Visual Studio IDE の概要Visual Studio IDE overview

Visual Studio 統合開発環境 (IDE) は、ほぼすべての種類のコードを表示および編集可能で、Android、iOS、Windows、Web、およびクラウド用のアプリをデバッグ、ビルド、および発行するために使用できるクリエイティブなランチパッドです。The Visual Studio interactive development environment (IDE) is a creative launching pad that you can use to view and edit nearly any kind of code, and then debug, build, and publish apps for Android, iOS, Windows, the web, and the cloud. Mac 版と Windows 版が用意されています。There are versions available for Mac and Windows. このトピックでは、Visual Studio IDE の機能を紹介します。This topic introduces you to the features of the Visual Studio IDE. ここでは、Visual Studio で行うことができる作業の一部とインストールおよび使用方法、簡単なプロジェクトの作成方法、コードのデバッグと配置についての指針、各種ツール ウィンドウを紹介します。We'll walk through some things you can do with Visual Studio and how to install and use it, create a simple project, get pointers on debugging and deploying code, and take a tour of the various tool windows.

Visual Studio IDE でできることWhat can you do with the Visual Studio IDE?

Android スマートフォン用のアプリをDo you want to create an app for an Android phone? 作成したり、You can do that. C++ を使用して最先端のゲームをHow about create a cutting edge game using C++? 作成したり、それ以上のことも可能です。You can do that too and much, much more. Visual Studio には Web サイト、ゲーム、デスクトップ アプリ、モバイル アプリ、Office 用のアプリなどの作成をサポートするテンプレートが用意されています。Visual Studio provides templates that help you make websites, games, desktop apps, mobile apps, apps for Office, and more.

Visual Studio のプロジェクト

ほぼどこからでも入手できるコードをいくつか開いて操作することもできます。Or, you can simply open some code you get from almost anywhere and get working. GitHub にお好みのプロジェクトがある場合は、See a project on GitHub that you like? そのリポジトリを複製して Visual Studio で開くだけでコーディングを開始できます。Just clone the repository, open it in Visual Studio, and start coding!

モバイル アプリの作成Create mobile apps

Visual C# や Xamarin (Visual C++) を使用して異なるプラットフォームのネイティブ モバイル アプリを作成したり、Apache Cordova で JavaScript を使用してハイブリッド アプリを作成したりできます。You can create native mobile apps for different platforms by using Visual C# and Xamarin, or Visual C++, or hybrid apps using JavaScript with Apache Cordova. Unity、Unreal、DirectX、Cocos 用のモバイル ゲームを作成できます。You can write mobile games for Unity, Unreal, DirectX, Cocos, and more. Visual Studio には Android エミュレーターが搭載されているため、Android アプリの実行してデバッグできます。Visual Studio includes an Android emulator to help you run and debug Android apps.

Azure App Services を作成して、モバイル アプリにクラウドの機能を活用できます。You can leverage the power of the cloud for your mobile apps by creating Azure app services. Azure App Services を活用すると、アプリのデータをクラウドに保存したり、ユーザーを安全に認証したり、アプリやビジネスのニーズに合わせてリソースを調整したりできます。Azure app services enable your apps to store data on the cloud, securely authenticate users, and automatically scale its resources up or down to accommodate the needs of your app and your business. 詳しくは、「モバイル アプリ開発」をご覧ください。To learn more, see Mobile App Development.

Azure 用のクラウド アプリの作成Create cloud apps for Azure

Visual Studio には、Microsoft Azure を使用するクラウド ファーストのアプリケーションを簡単に作成できるツールのスイートが用意されています。Visual Studio offers a suite of tools that enable you to easily create cloud-enabled applications powered by Microsoft Azure. これにより、IDE から直接 Microsoft Azure でアプリケーションとサービスを簡単に構成、ビルド、デバッグ、パッケージ化、およびデプロイできます。You can configure, build, debug, package, and deploy applications and services on Microsoft Azure directly from the IDE. 接続済みサービスを使用して、アプリに Azure のサービスを活用します。Leverage Azure services for your apps using Connected Services. Azure Tools for .NET を入手するには、Visual Studio をインストールするときに Azure 開発ワークロードを選択します。To get Azure Tools for .NET, select the Azure development workload when you install Visual Studio. 詳しくは、「Visual Studio Tools for Azure」をご覧ください。For more information, see Visual Studio Tools for Azure.

