Args

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の Args オプションは、Launch サブコマンドの対象アプリケーションに渡される引数のリストを指定します。

Args は、コマンド ラインで Launch も指定する場合にのみ使用できます。 Launch を指定する場合、Args は省略可能です。

構文

VSPerfCmd.exe /Launch:AppName /Args:Arguments [Options]  

パラメーター

Arguments
Launch コマンドの対象アプリケーションに渡す引数リスト。

必須のオプション

Launch: AppName
指定されたアプリケーションを起動し、サンプリング メソッドを使用してプロファイリングを開始します。

使用例

Args オプションを使用して、引数を TestApp.exe に渡す例を次に示します。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /Args:"123, 'Hello World'"  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)