デバッガーなしでメモリ使用量を分析するAnalyze memory usage without the debugger

メモリ使用量ツールでは、アプリのメモリ使用量を監視します。The Memory Usage tool monitors your app's memory use. ツールを使用して、Visual Studio で積極的に開発を行っているシナリオによるリアルタイムのメモリへの影響を調べることできます。You can use the tool to study the real-time memory effects of scenarios you're actively developing in Visual Studio. アプリのメモリ状態の詳細なスナップショットを取得し、そのスナップショットを比較してメモリの問題の根本原因を見つけることができます。You can take detailed snapshots of the app's memory states, and compare snapshots to find the root causes of memory issues.

メモリ使用量ツールは、デバッガーの有無に関わらず実行できます。The Memory Usage tool can run with or without the debugger. 次の手順では、Visual Studio パフォーマンス プロファイラーでデバッガーなしでメモリ使用量ツールを使用する方法を示します。The following instructions show how to use the Memory Usage tool without the debugger in the Visual Studio Performance Profiler.

Note

  • .NET Core アプリのメモリ使用量を測定するには、デバッガーと共にメモリ使用量ツールを使用する必要があります。To measure memory usage for a .NET Core app, you must use the Memory Usage tool with the debugger. 手順については、「Profile memory usage in Visual Studio」 (Visual Studio でのメモリ使用量のプロファイリング) を参照してください。For instructions, see Profile memory usage in Visual Studio.
  • JavaScript や HTML UWP アプリでメモリ使用量を分析するには、パフォーマンス プロファイラーJavaScript メモリ ツールを使用します。To analyze memory use in JavaScript or HTML UWP apps, use the JavaScript Memory tool in Performance Profiler.

メモリ使用量診断セッションMemory Usage diagnostic sessions

メモリ使用量診断セッションを開始するには:To start a Memory Usage diagnostic session:

  1. Visual Studio で、C# ユニバーサル Windows (UWP) プロジェクトを開きます。Open a C# Universal Windows (UWP) project in Visual Studio.

  2. メニュー バーで、 [デバッグ] > [パフォーマンス プロファイラー] の順に選びます。On the menu bar, choose Debug > Performance Profiler.

  3. [メモリ使用量][開始] の順に選択します。Select Memory Usage, and then select Start.

    メモリ使用量診断セッションの開始Start a Memory Usage diagnostic session

メモリ使用量の監視Monitor memory use

診断セッションを開始すると、アプリが起動し、診断ツール ウィンドウにアプリのメモリ使用量のタイムライン グラフが表示されます。When you start a diagnostic session, your app starts, and the Diagnostic Tools window displays a timeline graph of your app's memory use.

メモリ使用量の概要ページMemory Usage overview page

タイムライン グラフには、アプリの実行中のメモリの変動が示されます。The timeline graph shows memory fluctuations as the app runs. グラフの急な上下動は、通常、何らかのコードでデータが収集または作成され、処理が終わったときにデータが破棄されていることを示します。Spikes in the graph usually indicate that some code is collecting or creating data, and then discarding it when the processing is done. 大きな上下動は、最適化できる可能性がある領域を示しています。Large spikes indicate areas that you might be able to optimize. より重大な問題は、使われたまま返されないメモリが増えることです。これは、メモリが効率的に使われていないか、メモリ リークが起きていることを示す場合があるためです。Of more concern is a rise in memory consumption that's not returned, because it may indicate inefficient memory use or even a memory leak.

アプリのメモリ状態のスナップショットを取得するTake snapshots of app memory states

アプリでは数多くのオブジェクトが使用されますが、1 つのシナリオを集中的に分析することができます。An app uses a large number of objects, and you might want to concentrate your analysis on one scenario. メモリの問題を検出して調べることもできます。Or, you may find memory issues to investigate. 診断セッション中にスナップショットを取得し、特定の時点のメモリ使用量をキャプチャすることができます。You can take snapshots during a diagnostic session to capture memory usage at particular moments. メモリの問題が起きる前にアプリのベースライン スナップショットを取得し、初めて問題が起きた後でもう 1 回スナップショットを取得し、シナリオを繰り返せる場合は追加のスナップショットを取得することをお勧めします。It's a good idea to get a baseline snapshot of an app before a memory issue appears, another snapshot after the first occurrence of the problem, and additional snapshots if you can repeat the scenario.

