System Center DPM リリース ノートSystem Center DPM Release Notes

この記事では、System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) のリリース ノートの一覧を示します。必要に応じて DPM 2019、DPM 2019 UR1、および DPM 2019 UR2 の既知の問題と回避策を説明します。This article lists the release notes for System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM), includes the known issues and workarounds for DPM 2019 DPM 2019 UR1,and DPM 2019 UR2, as applicable.

重要

このバージョンの Data Protection Manager (DPM) はサポート終了に達したので、DPM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Data Protection Manager (DPM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to DPM 2019.

この記事では、System Center 1807 - Data Protection Manager (DPM) のリリース ノートの一覧を示します。This article lists the release notes for System Center 1807 - Data Protection Manager (DPM).

重要

このバージョンの Data Protection Manager (DPM) はサポート終了に達したので、DPM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Data Protection Manager (DPM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to DPM 2019.

この記事では、System Center 1801 - Data Protection Manager (DPM) のリリース ノートの一覧を示します。This article lists the release notes for System Center 1801 - Data Protection Manager (DPM).

この記事では、System Center 2016 - Data Protection Manager (DPM) のリリース ノートの一覧を示します。This article lists the release notes for System Center 2016 - Data Protection Manager (DPM).

DPM 2019 のリリース ノートDPM 2019 release notes

以下のセクションでは、DPM 2019 のリリース ノートの概要と、該当する既知の問題と回避策について説明します。The following sections summarize the release notes for DPM 2019 and include the applicable known issues and workarounds.

MSDPM サービスのクラッシュが原因で DPM コンソールがクラッシュするDPM console crashes due to MSDPM Service crash

説明:DPM アップグレード後に、重複する Summary Manage ジョブがあると、いざというときに進行中のジョブが失敗し、最終的にはクラッシュする可能性があります。Description: Presence of duplicate summary management jobs, after DPM upgrade, might lead to failure of any in-progress jobs at zero hours eventually leading to a crash. その結果、次のようになる場合があります。As a result, you might observe the following:

  • レプリカに整合性がない。Replica is inconsistent.
  • 回復ポイントが削除されないため、記憶域が肥大化する。Storage bloat caused due to non-deletions of recovery points.
  • DPM レポートが古くなる。Outdated DPM reports.
  • ジョブ履歴とガベージ コレクション ジョブがクリーンアップされない。No clean-up for job history and garbage collection jobs.

回避策:Workaround:

  1. 現在の DPM データベースをバックアップします。Backup the current DPM database.

  2. SQL Management Studio を開いて、このサーバーの DPMDB をホストしている SQL インスタンスに接続します。Open SQL management studio and connect to the SQL Instance hosting the DPMDB for this server.

  3. 次のクエリを実行し、2 つ以上の Summary Manager ジョブがスケジュールされているかどうかを確認し、どれがより古いスケジュールであるかを調べます。Run the following query, and check if you have two or more summary manager jobs scheduled, and see which the older schedule was:

     SELECT SCH.ScheduleId, SCH.JobDefinitionId, jd.CreationTime
     FROM tbl_JM_JobDefinition JD
     JOIN tbl_SCH_ScheduleDefinition SCH
     ON JD.JobDefinitionId = SCH.JobDefinitionId
     WHERE JD.Type = '282faac6-e3cb-4015-8c6d-4276fcca11d4'        
     AND JD.IsDeleted = 0
     AND SCH.IsDeleted = 0
    
  4. 複数の行が返された場合は、より古いエントリの結果の ScheduleID と JobDefinitionID を選び、削除済みとしてマークします。If you have more than one row returned, take the resulting ScheduleID and JobDefinitionID of the older entry and mark them as deleted.

     update tbl_SCH_ScheduleDefinition
     set IsDeleted = 1
     where ScheduleId = ‘ScheduleID '               --- Replace with Your ScheduleID
     update dbo.tbl_JM_JobDefinition
     set IsDeleted = 1
     where JobDefinitionId = ‘JobDefinitionID'             --- Replace with Your JobDefinitionID
    
  5. SQL Server エージェント ジョブの下にある ScheduleID と一致する SQL ジョブを削除します。Delete the SQL job that is matching the ScheduleID under the SQL Server Agent – JOBS. 削除されると、いざというときのクラッシュが解決されます。Once deleted, the crash at zero hours would be resolved.

    ScheduleId は、SQL エージェントの下にある SQL ジョブです。ScheduleId is the SQL Jobs under SQL agent:

    UPDATE MSDB.dbo.sysjobs
    SET Enabled = 0
    WHERE [Name] LIKE ‘ScheduleID’  --- Replace with Your ScheduleID  
    

VM アップグレードで Hyper-V VM が 2 回保護されるHyper-V VMs are protected twice on VM upgrade

説明:Hyper-V VM を Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードすると、保護グループの作成ウィザードに VM の 2 つのバージョンが表示されます。Description: When upgrading a Hyper-V VM from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016, two versions of the VM appear in the Create Protection Group wizard.

回避策:保護された VM をアップグレードしようとしている場合は、必ず、VM をアップグレードする前にデータを保持した状態で保護を停止してください。Workaround: For the protected VMs which are about to be upgraded, make sure to stop protection with retain data before upgrading the VM. その後、VM をアップグレードし、新しい保護グループで再保護します。Then, upgrade the VM and reprotect it in a new protection group. 再保護を構成するときに、DPM の VM ホストで更新を実行して VM アップグレードを検出し、それを RCT VM として保護します。While configuring reprotection, do a refresh on the VM host for DPM to detect the VM upgrade and protect it as RCT VM.

アップグレードした Hyper-V VM の以前のバージョンを復元すると、以降の回復ポイントが失敗するRestoration of a previous version for an upgraded Hyper-V VM causes future recovery points to fail

説明:保護されている 2012 R2 Hyper-V VM を 2016 のバージョンにアップグレードするときに、VM の保護を停止 (ただし、データは保持) してから、保護を再度有効にします。その後、元の場所で 2012 R2 のコピーを回復すると、以降のバックアップが失敗することがあります。Description: When you upgrade a protected 2012 R2 Hyper-V VM to the 2016 version, then stop protecting the VM (but retain data), and then re-enable protection, if you then recover a 2012 R2 copy at the original location, further backups might fail.

