Attach

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の Attach オプションは、プロセス ID (PID) で指定された実行中のプロセスのサンプル プロファイルを開始します。

Attach オプションを使用するには、Start オプションで Sample メソッドを指定する必要があります。

注意

Start オプションと共に Crosssession オプションが指定されている場合は、VSPerfCmd \/Attach または VSPerfCmd \/Detach への呼び出しでも Crosssession を指定する必要があります。

構文

VSPerfCmd.exe /Attach:ProcessID [Options]  

パラメーター

ProcessID
実行中のプロセスのプロセス ID (PID)。 実行中のプロセスの PID は、Windows タスク マネージャーの [プロセス] タブに表示されます。

有効なオプション

Attach オプションと組み合わせて 1 行のコマンド ラインで指定できる VSPerfCmd オプションを次に示します。

Crosssession
ログオン セッション以外のセッションにおけるアプリケーションのプロファイリングを有効にします。 Start オプションと共に Crosssession オプションが指定された場合は必須です。

Start: Method
コマンド ライン プロファイラー セッションを初期化し、指定されたプロファイル方法を設定します。

TargetCLR
プロファイル セッションに複数バージョンの .NET Framework 共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) が読み込まれている場合に、プロファイルを行う CLR のバージョンを指定します。 既定では、最初に読み込まれたバージョンがプロファイルされます。

GlobalOn GlobalOff
プロファイリングを再開 (GlobalOn) または一時停止 (GlobalOff) しますが、プロファイル セッションは終了しません。

ProcessOn: PID ProcessOff: PID
指定されたプロセスのプロファイリングを再開 (ProcessOn) または一時停止 (ProcessOff) します。

間隔オプション

Attach のコマンド ラインでは、次のサンプリング間隔オプションのうちのいずれか 1 つを指定できます。 既定のサンプリング間隔は、プロセッサのクロック サイクル数 10,000,000 です。

Timer[:Cycles]PF[:Events]Sys[:Events]Counter[:Name,Reload,FriendlyName]
サンプリング間隔の数値と種類を指定します。

  • Timer: プロセッサのクロック サイクル数が Cycles で指定された回数に到達するたびにサンプリングを行います。 Cycles が指定されていない場合は、10,000,000 サイクルに設定されます。

  • PF: ページ フォールト数が Events で指定された回数に到達するたびにサンプリングを行います。 Events が指定されていない場合は、ページ フォールト数 10 回に設定されます。

  • Sys: オペレーティング システムへの呼び出しが Events で指定された回数に到達するたびにサンプリングを行います。 Events が指定されていない場合は、システム コール 10 回に設定されます。

  • Counter: Name で指定された CPU のパフォーマンス カウンターが、Reload で指定された数値に到達するたびにサンプリングを行います。 オプションとして、FriendlyName でプロファイラー レポート内の列ヘッダーとして使用する文字列を指定できます。

使用例

次の例では、アプリケーションの実行中のインスタンス (プロセス ID 12345) にプロファイラーをアタッチする方法を示します。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Attach:12345  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)