Web 用のアプリの作成Create apps for the web

現在世界を動かしているのは Web であり、Visual Studio は Web 用のアプリの作成をサポートします。The web drives our modern world, and Visual Studio can help you write apps for it. Web アプリは ASP.NET、Node.js、Python、JavaScript、TypeScript を使用して作成できます。You can create web apps using ASP.NET, Node.js, Python, JavaScript and TypeScript. Visual Studio は、Angular、jQuery、Express などの Web フレームワークを理解します。Visual Studio understands web frameworks like Angular, jQuery, Express, and more. ASP.NET Core と .NET Core は、Windows、Mac、Linux の各オペレーティング システムで実行できます。ASP.NET Core and .NET Core run on Windows, Mac, and Linux operating systems. 詳しくは、「最新の Web ツール」をご覧ください。For more information, see Modern Web Tooling.

ワールド クラスの編集環境でのコードの記述Write code in a world class editing environment

Visual Studio では、構文の色表示、ステートメント入力候補、IntelliSense (選択したコード要素について説明するポップアップ)、コード アウトライン、デバッグ用のブレークポイントの設定などの機能により、コードを簡単かつ迅速に記述できます。Visual Studio helps you write code quickly and easily through features such as syntax colorization, statement completion, IntelliSense (pop-up descriptions of the selected code element), code outlining, setting breakpoints for debugging, and much more.

JavaScript コード例

詳しくは、「コード エディターとテキスト エディターでのコードの作成」をご覧ください。To learn more, see Writing Code in the Code and Text Editor.

Visual Studio は、他にも数多くのことを実行するのに役立ちます。Visual Studio can do help you do many more things. すべての一覧については、「Visual Studio IDE」をご覧ください。For a more complete list, see Visual Studio IDE.

Visual Studio IDE のインストールInstall the Visual Studio IDE

まず、Visual Studio をダウンロードしてシステムにインストールします。To get started, download Visual Studio and install it on your system. Visual Studio 2017 のページからダウンロードできます。You can download it at Visual Studio 2017.

Visual Studio はかつてないほど軽量になりました。Visual Studio is now more lightweight than ever! 新しいモジュラー インストーラーにより、インストールするワークロード (そのプログラミング言語やプラットフォームで必要な機能のグループ) を選択できます。The new modular installer enables you to choose and install workloads, which are groups of features needed for the programming language or platform you prefer. この方法により、Visual Studio のインストールのフットプリントがかつてないほど小さくなり、インストールと更新に要する時間が短縮されました。This strategy helps keep the footprint of the Visual Studio installation smaller than ever before, which means it installs and updates faster too.

Visual Studio インストーラー

Visual Studio 2017 では、インストール パフォーマンスが強化されただけでなく、IDE の起動時間とソリューションの読み込み時間が短縮されました。In addition to improved installation performance, Visual Studio 2017 also has shorter IDE start-up and solution load times. たとえば、[ツール][オプション][プロジェクトとソリューション] の下のメイン メニューにある新しいライトウェイト ソリューション ロード機能を選択すると、大規模なソリューションの読み込み時間が短縮されます。For example, selecting the new Lightweight Solution Load feature, located on the main menu under Tools, Options, Projects and Solutions, enables larger solutions to load faster.

お使いのシステムに Visual Studio をセットアップする方法について詳しくは、「Visual Studio 2017 のインストール」をご覧ください。To learn more about setting up Visual Studio on your system, see Install Visual Studio 2017.

サインインSign in

Visual Studio を初めて起動する際には、Microsoft アカウント、仕事用アカウント、または学校用アカウントを使ってサインインすることもできます。When you start Visual Studio for the first time, you can optionally sign in using your Microsoft account, or your work or school account. サインインすると、ウィンドウ レイアウトなどの Visual Studio の設定を複数のデバイス間で同期できます。Being signed in lets you synchronize Visual Studio settings, such as window layouts, across multiple devices. また、Azure サブスクリプションや Visual Studio Team Services など、必要になる可能性のあるサービスに自動的に接続されます。It also connects you automatically to the services you might need, such as Azure subscriptions and Visual Studio Team Services.

プログラムの作成Create a program

あることを学ぶ方法の 1 つは実際に使ってみることです。One good way to learn about something is to use it! 簡単なプログラムを新しく作成してみましょう。Let's dive in and create a new, simple program.

