MOMAgent.msi を使用して Windows エージェントを手動でインストールする

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。

MOMAgent.msi を使用して、コマンド ラインまたはセットアップ ウィザードから System Center Operations Manager エージェントを展開できます。 コマンド ラインからエージェントを展開することは、手動インストールとも呼びます。 サポートされているオペレーティング システム バージョンの一覧については、「Microsoft Monitoring Agent のオペレーティング システム要件」を参照してください。

いずれかの方法を使用してエージェントを手動で展開する前に、次の条件を満たしていることを確認します。

  • MOMAgent.msi の実行に使用するアカウントには、エージェントのインストール先コンピューターでの管理者特権が必要です。

  • セットアップ ウィザードまたはコマンド ラインを使用してインストールする個々のエージェントが、管理グループによって承認されている必要があります。 詳細については、「 Process Manual Agent Installations」をご覧ください。

  • エージェントがドメイン コントローラーに手動で展開され、Active Directory 管理パックを後で展開する場合、管理パックの展開中にエラーが発生することがあります。 Windows ドメイン コントローラーの Active Directory 管理パックでは、Active Directory ヘルパー オブジェクトが使用されます。 Active Directory 管理パック ヘルパー オブジェクトは、通常、検出ウィザードを使用してエージェントを展開すると自動的にインストールされます。 エラーの発生を防ぐには、または既に発生したエラーから回復するには、影響のあるドメイン コントローラーに Windows インストーラー パッケージ OomADs.msi を手動でインストールする必要があります。 このファイルは、ドメイン コントローラーの %ProgramFiles%\Microsoft Monitoring Agent\Agent\HelperObjects フォルダーにあります。

  • 管理グループ (または単一の管理サーバー) は、MOMAgent.msi を使用してインストールされたエージェントを受け入れるように構成する必要があります。このように構成しないと、エージェントは自動的に拒否され、オペレーション コンソールに表示されません。 詳細については、「 Process Manual Agent Installations」をご覧ください。 エージェントが手動でインストールされた後に、管理グループまたはサーバーがそれら手動インストール エージェントを受け入れるように構成されている場合は、約 1 時間後にエージェントがコンソールに表示されます。

注意

エージェントのポート要件については、「エージェントと管理サーバー間のデータのやり取り」を参照してください。

MOMAgent.msi は、Operations Manager のインストール メディアと、System Center - Operations Manager 管理サーバーの %ProgramFiles%\Microsoft System Center 2016\Operations Manager\Server\AgentManagement<platform> フォルダーにあります。 バージョン 1801 以降の管理サーバーの場合、エージェント インストール ファイルは、 %ProgramFiles%\Microsoft System Center\Operations Manager\Server\AgentManagement<platform> フォルダーにあります。

重要

System Center 2016 Operations Manager とバージョン 1801 エージェントの Application Performance Monitoring (APM) 機能により、.NET Framework 2.0 ランタイムの下で実行されている IIS アプリケーション プールがクラッシュします。 既定では、エージェントが Windows コンピューターにインストールされると、APM コンポーネントがインストールされます。 問題を回避し、エージェントの展開時、ターゲットの Windows サーバーに APM コンポーネントがインストールされないようにするには、NOAPM=true パラメーターを追加します。

エージェント セットアップ ウィザードを使用して Operations Manager エージェントを展開するには

  1. ローカル管理者権限で、エージェントをインストールするコンピューターにログインします。

  2. Operations Manager のインストール メディアで、 Setup.exe をダブルクリックします。

  3. [オプションの機能のインストール][ローカル エージェント] をクリックします。

  4. [ようこそ] ページで、 [次へ] をクリックします。

  5. [重要なお知らせ] ページで、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認し、 [同意します] をクリックします。

  6. [インストール先フォルダー] ページで、インストール先フォルダーを既定値の設定のままにするか、または [変更] をクリックしてからパスを入力し、 [次へ] をクリックします。

  7. [エージェントのセットアップ オプション] ページで、エージェントを Operations Manager に接続する かどうかを選択できます。 Operations Manager にエージェントを接続する際、エージェントが監視に参加する管理グループを手動で選択できます。 このオプションを選択しない場合、エージェントは、ローカルのアプリケーション パフォーマンス監視データを収集できます。 コントロール パネルの [Monitoring Agent] 項目で、この選択を変更できます。

