Link タスクLink Task

Visual C++ リンカー ツール (link.exe) をラップします。Wraps the Visual C++ linker tool, link.exe. リンカー ツールは、COFF (Common Object File Format) オブジェクト ファイルとライブラリをリンクし、実行可能ファイル (.exe) やダイナミック リンク ライブラリ (DLL) を生成します。The linker tool links Common Object File Format (COFF) object files and libraries to create an executable (.exe) file or a dynamic-link library (DLL). 詳細については、「リンカー オプション」を参照してください。For more information, see Linker Options.

パラメーターParameters

Link タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the Link task. タスク パラメーターの大部分とパラメーターのいくつかのセットは、コマンド ライン オプションに対応します。Most task parameters, and a few sets of parameters, correspond to a command-line option.

  • AdditionalDependenciesAdditionalDependencies

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    コマンドに追加する入力ファイルのリストを指定します。Specifies a list of input files to add to the command.

    詳細については、「LINK 入力ファイル」を参照してください。For more information, see LINK Input Files.

  • AdditionalLibraryDirectoriesAdditionalLibraryDirectories

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    環境ライブラリ パスをオーバーライドします。Overrides the environment library path. ディレクトリ名を指定します。Specify a directory name.

    詳細については、「/LIBPATH (追加ライブラリのパス)」を参照してください。For more information, see /LIBPATH (Additional Libpath).

  • AdditionalManifestDependenciesAdditionalManifestDependencies

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    マニフェスト ファイルの dependency セクションに置かれる属性を指定します。Specifies attributes that will be placed in the dependency section of the manifest file.

    詳細については、「/MANIFESTDEPENDENCY (マニフェストの依存関係を指定する)」を参照してください。For more information, see /MANIFESTDEPENDENCY (Specify Manifest Dependencies). MSDN Web サイト上の「パブリッシャー構成ファイル」も参照してください。Also, see "Publisher Configuration Files" on the MSDN Web site.

  • AdditionalOptionsAdditionalOptions

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    コマンド ラインで指定するリンカー オプションのリストです。A list of linker options as specified on the command line. たとえば、"/option1 /option2 /option#" のような形式です。For example, "/option1 /option2 /option#". 他の Link タスク パラメーターでは表されないリンカー オプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。Use this parameter to specify linker options that are not represented by any other Link task parameter.

    詳細については、「リンカー オプション」を参照してください。For more information, see Linker Options.

  • AddModuleNamesToAssemblyAddModuleNamesToAssembly

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    アセンブリのモジュール参照を追加します。Adds a module reference to an assembly.

    詳細については、「/ASSEMBLYMODULE (MSIL モジュールのアセンブリへの追加)」を参照してください。For more information, see /ASSEMBLYMODULE (Add a MSIL Module to the Assembly).

  • AllowIsolationAllowIsolation

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、オペレーティング システムはマニフェストの検索と読み込みを行います。If true, causes the operating system to do manifest lookups and loads. false の場合は、あたかもマニフェストがないかのように DLL を読み込むことを示します。If false, indicates that DLLs are loaded as if there was no manifest.

    詳細については、「/ALLOWISOLATION (マニフェスト検索)」を参照してください。For more information, see /ALLOWISOLATION (Manifest Lookup).

  • AssemblyDebugAssemblyDebug

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、DebuggableAttribute 属性をデバッグ情報追跡と一緒に出力し、JIT 最適化を無効にします。If true, emits the DebuggableAttribute attribute together with debug information tracking and disables JIT optimizations. false の場合は、DebuggableAttribute 属性を出力しますが、デバッグ情報追跡を無効にし、JIT 最適化を有効にします。If false, emits the DebuggableAttribute attribute but disables debug information tracking and enables JIT optimizations.

    詳細については、「/ASSEMBLYDEBUG (DebuggableAttribute の追加)」を参照してください。For more information, see /ASSEMBLYDEBUG (Add DebuggableAttribute).

  • AssemblyLinkResourceAssemblyLinkResource

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    出力ファイル内で .NET Framework リソースへのリンクを作成します。リソース ファイルは出力ファイル内に置かれません。Creates a link to a .NET Framework resource in the output file; the resource file is not placed in the output file. リソースの名前を指定します。Specify the name of the resource.

    詳細については、「/ASSEMBLYLINKRESOURCE (.NET Framework リソースへのリンク)」を参照してください。For more information, see /ASSEMBLYLINKRESOURCE (Link to .NET Framework Resource).

  • AttributeFileTrackingAttributeFileTracking

    暗黙的なブール値のパラメーターです。Implicit Boolean parameter.

    詳細なファイル追跡でリンク インクリメンタルの動作をキャプチャできるようにします。Enables deeper file tracking to capture link incremental's behavior. 常に true を返します。Always returns true.

  • BaseAddressBaseAddress

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ビルド対象のプログラムまたは DLL のベース アドレスを設定します。Sets a base address for the program or DLL being built. {address[,size] | @filename,key} を指定します。Specify {address[,size] | @filename,key}.

