Visual Studio インスタンスの検出および管理用のツールTools for detecting and managing Visual Studio instances

クライアント コンピューター上の Visual Studio のインストールを検出し、インストールを管理するために使用できるツールがいくつかあります。There are several tools that you can use to detect Visual Studio installations on client machines and to manage the installations.

既存の Visual Studio インスタンスの検出Detecting existing Visual Studio instances

次のツールとユーティリティを使用すると、クライアント コンピューターにインストールされている Visual Studio インスタンスを検出および管理するのに役立ちます。The following tools and utilities will help you detect and manage installed Visual Studio instances on client machines:

  • vswhere: Visual Studio に組み込まれているか、個別のディストリビューションで使用可能な実行可能ファイルです。特定のコンピューター上のすべての Visual Studio インスタンスの場所を見つけるのに役立ちます。vswhere: an executable built into Visual Studio or available for separate distribution that helps you find the location of all Visual Studio instances on a particular machine.
  • VSSetup.PowerShell: セットアップ構成 API を使用して Visual Studio のインストール済みインスタンスを識別する PowerShell スクリプトです。VSSetup.PowerShell: PowerShell scripts that use the Setup Configuration API to identify installed instances of Visual Studio.
  • VS-Setup-Samples: セットアップ構成 API を使用して既存のインストールを照会する方法を示す C# と C++ のサンプルです。VS-Setup-Samples: C# and C++ samples that demonstrate how to use the Setup Configuration API to query an existing installation.
  • Windows Management Instrumentation (WMI) : Visual Studio のインスタンス情報は、Visual Studio のクラス MSFT_VSInstance を使用して照会できます。Windows Management Instrumentation (WMI): Visual Studio instance information can be queried through the Visual Studio class MSFT_VSInstance.
  • セットアップ構成 API は、Visual Studio インスタンスを問い合わせるために独自のユーティリティを構築する開発者向けのインターフェイスを提供します。The Setup Configuration API provides interfaces for developers who want to build their own utilities for interrogating Visual Studio instances.
  • Microsoft Endpoint Configuration Manager ソフトウェア インベントリ: クライアント デバイス上の Visual Studio インスタンスに関する情報を収集するために使用できます。Microsoft Endpoint Configuration Manager software inventory: can be used to collect information about Visual Studio instances on client devices.

vswhere.exe の使用Using vswhere.exe

vswhere.exe は Visual Studio 2017 以降に自動的に含まれていますが、vswhere リリース ページからダウンロードすることもできます。vswhere.exe is automatically included in Visual Studio 2017 and later, or you can download it from the vswhere releases page. ツールのヘルプ情報を取得する場合は vswhere -? を使用します。Use vswhere -? to get help information about the tool. たとえば、このコマンドを使用すると、製品の以前のバージョンとプレリリースを含む Visual Studio のすべてのリリースが表示され、結果が JSON 形式で出力されます。For example, this command shows all releases of Visual Studio, including earlier versions of the product and prereleases, and outputs the results in JSON format:

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer> vswhere.exe -legacy -prerelease -format json

Windows Management Instrumentation (WMI) の使用Using Windows Management Instrumentation (WMI)

コンピューターに Visual Studio Client Detector Utility がインストールされている場合は、WMI を使用して Visual Studio インスタンス情報を照会できます。If the Visual Studio Client Detector Utility is installed on the machine, then you can query for Visual Studio instance information using WMI. Visual Studio Client Detector Utility は、2020 年 5 月 12 日以降にリリースされたすべての Visual Studio 2017 および Visual Studio 2019 の更新プログラムにより既定でインストールされます。The Visual Studio Client Detector Utility is installed by default with every Visual Studio 2017 and Visual Studio 2019 update that was released on or after May 12, 2020. 個別にインストールする場合は、Microsoft Update カタログからも入手できます。It is also available on the Microsoft Update Catalog if you want to install it independently. ユーティリティを使用して Visual Studio インスタンス情報を返す方法の例については、クライアント コンピューターで管理者として PowerShell を開き、次のコマンドを入力します。For an example of how to use the utility to return Visual Studio instance information, open up PowerShell as an administrator on the client machine, and type in the following command:

Get-CimInstance MSFT_VSInstance

Microsoft Endpoint Configuration Manager の使用Using Microsoft Endpoint Configuration Manager