  8. [管理グループの構成] ページで、次の操作を行います。

    a. [管理グループ名] フィールドに管理グループ名を入力し、 [管理サーバー] フィールドにサーバー名 (どのサーバーか) を入力します。

    注意

    ゲートウェイ サーバーを使用するには、 [管理サーバー] ボックスにゲートウェイ サーバーの名前を入力します。

    b. [管理サーバーのポート] に値を入力するか、既定の "5723" をそのまま使用します。

    c. [次へ] をクリックします。

  9. [エージェント アクション アカウント] ページで、 [ローカル システム] を既定値の設定のままにするか、または [ドメインまたはローカル コンピューター アカウント] を選択します。 [ユーザー アカウント][パスワード] 、および [ドメインまたはローカル コンピューター] を入力してから、 [次へ] をクリックします。

  10. [インストールの準備完了] ページで、設定を確認してから、 [インストール] をクリックすると、 [Microsoft Monitoring Agent をインストールする] ページが表示されます。

  11. [Microsoft Monitoring Agent セットアップ ウィザードの完了] ページが表示されたら、 [完了] をクリックします。

コマンド ラインから Operations Manager エージェントを展開するには

  1. ローカル管理者特権のあるアカウントを使って、エージェントをインストールするコンピューターにログオンします。

  2. コマンド プロンプトを管理者として開きます。

  3. 次のコマンドを実行します。

    
    %WinDir%\System32\msiexec.exe /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn USE_SETTINGS_FROM_AD={0|1} USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS={0|1} MANAGEMENT_GROUP=MGname MANAGEMENT_SERVER_DNS=MSname MANAGEMENT_SERVER_AD_NAME =MSname SECURE_PORT=PortNumber ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT={0|1} ACTIONSUSER=UserName ACTIONSDOMAIN=DomainName ACTIONSPASSWORD=Password AcceptEndUserLicenseAgreement=1
    
    

    注意

    エージェントのインストール先コンピューターに対して、適切な 32 ビット バージョンまたは 64 ビット バージョンの MOMAgent.msi を使用するようにしてください。

    ここで、

    パラメーター
    USE_SETTINGS_FROM_AD={0|1} 管理グループ設定のプロパティがコマンド ラインで設定されるかどうかを指定します。 コマンドラインでプロパティを設定する場合は、0 を使用します。 Active Directory から管理グループの設定を使用する場合は、1 を使用します。
    USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS=={0|1} USE_SETTINGS_FROM_AD=1 の場合、USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS は 0 でなければなりません。
    MANAGEMENT_GROUP=管理グループ名 コンピューターを管理する管理グループを指定します。
    MANAGEMENT_SERVER_DNS=管理サーバー名 管理サーバーの完全修飾ドメイン名を指定します。 ゲートウェイ サーバーを使用するには、ゲートウェイ サーバーの FQDN として「 MANAGEMENT_SERVER_DNS」を入力します。
    MANAGEMENT_SERVER_AD_NAME=Active Directory 名 このパラメーターは、コンピューターの DNS と Active Directory の名前が異なる場合に、完全に修飾された Active Directory Domain Services 名に設定するために使用します。
    SECURE_PORT=ポート番号 ヘルス サービスのポート番号を設定します。
    ENABLE_ERROR_REPORTING={0|1} 省略可能なパラメーターです。 Microsoft へのエラー レポート転送を有効にするには、このパラメーターを "1" に設定します。 このパラメーターを含めない場合、エージェントのインストールの既定値は "0" であり、エラー レポート転送は無効になります。
    QUEUE_ERROR_REPORTS={0|1} 省略可能なパラメーターです。 エラー レポートをキューに入れる場合は、このパラメーターを "1" にします。レポートを直ちに送信する場合は、"0" にします。 このパラメーターを含めない場合、エージェント インストールでの既定値は "0" です。
    INSTALLDIR=パス 省略可能なパラメーターです。 既定のインストール パス以外のフォルダーにエージェントをインストールする場合は、このパラメーターを指定します。 この値には \Agent が付加されることに注意してください。
    ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT={0|1} 指定されたユーザー アカウント (0) を使用するのか、それともローカル システム アカウント (1) を使用するのかを指定します。
    ACTIONSUSER=ユーザー名 エージェント アクション アカウントを " UserName" に設定します。 ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT=0 を指定した場合、このパラメーターは必須です。
    ACTIONSDOMAIN= DomainName ACTIONSUSER パラメーターで識別されるエージェント アクション アカウントのドメインを設定します。
    ACTIONSPASSWORD= Password ACTIONSUSER パラメーターで識別されるユーザー アカウントのパスワード。
    NOAPM=1 省略可能なパラメーターです。 .NET アプリケーション パフォーマンス監視なしで、Operations Manager エージェントをインストールします。 AVIcode 5.7 を使用している場合、NOAPM=1 を指定すると、AVIcode エージェントはそのまま残ります。 AVIcode 5.7 を使用している場合、NOAPM=1 を指定せずに momagent.msi を使用して Operations Manager エージェントをインストールすると、AVIcode エージェントが正常に動作しなくなり、アラートが生成されます。
    AcceptEndUserLicenseAgreement=1 使用許諾契約書 (EULA) に同意したことを指定する場合に使用します。 このパラメーターは、/qn を使用してエージェントの完全なサイレント インストールを実行する場合に必要です。

