WinCounter

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

WinCounter オプションは、プロファイル実行中に一定間隔で収集する Windows またはアプリケーションのパフォーマンス カウンターを指定します。 Windows とアプリケーションのパフォーマンス カウンターは、プロファイル データ ファイルにマークとして一覧表示されます。 別個のオプションで収集する複数のパフォーマンス カウンターを指定できます。

既定では、カウンターは 500 ミリ秒ごとに収集されます。 別の収集間隔を指定するには、AutoMark オプションを使用します。

AutoMark オプションは 1 つしか使用できません。 複数の AutoMark オプションを指定した場合は、最後のオプションが使用されます。

WinCounter オプションと共に使用できるオプションは Start オプションのみです。

構文

VSPerfCmd.exe /Start:Method /Wincounter:Path [/WinCounter:Path] [AutoMark:Milliseconds] [Options]  

パラメーター

Path
PDH カウンター パス形式の Windows パフォーマンス カウンター。

必須のオプション

WinCounter オプションと共に使用できるオプションは Start オプションのみです。

Start: Method
Start オプションは、指定したプロファイル方法にプロファイラーを初期化します。

排他的オプション

AutoMark オプションと共に使用できるオプションは WinCounter オプションのみです。

AutoMark: Milliseconds
Windows パフォーマンス カウンター データ収集の間隔をミリ秒単位で指定します。

使用例

次の例では、1000 ミリ秒間隔で収集される 2 つの Windows パフォーマンス カウンターが指定されています。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp /WinCounter:"\Processor(0)\% Processor Time" /WinCounter:"\System\Context Switches/sec" /AutoMark:1000  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)