    詳細については、「/BASE (ベース アドレス)」を参照してください。For more information, see /BASE (Base Address).

  • BuildingInIDEBuildingInIDE

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、IDE から MSBuild が呼び出されることを示します。If true, indicates that MSBuild is invoked from the IDE. それ以外の場合は、コマンド ラインから MSBuild が呼び出されることを示します。Otherwise, indicates that MSBuild is invoked from the command line.

    このパラメーターに相当するリンカー オプションはありません。This parameter has no equivalent linker option.

  • CLRImageTypeCLRImageType

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    共通言語ランタイム (CLR) イメージのタイプを設定します。Sets the type of a common language runtime (CLR) image.

    次のいずれかの値を指定します。各値はリンカー オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a linker option.

  • CLRSupportLastErrorCLRSupportLastError

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    P/Invoke 機構を通じて呼び出された関数の最終エラー コードを保持します。Preserves the last error code of functions called through the P/Invoke mechanism.

    次のいずれかの値を指定します。各値はリンカー オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a linker option.

  • CLRThreadAttributeCLRThreadAttribute

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    CLR プログラムのエントリ ポイントにスレッド属性を明示的に指定します。Explicitly specifies the threading attribute for the entry point of your CLR program.

    次のいずれかの値を指定します。各値はリンカー オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a linker option.

  • CLRUnmanagedCodeCheckCLRUnmanagedCodeCheck

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    マネージ コードからネイティブ DLL への、リンカーによって生成された P/Invoke 呼び出しに対して、SuppressUnmanagedCodeSecurityAttribute を適用するかどうかを指定します。Specifies whether the linker will apply SuppressUnmanagedCodeSecurityAttribute to linker-generated P/Invoke calls from managed code into native DLLs.

    詳細については、「/CLRUNMANAGEDCODECHECK (SupressUnmanagedCodeSecurityAttribute の追加)」を参照してください。For more information, see /CLRUNMANAGEDCODECHECK (Add SupressUnmanagedCodeSecurityAttribute).

  • CreateHotPatchableImageCreateHotPatchableImage

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    イメージをホットパッチできるようにします。Prepares an image for hot patching.

    次のいずれかの値を指定します。値はリンカー オプションに対応しています。Specify one of the following values, which corresponds to a linker option.

  • DataExecutionPreventionDataExecutionPrevention

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、実行可能ファイルで Windows データ実行防止機能との互換性がテストされたことを示します。If true, indicates that an executable was tested to be compatible with the Windows Data Execution Prevention feature.

    詳細については、「/NXCOMPAT (データ実行防止との互換性)」を参照してください。For more information, see /NXCOMPAT (Compatible with Data Execution Prevention).

  • DelayLoadDLLsDelayLoadDLLs

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    このパラメーターにより、DLL の遅延読み込みが行われます。This parameter causes delayed loading of DLLs. 遅延読み込みする DLL の名前を指定します。Specify the name of a DLL to delay load.

    詳細については、「/DELAYLOAD (遅延読み込みのインポート)」を参照してください。For more information, see /DELAYLOAD (Delay Load Import).

  • DelaySignDelaySign

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、アセンブリに部分署名します。If true, partially signs an assembly. 既定では、値は false です。By default, the value is false.

    詳細については、「/DELAYSIGN (アセンブリの部分署名)」を参照してください。For more information, see /DELAYSIGN (Partially Sign an Assembly).

  • DriverDriver

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    Windows NT カーネル モード ドライバーをビルドするには、このパラメーターを指定します。Specify this parameter to build a Windows NT kernel mode driver.

    次のいずれかの値を指定します。各値はリンカー オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a linker option.

  • EmbedManagedResourceFileEmbedManagedResourceFile

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    リソース ファイルをアセンブリに埋め込みます。Embeds a resource file in an assembly. 必要なリソース ファイル名を指定します。Specify the required resource file name. 必要に応じて、論理名 (リソースの読み込みに使用される) および PRIVATE オプション (リソース ファイルがプライベートであることをアセンブリ マニフェストで示す) を指定します。Optionally specify the logical name, which is used to load the resource, and the PRIVATE option, which indicates in the assembly manifest that the resource file is private.

    詳細については、「/ASSEMBLYRESOURCE (マネージ リソースの埋め込み)」を参照してください。For more information, see /ASSEMBLYRESOURCE (Embed a Managed Resource).

  • EnableCOMDATFoldingEnableCOMDATFolding

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、同一の COMDAT が折りたたまれ (圧縮され) ます。If true, enables identical COMDAT folding.

    詳細については、「/OPT (最適化)」の ICF[= iterations] 引数を参照してください。For more information, see the ICF[= iterations] argument of /OPT (Optimizations).

  • EnableUACEnableUAC

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、ユーザー アカウント制御 (UAC) 情報をプログラム マニフェストに組み込むことを指定します。If true, specifies that User Account Control (UAC) information is embedded in the program manifest.