回避策:回復後に、VM のバージョンを 2016 に変更し、その後、整合性チェックを行います。Workaround: After recovery, change the VM version to 2016, then run a consistency check.

ベア メタル回復保護が失敗するBare Metal Recovery protection failures

説明:ベア メタル回復 (BMR) 保護を構成する場合に、BMR 保護ジョブが失敗し、レプリカ サイズが十分な大きさではないことを示すメッセージが表示されることがあります。Description: If you configure Bare Metal Recovery (BMR) protection, the BMR protection job might fail with the message that the replica size is not sufficiently large.

回避策:次のレジストリ パスを使用して BMR データ ソースの既定のレプリカ サイズを変更します。Workaround: Use the following registry path to change the default replica size for BMR data sources. レジストリ エディターを開き、次のキーのレプリカのサイズを大きくします。Open the registry editor and increase the replica size for the following key:

HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)

アップグレード シナリオの場合、DPM データベースの保護が停止するDPM database protection stops in case of upgrade scenarios

説明:DPM をアップグレードするときに、いくつかのシナリオでデータベース名が変わる可能性があります。Description: When you upgrade DPM, database name might change in some scenarios.

回避策:DPM データベースを保護する場合は、新しい DPM データベースの保護を必ず有効にしてください。Workaround: If you are protecting a DPM database, ensure to enable the protection for the new DPM database. DPM のアップグレードの有効性が確認されたら、以前の DPM データベースの保護を解除できます。Once the DPM upgrade is validated, you can remove protection for the previous DPM database.

Hyper-V RCT - D-T バックアップ用のファイルとしての回復が失敗するHyper-V RCT - recover as files for D-T backup fails

説明:テープに直接 (D-T) 作成されるファイルとしての Hyper-V RCT VM の回復が失敗します。Description: Recovery of Hyper-V RCT VMs as files created directly on tape (D-T) fails. D-D-T バックアップではこの問題は発生しません。D-D-T backups does not exhibit this issue.

回避策:VM として [別の場所への回復] を使用し、目的の場所にファイルを転送します。Workaround: Use Alternate Location Recovery as a VM, and then transfer those files to the desired location.

注意

この機能は、DPM 2019 UR1 で修正されています。This feature is fixed in DPM 2019 UR1. UR1 をインストールすれば、この問題は修正されます。You can install UR1 to get this issue fixed. UR1 のインストール方法の詳細については UR1 のサポート技術情報の記事を参照してくださいFor detailed information about installing UR1, see the KB article for UR1.

DPM 2019 で Modern Backup Storage (MBS) を使用するファイル サーバー エンド ユーザー回復がサポートされないDPM 2019 does not support file server end user recovery with Modern Backup Storage (MBS)

説明:DPM 2019 では、Modern Backup Storage (MBS) を使用するエンド ユーザー回復はサポートされません。Description: DPM 2019 does not support end user recovery with Modern Backup Storage (MBS).

回避策:ありません。Workaround: None. MBS を使用する場合、ファイル サーバー EUR はサポートされません。File Server EUR is not supported when using MBS.

DPM 1801/1807 サーバーを DPM 2019 中央コンソールで管理できないDPM 1801/1807 servers cannot be managed by DPM 2019 central console

説明:DPM 2019 中央コンソールでは、DPM 1801 や DPM 1807 のサーバーを管理することはできません。Description: With DPM 2019 central console you cannot manage any DPM 1801 or DPM 1807 servers.

回避策:DPM サーバーをバージョン 2019 にアップグレードします。Workaround: Upgrade your DPM server to version 2019.

DPM 2019 UR1 のリリース ノートDPM 2019 UR1 release notes

DPM 2019 UR1 に既知の問題はありません。No known issues for DPM 2019 UR1.

DPM 2019 UR1 で修正された問題については、サポート技術情報の記事を参照してくださいFor issues fixed in DPM 2019 UR1, see the KB article.

DPM 2019 UR2 のリリース ノートDPM 2019 UR2 release notes

以下のセクションでは、DPM 2019 UR2 の既知の問題と回避策について詳しく説明します。The following sections detail the known issues and workarounds for DPM 2019 UR2.

DPM 2019 UR2 で修正された問題については、サポート技術情報の記事を参照してくださいFor issues fixed in DPM 2019 UR2, see the KB article.

保護グループの詳細が DPM コンソールに表示されないProtection group details are not displayed in DPM console

説明: DPM 2019 UR2 をインストールした後、DPM コンソールの [詳細] ウィンドウに保護グループの詳細が表示されない場合があります。Description: After installing DPM 2019 UR2, sometimes, DPM console might not display Protection Group details in the Details pane.

保護グループの詳細が含まれていないコンソール

回避策: PowerShell コマンド Get DPMProtectionGroup を使用して、保護グループの詳細を表示します。Workaround: Use Get-DPMProtectionGroup PowerShell command to view the Protection Group details.

最新のレポート ファイルが自動的に更新されないLatest report files are not automatically updated

説明:DPM 2019 UR2 では、DPM レポートの書式とボリュームからボリュームへの移行レポートに関する問題が修正されています。Description: With DPM 2019 UR2, issue with DPM report formatting and volume to volume migration reporting is fixed. ただし、既存のレポート ファイルが、更新されたファイルに自動的に置き換えられることはありません。However, the existing report files are not automatically replaced with the updated files.

回避策: 既存のレポート ファイルを置き換えるには、次の手順に従います。Workaround: Follow these steps to replace the existing report files:

ReportSRV10.dll を置き換えるReplace the ReportSRV10.dll

  1. SQL Server Reporting Service を停止しますStop the SQL Server Reporting service
  2. C:\Program Files\Microsoft System Center\DPM\DPM\bin にある更新された ReportSRV10.dll ファイルを選択し、次のフォルダーにある既存の DLL ファイルを置き換えます。Select the updated ReportSRV10.dll file present in C:\Program Files\Microsoft System Center\DPM\DPM\bin and replace the existing DLL files in the following folders:
    • SQL Server 2017 以降の場合 - C:\Program Files\Microsoft SQL Server Reporting Services\SSRS\ReportServer\binFor SQL Server 2017 and later - C:\Program Files\Microsoft SQL Server Reporting Services\SSRS\ReportServer\bin
    • SQL Server 2016 の場合 - C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSRS13.MSDPM2012\Reporting Services\ReportServer\binFor SQL Server 2016 - C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSRS13.MSDPM2012\Reporting Services\ReportServer\bin
  3. SQL Server Reporting Service を開始します。Start the SQL Server Reporting service.

