方法 : プロジェクトを構成して対象プラットフォームを設定する

Visual Studio では、64 ビット プラットフォームを含む、さまざまなプラットフォーム向けにアプリケーションを設定できます。 Visual Studio での 64 ビット プラットフォームのサポートについて詳しくは、「64 ビット アプリケーション」を参照してください。

構成マネージャーを使用した対象プラットフォームの指定

構成マネージャーを使うと、プロジェクトの対象となる新しいプラットフォームをすばやく追加できます。 Visual Studio に用意されているプラットフォームのいずれかを選択すると、プロジェクトのプロパティは、選択したプラットフォーム向けにプロジェクトをビルドするように変更されます。

64 ビット プラットフォームを対象とするようにプロジェクトを構成するには

  1. メニュー バーで [ビルド][構成マネージャー]の順に選択します。

  2. [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧で、ソリューションの対象となる 64 ビット プラットフォームを選び、[閉じる] を選びます。

    1. 必要なプラットフォームが表示されない場合は、[アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧の [新規作成] を選びます。

      [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスが表示されます。

    2. [新しいプラットフォームを入力または選択してください] ボックスの一覧で、[x64] を選びます。

      注意

      構成に新しい名前を指定する場合は、[プロジェクト デザイナー] で適切なプラットフォームを対象にするよう設定の変更が必要になることがあります。

    3. 現在のプラットフォーム構成から設定をコピーする場合は、構成を選んでから [OK] を選びます。

    64 ビット プラットフォームを対象とするすべてのプロジェクトのプロパティが更新され、プロジェクトの次のビルドは 64 ビット プラットフォーム用に最適化されます。

プロジェクト デザイナーを使用した対象プラットフォームの指定

プロジェクト デザイナーにも、さまざまなプラットフォームをプロジェクトの対象にする方法が用意されています。 [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスの一覧にあるプラットフォームのいずれかを選んでも、ソリューションで機能しない場合は、カスタム構成名を作成し、プロジェクト デザイナーで設定を変更して、適切なプラットフォームを対象にすることができます。

このタスクの実行方法は、使用するプログラミング言語によって異なります。 詳細については、次のリンクを参照してください。

関連項目

ビルド プラットフォームについて
/platform (C# コンパイラ オプション)
64 ビット アプリケーション
Visual Studio IDE の 64 ビット サポート