    詳細については、「/MANIFESTUAC (UAC 情報をマニフェストに組み込む)」を参照してください。For more information, see /MANIFESTUAC (Embeds UAC information in manifest).

  • EntryPointSymbolEntryPointSymbol

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    .exe ファイルまたは DLL の開始アドレスとしてエントリ ポイント関数を指定します。Specifies an entry point function as the starting address for an .exe file or DLL. パラメーター値として関数名を指定します。Specify a function name as the parameter value.

    詳細については、「/ENTRY (エントリ ポイント シンボル)」を参照してください。For more information, see /ENTRY (Entry-Point Symbol).

  • FixedBaseAddressFixedBaseAddress

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、指定のベース アドレスだけに読み込まれるプログラムまたは DLL を作成します。If true, creates a program or DLL that can be loaded only at its preferred base address.

    詳細については、「/FIXED (固定ベース アドレス)」を参照してください。For more information, see /FIXED (Fixed Base Address).

  • ForceFileOutputForceFileOutput

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    未定義のシンボルが参照された場合や、シンボルが複数回定義された場合でも、有効な .exe ファイルまたは DLL を作成するようリンカーを設定します。Tells the linker to create a valid .exe file or DLL even if a symbol is referenced but not defined, or is multiply defined.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • Enabled - /FORCEEnabled - /FORCE

    • MultiplyDefinedSymbolOnly - /FORCE:MULTIPLEMultiplyDefinedSymbolOnly - /FORCE:MULTIPLE

    • UndefinedSymbolOnly - /FORCE:UNRESOLVEDUndefinedSymbolOnly - /FORCE:UNRESOLVED

      詳細については、「/FORCE (ファイルを強制的に出力)」を参照してください。For more information, see /FORCE (Force File Output).

  • ForceSymbolReferencesForceSymbolReferences

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    このパラメーターは、指定されたシンボルをシンボル テーブルに追加するようリンカーを設定します。This parameter tells the linker to add a specified symbol to the symbol table.

    詳細については、「/INCLUDE (シンボル参照の強制)」を参照してください。For more information, see /INCLUDE (Force Symbol References).

  • FunctionOrderFunctionOrder

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    このパラメーターは、指定されたパッケージ化関数 (COMDAT) をあらかじめ決められた順序でイメージに入れることによって、プログラムを最適化します。This parameter optimizes your program by placing the specified packaged functions (COMDATs) into the image in a predetermined order.

    詳細については、「/ORDER (関数の順序)」を参照してください。For more information, see /ORDER (Put Functions in Order).

  • GenerateDebugInformationGenerateDebugInformation

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、.exe ファイルまたは DLL のデバッグ情報を生成します。If true, creates debugging information for the .exe file or DLL.

    詳細については、「/DEBUG (デバッグ情報の生成)」を参照してください。For more information, see /DEBUG (Generate Debug Info).

  • GenerateManifestGenerateManifest

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、side-by-side マニフェスト ファイルを作成します。If true, creates a side-by-side manifest file.

    詳細については、「/MANIFEST (side-by-side アセンブリ マニフェストを作成する)」を参照してください。For more information, see /MANIFEST (Create Side-by-Side Assembly Manifest).

  • GenerateMapFileGenerateMapFile

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、マップ ファイルを作成します。If true, creates a map file. マップ ファイルのファイル名拡張子は、.map です。The file name extension of the map file is .map.

    詳細については、「/MAP (マップ ファイルの生成)」を参照してください。For more information, see /MAP (Generate Mapfile).

  • HeapCommitSizeHeapCommitSize

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    一度に割り当てるヒープの物理メモリ量を指定します。Specifies the amount of physical memory on the heap to allocate at a time.

    詳細については、「/HEAP (ヒープ サイズの設定)」の commit 引数を参照してください。For more information, see the commit argument in /HEAP (Set Heap Size). HeapReserveSize パラメーターも参照してください。Also, see the HeapReserveSize parameter.

  • HeapReserveSizeHeapReserveSize

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    仮想メモリ内のヒープ割り当ての合計を指定します。Specifies the total heap allocation in virtual memory.

    詳細については、「/HEAP (ヒープ サイズの設定)」の reserve 引数を参照してください。For more information, see the reserve argument in /HEAP (Set Heap Size). この表にある HeapCommitSize パラメーターも参照してください。Also, see the HeapCommitSize parameter in this table.

  • IgnoreAllDefaultLibrariesIgnoreAllDefaultLibraries

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、外部参照の解決時に検索するライブラリ リストから 1 つ以上の既定のライブラリを削除するようリンカーを設定します。If true, tells the linker to remove one or more default libraries from the list of libraries it searches when it resolves external references.

    詳細については、「/NODEFAULTLIB (ライブラリを無視する)」を参照してください。For more information, see /NODEFAULTLIB (Ignore Libraries).