RDL ファイルを置き換えるReplace the RDL files

  1. DPM で、SQL Reporting Services ポータルの URL を開きます。On DPM, open the SQL Reporting Services portal URL.

  2. ポータル上に、DPMReports フォルダーが DPMReports_<GUID> の形式で表示されます。On the portal, the DPMReports folder is present in the format DPMReports_<GUID>.

    Reports フォルダー

    注意

    この名前付け規則の場合、表示できるフォルダーは 1 つのみです。You can see only one folder with this naming convention. DPM が以前のバージョンからアップグレードされている場合、前のフォルダーがまだ存在している可能性がありますが、それを開くことはできません。If DPM is upgraded from a previous version, the previous folder might still exist, but you can’t open it.

  3. DPMReports_<GUID> フォルダーを選択して開きます。Select and open the DPMReports_<GUID> folder. 個々のレポート ファイルが表示されます。The individual report files are displayed.

    個々のレポート ファイルの一覧

  4. Report で終了していないレポート ファイルを選択し、 [オプション] を右クリックして、 [管理] を選択します。Select the report files that don't end with Report, right-click Option, and then select Manage.

    レポート ファイルを管理する

  5. [新規] ページで、 [置換] を選択して、最新のレポート ファイルに置き換えます。In the new page, select Replace to replace with the latest report files.

    レポート ファイルを置き換える

    最新のレポート ファイルは、次の DPM インストール パスにあります。The latest report files are available in the DPM installation path:

    次に例を示します。C:\Program Files\Microsoft System Center\DPM\DPM\bin\DpmReportsFor example: C:\Program Files\Microsoft System Center\DPM\DPM\bin\DpmReports

  6. ファイルが置き換えられたら、 [名前][説明] に変化がないこと、空白ではないことを確認します。After the files are replaced, ensure that the Name and Description are intact and aren't empty.

  7. DPM を再起動し、レポート ファイルを使用します。Restart DPM and use the report files.

DPM 1807 リリース ノートDPM 1807 Release notes

DPM 1807 で修正されたバグの一覧については、サポート技術情報記事 4339950 をご覧ください。To view the list of bugs that have been fixed in DPM 1807, refer to KB article 4339950.

1807 リリースには以下の問題が存在します。The following issues exist in the 1807 release.

VM アップグレードで Hyper-V VM が 2 回保護されるHyper-V VMs are protected twice on VM upgrade

説明: Hyper-V VM を Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードすると、保護グループの作成ウィザードに VM の 2 つのバージョンが表示されます。Description: When upgrading a Hyper-V VM from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016, two versions of the VM appear in the Create Protection Group Wizard.

対応策: アップグレードされていない VM については、[データの保持] で保護を停止します。Workaround: For the VMs that haven't been upgraded, stop protection with Retain Data. VM をアップグレードし、新しい保護グループを作成します。Upgrade the VM, and create a new protection group. データ ソースを更新し、VM を保護します。Then refresh the data sources, and protect the VMs. 保護を再び適用すると、回復性の高い変更追跡 (RCT) を使用して VM が保護されます。When you reapply protection, the VMs are protected using Resilient Change Tracking (RCT).

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 でエージェントのインストールが失敗するAgent installation fails on Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

説明: Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を保護している場合、エージェントのインストールが失敗することがあります。Description: When protecting Windows Server 2008, or Windows Server 2008 R2, installing the agent can fail.

アップグレードした Hyper-V VM の以前のバージョンを復元すると、以降の回復ポイントが失敗するRestoring a previous version of an upgraded Hyper-V VM causes future recovery points to fail.

説明: 保護されている 2012 R2 Hyper-V VM を 2016 のバージョンにアップグレードする場合は、VM の保護を停止 (ただし、データは保持) してから、保護を再度有効にします。その後、元の場所で 2012 R2 のコピーを回復すると、以降のバックアップが失敗することがあります。Description: If you upgrade a protected 2012 R2 Hyper-V VM to the 2016 version, then stop protecting the VM (but retain data), and then re-enable protection, if you then recover a 2012 R2 copy at the original location, further backups may fail.

対応策: 回復後に、VM のバージョンを 2016 に変更し、その後、整合性チェックを行います。Workaround: After recovery, change the VM Version to 2016, then run a Consistency Check.

ベア メタル回復保護が失敗するBare Metal Recovery protection failures

説明:ベア メタル回復 (BMR) 保護を構成する場合に、BMR 保護ジョブが失敗し、レプリカ サイズが十分な大きさではないことを示すメッセージが表示されることがあります。Description: If you configure Bare Metal Recovery (BMR) protection, the BMR protection job may fail with the message that the replica size is not sufficiently large.

対応策: 次のレジストリ パスを使用して BMR データ ソースの既定のレプリカ サイズを変更します。Workaround: Use the following registry path to change the default replica size for BMR data sources. レジストリ エディターを開き、次のキーのレプリカのサイズを大きくします。Open the registry editor and increase the replica size for the following key:

HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)

DPM 2016 または 1801 にアップグレードした後で DPM データベースを再度保護するReprotecting the DPM database after upgrading to DPM 2016 or 1801

説明: System Center DPM 2012 R2 から System Center Data Protection Manager 2016 または 1801 にアップグレードするとき、一部のシナリオで DPM データベース名が変わる場合があります。Description: When you upgrade from System Center DPM 2012 R2 to System Center Data Protection Manager 2016 or 1801, the DPM database name can change in some scenarios.

対応策: DPM データベースを保護する場合、新しい DPM データベースの保護を必ず有効にしてください。Workaround: If you are protecting a DPM database, be sure to enable protection for the new DPM database. DPM のアップグレードの有効性が確認されたら、古い DPM データベースの保護を解除できます。Once the DPM upgrade is validated, you can remove protection for the old DPM database.

回復ポイントが排除されないため、回復ポイントの累積が発生するRecovery Points not being pruned, leading to an accumulation of Recovery Points

説明: DPM は、保有期間を過ぎた回復ポイントを排除します。Description: DPM prunes recovery points older than the retention range. 排除処理中、DPM は排除する回復ポイントによって使われた記憶域を計算します。During the pruning process, DPM calculates the storage consumed by those recovery points to be pruned. 記憶域の計算により排除が遅延されます。Storage calculation delays pruning.