Microsoft Endpoint Configuration Manager ソフトウェア インベントリ機能を使用して、クライアント デバイス上の Visual Studio インスタンスに関する情報のクエリを実行し、収集することができます。Microsoft Endpoint Configuration Manager software inventory capabilities can be used to query and collect information about Visual Studio instances on client devices. たとえば、次のクエリを実行すると、インストールされているすべての Visual Studio 2017 および 2019 インスタンスについて、Visual Studio がインストールされている表示名、バージョン、およびデバイス名が返されます。For example, the following query will return the display name, version and the device name that Visual Studio is installed on for all installed Visual Studio 2017 and 2019 instances:

select distinct SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.Name, SMS_G_System_ADD_REMOVE_PROGRAMS.DisplayName, SMS_G_System_ADD_REMOVE_PROGRAMS.Version from SMS_R_System inner join SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM on SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.ResourceID = SMS_R_System.ResourceId inner join SMS_G_System_ADD_REMOVE_PROGRAMS on SMS_G_System_ADD_REMOVE_PROGRAMS.ResourceID = SMS_R_System.ResourceId where SMS_G_System_ADD_REMOVE_PROGRAMS.DisplayName like "Visual Studio %[a-z]% 201[7,9]" 

ヒント

Visual Studio 2017 のインストールの詳細については、Visual Studio セットアップのアーカイブに関するブログ記事を参照してください。For more information about Visual Studio 2017 installation, see Visual Studio Setup Archives.

Visual Studio インスタンスのレジストリの編集Editing the registry for a Visual Studio instance

Visual Studio ではレジストリ設定はプライベートな場所に保存されているため、同じバージョンの Visual Studio の複数のインスタンスを side-by-side で同じコンピューターで使用できます。In Visual Studio, registry settings are stored in a private location, which enables multiple side-by-side instances of the same version of Visual Studio on the same machine.

これらのエントリはグローバル レジストリには保存されないため、レジストリ エディターを使用してレジストリ設定を変更するための特別な指示があります。As these entries are not stored in the global registry, there are special instructions for using the Registry Editor to make changes to registry settings:

  1. Visual Studio で開いているインスタンスがある場合は、閉じてください。If you have an open instance of Visual Studio, close it.

  2. regedit.exeを起動します。Start regedit.exe.

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE ノードを選択します。Select the HKEY_LOCAL_MACHINE node.

  4. レジストリ エディターのメイン メニューから [ファイル] > [ハイブの読み込み...] を選択して、AppData\Local フォルダーに保存されているプライベート レジストリ ファイルを選択します。From the Regedit main menu, select File > Load Hive... and then select the private registry file, which is stored in the AppData\Local folder. 次に例を示します。For example:

    %localappdata%\Microsoft\VisualStudio\<config>\privateregistry.bin
    

    注意

    <config> は参照する Visual Studio のインスタンスに対応します。<config> corresponds to the instance of Visual Studio that you would like to browse.

分離されたハイブの名前になるハイブ名を指定するように求められます。You will be prompted to provide a hive name, which becomes the name of your isolated hive. これを行うと、作成した分離されたハイブの下にあるレジストリを参照できるようになります。After you do so, you should be able to browse the registry under the isolated hive that you created.

重要

Visual Studio を再度開始する前に、作成した分離されたハイブをアップロードする必要があります。Before you start Visual Studio again, you must unload the isolated hive that you created. これを行うには、レジストリ エディターのメイン メニューから [ファイル] > [ハイブのアンロード] の順に選択します。To do this, select File > Unload Hive from the Regedit main menu. (これを行わない場合、ファイルがロックされたままになり、Visual Studio で開始することができません。)(If you do not do this, then the file remains locked and Visual Studio will not be able to start.)

サポートを受けるGet support

ときには、問題が発生してしまうことがあります。Sometimes, things can go wrong. Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Visual Studio のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング」に記載されているステップ バイ ステップ ガイドをご覧ください。If your Visual Studio installation fails, see Troubleshoot Visual Studio installation and upgrade issues for step-by-step guidance.

インストール関連の問題については、インストール チャット (英語のみ) のサポート オプションも用意されています。We also offer an installation chat (English only) support option for installation-related issues.

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。Here are a few more support options:

関連項目See also