN テレフォニー (PSTN テレフォニー) が必要な場合は、Skype for Business Online スタンドアロン プラン 3 が必要です。If you need Enterprise Voice (PSTN telephony) using telephony service providers for the Surface Hub, you need Skype for Business Online Standalone Plan 3.
  • テナント ユーザーが Exchange メールボックスを持っている必要があります。Your tenant users must have Exchange mailboxes.
  • Surface Hub アカウントには Skype for Business Online スタンドアロン プラン 2 または Skype for Business Online スタンドアロン プラン 3 のライセンスが必要ですが、Exchange Online ライセンスは必要ではありません。Your Surface Hub account does require a Skype for Business Online Standalone Plan 2 or Skype for Business Online Standalone Plan 3 license, but it does not require an Exchange Online license.
  1. まず、PC でリモート PowerShell セッションを作成します。Start by creating a remote PowerShell session from a PC.

    Import-Module SkypeOnlineConnector
    $cssess=New-CsOnlineSession -Credential $cred
    Import-PSSession $cssess -AllowClobber
    
  2. Skype for Business Server に対して Surface Hub アカウントを有効にするには、次のコマンドレットを実行します。To enable your Surface Hub account for Skype for Business Server, run this cmdlet:

    Enable-CsMeetingRoom -Identity $strEmail -RegistrarPool "sippoolbl20a04.infra.lync.com" -SipAddressType EmailAddress
    

    環境内の RegistrarPool パラメーターに使用する値がわからない場合は、次のコマンドレットを使用して、既存の Skype for Business ユーザーから値を取得できます。If you aren't sure what value to use for the RegistrarPool parameter in your environment, you can get the value from an existing Skype for Business user using this cmdlet:

    Get-CsOnlineUser -Identity ‘alice@contoso.microsoft.com’| fl *registrarpool*
    

Exchange 管理センターの使用によるデバイス アカウントの作成Create a device account using the Exchange Admin Center

注意

このメソッドは、オンプレミスの Active Directory から同期する場合にのみ機能します。This method will only work if you are syncing from an on-premises Active Directory.

Exchange 管理センターを使用して、デバイス アカウントを作成できます。You can use the Exchange Admin Center to create a device account:

  1. Exchange 管理センターの使用によるアカウントとメールボックスの作成Create an account and mailbox with the Exchange Admin Center.
  2. Exchange 管理センターからのモバイル デバイス メールボックス ポリシーの作成Create a mobile device mailbox policy from the Exchange Admin Center.
  3. PowerShell の使用によるアカウントの構成Use PowerShell to configure the account.
  4. Skype for Business に対するアカウントの有効化Enable the account with Skype for Business.

Exchange 管理センターの使用によるアカウントとメールボックスの作成Create an account and mailbox with the Exchange Admin Center

  1. Exchange 管理者の資格情報を使用して、Exchange 管理センターにサインインします。Sign in to your Exchange Admin Center using Exchange admin credentials.

  2. Exchange 管理センター (EAC) が表示されたら、左側のパネルの [受信者] に移動します。Once you are at the Exchange Admin Center (EAC), navigate to Recipients in the left panel.

    Exchange 管理センターのメールボックスを示す画像。

  3. メールボックスの一覧の上に表示されているコントロールで [+] をクリックして新しいメールボックスを作成し、[表示名][名]、および [ユーザー ログオン名] を指定して、[保存] をクリックします。On the controls above the list of mailboxess, choose + to create a new one, and provide a Display name, Name, and User logon name, and then click Save.

    新しいメールボックスの作成を示す画像。

Exchange 管理センターからのモバイル デバイス メールボックス ポリシーの作成Create a mobile device mailbox policy from the Exchange Admin Center

注意

作成したアカウントにポリシーを作成して割り当て、Exchange 2010 を使用する場合は、EMC (Exchange 管理コンソール) を使用するときに、ポリシーの作成とポリシーの割り当てに関する対応する情報を参照します。If you want to create and assign a policy to the account you created, and are using Exchange 2010, look up the corresponding information regarding policy creation and policy assignment when using the EMC (Exchange management console).

  1. Exchange 管理センターにアクセスします。Go to the Exchange Admin Center.

    Exchange 管理センターを示す画像。

  2. モバイル デバイス メールボックス ポリシーを作成するには、左側のパネルの [モバイル] をクリックし、[モバイル デバイス メールボックス ポリシー] をクリックします。To create a mobile device mailbox policy, click Mobile from the left panel, then Mobile device mailbox policies. Surface Hub には、パスワードを要求しないモバイル デバイス メールボックス ポリシーが適用されたアカウントが必要です。したがって、この要件に一致するポリシーが既に存在する場合は、アカウントにそのポリシーを適用できます。Surface Hubs require an account with a mobile device mailbox policy that does not require a password, so if you already have an existing policy that matches this requirement, you can apply that policy to the account. それ以外の場合は、次の手順を使用して、Surface Hub デバイス アカウントのみに対して使用される新しいポリシーを作成します。Otherwise use the following steps to create a new one to be used only for Surface Hub device accounts.

