ProcessOn と ProcessOff

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の ProcessOff サブコマンドと ProcessOn サブコマンドは、コマンド ライン プロファイル セッションの指定されたプロセスのプロファイリングを一時停止および再開するために使用されます。 ProcessOff がプロセスのプロファイリングを一時停止し、ProcessOn がプロセスのプロファイリングを再開します。

多くの場合、ProcessOn または ProcessOff を VSPerfCmd.exe コマンド ラインの唯一のオプションとして指定しますが、これらを GlobalOnGlobalOffThreadOn、および ThreadOff の各サブコマンドと組み合わせて使用することもできます。

ProcessOn サブコマンドと ProcessOff サブコマンドは、コマンド ライン プロファイル セッションのすべてのプロセスについてのデータ収集を制御する GlobalOn サブコマンドおよび GlobalOff サブコマンド、並びに指定されたスレッドについてのデータ収集を制御する ThreadOn サブコマンドおよび ThreadOff サブコマンドと対話します。

ProcessOff サブコマンドおよび ProcessOn サブコマンドは、プロファイラーの API 関数によって操作されるプロセスの開始\/停止数にも影響します。

  • ProcessOff は、プロセスの開始\/停止数を直ちに 0 に設定して、プロファイリングを一時停止します。

  • ProcessOn は、プロセスの開始\/停止数を直ちに 1 に設定して、プロファイリングを再開します。

    詳細については、「プロファイリング ツールの API」を参照してください。

構文

VSPerfCmd.exe /{ProcessOff|ProcessOn}:PID [Options]  

パラメーター

PID
開始または停止するプロセスの整数の ID。 プロセス ID は、Windows タスク マネージャーの [プロセス] タブに表示されます。

必須のサブコマンド

なし。

有効なサブコマンド

ProcessOnProcessOff は、次のサブコマンドを含むコマンド ラインで指定できます。

Start: Method
コマンド ライン プロファイル セッションを初期化し、指定されたプロファイル方法を設定します。

Launch: AppName
指定されたアプリケーションを起動し、サンプリング メソッドを使用してプロファイリングを開始します。

Attach: PID
指定されたプロセスのプロファイリングを開始します。

GlobalOff|GlobalOn
コマンド ライン プロファイル セッションのすべてのプロセスのプロファイリングを停止または開始します。

{ThreadOff|ThreadOn}:TID
指定されたスレッドのプロファイリングを停止または開始します (インストルメンテーション メソッドのみ)。

使用例

この例では、ProcessOff サブコマンドを使用してアプリケーション起動のプロファイル データを収集します。

; Initialize the profiler.  
VSPerfCmd.exe /Start:Trace /Output:Instrument.vsp   
; Start the instrumented application.  
; Stop profiling the process after startup.  
VSPerfCmd.exe /ProcessOff:12345  
; Shut down the target application.  
; Close the profiler.  
VSPerfCmd /Shutdown  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)