スナップショットを収集するには、メモリ データをキャプチャしたいときに [スナップショットの取得] を選択します。To collect snapshots, select Take snapshot when you want to capture the memory data.

診断セッションを閉じるClose the diagnostic session

レポートを作成せずに監視セッションを停止する場合は、単に診断ウィンドウを閉じます。To stop a monitoring session without creating a report, just close the diagnostic window. スナップショットの収集が完了したとき、またはスナップショットを取得したときにレポートを生成するには、 [コレクションの停止] を選択します。To generate a report when you're done collecting or have taken snapshots, select Stop Collection.

コレクションの停止Stop Collection

メモリ使用量レポートMemory Usage reports

データ収集を停止すると、メモリ使用量ツールでアプリが停止され、メモリ使用量の概要ページが表示されます。After you stop data collection, the Memory Usage tool stops the app and displays the Memory Usage overview page.

メモリ使用量の概要ページMemory Usage overview page

メモリ使用量のスナップショットMemory Usage snapshots

[スナップショット] ウィンドウの数値は、各スナップショットが取得されたときのメモリ内のバイトとオブジェクト、およびあるスナップショットとその前のものとの相違を示します。The numbers in the Snapshot panes show the bytes and objects in memory when each snapshot was taken, and the difference between the snapshot and the previous one.

数値は、新しい Visual Studio ウィンドウで詳細なメモリ使用量レポート ビューを開くリンクになっています。The numbers are links that open detailed Memory Usage report views in new Visual Studio windows. スナップショットの詳細レポートには、1 つのスナップショット内の種類とインスタンスが表示されます。A snapshot details report shows the types and instances in one snapshot. スナップショットの相違 (diff) レポートでは、2 つのスナップショット内の種類とインスタンスが比較されます。A snapshot difference (diff) report compares the types and instances in two snapshots.

スナップショット表示のリンクSnapshot view links

ステップ 1Step 1 スナップショット取得時のメモリ内のバイトの合計数。The total number of bytes in memory when the snapshot was taken.

このリンクを選択すると、スナップショットの詳細レポートが各種類のインスタンスの合計サイズ順に並べ替えて表示されます。Select this link to display a snapshot details report sorted by the total size of the type instances.
ステップ 2Step 2 スナップショット取得時のメモリ内のオブジェクトの合計数。The total number of objects in memory when the snapshot was taken.

このリンクを選択すると、スナップショットの詳細レポートが各種類のインスタンス数の順に並べ替えて表示されます。Select this link to display a snapshot details report sorted by the count of instances of the types.
ステップ 3Step 3 このスナップショットと前のスナップショットとのメモリ オブジェクトの合計サイズの差。The difference between the total size of memory objects in this snapshot and the previous snapshot.

正の数はこのスナップショットのメモリ サイズが前のものより大きいことを意味し、負の数はサイズがより小さいことを意味します。A positive number means the memory size of this snapshot is larger than the previous one, and a negative number means the size is smaller. [ベースライン] は、スナップショットが診断セッションで最初のものであることを意味します。Baseline means a snapshot is the first in a diagnostic session. [No Difference](相違なし) は、差が 0 であることを意味します。No Difference means the difference is zero.

このリンクを選択すると、スナップショットの相違レポートが各種類のインスタンスの合計サイズの差の順に並べ替えて表示されます。Select this link to display a snapshot diff report sorted by the difference in the total size of instances of the types.
ステップ 4Step 4 このスナップショットと前のスナップショットとのメモリ オブジェクトの合計数の差。The difference between the total number of memory objects in this snapshot and the previous snapshot.

このリンクを選択すると、スナップショットの相違レポートが各種類のインスタンスの合計数の差の順に並べ替えて表示されます。Select this link to display a snapshot diff report sorted by the difference in the total count of instances of the types.

メモリ使用量のスナップショット レポートMemory Usage snapshot reports

メモリ使用量の概要ページでスナップショット リンクのいずれかを選択すると、新しいページにスナップショット レポートが開きます。When you select one of the snapshot links in the Memory Usage overview page, a snapshot report opens in a new page.