  1. Visual Studio を開きます。Open Visual Studio. メニューで、[ファイル][新規作成][プロジェクト] の順にクリックします。On the menu, choose File, New, Project.

    スクリーンショット

    別の方法として、スタート ページを使用して新しいプロジェクトを作成できます。As an alternative, you can create a new project by using the Start Page. 詳細については、「Harness the Power of the Redesigned Start Page (blog)」(再設計されたスタート ページの機能を最大限に活用する (ブログ)) を参照してください。For more information, see Harness the Power of the Redesigned Start Page (blog).

  2. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスには複数のプロジェクト テンプレートが表示されます。The New Project dialog box shows several project templates. [Visual C#] の下の [Windows ユニバーサル] カテゴリで [空白のアプリ (ユニバーサル Windows)] テンプレートを選択し、[OK] ボタンを選択します。Choose the Windows Universal category under Visual C#, choose the Blank App (Universal Windows) template, and then choose the OK button.

    スクリーンショット

    これにより、Visual C# と XAML をプログラミング言語として使用する新しい空のユニバーサル Windows アプリ プロジェクトが作成されます。This creates a new blank Universal Windows app project using Visual C# and XAML as the programming languages. Visual Studio でプロジェクトが設定されるまで少し待ちます。Wait for a bit while Visual Studio sets up the project for you. 情報を確認するよう求められた場合、現時点では既定値を使用してください。If you are prompted for any information, just accept the default values for now.

  3. [新しいユニバーサル Windows プロジェクト] ダイアログ ボックスで、[OK] を選択して既定値をそのまま使用します。In the New Universal Windows Project dialog box, accept the defaults by choosing OK.

  4. まもなく、次のスクリーンショットのような画面が表示されます。Shortly, you should see something like the following screenshot. プロジェクト ファイルは右側のソリューション エクスプローラーと呼ばれるウィンドウに一覧表示されます。Your project files are listed on the right side in a window called Solution Explorer.

    スクリーンショット

  5. ソリューション エクスプローラーで、MainPage.xaml ファイルの横にある小さな黒い三角形を選択して展開すると、下に MainPage.xaml.cs ファイルが表示されます。In Solution Explorer, choose the little black triangle next to the MainPage.xaml file to expand it, and you should see a MainPage.xaml.cs file underneath. このファイルを選択して開きます (C# コードが含まれます)。Choose this file (which contains C# code) to open it.

    MainPage.xaml.cs の C# コードが画面の左側のコード エディターに表示されます。The C# code in MainPage.xaml.cs appears in the code editor on the left side of the screen. コードの構文は、ステートメントやコメントなど、コードの種類に応じて自動的に色分けされます。Notice that the code syntax is automatically colorized to indicate different types of code, such as statements or comments. また、コードの縦の小さな点線は互いに一致する括弧を示し、行番号は後でコードの場所を探すのに役立ちます。In addition, small, vertical dashed lines in the code indicate which braces match one another, and line numbers help you locate code later. 小さな四角で囲まれたマイナス記号を選択するとコードが折りたたまれ、折りたたまれている場合は展開できます。You can choose the small, boxed minus signs to collapse or expand code. このコードのアウトライン機能を使用すると、必要のないコードを非表示にして画面を整理できます。This code outlining feature lets you hide code you don't need, helping to minimize onscreen clutter.

    他にもメニューやツール ウィンドウが用意されていますが、今は次に進みましょう。There are other menus and tool windows available, but let's move on for now.

  6. XAML 形式でボタンを追加することで、ユーザーがアプリと対話する手段を提供します。Add a button to the XAML form to give users a way to interact with your app. これを行うには、MainPage.xaml ファイルを開きます。To do this, open the MainPage.xaml file. ビューは分割されています。上のデザイナーは視覚的にコントロールを配置し、下のコード ビューはデザイナーと分離された XAML コードを示します。This shows a split view: a designer above, for visually placing controls, and a code view below, which shows the XAML code behind the designer. 後でプログラムを実行すると、デザイナーに表示されている内容がユーザーに表示されるウィンドウである "フォーム" になり、基になる XAML がそのフォームに表示する内容を決定します。When you run the program later, what you see in the designer becomes a window that users will see, a "form", and the underlying XAML determines what appears on the form.