  • IgnoreEmbeddedIDLIgnoreEmbeddedIDL

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、ソース コード内の IDL 属性を .idl ファイルに処理しないことを指定します。If true, specifies that any IDL attributes in source code should not be processed into an .idl file.

    詳細については、「/IGNOREIDL (属性を MIDL に挿入しない)」を参照してください。For more information, see /IGNOREIDL (Don't Process Attributes into MIDL).

  • IgnoreImportLibraryIgnoreImportLibrary

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、この構成で生成されるインポート ライブラリは、依存プロジェクトにインポートされません。If true, specifies that the import library generated by this configuration should not be imported into dependent projects.

    このパラメーターは、リンカー オプションに対応していません。This parameter does not correspond to a linker option.

  • IgnoreSpecificDefaultLibrariesIgnoreSpecificDefaultLibraries

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    無視する既定のライブラリの名前を 1 つ以上指定します。Specifies one or more names of default libraries to ignore. 複数のライブラリはセミコロンで区切ります。Separate multiple libraries by using semi-colons.

    詳細については、「/NODEFAULTLIB (ライブラリを無視する)」を参照してください。For more information, see /NODEFAULTLIB (Ignore Libraries).

  • ImageHasSafeExceptionHandlersImageHasSafeExceptionHandlers

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、リンカーは、イメージの安全な例外ハンドラーのテーブルも生成できる場合のみ、イメージを生成します。If true, the linker produces an image only if it can also produce a table of the image's safe exception handlers.

    詳細については、「/SAFESEH (安全な例外ハンドラーがあるイメージ)」を参照してください。For more information, see /SAFESEH (Image has Safe Exception Handlers).

  • ImportLibraryImportLibrary

    既定のライブラリ名と置き換わるユーザー指定のインポート ライブラリの名前です。A user-specified import library name that replaces the default library name.

    詳細については、「/IMPLIB (インポート ライブラリ名の設定)」を参照してください。For more information, see /IMPLIB (Name Import Library).

  • KeyContainerKeyContainer

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    署名付きアセンブリのキーを含むコンテナーです。Container that contains the key for a signed assembly.

    詳細については、「/KEYCONTAINER (アセンブリに署名するためのキー コンテナーの指定)」を参照してください。For more information, see /KEYCONTAINER (Specify a Key Container to Sign an Assembly). この表にある KeyFile パラメーターも参照してください。Also, see the KeyFile parameter in this table.

  • KeyFileKeyFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    署名付きアセンブリのキーを含むファイルを指定します。Specifies a file that contains the key for a signed assembly.

    詳細については、「/KEYFILE (アセンブリに署名するためのキーまたはキー ペアの指定)」を参照してください。For more information, see /KEYFILE (Specify Key or Key Pair to Sign an Assembly). KeyContainer パラメーターも参照してください。Also, see the KeyContainer parameter.

  • LargeAddressAwareLargeAddressAware

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、アプリケーションは 2 ギガバイトを超えるアドレスを処理できます。If true, the application can handle addresses larger than 2 gigabytes.

    詳細については、「/LARGEADDRESSAWARE (大きいアドレスの処理)」を参照してください。For more information, see /LARGEADDRESSAWARE (Handle Large Addresses).

  • LinkDLLLinkDLL

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、メイン出力ファイルとして DLL をビルドします。If true, builds a DLL as the main output file.

    詳細については、「/DLL (DLL のビルド)」を参照してください。For more information, see /DLL (Build a DLL).

  • LinkErrorReportingLinkErrorReporting

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    内部コンパイル エラー (ICE) 情報を Microsoft に直接報告できます。Lets you provide internal compiler error (ICE) information directly to Microsoft.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • LinkIncrementalLinkIncremental

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、インクリメンタル リンクを有効にします。If true, enables incremental linking.

    詳細については、「/INCREMENTAL (インクリメンタル リンクを行う)」を参照してください。For more information, see /INCREMENTAL (Link Incrementally).

  • LinkLibraryDependenciesLinkLibraryDependencies

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、プロジェクト依存関係からのライブラリ出力を自動的にリンクすることを指定します。If true, specifies that library outputs from project dependencies are automatically linked in.

    このパラメーターは、リンカー オプションに対応していません。This parameter does not correspond to a linker option.

  • LinkStatusLinkStatus

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、リンクの何パーセントが完了したかを示す進行状況のインジケーターをリンカーが表示することを指定します。If true, specifies that the linker is to display a progress indicator that shows what percentage of the link is complete.

    詳細については、「/LTCG (リンク時のコード生成)」の STATUS 引数を参照してください。For more information, see the STATUS argument of /LTCG (Link-time Code Generation).

  • LinkTimeCodeGenerationLinkTimeCodeGeneration

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ガイド付き最適化のプロファイルのオプションを指定します。Specifies options for profile-guided optimization.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • Default - <none>Default - <none>

    • UseLinkTimeCodeGeneration - /LTCGUseLinkTimeCodeGeneration - /LTCG

    • PGInstrument - /LTCG:PGInstrumentPGInstrument - /LTCG:PGInstrument

    • PGOptimization - /LTCG:PGOptimizePGOptimization - /LTCG:PGOptimize

    • PGUpdatePGUpdate

      - /LTCG:PGUpdate- /LTCG:PGUpdate

      詳細については、「/LTCG (リンク時のコード生成)」を参照してください。For more information, see /LTCG (Link-time Code Generation).

  • ManifestFileManifestFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    既定のマニフェスト ファイル名を、指定されたファイル名に変更します。Changes the default manifest file name to the specified file name.

    詳細については、「/MANIFESTFILE (マニフェスト ファイルに名前を付ける)」を参照してください。For more information, see /MANIFESTFILE (Name Manifest File).

  • MapExportsMapExports

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、エクスポートされた関数をマップ ファイルに含めるようリンカーを設定します。If true, tells the linker to include exported functions in a map file.

    詳細については、「/MAPINFO (マップ ファイルに含める情報)」の EXPORTS 引数を参照してください。For more information, see the EXPORTS argument of /MAPINFO (Include Information in Mapfile).

  • MapFileNameMapFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    既定のマップ ファイル名を、指定されたファイル名に変更します。Changes the default map file name to the specified file name.

  • MergedIDLBaseFileNameMergedIDLBaseFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    .idl ファイルのファイル名とファイル名拡張子を指定します。Specifies the file name and file name extension of the .idl file.

    詳細については、「/IDLOUT (MIDL 出力ファイルの指定)」を参照してください。For more information, see /IDLOUT (Name MIDL Output Files).

  • MergeSectionsMergeSections

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    イメージ内のセクションを結合します。Combines sections in an image. from-section=to-section を指定します。Specify from-section=to-section.

    詳細については、「/MERGE (セクションの結合)」を参照してください。For more information, see /MERGE (Combine Sections).

  • MidlCommandFileMidlCommandFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    MIDL コマンド ライン オプションを含むファイルの名前を指定します。Specify the name of a file that contains MIDL command-line options.

    詳細については、「/MIDL (MIDL コマンド ライン オプションの指定)」を参照してください。For more information, see /MIDL (Specify MIDL Command Line Options).

  • MinimumRequiredVersionMinimumRequiredVersion

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    サブシステムの最低限必要なバージョンを指定します。Specifies the minimum required version of the subsystem. 引数には、0 から 65535 までの範囲の 10 進数を指定します。The arguments are decimal numbers in the range 0 through 65535.

  • ModuleDefinitionFileModuleDefinitionFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    モジュール定義ファイルの名前を指定します。Specifies the name of a module definition file.

    詳細については、「/DEF (モジュール定義ファイルの指定)」を参照してください。For more information, see /DEF (Specify Module-Definition File).

  • MSDOSStubFileNameMSDOSStubFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    指定された MS-DOS スタブ プログラムを Win32 プログラムにアタッチします。Attaches the specified MS-DOS stub program to a Win32 program.

    詳細については、「/STUB (MS-DOS スタブ ファイル名)」を参照してください。For more information, see /STUB (MS-DOS Stub File Name).

  • NoEntryPointNoEntryPoint

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、リソースのみの DLL を指定します。If true, specifies a resource-only DLL.

    詳細については、「/NOENTRY (エントリ ポイントなし)」を参照してください。For more information, see /NOENTRY (No Entry Point).

  • ObjectFilesObjectFiles

    暗黙的な String[] 型のパラメーターです。Implicit String[] parameter.

    リンクされるオブジェクト ファイルを指定します。Specifies the object files that are linked.

  • OptimizeReferencesOptimizeReferences

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、参照されることのない関数および/またはデータを削除します。If true, eliminates functions and/or data that are never referenced.

    詳細については、「/OPT (最適化)」の REF 引数を参照してください。For more information, see the REF argument in /OPT (Optimizations).

  • OutputFileOutputFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    リンカーによって作成されるプログラムの既定の名前と場所をオーバーライドします。Overrides the default name and location of the program that the linker creates.

    詳細については、「/OUT (出力ファイル名)」を参照してください。For more information, see /OUT (Output File Name).

  • PerUserRedirectionPerUserRedirection

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、出力の登録が有効になっていれば、HKEY_CLASSES_ROOT へのレジストリ書き込みは強制的に HKEY_CURRENT_USER にリダイレクトされます。If true and Register Output is enabled, forces registry writes to HKEY_CLASSES_ROOT to be redirected to HKEY_CURRENT_USER.

  • PreprocessOutputPreprocessOutput

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

    タスクで使用および生成できるプリプロセッサ出力項目の配列を定義します。Defines an array of preprocessor output items that can be consumed and emitted by tasks.

  • PreventDllBindingPreventDllBinding

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、リンクされたイメージをバインドしないことを Bind.exe に指示します。If true, indicates to Bind.exe that the linked image should not be bound.

    詳細については、「/ALLOWBIND (DLL をバインドしない)」を参照してください。For more information, see /ALLOWBIND (Prevent DLL Binding).