メモリ使用量のスナップショット レポートMemory Usage snapshot report

スナップショット レポートでは、 [オブジェクトの種類] エントリを展開して子エントリを表示することができます。In a snapshot report, you can expand Object Type entries to display child entries. インスタンス名は、メモリ使用量ツールで生成される一意の ID です。Instance names are unique IDs that are generated by the Memory Usage tool.

[オブジェクトの種類] が青色の場合は、それを選択し、別のウィンドウで、ソース コードのオブジェクトに移動することができます。If an Object Type is blue, you can select it to navigate to the object in the source code, in a separate window.

識別できない種類や、理解できないコードに関連する種類は、.NET Framework、オペレーティング システム、あるいはコンパイラのオブジェクトと考えられます。Types that you can't identify or whose involvement in your code you don't understand are probably .NET Framework, operating system, or compiler objects. これらのオブジェクトは、オブジェクトの所有権の継承に関連する場合、メモリ使用量ツールに表示されます。The Memory Usage tool displays these objects if they're involved in the ownership chains of your objects.

スナップショット レポートでは:In the snapshot report:

  • [マネージド ヒープ] ツリーに、レポート内の種類とインスタンスが表示されます。The Managed Heap tree shows the types and instances in the report. 種類またはインスタンスを選ぶと、選んだ項目の [ルートのパス] ツリーと [参照されたオブジェクト] ツリーが表示されます。Selecting a type or instance displays the Paths to Root and Referenced Objects trees for the selected item.

  • [ルートのパス] ツリーには、種類またはインスタンスを参照するオブジェクトのチェーンが表示されます。The Paths to Root tree shows the chain of objects that reference a type or instance. .NET Framework のガベージ コレクターは、オブジェクトへの参照がすべて解放された場合にのみ、オブジェクトのメモリをクリーンアップします。The .NET Framework garbage collector cleans up the memory for an object only when all references to it have been released.

  • [参照された型] ツリーまたは [参照されたオブジェクト] ツリーには、選んだ型またはインスタンスによって参照されるオブジェクトが表示されます。The Referenced Types or Referenced Objects tree shows the objects that the selected type or instance references.

レポート ツリーのフィルターReport tree filters

アプリの多くの種類は、アプリ開発者にとってあまり重要ではありません。Many types in apps aren't very interesting to app developers. スナップショット レポート フィルターでは、 [マネージド ヒープ] ツリーと [ルートのパス] ツリーのこれらの種類のほとんどを非表示にすることができます。The snapshot report filters can hide most of these types in the Managed Heap and Paths to Root trees.

並べ替えとフィルターのオプションSort and filter options

  • ツリーを種類名でフィルター処理するには、 [フィルター] ボックスに名前を入力します。To filter a tree by type name, enter the name in the Filter box. このフィルターでは大文字と小文字は区別されず、指定された文字列が種類名のどこかに含まれていれば認識されます。The filter isn't case-sensitive, and it recognizes the specified string in any part of the type name.

  • [フィルター] ドロップダウンで [小さいオブジェクトを折りたたむ] を選択すると、 [サイズ (バイト)] が合計メモリの 0.5% 未満の種類が非表示になります。Select Collapse Small Objects in the Filter dropdown to hide types whose Size (Bytes) is less than 0.5 percent of the total memory.

  • [フィルター] ドロップダウンの [マイ コードのみ] を選択すると、外部コードによって生成されたほとんどのインスタンスが非表示になります。Select Just My Code in the Filter dropdown to hide most instances that are generated by external code. 外部の種類は、オペレーティング システムまたはフレームワーク コンポーネントに属しているか、コンパイラによって生成されます。External types belong to the operating system or framework components, or are generated by the compiler.

スナップショットの詳細レポートSnapshot details reports

スナップショットの詳細レポートでは、診断セッションで得られた 1 つのスナップショットについて説明されます。A snapshot details report describes one snapshot from a diagnostic session. レポートを開くには、スナップショット ウィンドウでサイズまたはオブジェクトのリンクを選択します。To open the report, select the size or objects link in a snapshot pane.