  7. 画面の左側で、[ツールボックス] タブを選択してツールボックスを開きます。On the left side of the screen, choose the Toolbox tab to open the Toolbox. ツールボックスには、フォームに追加できるビジュアル コントロールが含まれています。The Toolbox contains a number of visual controls that you can add to forms. ここでは、ボタン コントロールだけを追加します。For now, we'll just add a button control.

  8. [コモン XAML コントロール] セクションを展開し、ボタン コントロールをフォームの真ん中辺りにドラッグします。Expand the Common XAML Controls section and then drag the Button control out to about the middle of the form. (正確に配置する必要はありません。)(The exact location doesn't matter.)

    スクリーンショット

    完了すると、次のように表示されます。When you're done, you should see something similar to the following.

    スクリーンショット

    デザイナーにボタンが追加され、基になるコード (ハイライト表示) が自動的にデザイナーの XAML コードに追加されます。The button is on the designer, and its underlying code (highlighted) is automatically added to the designer's XAML code.

  9. XAML コードを少し変更してみましょう。Let's change some of the XAML code. ボタン コードのテキストの名前を Button から Hello! に変更します。Rename the text in the button code from Button to Hello!.

    スクリーンショット

  10. アプリを起動します。Now, start the app. これは、ツールバーの [スタート] ([スタート] ボタン) を選択するか、F5 キーを選択するか、メニューで [デバッグ][デバッグの開始] を選択することで行うことができます。You can do this by choosing the Start (Start button) button on the toolbar, or by choosing the F5 key, or on the menu, choosing Debug, Start Debugging.

    スクリーンショット

    アプリでビルド プロセスが開始され、出力ウィンドウに状態のメッセージが表示されます。The app begins its build process and status messages appear in the Output window. まもなく、ボタンが追加されたフォームが表示されます。Soon, you should see the form appear with your button in it. これで実行中のアプリができました。You now have a running app!

    スクリーンショット

    もちろん、今すぐに行う必要はありませんが、後で必要に応じて機能を追加できます。Of course, it doesn't do much right now, but you can add more functionality to it later if you want.

  11. プログラムの実行を終了するには、ツールバーの 終了 button on the toolbar to stop it.

ここまでを振り返ってみましょう。Visual Studio で新しい C# Windows ユニバーサル プロジェクトを作成し、そのコードを表示して、デザイナーにコントロールを追加しました。その後、XAML コードの一部を変更し、プロジェクトを実行しました。Let's recap what you did so far: you created a new C# Windows Universal project in Visual Studio, viewed its code, added a control to the designer, changed some XAML code, and then ran the project. この例のプロセスは簡略化されていますが、Visual Studio IDE で独自のアプリを開発するときに使用する共通部分の一部を示します。Although the process was simplified for this example, this shows you some common parts of the Visual Studio IDE that you will use when you develop your own apps. この例についてさらに詳しくは、「"Hello, world" アプリを作成する (XAML)」をご覧ください。If you want further details about this example, see Create a "Hello, world" app (XAML).

デバッグとテストによるコードの改善Debug, test, and improve your code

いつもすべてが完璧にうまく行くとは限りません。Nothing runs perfectly all the time. コードを記述する際には、バグの存在やパフォーマンスを確認するために実際に実行してテストする必要があります。When you write code, you need to run it and test it for bugs and performance. Visual Studio の最新のデバッグ システムを使うと、ローカル プロジェクト、リモート デバイス、またはエミュレーター (Android デバイス用や Windows Phone デバイス用など) で実行されるコードをデバッグできます。Visual Studio's cutting edge debugging system enables you to debug code running in your local project, on a remote device, or on an emulator such as the ones for Android or Windows Phone devices. 一度に 1 つのステートメントのコードをステップスルーでき、変数を調べることができます。マルチスレッド アプリケーションをステップスルーでき、指定された条件が true の場合のみヒットするブレークポイントを設定できます。You can step through code one statement at a time and inspect variables as you go, you can step through multi-threaded applications, and you can set breakpoints that are only hit when a specified condition is true. コードの実行中に変数の値などを監視できます。You can monitor the values of variables as the code runs, and more. すべてコード エディター自体で管理できるため、コードを離れる必要はありません。All of this can be managed in the code editor itself, so that you don't have to leave your code.

