AttachAttach

VSPerfCmd.exe Attach オプションは、プロセス ID (PID) によって指定された実行プロセスのサンプル プロファイリングを開始します。The VSPerfCmd.exe Attach option begins sample profiling of the running process specified by the process ID (PID).

Attach オプションを使用するには、Start オプションで Sample メソッドを指定する必要があります。To use the Attach option, you must specify the Sample method in the Start option.

注意

Start オプションを Crosssession オプションと共に指定した場合、VSPerfCmd /Attach または VSPerfCmd /Detach を呼び出すには Crosssession も指定する必要があります。If the Start option was specified with the Crosssession option, any calls to VSPerfCmd /Attach or to VSPerfCmd /Detach must also specify Crosssession.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe /Attach:ProcessID [Options]  

パラメーターParameters

ProcessID
実行プロセスのプロセス ID (PID)。The process ID (PID) of the running process. 実行プロセスの PID は、Windows タスク マネージャーの [プロセス] タブに一覧表示されます。The PID of a running process is listed on the Processes tab of Windows Task Manager.

有効なオプションValid Options

Attach オプションと組み合わせて単一コマンド ラインで指定できる VSPerfCmd オプションを以下に示します。The following VSPerfCmd options can be combined with the Attach option on a single command line.

CrosssessionCrosssession
ログオン セッション以外のセッションでプロファイリング アプリケーションを有効にします。Enables profiling applications in sessions other than the logon session. Start オプションが Crosssession オプションと共に指定された場合、必須です。Required if the Start option was specified with the Crosssession option.

Start: MethodStart: Method
コマンド ライン プロファイラー セッションを初期化し、指定されたプロファイル方法を設定します。Initializes the command-line profiler session and sets the specified profiling method.

TargetCLRTargetCLR
プロファイル セッションに複数バージョンの .NET Framework 共通言語ランタイム (CLR) が読み込まれている場合に、プロファイルを行う CLR のバージョンを指定します。Specifies the version of the .NET Framework Common Language Runtime (CLR) to profile when more than one version is loaded in a profiling session. 既定では、最初に読み込まれたバージョンがプロファイルされます。By default, the first loaded version is profiled.

GlobalOn GlobalOffGlobalOn GlobalOff
プロファイリングを再開 (GlobalOn) または一時停止 (GlobalOff) しますが、プロファイル セッションは終了しません。Resumes (GlobalOn) or pauses (GlobalOff) profiling, but does not end the profiling session.

ProcessOn: PID ProcessOff: PIDProcessOn: PID ProcessOff: PID
指定されたプロセスのプロファイリングを再開 (ProcessOn) または一時停止 (ProcessOff) します。Resumes (ProcessOn) or pauses (ProcessOff) profiling for the specified process.

間隔のオプションInterval Options

Attach コマンド ラインでは、次のサンプリング間隔オプションのいずれかを指定できます。One of the following sampling interval options can be specified on the Attach command line. 既定のサンプリング間隔は、10,000,000 プロセッサ クロック サイクルです。The default sampling interval is 10,000,000 processor clock cycles.

Timer[:Cycles]PF[:Events]Sys[:Events]Counter[:Name,Reload,FriendlyName]Timer[:Cycles]PF[:Events]Sys[:Events]Counter[:Name,Reload,FriendlyName]
サンプリング間隔の数値と種類を指定します。Specifies the number and type of the sampling interval.

  • Timer - すべての Cycles プロセッサ クロック サイクルごとにサンプリングを行います。Timer - Samples every Cycles processor clock cycles. Cycles が指定されていない場合、10,000,000 サイクルが使用されます。If Cycles is not specified, 10,000,000 cycles are used.

  • PF - Events のページ フォールトごとにサンプリングを行います。PF - Samples every Events page faults. Events が指定されていない場合は、10 ページ フォールトが使用されます。If Events is not specified, 10 page faults are used.

  • Sys - オペレーティング システムへの Events の呼び出しごとにサンプリングを行います。Sys - Samples every Events calls to the operating system. Events が指定されていない場合は、10 システム呼び出しが使用されます。If Events is not specified, 10 system calls are used.

  • Counter - Name で指定された CPU パフォーマンス カウンターの Reload の数値ごとにサンプリングを行います。Counter - Samples every Reload number of the CPU performance counter specified by Name. 必要に応じて、FriendlyName でプロファイラー レポート内の列ヘッダーとして使用する文字列を指定できます。Optionally, FriendlyName can specify a string to use as the column header in profiler reports.

Example

この例では、プロセス ID が 12345 のアプリケーションの実行インスタンスにアタッチする方法を示しています。This example demonstrates how to attach to a running instance of an application with the process ID of 12345.

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Attach:12345  

参照See Also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profiling Stand-Alone Applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profiling ASP.NET Web Applications
プロファイリング (サービスの)Profiling Services