スナップショット ウィンドウにあるスナップショット レポートへのリンクLinks to snapshot report in a snapshot pane

両方のリンクで同じレポートが開きます。Both links open the same report. [マネージド ヒープ] ツリーを最初に表示したときの並べ替え順序だけが異なります。The only difference is the starting sort order of the Managed Heap tree. サイズ リンクでは、 [包括サイズ (バイト)] 列でレポートが並べ替えられます。The size link sorts the report by the Inclusive Size (Bytes) column. オブジェクト リンクでは、 [カウント] 列でレポートが並べ替えられます。The objects link sorts the report by the Count column. レポートが開いた後で並べ替え列や順序を変更することができます。You can change the sort column or order after the report opens.

[マネージド ヒープ] ツリー (スナップショットの詳細レポート)Managed Heap tree (Snapshot details reports)

[マネージド ヒープ] ツリーには、メモリ内に保持されているオブジェクトの種類が一覧表示されます。The Managed Heap tree lists the types of objects that are held in memory. 種類名を展開すると、サイズ順に、その種類の最大のインスタンスが 10 個表示されます。Expand a type name to view the ten largest instances of the type, sorted by size. 種類またはインスタンスを選ぶと、選んだ項目の [ルートのパス] ツリーと [参照されたオブジェクト] ツリーが表示されます。Select a type or instance to display the Paths to Root and Referenced Objects trees for the selected item.

マネージド ヒープ ツリーManaged Heap tree

スナップショットの詳細レポートの [マネージド ヒープ] ツリーには、次の列があります。The Managed Heap tree in a snapshot details report has the following columns:

オブジェクトの種類Object Type 型またはオブジェクト インスタンスの名前。The name of the type or object instance.
カウントCount 型のオブジェクト インスタンス数。The number of object instances of the type. インスタンスの場合、 [カウント] は常に 1 です。Count is always 1 for an instance.
サイズ (バイト)Size (Bytes) 種類の場合は、スナップショット内のその種類のすべてのインスタンスのサイズ (インスタンスに含まれているオブジェクトのサイズは除く)。For a type, the size of all instances of the type in the snapshot, less the size of objects contained in the instances.

インスタンスの場合は、オブジェクトのサイズ (インスタンスに含まれているオブジェクトのサイズは除く)。For an instance, the size of the object, less the size of objects contained in the instance.
包括サイズ (バイト)Inclusive Size (Bytes) 種類のインスタンスのサイズ、または単一インスタンスのサイズ (含まれているオブジェクトのサイズを含む)。The size of the instances of the type, or the size of a single instance, including the size of contained objects.
ModuleModule オブジェクトを含むモジュール。The module that contains the object.

[ルートのパス] ツリー (スナップショットの詳細レポート)Paths to Root tree (Snapshot details reports)

[ルートのパス] ツリーには、種類またはインスタンスを参照するオブジェクトのチェーンが表示されます。The Paths to Root tree shows the chain of objects that reference a type or instance. .NET Framework のガベージ コレクターは、オブジェクトへの参照がすべて解放された場合にのみ、オブジェクトのメモリをクリーンアップします。The .NET Framework garbage collector cleans up the memory for an object only when all references to it have been released.

[ルートのパス] ツリーの種類の場合、その種類への参照を保持するオブジェクトの数が [参照数] 列に示されます。For a type in the Paths to Root tree, the number of objects that hold references to that type appears in the Reference Count column.

種類の [ルートのパス] ツリーPaths to Root tree for types

[参照された型] ツリーまたは [参照されたオブジェクト] ツリー (スナップショットの詳細レポート)Referenced Types or Referenced Objects tree (Snapshot details reports)

[参照された型] ツリーまたは [参照されたオブジェクト] ツリーには、選んだ型またはインスタンスによって参照されるオブジェクトが表示されます。The Referenced Types or Referenced Objects tree shows the objects that the selected type or instance references.

インスタンスの参照されたオブジェクト ツリーReferenced Objects tree for instances

スナップショットの詳細レポートの [参照された型] ツリーには、次の列があります。A Referenced Types tree in a snapshot details report has the following columns. [参照されたオブジェクト] ツリーには、 [参照数] 列はありません。A Referenced Objects tree does not have the Reference Count column.