デバッグ

テストについては、Visual Studio には単体テスト、IntelliTest、負荷およびパフォーマンス テストなどが用意されています。For testing, Visual Studio offers unit testing, IntelliTest, load and performance testing, and more. Visual Studio のデバッグ プロセスについて詳しくは、デバッガーの機能ツアーに関するページをご覧ください。To get more details about the Visual Studio debugging process, see Debugger Feature Tour. テストについて詳しくは、「テスト ツール」をご覧ください。To learn more about testing, see Testing Tools. アプリのパフォーマンスを改善する方法の詳細については、「プロファイリング機能ツアー」 をご覧ください。To learn more about improving the performance of your apps, see Profiling Feature Tour.

完成したアプリケーションを配置するDeploy your finished application

アプリケーションをユーザーやお客様に配置する用意ができたら、Visual Studio で配置するためのツールが提供されます。Microsoft ストアや SharePoint サイトに配置する場合でも、InstallShield または Windows インストーラー テクノロジを利用する場合でも提供されます。When your application is ready to deploy to users or customers, Visual Studio provides the tools to do that, whether you're deploying to Microsoft Store, to a SharePoint site, or with InstallShield or Windows Installer technologies. これはすべて、IDE を使用してアクセスできます。It's all accessible through the IDE. 詳しくは、「アプリケーション、サービス、およびコンポーネントの配置」をご覧ください。For more information, see Deploying Applications, Services, and Components.

IDE のクイック ツアーQuick tour of the IDE

Visual Studio の全体像を視覚的に確認できるように、次のイメージには Visual Studio で開かれたプロジェクトと使用する可能性の高いいくつかの主なツール ウィンドウが示されています。To give you a high-level visual overview of Visual Studio, the following image shows Visual Studio with an open project along with several key tool windows you will most likely use:

  • ソリューション エクスプローラーでは、コード ファイルを表示、移動、および管理できます。Solution Explorer lets you view, navigate, and manage your code files. ソリューション エクスプローラーでは、ファイルをソリューションやプロジェクトにまとめ、コードを整理できます。Solution Explorer can help organize your code by grouping the files into solutions and projects.

  • 大部分の時間を費やすことになる [エディター] ウィンドウではコードが表示され、ソース コードの編集や UI の設計を行うことができます。The Editor window, where you'll likely spend a majority of your time, shows your code and enables you to edit source code and design a UI.

  • [出力] ウィンドウには、デバッグ メッセージ、エラー メッセージ、コンパイラの警告、公開状態メッセージなど、Visual Studio の通知が出力されます。The Output window is where Visual Studio sends its notifications, such as debugging and error messages, compiler warnings, publishing status messages, and more. メッセージ ソースごとに独自のタブがあります。Each message source has its own tab.

  • チーム エクスプローラーでは、Git や Team Foundation バージョン管理 (TFVC) (https://www.visualstudio.com/docs/tfvc/overview) などのバージョン管理テクノロジを使用して、作業項目を追跡し、コードを他のユーザーと共有できます。Team Explorer lets you track work items and share code with others using version control technologies such as Git and Team Foundation Version Control (TFVC).

  • クラウド エクスプローラーでは、仮想マシン、テーブル、SQL データベースなどの Azure リソースを表示および管理することができます。Cloud Explorer lets you view and manage your Azure resources, such as virtual machines, tables, SQL databases, and more. 特定の操作で Azure Portal が必要な場合、Cloud Explorer でリンクが提供されます。そのリンクから Azure Portal に移動できます。If a particular operation requires the Azure portal, Cloud Explorer provides links that take you to the place in the Azure portal you need to go.

Visual Studio IDE

Visual Studio には他にも次のような一般的な生産性を高める機能が用意されています。Following are some other common productivity features in Visual Studio:

  • クイック起動検索ボックスは、Visual Studio で必要な情報を迅速に見つけるに役立ちます。The Quick Launch search box is a great way to rapidly find what you need in Visual Studio. 探している内容を表す名前を入力するだけで、Visual Studio に結果がリストされ、目的の場所に正確に移動できます。Just start entering in the name of whatever you are looking for, and Visual Studio lists results that take you exactly where you want to go. また、クイック起動にはすべてのワークロードまたは個々のコンポーネントに対応する Visual Studio インストーラーを起動するリンクが表示されます。Quick Launch also shows links that start the Visual Studio Installer for any workload or individual component.

    クイック起動検索ボックス

  • リファクタリング。これには、変数の名前をインテリジェントに変更する、選んだコード行を別個の関数に移動する、コードを他の場所に移動する、関数パラメーターを並べ替える、などの操作が含まれます。Refactoring includes operations such as intelligent renaming of variables, moving selected lines of code into a separate function, moving code to other locations, reordering function parameters, and more.