    Exchange 管理センターの使用によるモバイル デバイス メールボックス ポリシーの作成を示す映像。

  3. 新しいモバイル デバイス アカウント メールボックス ポリシーを作成するには、ポリシーの一覧の上に表示されているコントロールで + をクリックし、新しいポリシーを追加します。To create a new mobile device account mailbox policy, click the + button from the controls above the list of policies to add a new policy. 名前については、このポリシーと他のデバイス アカウントを区別しやすい名前 (たとえば、SurfaceHubDeviceMobilePolicy) を入力します。For the name provide a name that will help you distinguish this policy from other device accounts (for example, SurfaceHubDeviceMobilePolicy). ポリシーをパスワードで保護する必要があるため、[パスワードを要求する] チェック ボックスがオフになっていることを確認し、[保存] をクリックします。The policy must not be password-protected, so make sure Require a Password remains unchecked, then click Save.

    新しいモバイル デバイス メールボックス ポリシーを示す画像。

  4. 新しいモバイル デバイス メールボックス ポリシーを作成したら、Exchange 管理センターに戻ります。新しいポリシーが一覧に表示されます。After you have created the new mobile device mailbox policy, go back to the Exchange Admin Center and you will see the new policy listed.

    Exchange 管理センターでの新しいモバイル デバイス メールボックス ポリシーを示す画像。

  5. PowerShell を使用せずに ActiveSync ポリシーを適用するには、次の操作を実行できます。To apply the ActiveSync policy without using PowerShell, you can do the following:

    • EAC で、[受信者] > [メールボックス] の順にクリックし、メールボックスを選択します。In the EAC, click Recipients > Mailboxes and select a mailbox.

      Exchange 管理センターを示す画像。

    • 詳細ウィンドウで、[電話機能と音声機能] までスクロールし、[詳細の表示] をクリックして、[モバイル デバイスの詳細] 画面を表示します。In the Details pane, scroll to Phone and Voice Features and click View details to display the Mobile Device Details screen.

      メールボックスの詳細を示す画像。

    • 現在割り当てられているモバイル デバイス メールボックス ポリシーが表示されます。The mobile device mailbox policy that’s currently assigned is displayed. モバイル デバイス メールボックス ポリシーを変更するには、[参照] をクリックします。To change the mobile device mailbox policy, click Browse.

      現在割り当てられているモバイル デバイス メールボックス ポリシーを示す画像。

    • 一覧から適切なモバイル デバイス メールボックス ポリシーを選択し、[OK][保存] の順にクリックします。Choose the appropriate mobile device mailbox policy from the list, click OK and then click Save.

      モバイル デバイス メールボックス ポリシーの一覧を示す画像。

PowerShell の使用によるアカウントの構成Use PowerShell to configure the account

オンライン サービスに接続したので、デバイス アカウントの設定を完了できます。Now that you're connected to the online services, you can finish setting up the device account. デバイス アカウントのメール アドレスには、次の用途があります。You'll use the device account email address to:

  • メールボックスの種類を標準から会議室に変更する。Change the mailbox type from regular to room.
  • さまざまな Exchange プロパティを変更する。Change various Exchange properties
  • ユーザー アカウントのパスワードを無期限に設定する。Set the user account password to never expire.
  1. アカウントのメール アドレスを入力し、その値が格納された変数を作成する必要があります。You’ll need to enter the account’s mail address and create a variable with that value:

    $mailbox = (Get-Mailbox <your device account’s alias>)
    

    値を格納するには、メールボックスからその値を取得します。To store the value got it from the mailbox:

    $strEmail = $mailbox.WindowsEmailAddress
    

    次のコマンドレットを実行して値を出力します。Print the value by running:

    $strEmail
    

    正しいメール アドレスが表示されます。You will see the correct email address.

  2. アカウントをルーム メールボックスに変換する必要があります。次のコマンドを実行します。You need to convert the account into a room mailbox, so run:

    Set-Mailbox $strEmail -Type Room
    
  3. Surface Hub に対してデバイス アカウントが認証を受けるには、会議室メールボックス アカウントを有効にしてパスワードを設定します。これにより、アカウントをデバイスで使って、ActiveSync を使って会議情報を取得し、Skype for Business にログインします。In order for the device account to be authenticated on a Surface Hub, you need to enable the room mailbox account and set a password, so the account can be used by the device to get meeting information using ActiveSync and log in to Skype for Business.