  • ProfileProfile

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、パフォーマンス ツール プロファイラーで使用できる出力ファイルを生成します。If true, produces an output file that can be used with the Performance Tools profiler.

    詳細については、「/PROFILE (パフォーマンス ツール プロファイラー)」を参照してください。For more information, see /PROFILE (Performance Tools Profiler).

  • ProfileGuidedDatabaseProfileGuidedDatabase

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    実行プログラムに関する情報を保持するために使用される .pgd ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the .pgd file that will be used to hold information about the running program

    詳細については、「/PGD (ガイド付き最適化のプロファイル用のデータベースの指定)」を参照してください。For more information, see /PGD (Specify Database for Profile-Guided Optimizations).

  • ProgramDatabaseFileProgramDatabaseFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    リンカーが作成するプログラム データベース (PDB) の名前を指定します。Specifies a name for the program database (PDB) that the linker creates.

    詳細については、「/PDB (プログラム データベースの使用)」を参照してください。For more information, see /PDB (Use Program Database).

  • RandomizedBaseAddressRandomizedBaseAddress

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、Windows の ASLR (Address Space Layout Randomization) 機能を使用してロード時にランダムに再ベースできる実行可能イメージを生成します。If true, generates an executable image that can be randomly rebased at load time by using the address space layout randomization (ASLR) feature of Windows.

    詳細については、「/DYNAMICBASE (ASLR (Address Space Layout Randomization) の使用)」を参照してください。For more information, see /DYNAMICBASE (Use address space layout randomization).

  • RegisterOutputRegisterOutput

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、このビルドのプライマリ出力を登録します。If true, registers the primary output of this build.

  • SectionAlignmentSectionAlignment

    省略可能な Integer 型のパラメーターです。Optional Integer parameter.

    プログラムのリニア アドレス空間内の各セクションの配置を指定します。Specifies the alignment of each section within the linear address space of the program. パラメーター値はバイト数単位で、2 の累乗です。The parameter value is a unit number of bytes and is a power of two.

    詳細については、「/ALIGN (セクションの配置)」を参照してください。For more information, see /ALIGN (Section Alignment).

  • SetChecksumSetChecksum

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、.exe ファイルのヘッダー内にチェックサムを設定します。If true, sets the checksum in the header of an .exe file.

    詳細については、「/RELEASE (チェックサムの設定)」を参照してください。For more information, see /RELEASE (Set the Checksum).

  • ShowProgressShowProgress

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    リンク操作の進行状況レポートの詳細度を指定します。Specifies the verbosity of progress reports for the linking operation.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • NotSet - <none>NotSet - <none>

    • LinkVerbose - /VERBOSELinkVerbose - /VERBOSE

    • LinkVerboseLib - /VERBOSE:LibLinkVerboseLib - /VERBOSE:Lib

    • LinkVerboseICF - /VERBOSE:ICFLinkVerboseICF - /VERBOSE:ICF

    • LinkVerboseREF - /VERBOSE:REFLinkVerboseREF - /VERBOSE:REF

    • LinkVerboseSAFESEH - /VERBOSE:SAFESEHLinkVerboseSAFESEH - /VERBOSE:SAFESEH

    • LinkVerboseCLR - /VERBOSE:CLRLinkVerboseCLR - /VERBOSE:CLR

      詳細については、「/VERBOSE (進行状況メッセージの出力)」を参照してください。For more information, see /VERBOSE (Print Progress Messages).

  • SourcesSources

    必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。Required ITaskItem[] parameter.

    タスクで使用および生成できる MSBuild ソース ファイル アイテムの配列を定義します。Defines an array of MSBuild source file items that can be consumed and emitted by tasks.

  • SpecifySectionAttributesSpecifySectionAttributes

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    セクションの属性を指定します。Specifies the attributes of a section. これは、セクションの .obj ファイルがコンパイルされるときに設定された属性をオーバーライドします。This overrides the attributes that were set when the .obj file for the section was compiled.

    詳細については、「/SECTION (セクション属性の指定)」を参照してください。For more information, see /SECTION (Specify Section Attributes).

  • StackCommitSizeStackCommitSize

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    追加のメモリが割り当てられるときに各割り当ての物理メモリ量を指定します。Specifies the amount of physical memory in each allocation when additional memory is allocated.

    詳細については、「/STACK (スタック割り当て)」の commit 引数を参照してください。For more information, see the commit argument of /STACK (Stack Allocations).

  • StackReserveSizeStackReserveSize

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    仮想メモリ内のスタック割り当て合計サイズを指定します。Specifies the total stack allocation size in virtual memory.

    詳細については、「/STACK (スタック割り当て)」の reserve 引数を参照してください。For more information, see the reserve argument of /STACK (Stack Allocations).

  • StripPrivateSymbolsStripPrivateSymbols

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    顧客に配布したくないシンボルが省略されたもう一つのプログラム データベース (PDB) ファイルを作成します。Creates a second program database (PDB) file that omits symbols that you do not want to distribute to your customers. もう一つの PDB ファイルの名前を指定します。Specify the name of the second PDB file.

