Visual Basic デバッグ構成のプロジェクト設定Project Settings for a Visual Basic Debug Configuration

デバッグ構成とリリース構成」で説明されているように、Visual BasicVisual Basic のデバッグ構成に対するプロジェクト設定は [プロパティ ページ] ウィンドウで変更できます。You can change the project settings for a Visual BasicVisual Basic debug configuration in the Property Pages window, as discussed in Debug and Release Configurations. 次の表は、 [プロパティ ページ] ウィンドウのデバッガー関連の設定の場所を示しています。The following tables show where to find debugger-related settings in the Property Pages window.

Warning

このトピックは UWP アプリには適用されません。This topic does not apply to UWP apps. デバッグセッションを開始する (VB C#、 C++ 、XAML) 」を参照してください。See Start a debug session (VB, C#, C++ and XAML)

[デバッグ] タブDebug tab

設定Setting 説明Description
構成Configuration アプリケーションをコンパイルするためのモードを設定します。Sets mode for compiling the application. [Active (Debug)](アクティブ (デバッグ))[デバッグ][リリース][すべての構成] から選択します。Choose among Active (Debug), Debug, Release, All Configurations.
開始動作Start Action [デバッグ] メニューの [開始] を選択したときに発生するアクションを指定します。This group of controls specifies the action that will occur when you choose Start from the Debug menu.

- 既定値は [プロジェクトの開始] で、デバッグのスタートアップ プロジェクトを起動します。- Start project is the default and launches the startup project for debugging.
- [外部プログラムの開始] では、Visual StudioVisual Studio プロジェクトに含まれないプログラムを起動してアタッチできます。- Start external program enables you to start and attach to a program that is not part of a Visual StudioVisual Studio project. 詳細については、「実行中のプロセスへのアタッチ」を参照してください。For more information, see Attach to Running Processes.
- [ブラウザーを開始時に使用する URL] は、Web アプリケーションのデバッグを有効にします。- Start browser in URL enables you to debug a Web application.
コマンド ライン引数Command Line Arguments デバッグするプログラムのコマンド ライン引数を指定します。Specifies command-line arguments for the program to be debugged. コマンド名は、[外部プログラムの開始] に指定されたプログラム名です。The command name is the program name specified in Start external program. [開始動作] を [URL の開始] に設定した場合、コマンド ライン引数は無視されます。If Start Action is set to Start URL, command-line arguments are ignored.
作業ディレクトリWorking Directory デバッグするプログラムの作業ディレクトリを指定します。Specifies the working directory of the program being debugged. Visual BasicVisual Basic では、作業ディレクトリはアプリケーションが起動されるディレクトリです。In Visual BasicVisual Basic, the working directory is the directory the application is launched from. 既定の作業ディレクトリは、現在の構成に応じて、\bin\Debug または \bin\Release です。The default working directory is \bin\Debug or \bin\Release, depending on the current configuration.
リモート コンピューターの使用Use Remote Machine このチェック ボックスがオンの場合、リモート デバッグは有効です。When the check box is selected, remote debugging is enabled. テキスト ボックスには、デバッグ用にアプリケーションを実行するリモート コンピューターの名前または Msvsmon サーバー名を入力できます。In the textbox, you can type name of a remote machine where the application will run for debugging purposes or an Msvsmon server name. リモートコンピューター上の EXE の場所は、[ビルド] タブの [出力パス] プロパティで指定します。この場所は、リモートコンピューター上の共有可能なディレクトリである必要があります。The location of the EXE on the remote machine is specified by the Output Path property in the Build tab. The location must be a shareable directory on the remote machine.
Unmanaged code debugging (アンマネージド コード デバッグ)Unmanaged code debugging マネージド アプリケーションからネイティブ (アンマネージド) Win32 コードの呼び出しをデバッグできます。Enables you to debug calls to native (unmanaged) Win32 code from your managed application. これは、Visual C++Visual C++ プロジェクトで [デバッガーのタイプ] に [混合] を選択するのと同じ効果があります。This has the same effect as selecting Mixed for Debugger Type in a Visual C++Visual C++ project.
SQL Server デバッグSQL Server debugging SQL Server データベース オブジェクトのデバッグを許可します。Allows debugging of SQL Server database objects.

[コンパイル] タブ : [詳細コンパイル オプション] ボタンをクリックします。Compile tab: press Advanced Compile Options button

設定Setting 説明Description
最適化を有効にするEnable optimizations このオプションはオフにしておくことをお勧めします。This option should be unchecked. 最適化を有効にすると、Visual StudioVisual Studio に表示されるソース コードとは異なるコードが実行されるため、デバッグが困難になります。Optimization causes the code that is actually executed to be different from the source code seen in Visual StudioVisual Studio, and thus makes debugging difficult. コードが最適化されている場合、"マイ コードのみ" でデバッグするときに、既定でシンボルが読み込まれません。If code is optimized, symbols are not be loaded by default when debugging with Just My Code.
デバッグ情報を作成Generate debug info 既定で、デバッグ バージョンとリリース バージョンの両方に定義されます。この設定 (/debug コンパイラ オプションに相当します) に基づいて、ビルド時にデバッグ情報が作成されます。Defined by default in both debug and release versions, this setting (equivalent to the /debug compiler option) creates debug information at build time. デバッガーでは、この情報を使って変数名やその他の情報を見やすい形式でデバッグ時に表示します。The debugger uses this information to show variable names and other information in a useful form when you are debugging. この情報を設定せずにプログラムをコンパイルすると、デバッガーの機能は制限されます。If you compile your program without this information, debugger functionality will be limited. 詳細については、「/debug」を参照してください。For more information, see /debug.
定数 DEBUG の定義Define DEBUG Constant このシンボルを定義すると、Debug クラスの出力関数の条件付きコンパイルが可能になります。Defining this symbol enables conditional compiling of output functions from the Debug class. このシンボルを定義すると、Debug クラスのメソッドは出力ウィンドウに出力を生成します。With this symbol defined, Debug class methods generate output to the Output window. このシンボルを定義しない場合、Debug クラスのメソッドはコンパイルされず、出力も生成されません。Without this symbol, Debug class methods are not compiled and no output is generated. このシンボルは、デバッグ バージョンに定義します。リリース バージョンには定義しません。This symbol should be defined in the Debug version and not defined in the Release version. リリース バージョンにこのシンボルを定義すると、不要なコードのためにプログラムの実行速度が低下します。Defining this symbol in a Release version creates unnecessary code that slows your program down.
定数 TRACE の定義Define TRACE Constant このシンボルを定義すると、Trace クラスの出力関数の条件付きコンパイルが可能になります。Defining this symbol enables conditional compiling of output functions from the Trace class. このシンボルを定義すると、Trace クラスのメソッドは出力ウィンドウに出力を生成します。With this symbol defined, the Trace class methods generate output to the Output window. このシンボルを定義しない場合、Trace クラスのメソッドはコンパイルされず、出力も生成されません。Without this symbol, Trace class methods are not compiled and no Trace output is generated. このシンボルは、既定で、デバッグ バージョンとリリース バージョンの両方に定義されます。This symbol is defined by default for both Debug and Release versions.

関連項目See also