Visual Studio 2017 のインストールに使用するコマンド ライン パラメーターの例

コマンド ライン パラメーターを使用して Visual Studio をインストールする方法を説明するため、いくつかの例を以下に示します。例は必要に応じてカスタマイズできます。

それぞれの例で、vs_enterprise.exevs_professional.exevs_community.exe は Visual Studio ブートストラップの各エディションを表します。ブートストラップは、ダウンロード プロセスを開始する (約 1 MB の) 小さいファイルです。 別のエディションを使用している場合は、適切なブートス トラップの名前に置き換えてください。

注意

すべてのコマンドは、管理者特権で実行する必要があり、管理者のプロンプトからプロセスが開始されていない場合は、ユーザー アカウント制御の確認メッセージが表示されます。

注意

コマンド ラインの末尾で ^ 文字を使用すると、複数行を連結して 1 行にすることができます。 または、これらのコマンドを単純に 1 つの行に配置できます。 PowerShell の場合、バッククォート (` ) 文字がこれに相当します。

  • 対話型プロンプトを使用せず、進行状況を表示して、Visual Studio の最小限のインスタンスをインストールする例です。

    vs_enterprise.exe --installPath C:\minVS ^
     --add Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor ^
     --passive --norestart
    
  • フランス語の言語パックを使用する Visual Studio のデスクトップ インスタンスをサイレント モードでインストールする例です。製品のインストールが終わるまでダイアログは表示されません。

    vs_enterprise.exe --installPath C:\desktopVS ^
     --addProductLang fr-FR ^
     --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop ^
     --includeRecommended --quiet --wait
    
注意

--wait パラメーターはバッチ ファイル用に設計されています。 バッチ ファイルでは、インストールが完了するまで次のコマンドの実行は続行されません。 %ERRORLEVEL% 環境変数にはコマンドの戻り値が格納されます (「コマンド ライン パラメーターを使用して Visual Studio をインストールする」のページを参照)。

  • Visual Studio コア エディター (最小 Visual Studio 構成) をダウンロードします。 英語の言語パックのみを組み込みます。
vs_community.exe --layout C:\VS2017
   --lang en-US ^
   --add Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor
  • .NET デスクトップおよび .NET Web ワークロード、すべての推奨コンポーネント、GitHub 拡張機能をダウンロードする例です。 英語の言語パックのみを組み込みます。

    vs_community.exe --layout C:\VS2017 ^
     --lang en-US ^
     --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb ^
     --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop ^
     --add Component.GitHub.VisualStudio ^
     --includeRecommended
    
  • Visual Studio 2017 Enterprise Edition で利用できるすべてのワークロードとコンポーネントの対話型インストールを開始します。

    vs_enterprise.exe --all --includeRecommended --includeOptional
    
  • Visual Studio 2017 Community Edition が既にインストールされているコンピューターに、Visual Studio 2017 Professional の 2 つ目の名前付きインスタンスを Node.js 開発のサポートとともにインストールします。

    vs_professional.exe --installPath C:\VSforNode ^
     --add Microsoft.VisualStudio.Workload.Node --includeRecommended --nickname VSforNode
    
  • 既定のインストール済み Visual Studio のインスタンスからプロファイリング ツール コンポーネントを削除します。

    vs_enterprise.exe modify ^
     --installPath "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise" ^
     --remove Microsoft.VisualStudio.Component.DiagnosticTools ^
     --passive
    

関連項目