Output

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Output オプションには、パフォーマンス セッションのプロファイル データ ファイルの名前と場所を指定します。 OutputStart オプションと共に使用する必要があります。

構文

VSPerfCmd.exe /Start:Method /Output:FileName [Options]  

パラメーター

FileName
データ ファイルの名前。 完全パスまたは部分パスで指定できます。 パスの指定を省略すると、ファイルは現在のディレクトリに作成されます。

必須のオプション

OutputStart オプションと共に使用する必要があります。

Start: Method
出力ファイル名を指定します。

使用例

現在のディレクトリにプロファイル データ ファイルを作成する例を以下に示します。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)