    Set-Mailbox $strEmail -RoomMailboxPassword (ConvertTo-SecureString  -String "<your password>" -AsPlainText -Force) -EnableRoomMailboxAccount $true
    
  4. 会議エクスペリエンスを向上させるには、さまざまな Exchange プロパティをデバイス アカウントに設定できます。Various Exchange properties can be set on the device account to improve the meeting experience. 設定が必要なプロパティについては、「Exchange プロパティ」をご覧ください。You can see which properties need to be set in the Exchange properties section.

    Set-CalendarProcessing -Identity $strEmail -AutomateProcessing AutoAccept -AddOrganizerToSubject $false –AllowConflicts   $false –DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false
    Set-CalendarProcessing -Identity $strEmail -AddAdditionalResponse $true -AdditionalResponse "This is a Surface Hub room!"
    
  5. ここで、AD でプロパティをいくつか設定する必要があります。Now we have to set some properties in AD. そのためには、アカウントのエイリアス ("@" の前に表記されている部分の UPN) が必要です。To do that, you need the alias of the account (this is the part of the UPN that becomes before the “@”).

    $strAlias = “<your device account’s alias>”
    
  6. ユーザーを AD で有効にしてから、Surface Hub を使用して認証する必要があります。The user needs to be enabled in AD before it can authenticate with a Surface Hub. 次のコマンドを実行します。Run:

    Set-ADUser $strAlias -Enabled $True
    
  7. パスワードを無期限にする場合は、PowerShell コマンドレットでも設定できます。If you decide to have the password not expire, you can set that with PowerShell cmdlets too. 詳細については、「パスワード管理」をご覧ください。See Password management for more information.

    Set-ADUser $strAlias -PasswordNeverExpires $True
    

Skype for Business に対するアカウントの有効化Enable the account with Skype for Business

デバイス アカウントを Skype for Business に対して有効にします。Enable the device account with Skype for Business.

Skype for Business を有効にするには、環境が次の前提条件を満たしている必要があります。In order to enable Skype for Business, your environment will need to meet the following prerequisites:

  • O365 プランに Skype for Business Online スタンドアロン プラン 2 以上が必要です。You'll need to have Skype for Business Online Standalone Plan 2 or higher in your O365 plan. プランで会議機能がサポートされている必要があります。The plan needs to support conferencing capability.
  • Surface Hub 用のエンタープライズ VoIPサービス プロバイダーを使用して電話 (PSTN テレフォニー) を使用する必要がある場合は、Skype for Business Online スタンドアロン プラン 3 が必要です。If you need Enterprise Voice (PSTN telephony) using telephony service providers for the Surface Hub, you need Skype for Business Online Standalone Plan 3.
  • テナント ユーザーが Exchange メールボックスを持っている必要があります。Your tenant users must have Exchange mailboxes.
  • Surface Hub アカウントには Skype for Business Online スタンドアロン プラン 2 または Skype for Business Online スタンドアロン プラン 3 のライセンスが必要ですが、Exchange Online ライセンスは必要ではありません。Your Surface Hub account does require a Skype for Business Online Standalone Plan 2 or Skype for Business Online Standalone Plan 3 license, but it does not require an Exchange Online license.
  1. まず、PC でリモート PowerShell セッションを作成します。Start by creating a remote PowerShell session from a PC.

    Import-Module SkypeOnlineConnector
    $cssess=New-CsOnlineSession -Credential $cred
    Import-PSSession $cssess -AllowClobber
    
  2. Surface Hub アカウントのレジストラー プールを取得します。Retrieve your Surface Hub account Registrar Pool.

    環境内の RegistrarPool パラメーターに使用する値がわからない場合は、次のコマンドレットを使用して、既存の Skype for Business ユーザーから値を取得できます。If you aren't sure what value to use for the RegistrarPool parameter in your environment, you can get the value from an existing Skype for Business user using this cmdlet:

    Get-CsOnlineUser -Identity ‘alice@contoso.microsoft.com’| fl *registrarpool*
    
  3. Skype for Business Server に対して Surface Hub アカウントを有効にするには、次のコマンドレットを実行します。To enable your Surface Hub account for Skype for Business Server, run this cmdlet:

    Enable-CsMeetingRoom -Identity $strEmail -RegistrarPool "sippoolbl20a04.infra.lync.com" -SipAddressType EmailAddress