    詳細については、「/PDBSTRIPPED (プライベート シンボルの除去)」を参照してください。For more information, see /PDBSTRIPPED (Strip Private Symbols).

  • SubSystemSubSystem

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    実行可能ファイルの環境を指定します。Specifies the environment for the executable.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • NotSet - <none>NotSet - <none>

    • コンソール - /SUBSYSTEM:CONSOLEConsole - /SUBSYSTEM:CONSOLE

    • Windows - /SUBSYSTEM:WINDOWSWindows - /SUBSYSTEM:WINDOWS

    • ネイティブ - /SUBSYSTEM:NATIVENative - /SUBSYSTEM:NATIVE

    • EFI アプリケーション - /SUBSYSTEM:EFI_APPLICATIONEFI Application - /SUBSYSTEM:EFI_APPLICATION

    • EFI ブート サービス ドライバー - /SUBSYSTEM:EFI_BOOT_SERVICE_DRIVEREFI Boot Service Driver - /SUBSYSTEM:EFI_BOOT_SERVICE_DRIVER

    • EFI ROM - /SUBSYSTEM:EFI_ROMEFI ROM - /SUBSYSTEM:EFI_ROM

    • EFI ランタイム - /SUBSYSTEM:EFI_RUNTIME_DRIVEREFI Runtime - /SUBSYSTEM:EFI_RUNTIME_DRIVER

    • WindowsCE - /SUBSYSTEM:WINDOWSCEWindowsCE - /SUBSYSTEM:WINDOWSCE

    • POSIX - /SUBSYSTEM:POSIXPOSIX - /SUBSYSTEM:POSIX

      詳細については、「/SUBSYSTEM (サブシステムの指定)」を参照してください。For more information, see /SUBSYSTEM (Specify Subsystem).

  • SupportNobindOfDelayLoadedDLLSupportNobindOfDelayLoadedDLL

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、バインドできるインポート アドレス テーブル (IAT) を最終イメージに含めないようリンカーを設定します。If true, tells the linker not to include a bindable Import Address Table (IAT) in the final image.

    詳細については、「/DELAY (遅延読み込みのインポート設定)」の NOBIND 引数を参照してください。For more information, see the NOBIND argument of /DELAY (Delay Load Import Settings).

  • SupportUnloadOfDelayLoadedDLLSupportUnloadOfDelayLoadedDLL

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、DLL の明示的なアンロードをサポートするよう遅延読み込みヘルパー関数を設定します。If true, tells the delay-load helper function to support explicit unloading of the DLL.

    詳細については、「/DELAY (遅延読み込みのインポート設定)」の UNLOAD 引数を参照してください。For more information, see the UNLOAD argument of /DELAY (Delay Load Import Settings).

  • SuppressStartupBannerSuppressStartupBanner

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。If true, prevents the display of the copyright and version number message when the task starts.

    詳細については、「/NOLOGO (著作権情報の非表示) (リンカー)」を参照してください。For more information, see /NOLOGO (Suppress Startup Banner) (Linker).

  • SwapRunFromCDSwapRunFromCD

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、まずスワップ ファイルにリンカー出力をコピーして、そこからイメージを実行するようオペレーティング システムを設定します。If true, tells the operating system to first copy the linker output to a swap file, and then run the image from there.

    詳細については、「/SWAPRUN (リンカー出力をスワップ ファイルに読み込む)」の CD 引数を参照してください。For more information, see the CD argument of /SWAPRUN (Load Linker Output to Swap File). SwapRunFromNET パラメーターも参照してください。Also, see the SwapRunFromNET parameter.

  • SwapRunFromNETSwapRunFromNET

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、まずスワップ ファイルにリンカー出力をコピーして、そこからイメージを実行するようオペレーティング システムを設定します。If true, tells the operating system to first copy the linker output to a swap file, and then run the image from there.

    詳細については、「/SWAPRUN (リンカー出力をスワップ ファイルに読み込む)」の NET 引数を参照してください。For more information, see the NET argument of /SWAPRUN (Load Linker Output to Swap File). この表にある SwapRunFromCD パラメーターも参照してください。Also, see the SwapRunFromCD parameter in this table.

