方法: スタンドアロンのプロファイラーをインストールするHow to: Install the stand-alone profiler

Visual StudioVisual Studio では、Visual StudioVisual Studio IDE をインストールしなくても実行できるコマンドライン ベースのスタンドアロン プロファイラーを利用できます。provides a command line based stand-alone profiler that can be run without installing the Visual StudioVisual Studio IDE. このような状況は、コンピューターに開発環境がインストールされていないときに発生します。This situation occurs when a computer does not or cannot have a development environment installed. たとえば、本稼働中の Web サーバーには開発環境をインストールするべきではありません。For example, you should not install a development environment on a production web server.

Note

スタンドアロン プロファイラーを利用し、ASP.NET Web サイトのパフォーマンス データを集めるときは、VSPerfCmd ツールよりも VSPerfASPNetCmd ライン ツールをお勧めします。When you are using the stand-alone profiler to collect performance data for an ASP.NET web site, the VSPerfASPNetCmd line tool is recommended over VSPerfCmd tool.

スタンドアロンのプロファイラーをインストールするにはTo install the stand-alone profiler

  1. Performance Tools for Visual Studio をダウンロードします。Download the Performance Tools for Visual Studio.

  2. パフォーマンス ツールをダウンロードした場所でスタンドアロン プロファイル インストーラー (vs_standaloneprofiler.exe) を探して、それを実行します。Locate the stand-alone profile installer (vs_standaloneprofiler.exe) where you downloaded the performance tools and run it.

  3. vsintr.exemsdis150.dll のパスをシステム パスに追加します。Add the paths for vsintr.exe and msdis150.dll to the system path.

    Note

    プロファイル ツールへのパスを取得するには、コマンド ライン ツールへのパスの指定に関する記事をご覧ください。To get the path to the profiling tools, see Specify the path to command line tools. 64 ビット コンピューター上では、64 ビット バージョンのツールと 32 ビット バージョンのツールの両方を使用できます。On 64-bit computers, both 64-bit and 32-bit versions of the tools are available. プロファイラー コマンド ライン ツールを使用するには、コマンド プロンプト ウィンドウの PATH 環境変数にツールのパスを追加するか、コマンド自体にそれを追加します。To use the profiler command-line tools, you must add the tools path to the PATH environment variable of the Command Prompt window or add it to the command itself.

  4. コマンド プロンプトで、「VSInstr」と入力します。At the command prompt, type VSInstr.

    Note

    vsinstr.exe の利用状況情報が表示された場合、すべてが正しく設定されています。If the usage information for vsinstr.exe is displayed, everything is set up correctly. vsinstr.exe またはその依存関係の 1 つが見つからないというエラーが表示された場合、手順 2 のとおりにパスが正しく設定されていることを確認してください。If you see an error that states vsinstr.exe or one of its dependencies is not found, make sure that you have your paths set up correctly as described in step 2.

  5. シンボル サーバーを設定します。_NT_SYMBOL_PATH 変数を symsrv*symsrv.dll*c:\localcache*http://msdl.microsoft.com/download/symbols に設定してください。Set up symbol server by setting your _NT_SYMBOL_PATH variable to symsrv*symsrv.dll*c:\localcache*http://msdl.microsoft.com/download/symbols

  6. システム環境変数を利用してシンボル サーバーを設定したら、新しいコマンド プロンプトでコマンドライン プロファイラー ツールを実行します。After you set up your symbol server by using the system environment variables, run the command line profiler tools at a new command prompt. 実行後、新しい環境変数が適用されます。This allows the new environment variables to take effect. [コマンド プロンプト] ウィンドウで、次のコマンド ラインを入力します。In the command prompt window, type the following command:

    start %COMSPEC%start %COMSPEC%

    Note

    シンボル サーバー パッケージの設定方法については、「方法:Windows シンボル情報を参照する」を参照してください。For detailed instructions about how to set up the symbol server package, see How to: Reference Windows symbol information.

  7. VSPerfReport ツールを利用し、シンボルをシリアル化してプロファイリング データ ファイル (.vsp) を生成します。Use the VSPerfReport tool to serialize your symbols into the profiling data (.vsp) file. VSPerfReport /summary:all /packsymbols スイッチを使用します。Use the VSPerfReport /summary:all /packsymbols switches. データ ファイルにシンボルが挿入されていない場合、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数が設定されていることを確認します。If you do not have symbols inserted in your data file, make sure that you have the _NT_SYMBOL_PATH environment variable set.

関連項目See also