オブジェクトの種類またはインスタンスObject Type or Instance 種類またはインスタンスの名前。The name of the type or instance.
参照数Reference Count 種類の場合は、その種類のオブジェクト インスタンスの数。For types, the number of object instances of the type.
サイズ (バイト)Size (Bytes) 種類の場合は、その種類のすべてのインスタンスのサイズ (種類に含まれているオブジェクトのサイズは除く)。For a type, the size of all instances of the type, less the size of objects contained in the type.

インスタンスの場合は、オブジェクトのサイズ (オブジェクトに含まれているオブジェクトのサイズは除く)。For an instance, the size of the object, less the size of objects contained in the object.
包括サイズ (バイト)Inclusive Size (Bytes) 種類のインスタンスの合計サイズ、またはインスタンスのサイズ (含まれているオブジェクトのサイズを含む)。The total size of the instances of the type, or the size of the instance, including the size of contained objects.
ModuleModule オブジェクトを含むモジュール。The module that contains the object.

スナップショットの相違 (diff) レポートSnapshot difference (diff) reports

スナップショットの相違 (diff) レポートには、指定したスナップショットと前のスナップショットの変更点が表示されます。A snapshot difference (diff) report shows the changes between a primary snapshot and the preceding snapshot. 相違レポートを開くには、スナップショット ウィンドウで相違リンクのいずれかを選択します。To open a diff report, select one of the difference links in a snapshot pane.

両方のリンクで同じレポートが開きます。Both links open the same report. レポートの [マネージド ヒープ] ツリーを最初に表示したときの並べ替え順序だけが異なります。The only difference is the starting sort order of the Managed Heap tree in the report. サイズ リンクでは、 [包括サイズの相違 (バイト)] 列でレポートが並べ替えられます。The size link sorts the report by the Inclusive Size Diff (Bytes) column. オブジェクト リンクでは、 [数の相違] 列でレポートが並べ替えられます。The objects link sorts the report by the Count Diff column. レポートが開いた後で並べ替え列や順序を変更することができます。You can change the sort column or order after the report opens.

スナップショット ウィンドウにある相違レポートへのリンクLinks to difference report in a snapshot pane

[マネージド ヒープ] ツリー (スナップショットの相違レポート)Managed Heap tree (Snapshot diff reports)

[マネージド ヒープ] ツリーには、メモリ内に保持されているオブジェクトの種類が一覧表示されます。The Managed Heap tree lists the types of objects that are held in memory. 型名を展開すると、サイズ順に、その型の最大のインスタンス 10 個が表示されます。You can expand a type name to view the ten largest instances of the type, sorted by size. 種類またはインスタンスを選ぶと、選んだ項目の [ルートのパス] ツリーと [参照されたオブジェクト] ツリーが表示されます。Select a type or instance to display the Paths to Root and Referenced Objects trees for the selected item.

相違レポートにある種類のマネージド ヒープ ツリーManaged Heap tree for a type in difference report

スナップショットの相違レポートの [マネージド ヒープ] ツリーには、次の列があります。The Managed Heap tree in a snapshot diff report has the following columns:

オブジェクトの種類Object Type 型またはオブジェクト インスタンスの名前。The name of the type or object instance.
カウントCount 指定したスナップショットに含まれる型のインスタンス数。The number of instances of a type in the primary snapshot. インスタンスの場合、 [カウント] は常に 1 です。Count is always 1 for an instance.
数の相違Count Diff 型の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、型のインスタンス数の差。For a type, the difference in the number of instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot. インスタンスの場合、このフィールドは空白です。The field is blank for an instance.
サイズ (バイト)Size (Bytes) 指定したスナップショット内のオブジェクトのサイズ (オブジェクト内のオブジェクトのサイズは除く)。The size of the objects in the primary snapshot, less the size of objects in the objects. 型の場合、 [サイズ (バイト)][包含サイズ (バイト)] は型インスタンスの合計サイズです。For a type, Size (Bytes) and Inclusive Size (Bytes) are the totals of the sizes of the type instances.
合計サイズの相違 (バイト)Total Size Diff (Bytes) 種類の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、その種類のインスタンスの合計サイズの差 (インスタンス内のオブジェクトのサイズは除く)。For a type, the difference in the total size of instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot, less the size of objects in the instances. インスタンスの場合、このフィールドは空白です。The field is blank for an instance.
包括サイズ (バイト)Inclusive Size (Bytes) 指定したスナップショット内のオブジェクトのサイズ (オブジェクト内のオブジェクトのサイズを含む)。The size of the objects in the primary snapshot, including the size of objects in the objects.
包括サイズの相違 (バイト)Inclusive Size Diff (Bytes) 種類の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、その種類のすべてのインスタンスのサイズの差 (オブジェクト内のオブジェクトのサイズを含む)。For a type, the difference in the size of all instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot, including the size of objects in the objects. インスタンスの場合、このフィールドは空白です。The field is blank for an instance.
ModuleModule オブジェクトを含むモジュール。The module that contains the object.