    リファクタリング

  • IntelliSense 。コードに関する型情報をエディターに直接表示したり、場合によっては、ちょっとしたコードを自動的に作成したりする、よく使われる機能セットの包括的な用語です。IntelliSense is an umbrella term for a set of popular features that display type information about your code directly in the editor and, in some cases, write small bits of code for you. エディター内のインラインに基本ドキュメントがあるようなもので、これによって、別個のヘルプ ウィンドウで型情報を検索する手間が省けます。It's like having basic documentation inline in the editor, which saves you from having to look up type information in a separate help window. IntelliSense 機能は言語によって異なります。IntelliSense features vary by language. 詳細については、「Visual C# の IntelliSense」、「Visual C++ の Intellisense」、「JavaScript IntelliSense」および「Visual Basic 固有の IntelliSense」を参照してください。For more information, see Visual C# IntelliSense, Visual C++ Intellisense, JavaScript IntelliSense, and Visual Basic-Specific IntelliSense. 次の図は、職場でのいくつかの IntelliSense 機能を示しています。The following illustration shows some IntelliSense features at work:

    Visual Studio のメンバーの一覧

  • 波線は波打った赤の下線で、コード入力時にエラーや潜在的な問題をリアルタイムに警告します。Squiggles are wavy red underlines that alert you to errors or potential problems in your code in real time as you type. これにより、コンパイル時や実行時にエラーが検出されるのを待たずに即時に修正できます。This enables you to fix them immediately without waiting for the error to be discovered during compilation or run time. 破線の上に移動すると、エラーに関する追加情報が表示されます。If you hover over the squiggle, you see additional information about the error. 電球がエラーの修正方法に関する提案とともに左余白に表示される場合もあります。A light bulb may also appear in the left margin with suggestions for how to fix the error. 詳細については、「 Perform quick actions with light bulbs」を参照してください。For more information, see Perform quick actions with light bulbs.

    波線

  • [呼び出し階層] ウィンドウはテキスト エディターのコンテキスト メニューで開き、キャレット (挿入ポイント) の下のメソッドを呼び出す、またはそのメソッドによって呼び出されるメソッドを表示することができます。The Call Hierarchy window can be opened on the text editor context menu to show the methods that call, and are called by, the method under the caret (insertion point).

    [呼び出し階層] ウィンドウ

  • CodeLens。コードへの参照および変更、リンクされたバグ、作業項目、コード レビュー、単体テストをすべて、エディターを離れずに検索できます。CodeLens enables you to find references and changes to your code, linked bugs, work items, code reviews, and unit tests, all without leaving the editor.

    CodeLens

  • [ ピークの定義 ] ウィンドウ。現在のコンテキストから移動せずに、メソッドまたは型の定義インラインが表示されます。The Peek to Definition window shows a method or type definition inline, without navigating away from your current context.

    ピークの定義

  • [定義に移動] コンテキスト メニュー オプション。関数またはオブジェクトが定義されている場所に直接移動します。The Go To Definition context menu option takes you directly to the place where the function or object is defined. エディターを右クリックすることで、その他のナビゲーション コマンドも使用できます。Other navigation commands are also available by right-clicking in the editor.

    定義へ移動

  • オブジェクト ブラウザー (関連ツール)。システム上の .NET アセンブリまたは Windows ランタイム アセンブリを調べ、アセンブリにどの型が含まれているか、またそれらの型にどのメンバー (プロパティ、メソッド、イベントなど) が含まれているかを確認できます。A related tool, the Object Browser, enables you to inspect .NET or Windows Runtime assemblies on your system to see what types they contain and what members (properties, methods, events, etc.) those types contain.

    System.Timer を示すオブジェクト ブラウザー

ソース コードの管理および他のユーザーとの共同作業Manage your source code and collaborate with others

GitHub などの任意のプロバイダーがホストしている Git リポジトリにあるソース コードを管理できます。You can manage your source code in Git repos hosted by any provider, including GitHub. また、Visual Studio Team Services (VSTS) を使用して、プロジェクト全体でコードをバグおよび作業項目と共に管理することもできます。Or use Visual Studio Team Services (VSTS) to manage code alongside bugs and work items for your whole project. Visual Studio でチーム エクスプローラーを使用して Git リポジトリを管理する方法の詳細については、「Get Started with Git and Team Services」(Git およびチーム サービスの概要) を参照してください。See Get Started with Git and Team Services to learn more about managing Git repos in Visual Studio using Team Explorer. Visual Studio には、その他の組み込みのソース管理機能もあります。Visual Studio also has other built-in source control features. それらの機能について詳しくは、ブログ「New Git Features in Visual Studio 2017」(Visual Studio 2017 の新しい Git 機能) をご覧ください。To learn more about them, see New Git Features in Visual Studio 2017 (blog).