コマンド ラインからエージェントをインストールする例

以下では、コマンド ラインから手動で MOMAgent.msi Windows インストーラー パッケージをインストールするさまざまな方法の例を示します。 エージェントの新規インストールの実行、前の各リリースの Operations Manager からのエージェントのアップグレード、エージェントのアンインストール、エージェントの構成 (そのエージェントに関連付けられている管理グループや管理サーバーなど) の変更が可能です。

特定のアクション アカウントを使用したエージェントのインストール

次の例では、エージェントの新しいインストールを示し、特定のアクション アカウントを使用します。

msiexec.exe /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentinstall.log USE_SETTINGS_FROM_AD=0 MANAGEMENT_GROUP=<MG_Name> MANAGEMENT_SERVER_DNS=<MSDNSName> MANAGEMENT_SERVER_AD_NAME=<MSDNSName> ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT=0 ACTIONSUSER=<AccountUser> ACTIONSDOMAIN=<AccountDomain> ACTIONSPASSWORD=<AccountPassword> USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS=1 AcceptEndUserLicenseAgreement=1

ローカル システム アカウントを使用したエージェントのインストール

次のコマンドは、エージェントを新規インストールして、アクション アカウントにローカル システムを使用する例です。

msiexec.exe /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentinstall.log USE_SETTINGS_FROM_AD=0 MANAGEMENT_GROUP=<MG_Name> MANAGEMENT_SERVER_DNS=<MSDNSName> MANAGEMENT_SERVER_AD_NAME=<MSDNSName> ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT=1 USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS=1 AcceptEndUserLicenseAgreement=1

Active Directory 統合と特定のアクション アカウントを使用したエージェントのインストール

次の例では、Active Directory と特定のアクション アカウントを使用してエージェントをインストールします。

msiexec /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentInstall.log USE_SETTINGS_FROM_AD=1 USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS=0 ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT=0 ACTIONSUSER=<AccountUser> ACTIONSDOMAIN=<AccountDomain> ACTIONSPASSWORD=<AccountPassword> AcceptEndUserLicenseAgreement=1

Active Directory 統合とローカル システム アカウントを使用したエージェントのインストール

次の例では、Active Directory と、アクション アカウントのローカル システム アカウントを使用してエージェントをインストールします。

msiexec /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentInstall.log USE_SETTINGS_FROM_AD=1 ACTIONS_USE_COMPUTER_ACCOUNT=1 USE_MANUALLY_SPECIFIED_SETTINGS=0 AcceptEndUserLicenseAgreement=1

以前のリリースの Operations Manager からのエージェントのアップグレード

次のコマンドは、エージェントをアップグレードする例です。

msiexec /i path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentUpgrade.log AcceptEndUserLicenseAgreement=1

エージェントのアンインストール

以下は、エージェントをアンインストールするコマンドの例です。

msiexec /x path\Directory\MOMAgent.msi /qn /l*v %temp%\OMAgentUninstall.log

PowerShell を使用して APM を無効にしたエージェントを展開する

次の例では、PowerShell からアプリケーション パフォーマンス監視 (APM) コンポーネントを無効にして Windows エージェントをインストールする方法を示します。

$PrimaryMS = Get-SCOMManagementServer -Name <MSDNSName>
Install-SCOMAgent -DNSHostName 'ComputerA.contoso.com' -PrimaryManagementServer $PrimaryMS -NoAPM

PowerShell でエージェントを修復して APM を無効にする

次の例では、PowerShell を使用して Windows エージェントを修復し、アプリケーション パフォーマンス監視 (APM) コンポーネントを無効にする方法を示します。

Get-SCOMAgent -DNSHostName "ComputerA.contoso.net" | Repair-SCOMAgent -NoAPM

次のステップ