[ルートのパス] ツリー (スナップショットの相違レポート)Paths to Root tree (Snapshot diff reports)

[ルートのパス] ツリーには、種類またはインスタンスを参照するオブジェクトのチェーンが表示されます。The Paths to Root tree shows the chain of objects that reference a type or instance. .NET Framework のガベージ コレクターは、オブジェクトへの参照がすべて解放された場合にのみ、オブジェクトのメモリをクリーンアップします。The .NET Framework garbage collector cleans up the memory for an object only when all references to it have been released.

[ルートのパス] ツリーの種類の場合、その種類への参照を保持するオブジェクトの数が [参照数] 列に示されます。For a type in the Paths to Root tree, the number of objects that hold references to that type appears in the Reference Count column. 前のスナップショットからの数の差は、 [Reference Diff](参照の相違) 列に示されます。The difference in count from the previous snapshot is in the Reference Diff column.

相違レポートの [ルートのパス] ツリーPaths To Root tree in a diff report

[参照された型] ツリーまたは [参照されたオブジェクト] ツリー (スナップショットの相違レポート)Referenced Types or Referenced Objects tree (Snapshot diff reports)

[参照された型] ツリーまたは [参照されたオブジェクト] ツリーには、選んだ型またはインスタンスによって参照されるオブジェクトが表示されます。The Referenced Types or Referenced Objects tree shows the objects that the selected type or instance references.

相違レポート内で参照された型Referenced Types in a diff report

スナップショットの相違レポートの [参照された型] ツリーには、次の列があります。A Referenced Types tree in a snapshot diff report has the following columns. [参照されたオブジェクト] ツリーには、 [インスタンス][サイズ (バイト)][包括サイズ (バイト)] 、および [モジュール] という列があります。A Referenced Objects tree has the Instance, Size (Bytes), Inclusive Size (Bytes), and Module columns.

オブジェクトの種類またはインスタンスObject Type or Instance 型またはオブジェクト インスタンスの名前。The name of the type or object instance.
参照数Reference Count 指定したスナップショットに含まれる型のインスタンス数。The number of instances of a type in the primary snapshot.
参照数の相違Reference Count Diff 型の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、型のインスタンス数の差。For a type, the difference in the number of instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot.
サイズ (バイト)Size (Bytes) 指定したスナップショット内のオブジェクトのサイズ (オブジェクト内のオブジェクトのサイズは除く)。The size of the objects in the primary snapshot, less the size of objects in the objects. 型の場合、 [サイズ (バイト)][包含サイズ (バイト)] は型インスタンスの合計サイズです。For a type, Size (Bytes) and Inclusive Size (Bytes) are the totals of the sizes of the type instances.
合計サイズの相違 (バイト)Total Size Diff (Bytes) 種類の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、その種類のインスタンスの合計サイズの差 (インスタンス内のオブジェクトのサイズは除く)。For a type, the difference in the total size of instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot, less the size of objects in the instances.
包括サイズ (バイト)Inclusive Size (Bytes) 指定したスナップショット内のオブジェクトのサイズ (オブジェクト内のオブジェクトのサイズを含む)。The size of the objects in the primary snapshot, including the size of objects in the objects.
包括サイズの相違 (バイト)Inclusive Size Diff (Bytes) 種類の場合は、指定したスナップショットと前のスナップショットとの、その種類のすべてのインスタンスのサイズの差 (オブジェクト内のオブジェクトのサイズを含む)。For a type, the difference in the size of all instances of the type between the primary snapshot and the previous snapshot, including the size of objects in the objects.
ModuleModule オブジェクトを含むモジュール。The module that contains the object.

関連項目See also