対応策: 排除する回復ポイントの計算を省略するように DPM を構成します。Workaround: Configure DPM to skip calculating the size of recovery points to be pruned. 結果として、排除スクリプトの動作が速くなり、保有期間を過ぎた回復ポイントがすべて排除され、記憶域の負荷が緩和されます。As a result, the pruning script runs faster, and prunes all recovery points older than the retention range, relieving any storage pressures. データ ソースごとの記憶域消費は、DPM の排除が完了するまでは更新されません。The storage consumed per data source isn't updated until DPM finishes pruning. ボリュームごとの記憶域消費には、引き続き正しい値が反映されます。The storage consumption per volume continues to reflect the correct values. PowerShell スクリプトを使って、サイズの計算を有効にします。Use a PowerShell script to turn on size calculation. 次のスクリプトでは、完全なサイズの計算が実行されます。The following script runs complete size calculations.

場所: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1Location: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1

スクリプト: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]Script: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]

  • ManageStorageInfo: 必要な操作の種類を指定します。ManageStorageInfo: - Specifies the kind of operation needed.

    • StopSizeAutoUpdate: サイズの計算を完全に停止します。StopSizeAutoUpdate: Stops the size calculations completely. UI でも PowerShell でも、サイズは報告されません。Both UI and PowerShell will not report sizes.

    • StartSizeAutoUpdate: サイズの計算を再開します。StartSizeAutoUpdate: Resumes the size calculations. サイズの計算を有効にしたら、PowerShell と UI で誤ったサイズがレポートされなくなるまで、(次のオプションの) UpdateSizeInfo を使用してすべてのデータソースのサイズを再計算します。Immediately after enabling size calculations, use UpdateSizeInfo (in the following options) to recalculate sizes for all the datasources, until which sizes reported in PowerShell and UI may not be correct.

    • GetSizeAutoUpdateStatus: サイズの計算が有効になっているか無効になっているかを示します。GetSizeAutoUpdateStatus: Tells whether size calculations are enabled or disabled.

    • UpdateSizeInfo: サイズの計算がトリガーされ、データ ソースによって消費されるサイズを報告します。UpdateSizeInfo: Triggers the size calculation and reports the size consumed by datasource. この操作は時間がかかる場合があるため、課金などのシナリオで必要なときにのみ使用してください。As this can be a long-running operation, use it only when needed, for scenarios such as billing. この間は、vhd マウント エラーによりバックアップが失敗する可能性があります。During this time, backups may fail with vhd mount errors.

  • UpdateSizeForDS: サイズの計算が必要なデータソースの ID が各行に含まれた一覧を含むテキスト ファイルへのパス。UpdateSizeForDS: Path to a text file with a list of Datasource IDs for which size needs to be calculated, with a datasourceID on each line. 指定しない場合、サイズ計算はすべてのデータソースに対してトリガーされます。When not passed, size calculation is triggered for all the datasources. ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用します。Use after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo. 特定のデータソースのデータソース ID を取得するには、 Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id を使用します。To get the Datasource IDs of specific datasources, use Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id.

  • UpdatedDSSizeReport: 更新されたデータソースのサイズを格納するファイルへのパス。UpdatedDSSizeReport: Path to a file that stores the updated datasource sizes. sizes.csv を渡さないと、実行ディレクトリにファイルが作成されます。When not passed sizes.csv, a file is created in the execution directory. ManageStorageInfo での UpdateSizeInfo の後に使用します。Use after UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

  • FailedDSSizeUpdateFile: 記憶域消費を計算できなかったデータソースのデータソース ID を格納するファイルへのパス。FailedDSSizeUpdateFile: Path to a file to store the Datasource IDs for the datasources for which the storage consumption couldn’t be calculated. これは、進行中のバックアップが原因で発生することがあります。This may happen due to reasons as ongoing backups. 指定しない場合、実行ディレクトリに failedDS.txt ファイルが作成されます。When not passed failedDS.txt file is created in the execution directory. このファイルは、すべてのデータソースのサイズを更新するための “UpdateSizeForDS” への入力として指定することができます。This file can be given as input to “UpdateSizeForDS” to update the sizes of all the datasources. これは、ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用する必要があります。This should be used after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

Hyper-V RCT - D-T バックアップ用のファイルとしての回復が失敗するHyper-V RCT - recover as files for D-T backup fails

説明: テープに直接 (D-T) 作成されるファイルとしての Hyper-V RCT VM の回復が失敗します。Description: Recovery of Hyper-V RCT VMs as files created directly on tape (D-T) fails. D-D-T ではこの問題は発生しません。D-D-T does not exhibit this issue.

対応策: VM として [別の場所への回復] を使用し、目的の場所にファイルを転送します。Workaround: Use Alternate Location Recovery as a VM, and then transfer those files to the desired location.

Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合に、ファイル サーバー エンドユーザー回復 (EUR) がサポートされていないFile Server end user recovery (EUR) not available when using Modern Backup Storage (MBS)

説明: DPM 2016 で Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合、ファイル サーバーのエンドユーザー回復は使用できません。Description: If you use Modern Backup Storage (MBS) with DPM 2016, File Server end-user recovery is not available.

回避策:ありません。Workaround: None. MBS を使用する場合、ファイル サーバー EUR はサポートされません。File Server EUR is not supported when using MBS.

DPM 1801 リリース ノートDPM 1801 Release notes

DPM 1801 リリースでは、次のバグが修正されました。The following bugs have been fixed in the DPM 1801 release:

  • 実稼働サーバーで DPM エージェントをアップグレードすると、予期しない再起動が引き起こされる。Upgrading the DPM agent on the production server causes an unexpected reboot.
  • Hyper-V VM の整合性チェックで VM のサイズ以上のデータが転送された。Consistency checks for Hyper-V VMs transferred more data than the size of the VMs.

1801 リリースには以下の問題が存在します。The following issues exist in the 1801 release.

SQL Server 2008 での System Center DPM のサイレント インストールSilent Installation of System Center DPM with SQL Server 2008

説明: SQL Server 2008 に DPM 2016 RTM をサイレント インストールすることはできません。Description: DPM 2016 RTM won't silently install on SQL Server 2008.