Visual Studio Team Services は、ソフトウェア プロジェクトをホストし、チームでのコラボレーションを有効にするためのクラウド ベースのサービスです。Visual Studio Team Services is a cloud-based service for hosting software projects and enabling collaboration in teams. VSTS は、Git ソース管理システムと Team Foundation ソース管理システムの両方をサポートしています。また、Scrum、CMMI、アジャイル開発方法もサポートしています。VSTS supports both Git and Team Foundation Source Control systems, as well as Scrum, CMMI and Agile development methodologies. Team Foundation バージョン管理 (TFVC) は、単一の集中サーバー リポジトリを使用して、ファイルを追跡してバージョン管理します。Team Foundation Version Control (TFVC) uses a single, centralized server repository to track and version files. ローカルの変更は常に集中サーバーにチェックインされます。他の開発者はそこで、最新の変更を取得できます。Local changes are always checked in to the central server where other developers can get the latest changes.

Team Foundation Server (TFS) は、Visual Studio のアプリケーション ライフサイクル管理のハブです。Team Foundation Server (TFS) is the application lifecycle management hub for Visual Studio. これにより、開発プロセスに関わるすべてのユーザーが 1 つのソリューションを使用して参加できるようになります。It enables everyone involved with the development process to participate using a single solution. TFS は、異種混合のチームやプロジェクトを管理するのにも役立ちます。TFS is useful for managing heterogeneous teams and projects, too.

Visual Studio Team Services のアカウントまたは Team Foundation Server がネットワーク上にある場合、Visual Studio の [チーム エクスプローラー] ウィンドウから接続することができます。If you have a Visual Studio Team Services account or a Team Foundation Server on your network, you connect to it through the Team Explorer window in Visual Studio. このウィンドウからソース管理にコードをチェックインしたりソース管理からコードをチェックアウトできます。また、作業項目を管理したり、ビルドを開始したり、チームのルームやワークスペースにアクセスできます。From this window you can check code into or out of source control, manage work items, start builds, and access team rooms and workspaces. チーム エクスプローラーは、[クイック起動] ボックスから、[ビュー]、[チーム エクスプローラー] と選択してメイン メニューから、または [チーム]、[接続の管理] と選択して開くことができます。You can open Team Explorer from the Quick Launch box, or on the main menu from View, Team Explorer or from Team, Manage Connections.

次の図は、VSTS でホストされているソリューションの [チーム エクスプローラー] ウィンドウを示しています。The following image shows the Team Explorer window for a solution that is hosted in VSTS.

Visual Studio Team Explorer

Visual Studio Team Services について詳しくは、「Visual Studio Team Services」をご覧ください。For more information about Visual Studio Team Services, see Visual Studio Team Services. Team Foundation Server について詳しくは、「 Team Foundation Server」をご覧ください。For more information about Team Foundation Server, see Team Foundation Server.

サービス、データベース、クラウドベースのリソースへの接続Connect to services, databases, and cloud-based resources

クラウドは現在のオンラインで繋がった世界では必須であり、Visual Studio はそれを活用する方法を提供します。The cloud is critical for today's online world, and Visual Studio provides you the means to leverage it. たとえば、接続済みサービス機能により、お使いのアプリをサービスに接続できます。For example, the Connected Services feature enables you to connect your app to services. お使いのアプリでそのサービスを使用してデータを Azure ストレージなどに保存できます。Your apps can use it to store their data on Azure storage, among other things.

接続済みサービス

[接続済みサービス] ページでサービスを選択すると、接続済みサービス ウィザードが起動します。このウィザードでは、プロジェクトを構成し、必要な NuGet パッケージをダウンロードして、サービスに対してコーディングを開始できます。Choosing a service on the Connected Services page starts a Connected Services Wizard that configures your project and downloads the necessary NuGet packages to help get you started coding against the service.

