レポート データ ウェアハウス データベースのクリーンアップ設定を構成する方法How to configure grooming settings for the Reporting data warehouse database

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

レポート データ ウェアハウスには、データ (アラート、状態、イベント、AEM、パフォーマンス) と集計タイプ (生データ、1 時間ごとの集計、毎日の集計) に基づき、指定期間、データが保存されます。The Reporting data warehouse stores data for a specified length of time, depending on the data (Alert, State, Event, Aem, or Performance) and the aggregation type (raw data, hourly aggregations, daily aggregations). データベースは、そのサイズの管理によってパフォーマンスを維持できるように、古いデータを削除するよう設定されています。The database is set up to delete older data in order to maintain performance by managing its size. 古いデータを削除することを、"クリーンアップ" groomingと言います。Deleting the older data is called grooming.

次の表に、既定のデータの種類と、データ ウェアハウス データベースの初期セットアップ後の保持期間のみを示します。The following table highlights the default data types and retention period after initial setup of the data warehouse database.

データセットDataset 集計の種類Aggregation Type 保持期間 (日数)Retention Period (in days)
AlertAlert 未加工Raw 400400
クライアント監視Client Monitoring 未加工Raw 3030
クライアント監視Client Monitoring 毎日Daily 400400
イベントEvents 未加工Raw 100100
パフォーマンスPerformance 未加工Raw 1010
パフォーマンスPerformance 毎時Hourly 400400
パフォーマンスPerformance 毎日Daily 400400
状態State 未加工Raw 180180
状態State 毎時Hourly 400400
状態State 毎日Daily 400400

データ ウェアハウスのクリーンアップの設定は Microsoft SQL Server Management Studio で変更できます。Settings for grooming the data warehouse can be changed through Microsoft SQL Server Management Studio.

レポート データ ウェアハウスのクリーンアップ設定を変更するにはTo change grooming settings in the Reporting data warehouse

  1. SQL Server sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであるアカウントを使用してコンピューターにログオンします。Log on to the computer with an account that is a member of the SQL Server sysadmin fixed server role.

  2. スタート ページで SQL Server Management Studio と入力すると、プログラムが表示されます。On the Start Page, type SQL Server Management Studio and the program will appear. プログラムをクリックして、SQL Server Management Studio を開きます。Click the program to open SQL Server Management Studio. プログラムを右クリックし、スタート ページに固定することもできます。You might want to right-click the program and pin it to the Start Page.

  3. [サーバーに接続] ダイアログ ボックスの [サーバーの種類] 一覧で、 [データベース エンジン] を選択します。 [サーバー名] 一覧でレポート データ ウェアハウスのサーバーとインスタンスを選択します (たとえば、computer\INSTANCE1)。 [認証] 一覧で、 [Windows 認証] を選択し、 [接続] をクリックします。In the Connect to Server dialog box, in the Server Type list, select Database Engine; in the Server Name list, select the server and instance for your Reporting data warehouse (for example, computer\INSTANCE1); in Authentication list, select Windows Authentication; and then click Connect.

  4. [オブジェクト エクスプローラー] ウィンドウで [データベース][OperationsManagerDW][テーブル] の順に展開します。In the Object Explorer pane, expand Databases, expand OperationsManagerDW, and then expand Tables.

  5. [dbo.Dataset] を右クリックし、 [テーブルを開く] をクリックします。Right-click dbo.Dataset, and then click Open Table.

  6. [DatasetDefaultName] 列で、クリーンアップ設定を変更するデータセットを見つけ、 [DatasetId] 列にあるその GUID を書き留めます。Locate the dataset for which you want to change the grooming setting in the DatasetDefaultName column and make note of its GUID in the DatasetId column.

  7. [オブジェクト エクスプローラー] ウィンドウで、 [dbo.StandardDatasetAggregation] を右クリックし、 [テーブルを開く] をクリックします。In the Object Explorer pane, right-click dbo.StandardDatasetAggregation and then click Open Table.

  8. [DatasetId] 列で、手順 5 でメモしたデータセット GUID を探します。In the DatasetId column, locate the dataset GUID you noted in step 5. 同じ GUID の複数のエントリが表示されることがあります。Multiple entries of the same GUID might display.

  9. 次の値を使用して、 [AggregationTypeId] 列のリストから集約の種類を見つけます。Locate the aggregation type from the list in the AggregationTypeId column by using the following values:

    • 0 = 未処理の非集約データ0 = raw, nonaggregated data

    • 10 = 毎時より下位レベル10 = subhourly

    • 20 = 毎時20 = hourly

    • 30 = 毎日30 = daily

データセットと集約の種類が見つかったら、 [MaxDataAgeDays] 列にスクロールし、その列の値を編集してクリーンアップ間隔を設定します。After you have located the dataset and its aggregation type, scroll to the MaxDataAgeDays column, and then edit the value there to set the grooming interval.

次のステップNext steps

Operations Manager オペレーション データベースに格納されている異なるデータ型の既定の保有期間の詳細と、これらの設定を変更する方法については、「Operations Manager データベースのクリーンアップ設定を構成する方法」を参照してください。To learn more about the default retention period for the different data types stored in the Operations Manager operational database and how to modify those settings, please see How to configure grooming settings for the Operations Manager database.