対応策: 2008 より上位のバージョンの SQL Server に DPM 2016 RTM を展開するか、DPM 2016 セットアップ ユーザー インターフェイスを使用します。Workaround: Deploy DPM 2016 RTM on a version of SQL Server higher than 2008, or use the DPM 2016 Setup user interface.

Remove-DPMDiskStorage コマンドレットは、アクティブまたは非アクティブ バックアップが作成されているボリュームを削除する可能性があるRemove-DPMDiskStorage cmdlet may delete volumes with active or inactive backups

説明: Remove-DPMDiskStorage コマンドレットを使用して DPM からボリュームを削除すると、ボリュームのデータソースが (アクティブまたは非アクティブで) バックアップされているのであれば、そのデータソースも削除されることがあります。Description: If the volume's datasources are being backed up (actively or inactively), when the Remove-DPMDiskStorage cmdlet is used to remove volumes from DPM, the datasources can be removed too.

回避策: コマンドレットを使用してボリュームを削除する前に、ボリュームのデータソースが (アクティブまたは非アクティブに) 使用されていないことを確認します。Workaround: Before using the cmdlet to remove the volumes, make sure the volume's datasources aren't in use (actively or inactively).

Windows Server 2016 で DPM 2016 がハングするDPM 2016 on Windows Server 2016 hangs

説明: DPM サーバーでのメモリ消費量が、90% に達するまで継続的に増加します。Description: Memory consumption on the DPM Server increases continuously until it reaches 90%. メモリ消費によって DPM サーバーが遅くなります。Memory consumption slows the DPM server.

回避策: この問題を解決するには、DPM を DPM UR2 にアップグレードし、KB4013429 をインストールします。Workaround: Upgrade DPM to DPM UR2 and install KB4013429 to fix this issue.

VM アップグレードで Hyper-V VM が 2 回保護されるHyper-V VMs are protected twice on VM upgrade

説明: Hyper-V VM を Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードすると、保護グループの作成ウィザードに VM の 2 つのバージョンが表示されます。Description: When upgrading a Hyper-V VM from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016, two versions of the VM appear in the Create Protection Group Wizard.

対応策: アップグレードされていない VM については、[データの保持] で保護を停止します。Workaround: For the VMs that haven't been upgraded, stop protection with Retain Data. VM をアップグレードし、新しい保護グループを作成します。Upgrade the VM, and create a new protection group. データ ソースを更新し、VM を保護します。Then refresh the data sources, and protect the VMs. 保護を再び適用すると、回復性の高い変更追跡 (RCT) を使用して VM が保護されます。When you reapply protection, the VMs are protected using Resilient Change Tracking (RCT).

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 でエージェントのインストールが失敗するAgent installation fails on Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

説明: Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を保護している場合、エージェントのインストールが失敗することがあります。Description: When protecting Windows Server 2008, or Windows Server 2008 R2, installing the agent can fail.

対応策: 運用サーバーで Windows Management Framework (WMF) を 4.0 にアップグレードします。Workaround: Upgrade the Windows Management Framework (WMF) on the production server to 4.0. WMF を https://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=40855 からダウンロードします。Download the WMF from https://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=40855. WMF をインストールしてから、エージェントをインストールします。Install WMF and then install the agent.

アップグレードした Hyper-V VM の以前のバージョンを復元すると、以降の回復ポイントが失敗するRestoring a previous version of an upgraded Hyper-V VM causes future recovery points to fail.

説明: 保護されている 2012 R2 Hyper-V VM を 2016 のバージョンにアップグレードする場合は、VM の保護を停止 (ただし、データは保持) してから、保護を再度有効にします。その後、元の場所で 2012 R2 のコピーを回復すると、以降のバックアップが失敗することがあります。Description: If you upgrade a protected 2012 R2 Hyper-V VM to the 2016 version, then stop protecting the VM (but retain data), and then re-enable protection, if you then recover a 2012 R2 copy at the original location, further backups may fail.

対応策: 回復後に、VM のバージョンを 2016 に変更し、その後、整合性チェックを行います。Workaround: After recovery, change the VM Version to 2016, then run a Consistency Check.

ベア メタル回復保護が失敗するBare Metal Recovery protection failures

説明:ベア メタル回復 (BMR) 保護を構成する場合に、BMR 保護ジョブが失敗し、レプリカ サイズが十分な大きさではないことを示すメッセージが表示されることがあります。Description: If you configure Bare Metal Recovery (BMR) protection, the BMR protection job may fail with the message that the replica size is not sufficiently large.

対応策: 次のレジストリ パスを使用して BMR データ ソースの既定のレプリカ サイズを変更します。Workaround: Use the following registry path to change the default replica size for BMR data sources. レジストリ エディターを開き、次のキーのレプリカのサイズを大きくします。Open the registry editor and increase the replica size for the following key:

HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)

DPM 2016 にアップグレードした後で DPM データベースを再度保護するReprotecting the DPM database after upgrading to DPM 2016

説明:System Center DPM 2012 R2 から System Center Data Protection Manager 2016 にアップグレードするとき、一部のシナリオで DPM データベース名が変わる場合があります。Description: When you upgrade from System Center DPM 2012 R2 to System Center Data Protection Manager 2016, the DPM database name can change in some scenarios.

対応策: DPM データベースを保護する場合、新しい DPM データベースの保護を必ず有効にしてください。Workaround: If you are protecting a DPM database, be sure to enable protection for the new DPM database. DPM のアップグレードの有効性が確認されたら、古い DPM データベースの保護を解除できます。Once the DPM upgrade is validated, you can remove protection for the old DPM database.

回復ポイントが排除されないため、回復ポイントの累積が発生するRecovery Points not being pruned, leading to an accumulation of Recovery Points

説明: DPM は、保有期間を過ぎた回復ポイントを排除します。Description: DPM prunes recovery points older than the retention range. 排除処理中、DPM は排除する回復ポイントによって使われた記憶域を計算します。During the pruning process, DPM calculates the storage consumed by those recovery points to be pruned. 記憶域の計算により排除が遅延されます。Storage calculation delays pruning.

対応策: 排除する回復ポイントの計算を省略するように DPM を構成します。Workaround: Configure DPM to skip calculating the size of recovery points to be pruned. 結果として、排除スクリプトの動作が速くなり、保有期間を過ぎた回復ポイントがすべて排除され、記憶域の負荷が緩和されます。As a result, the pruning script runs faster, and prunes all recovery points older than the retention range, relieving any storage pressures. データ ソースごとの記憶域消費は、DPM の排除が完了するまでは更新されません。The storage consumed per data source isn't updated until DPM finishes pruning. ボリュームごとの記憶域消費には、引き続き正しい値が反映されます。The storage consumption per volume continues to reflect the correct values. PowerShell スクリプトを使って、サイズの計算を有効にします。Use a PowerShell script to turn on size calculation. 次のスクリプトでは、完全なサイズの計算が実行されます。The following script runs complete size calculations.

場所: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1Location: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1

スクリプト: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]Script: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]

  • ManageStorageInfo: 必要な操作の種類を指定します。ManageStorageInfo: - Specifies the kind of operation needed.

    • StopSizeAutoUpdate: サイズの計算を完全に停止します。StopSizeAutoUpdate: Stops the size calculations completely. UI でも PowerShell でも、サイズは報告されません。Both UI and PowerShell will not report sizes.

    • StartSizeAutoUpdate: サイズの計算を再開します。StartSizeAutoUpdate: Resumes the size calculations. サイズの計算を有効にしたら、PowerShell と UI で誤ったサイズがレポートされなくなるまで、(次のオプションの) UpdateSizeInfo を使用してすべてのデータソースのサイズを再計算します。Immediately after enabling size calculations, use UpdateSizeInfo (in the following options) to recalculate sizes for all the datasources, until which sizes reported in PowerShell and UI may not be correct.

    • GetSizeAutoUpdateStatus: サイズの計算が有効になっているか無効になっているかを示します。GetSizeAutoUpdateStatus: Tells whether size calculations are enabled or disabled.

    • UpdateSizeInfo: サイズの計算がトリガーされ、データ ソースによって消費されるサイズを報告します。UpdateSizeInfo: Triggers the size calculation and reports the size consumed by datasource. この操作は時間がかかる場合があるため、課金などのシナリオで必要なときにのみ使用してください。As this can be a long-running operation, use it only when needed, for scenarios such as billing. この間は、vhd マウント エラーによりバックアップが失敗する可能性があります。During this time, backups may fail with vhd mount errors.

  • UpdateSizeForDS: サイズの計算が必要なデータソースの ID が各行に含まれた一覧を含むテキスト ファイルへのパス。UpdateSizeForDS: Path to a text file with a list of Datasource IDs for which size needs to be calculated, with a datasourceID on each line. 指定しない場合、サイズ計算はすべてのデータソースに対してトリガーされます。When not passed, size calculation is triggered for all the datasources. ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用します。Use after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo. 特定のデータソースのデータソース ID を取得するには、 Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id を使用します。To get the Datasource IDs of specific datasources, use Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id.

  • UpdatedDSSizeReport: 更新されたデータソースのサイズを格納するファイルへのパス。UpdatedDSSizeReport: Path to a file that stores the updated datasource sizes. sizes.csv を渡さないと、実行ディレクトリにファイルが作成されます。When not passed sizes.csv, a file is created in the execution directory. ManageStorageInfo での UpdateSizeInfo の後に使用します。Use after UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

  • FailedDSSizeUpdateFile: 記憶域消費を計算できなかったデータソースのデータソース ID を格納するファイルへのパス。FailedDSSizeUpdateFile: Path to a file to store the Datasource IDs for the datasources for which the storage consumption couldn’t be calculated. これは、進行中のバックアップが原因で発生することがあります。This may happen due to reasons as ongoing backups. 指定しない場合、実行ディレクトリに failedDS.txt ファイルが作成されます。When not passed failedDS.txt file is created in the execution directory. このファイルは、すべてのデータソースのサイズを更新するための “UpdateSizeForDS” への入力として指定することができます。This file can be given as input to “UpdateSizeForDS” to update the sizes of all the datasources. これは、ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用する必要があります。This should be used after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

Hyper-V RCT - D-T バックアップ用のファイルとしての回復が失敗するHyper-V RCT - recover as files for D-T backup fails

説明: テープに直接 (D-T) 作成されるファイルとしての Hyper-V RCT VM の回復が失敗します。Description: Recovery of Hyper-V RCT VMs as files created directly on tape (D-T) fails. D-D-T バックアップではこの問題は発生しません。D-D-T backups will not exhibit this issue.

対応策: VM として [別の場所への回復] を使用し、目的の場所にファイルを転送します。Workaround: Use Alternate Location Recovery as a VM, and then transfer those files to the desired location.

Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合に、ファイル サーバー エンドユーザー回復 (EUR) がサポートされていないFile Server end user recovery (EUR) not available when using Modern Backup Storage (MBS)

説明: DPM 2016 で Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合、ファイル サーバーのエンドユーザー回復は使用できません。Description: If you use Modern Backup Storage (MBS) with DPM 2016, File Server end-user recovery is not available.

回避策:ありません。Workaround: None. MBS を使用する場合、ファイル サーバー EUR はサポートされません。File Server EUR is not supported when using MBS.

DPM のインストール時にエラー 4387 が表示される場合があるError 4387 might appear while installing DPM

説明: Data Protection Manager のインストール時に Data Protection Manager のセットアップ > 前提条件の確認> SQL Server のインスタンス テキスト ボックスに SQL のインスタンスを入力すると、エラー 4387 が表示される場合があります。Description: While installing the Data Protection Manager, when you enter an SQL instance in the Data Protection Manager Setup > Prerequisites check> Instance of SQL server text box, error 4387 might appear.

回避策: この KB 記事に詳しく説明されている必要な操作を実行し、DPM のセットアップをもう一度試してみてください。Workaround: Perform the required actions as detailed in this KB article and try the DPM setup again.

System Center DPM 2016 リリース ノートSystem Center DPM 2016 Release Notes

SQL Server 2008 での System Center DPM のサイレント インストールSilent Installation of System Center DPM with SQL Server 2008

説明: SQL Server 2008 に DPM 2016 RTM をサイレント インストールすることはできません。Description: DPM 2016 RTM won't silently install on SQL Server 2008.

対応策: 2008 より上位のバージョンの SQL Server に DPM 2016 RTM を展開するか、DPM 2016 セットアップ ユーザー インターフェイスを使用します。Workaround: Deploy DPM 2016 RTM on a version of SQL Server higher than 2008, or use the DPM 2016 Setup user interface.

Remove-DPMDiskStorage コマンドレットは、アクティブまたは非アクティブ バックアップが作成されているボリュームを削除する可能性があるRemove-DPMDiskStorage cmdlet may delete volumes with active or inactive backups

説明: Remove-DPMDiskStorage コマンドレットを使用して DPM からボリュームを削除すると、ボリュームのデータソースが (アクティブまたは非アクティブで) バックアップされているのであれば、そのデータソースも削除されることがあります。Description: If the volume's datasources are being backed up (actively or inactively), when the Remove-DPMDiskStorage cmdlet is used to remove volumes from DPM, the datasources can be removed too.

回避策: コマンドレットを使用してボリュームを削除する前に、ボリュームのデータソースが (アクティブまたは非アクティブに) 使用されていないことを確認します。Workaround: Before using the cmdlet to remove the volumes, make sure the volume's datasources aren't in use (actively or inactively).

Windows Server 2016 で DPM 2016 がハングするDPM 2016 on Windows Server 2016 hangs

説明: DPM サーバーでのメモリ消費量が、90% に達するまで継続的に増加します。Description: Memory consumption on the DPM Server increases continuously until it reaches 90%. メモリ消費によって DPM サーバーが遅くなります。Memory consumption slows the DPM server.

回避策: この問題を解決するには、DPM を DPM UR2 にアップグレードし、KB4013429 をインストールします。Workaround: Upgrade DPM to DPM UR2 and install KB4013429 to fix this issue.

VM アップグレードで Hyper-V VM が 2 回保護されるHyper-V VMs are protected twice on VM upgrade

説明: Hyper-V VM を Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードすると、保護グループの作成ウィザードに VM の 2 つのバージョンが表示されます。Description: When upgrading a Hyper-V VM from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016, two versions of the VM appear in the Create Protection Group Wizard.

対応策: アップグレードされていない VM については、[データの保持] で保護を停止します。Workaround: For the VMs that haven't been upgraded, stop protection with Retain Data. VM をアップグレードし、新しい保護グループを作成します。Upgrade the VM, and create a new protection group. データ ソースを更新し、VM を保護します。Then refresh the data sources, and protect the VMs. 保護を再び適用すると、回復性の高い変更追跡 (RCT) を使用して VM が保護されます。When you reapply protection, the VMs are protected using Resilient Change Tracking (RCT).

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 でエージェントのインストールが失敗するAgent installation fails on Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

説明: Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を保護している場合、エージェントのインストールが失敗することがあります。Description: When protecting Windows Server 2008, or Windows Server 2008 R2, installing the agent can fail.

対応策: 運用サーバーで Windows Management Framework (WMF) を 4.0 にアップグレードします。Workaround: Upgrade the Windows Management Framework (WMF) on the production server to 4.0. WMF を https://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=40855 からダウンロードします。Download the WMF from https://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=40855. WMF をインストールしてから、エージェントをインストールします。Install WMF and then install the agent.

アップグレードした Hyper-V VM の以前のバージョンを復元すると、以降の回復ポイントが失敗するRestoring a previous version of an upgraded Hyper-V VM causes future recovery points to fail.

説明: 保護されている 2012 R2 Hyper-V VM を 2016 のバージョンにアップグレードする場合は、VM の保護を停止 (ただし、データは保持) してから、保護を再度有効にします。その後、元の場所で 2012 R2 のコピーを回復すると、以降のバックアップが失敗することがあります。Description: If you upgrade a protected 2012 R2 Hyper-V VM to the 2016 version, then stop protecting the VM (but retain data), and then re-enable protection, if you then recover a 2012 R2 copy at the original location, further backups may fail.

対応策: 回復後に、VM のバージョンを 2016 に変更し、その後、整合性チェックを行います。Workaround: After recovery, change the VM Version to 2016, then run a Consistency Check.

ベア メタル回復保護が失敗するBare Metal Recovery protection failures

説明:ベア メタル回復 (BMR) 保護を構成する場合に、BMR 保護ジョブが失敗し、レプリカ サイズが十分な大きさではないことを示すメッセージが表示されることがあります。Description: If you configure Bare Metal Recovery (BMR) protection, the BMR protection job may fail with the message that the replica size is not sufficiently large.

対応策: 次のレジストリ パスを使用して BMR データ ソースの既定のレプリカ サイズを変更します。Workaround: Use the following registry path to change the default replica size for BMR data sources. レジストリ エディターを開き、次のキーのレプリカのサイズを大きくします。Open the registry editor and increase the replica size for the following key:

HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\ConfigurationReplicaSizeInGBForSystemProtectionWithBMR (DWORD)

DPM 2016 にアップグレードした後で DPM データベースを再度保護するReprotecting the DPM database after upgrading to DPM 2016

説明:System Center DPM 2012 R2 から System Center Data Protection Manager 2016 にアップグレードするとき、一部のシナリオで DPM データベース名が変わる場合があります。Description: When you upgrade from System Center DPM 2012 R2 to System Center Data Protection Manager 2016, the DPM database name can change in some scenarios.

対応策: DPM データベースを保護する場合、新しい DPM データベースの保護を必ず有効にしてください。Workaround: If you are protecting a DPM database, be sure to enable protection for the new DPM database. DPM のアップグレードの有効性が確認されたら、古い DPM データベースの保護を解除できます。Once the DPM upgrade is validated, you can remove protection for the old DPM database.

回復ポイントが排除されないため、回復ポイントの累積が発生するRecovery Points not being pruned, leading to an accumulation of Recovery Points

説明: DPM は、保有期間を過ぎた回復ポイントを排除します。Description: DPM prunes recovery points older than the retention range. 排除処理中、DPM は排除する回復ポイントによって使われた記憶域を計算します。During the pruning process, DPM calculates the storage consumed by those recovery points to be pruned. 記憶域の計算により排除が遅延されます。Storage calculation delays pruning.

対応策: 排除する回復ポイントの計算を省略するように DPM を構成します。Workaround: Configure DPM to skip calculating the size of recovery points to be pruned. 結果として、排除スクリプトの動作が速くなり、保有期間を過ぎた回復ポイントがすべて排除され、記憶域の負荷が緩和されます。As a result, the pruning script runs faster, and prunes all recovery points older than the retention range, relieving any storage pressures. データ ソースごとの記憶域消費は、DPM の排除が完了するまでは更新されません。The storage consumed per data source isn't updated until DPM finishes pruning. ボリュームごとの記憶域消費には、引き続き正しい値が反映されます。The storage consumption per volume continues to reflect the correct values. PowerShell スクリプトを使って、サイズの計算を有効にします。Use a PowerShell script to turn on size calculation. 次のスクリプトでは、完全なサイズの計算が実行されます。The following script runs complete size calculations.

場所: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1Location: Program Files\Microsoft System Center 2016\DPM\DPM\bin\Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1

スクリプト: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]Script: Manage-DPMDSStorageSizeUpdate.ps1 -ManageStorageInfo [StopSizeAutoUpdate | StartSizeAutoUpdate | GetSizeAutoUpdateStatus | UpdateSizeInfo ] [-UpdateSizeForDS <FilePath>] [-UpdatedDSSizeReport <FilePath>] [-FailedDSSizeUpdateFile <FilePath>]

  • ManageStorageInfo: 必要な操作の種類を指定します。ManageStorageInfo: - Specifies the kind of operation needed.

    • StopSizeAutoUpdate: サイズの計算を完全に停止します。StopSizeAutoUpdate: Stops the size calculations completely. UI でも PowerShell でも、サイズは報告されません。Both UI and PowerShell will not report sizes.

    • StartSizeAutoUpdate: サイズの計算を再開します。StartSizeAutoUpdate: Resumes the size calculations. サイズの計算を有効にしたら、PowerShell と UI で誤ったサイズがレポートされなくなるまで、(次のオプションの) UpdateSizeInfo を使用してすべてのデータソースのサイズを再計算します。Immediately after enabling size calculations, use UpdateSizeInfo (in the following options) to recalculate sizes for all the datasources, until which sizes reported in PowerShell and UI may not be correct.

    • GetSizeAutoUpdateStatus: サイズの計算が有効になっているか無効になっているかを示します。GetSizeAutoUpdateStatus: Tells whether size calculations are enabled or disabled.

    • UpdateSizeInfo: サイズの計算がトリガーされ、データ ソースによって消費されるサイズを報告します。UpdateSizeInfo: Triggers the size calculation and reports the size consumed by datasource. この操作は時間がかかる場合があるため、課金などのシナリオで必要なときにのみ使用してください。As this can be a long-running operation, use it only when needed, for scenarios such as billing. この間は、vhd マウント エラーによりバックアップが失敗する可能性があります。During this time, backups may fail with vhd mount errors.

  • UpdateSizeForDS: サイズの計算が必要なデータソースの ID が各行に含まれた一覧を含むテキスト ファイルへのパス。UpdateSizeForDS: Path to a text file with a list of Datasource IDs for which size needs to be calculated, with a datasourceID on each line. 指定しない場合、サイズ計算はすべてのデータソースに対してトリガーされます。When not passed, size calculation is triggered for all the datasources. ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用します。Use after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo. 特定のデータソースのデータソース ID を取得するには、 Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id を使用します。To get the Datasource IDs of specific datasources, use Get-DPMProtectionGroup | Get-DPMDatasource | Format-table -Property Computer,name,ObjectType,Id.

  • UpdatedDSSizeReport: 更新されたデータソースのサイズを格納するファイルへのパス。UpdatedDSSizeReport: Path to a file that stores the updated datasource sizes. sizes.csv を渡さないと、実行ディレクトリにファイルが作成されます。When not passed sizes.csv, a file is created in the execution directory. ManageStorageInfo での UpdateSizeInfo の後に使用します。Use after UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

  • FailedDSSizeUpdateFile: 記憶域消費を計算できなかったデータソースのデータソース ID を格納するファイルへのパス。FailedDSSizeUpdateFile: Path to a file to store the Datasource IDs for the datasources for which the storage consumption couldn’t be calculated. これは、進行中のバックアップが原因で発生することがあります。This may happen due to reasons as ongoing backups. 指定しない場合、実行ディレクトリに failedDS.txt ファイルが作成されます。When not passed failedDS.txt file is created in the execution directory. このファイルは、すべてのデータソースのサイズを更新するための “UpdateSizeForDS” への入力として指定することができます。This file can be given as input to “UpdateSizeForDS” to update the sizes of all the datasources. これは、ManageStorageInfoUpdateSizeInfo を使用した後に使用する必要があります。This should be used after using UpdateSizeInfo in ManageStorageInfo.

Hyper-V RCT - D-T バックアップ用のファイルとしての回復が失敗するHyper-V RCT - recover as files for D-T backup fails

説明: テープに直接 (D-T) 作成されるファイルとしての Hyper-V RCT VM の回復が失敗します。Description: Recovery of Hyper-V RCT VMs as files created directly on tape (D-T) fails. D-D-T バックアップではこの問題は発生しません。D-D-T backups will not exhibit this issue.

対応策: VM として [別の場所への回復] を使用し、目的の場所にファイルを転送します。Workaround: Use Alternate Location Recovery as a VM, and then transfer those files to the desired location.

Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合に、ファイル サーバー エンドユーザー回復 (EUR) がサポートされていないFile Server end user recovery (EUR) not available when using Modern Backup Storage (MBS)

説明: DPM 2016 で Modern Backup Storage (MBS) を使用する場合、ファイル サーバーのエンドユーザー回復は使用できません。Description: If you use Modern Backup Storage (MBS) with DPM 2016, File Server end-user recovery is not available.

回避策:ありません。Workaround: None. MBS を使用する場合、ファイル サーバー EUR はサポートされません。File Server EUR is not supported when using MBS.

DPM のインストール時にエラー 4387 が表示される場合があるError 4387 might appear while installing DPM

説明: Data Protection Manager のインストール時に Data Protection Manager のセットアップ > 前提条件の確認> SQL Server のインスタンス テキスト ボックスに SQL のインスタンスを入力すると、エラー 4387 が表示される場合があります。Description: While installing the Data Protection Manager, when you enter an SQL instance in the Data Protection Manager Setup > Prerequisites check> Instance of SQL server text box, error 4387 might appear.

回避策: この KB 記事に詳しく説明されている必要な操作を実行し、DPM のセットアップをもう一度試してみてください。Workaround: Perform the required actions as detailed in this KB article and try the DPM setup again.

次のステップNext steps