Cloud Explorer を使用して、Visual Studio 内の Azure ベースのクラウド リソースを表示および管理できます。You can view and manage your Azure-based cloud resources within Visual Studio using Cloud Explorer. Cloud Explorer には、ユーザーがログインしている Azure サブスクリプションで管理されているすべてのアカウントに含まれる Azure リソースが表示されます。Cloud Explorer shows the Azure resources in all the accounts managed under the Azure subscription you are logged into. Cloud Explorer は、Visual Studio インストーラーで Azure 開発ワークロードを選択することで入手できます。You can get Cloud Explorer by selecting the Azure development workload in the Visual Studio installer.

Cloud Explorer

サーバー エクスプローラーは、ローカル、リモートで、また Azure、Salesforce.com、Office 365、および Web サイトで SQL Server インスタンスとアセットを参照および管理するのに役立ちます。Server Explorer helps you browse and manage SQL Server instances and assets locally, remotely, and on Azure, Salesforce.com, Office 365, and websites. サーバー エクスプローラーを開くには、メイン メニューで [ビュー][サーバー エクスプローラー] と選択します。To open Server Explorer, on the main menu, choose View, Server Explorer. サーバー エクスプローラーの使用方法について詳しくは、「Add new connections」 (新しい接続の追加) をご覧ください。See Add new connections for more information on using Server Explorer.

SQL Server Data Tools (SSDT) は、SQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse 用の強力な開発環境です。SQL Server Data Tools (SSDT) is a powerful development environment for SQL Server, Azure SQL Database and Azure SQL Data Warehouse. データベースを構築、デバッグ、管理、およびリファクターできます。It enables you to build, debug, maintain, and refactor databases. データベース プロジェクトを操作したり、オンプレミスまたはオフプレミスで接続されたデータベース インスタンスを直接操作したりすることができます。You can work with a database project, or directly with a connected database instance on- or off-premises.

Visual Studio の SQL Server オブジェクト エクスプローラーでは、SQL Server Management Studio と同様のデータベース オブジェクトのビューを提供します。SQL Server Object Explorer in Visual Studio provides a view of your database objects similar to SQL Server Management Studio. SQL Server オブジェクト エクスプローラーを使用すると、軽いデータベース管理と設計作業を実行できます。これには、SQL Server オブジェクト エクスプローラーのコンテキスト メニューを使用したテーブル データの編集、スキーマの比較、クエリの実行などが含まれます。SQL Server Object Explorer enables you to do light-duty database administration and design work, including editing table data, comparing schemas, executing queries by using contextual menus right from SQL Server Object Explorer, and more.

SQL Server オブジェクト エクスプローラー

Visual Studio を拡張するExtend Visual Studio

Visual Studio に必要な機能がない場合は、機能を追加できます。If Visual Studio doesn't have the exact functionality you need, you can add it! ワークフローとスタイルに基づいて IDE をカスタマイズしたり、Visual Studio にまだ統合されていない外部ツールのサポートを追加したり、既存の機能を変更して生産性の向上を図ることができます。You can personalize the IDE based on your workflow and style, add support for external tools not yet integrated with Visual Studio, and modify existing functionality to increase your productivity. Visual Studio には、マイクロソフト、マイクロソフトのパートナー、およびコミュニティからのツール、コントロール、およびテンプレートが用意されています。Visual Studio provides tools, controls, and templates from Microsoft, our partners, and the community. Visual Studio の拡張について詳しくは、「Visual Studio IDE を機能拡張する」をご覧ください。To learn more about extending Visual Studio, see Extend Visual Studio IDE.

詳細と新機能Learn more and find out what's new

Visual Studio を使用したことがない場合は、「Visual Studio を使用した開発の開始」を参照するか、Microsoft Virtual Academy で利用できる無料の Visual Studio コースを確認してください。If you've never used Visual Studio before, look at Get Started Developing with Visual Studio, or check out the free Visual Studio courses available on Microsoft Virtual Academy. Visual Studio 2017 の新機能については、「Visual Studio 2017 の新機能」をご覧ください。If you want to check out the new features in Visual Studio 2017, see What's New in Visual Studio 2017.

これで Visual Studio IDE のツアーを終わります。Congratulations on completing the tour of the Visual Studio IDE! 主な機能について便利なヒントを得るのに役立ててください。We hope you learned something useful about some of its main features.

関連項目See also