  • TargetMachineTargetMachine

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    プログラムまたは DLL のターゲット プラットフォームを指定します。Specifies the target platform for the program or DLL.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • NotSet - <none>NotSet - <none>

    • MachineARM - /MACHINE:ARMMachineARM - /MACHINE:ARM

    • MachineEBC - /MACHINE:EBCMachineEBC - /MACHINE:EBC

    • MachineIA64 - /MACHINE:IA64MachineIA64 - /MACHINE:IA64

    • MachineMIPS - /MACHINE:MIPSMachineMIPS - /MACHINE:MIPS

    • MachineMIPS16 - /MACHINE:MIPS16MachineMIPS16 - /MACHINE:MIPS16

    • MachineMIPSFPU - /MACHINE:MIPSFPUMachineMIPSFPU - /MACHINE:MIPSFPU

    • MachineMIPSFPU16 - /MACHINE:MIPSFPU16MachineMIPSFPU16 - /MACHINE:MIPSFPU16

    • MachineSH4 - /MACHINE:SH4MachineSH4 - /MACHINE:SH4

    • MachineTHUMB - /MACHINE:THUMBMachineTHUMB - /MACHINE:THUMB

    • MachineX64 - /MACHINE:X64MachineX64 - /MACHINE:X64

    • MachineX86 - /MACHINE:X86MachineX86 - /MACHINE:X86

      詳細については、「/MACHINE (ターゲット プラットフォームの指定)」を参照してください。For more information, see /MACHINE (Specify Target Platform).

  • TerminalServerAwareTerminalServerAware

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、プログラム イメージのオプション ヘッダー内の IMAGE_OPTIONAL_HEADER DllCharacteristics フィールドにフラグを設定します。If true, sets a flag in the IMAGE_OPTIONAL_HEADER DllCharacteristics field in the program image's optional header. このフラグが設定されると、ターミナル サーバーはアプリケーションに特定の変更を加えなくなります。When this flag is set, Terminal Server will not make certain changes to the application.

    詳細については、「/TSAWARE (ターミナル サーバーに対応したアプリケーションの作成)」を参照してください。For more information, see /TSAWARE (Create Terminal Server Aware Application).

  • TrackerLogDirectoryTrackerLogDirectory

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    トラッカー ログのディレクトリを指定します。Specifies the directory of the tracker log.

  • TreatLinkerWarningAsErrorsTreatLinkerWarningAsErrors

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、リンカーが警告を生成したら出力ファイルは生成されません。If true, causes no output file to be generated if the linker generates a warning.

    詳細については、「/WX (リンカー警告をエラーとして扱う)」を参照してください。For more information, see /WX (Treat Linker Warnings as Errors).

  • TurnOffAssemblyGenerationTurnOffAssemblyGeneration

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、現在の出力ファイルのイメージを .NET Framework アセンブリなしで作成します。If true, creates an image for the current output file without a .NET Framework assembly.

    詳細については、「/NOASSEMBLY (MSIL モジュールの作成)」を参照してください。For more information, see /NOASSEMBLY (Create a MSIL Module).

  • TypeLibraryFileTypeLibraryFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    .tlb ファイルのファイル名とファイル名拡張子を指定します。Specifies the file name and file name extension of the .tlb file. ファイル名、またはパスとファイル名を指定します。Specify a file name, or a path and file name.

    詳細については、「/TLBOUT (.TLB ファイル名の指定)」を参照してください。For more information, see /TLBOUT (Name .TLB File).

  • TypeLibraryResourceIDTypeLibraryResourceID

    省略可能な Integer 型のパラメーターです。Optional Integer parameter.

    リンカーによって作成されたタイプ ライブラリのユーザー指定値を指定します。Designates a user-specified value for a linker-created type library. 1 から 65535 までの範囲の値を指定します。Specify a value from 1 through 65535.

    詳細については、「/TLBID (TypeLib のリソース ID の指定)」を参照してください。For more information, see /TLBID (Specify Resource ID for TypeLib).

  • UACExecutionLevelUACExecutionLevel

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ユーザー アカウント制御を使用してアプリケーションが実行されるときにアプリケーションに対する要求実行レベルを指定します。Specifies the requested execution level for the application when it is run under with User Account Control.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • UACUIAccessUACUIAccess

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、アプリケーションはユーザー インターフェイスの保護レベルをバイパスし、デスクトップ上のアクセス許可がより高位のウィンドウに入力を配置します。それ以外の場合は false です。If true, the application bypasses user interface protection levels and drives input to higher-permission windows on the desktop; otherwise, false.

    詳細については、「/MANIFESTUAC (UAC 情報をマニフェストに組み込む)」の uiAccess 引数を参照してください。For more information, see the uiAccess argument of /MANIFESTUAC (Embeds UAC information in manifest).

  • UseLibraryDependencyInputsUseLibraryDependencyInputs

    省略可能なブール値のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、プロジェクト依存関係のライブラリ出力にリンクされる時に、ライブラリ ファイル自体ではなく、ライブラリアン ツールへの入力が使用されます。If true, the inputs to the librarian tool are used rather than the library file itself when library outputs of project dependencies are linked in.

  • VersionVersion

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    .exe または .dll ファイルのヘッダーにバージョン番号を入れます。Put a version number in the header of the .exe or .dll file. "major[.minor]" を指定します。Specify "major[.minor]". major および minor 引数には、0 から 65535 までの範囲の 10 進数を指定します。The major and minor arguments are decimal numbers from 0 through 65535.

    詳細については、「/VERSION (バージョン情報)」を参照してください。For more information, see /VERSION (Version Information).

関連項目See Also

Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference