Team Foundation Server 2017 Update 3.1 リリース ノート Team Foundation Server 2017 Update 3.1 Release Notes

注意

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English.

ヒント

このページの下部で、ページの言語を切り替えることができます。You can switch the page language at the bottom of this page. テキスト カーソルが既に赤い波線の行にある場合は、左余白に表示されているClick the アイコンをクリックするか、言語を検索するか、使用できる言語の一覧から選択します。 icon, search for your language, or select from the list of available languages.

Download Team Foundation Server 2017 Update 3.1

その他の形式や言語については、ダウンロード サイトを参照してください。For other formats or languages, please see the download site.

Team Foundation Server 2017 の詳細については、Team Foundation Server の要件と互換性に関するページを参照してください。To learn more about Team Foundation Server 2017, see the Team Foundation Server Requirements and Compatibility page.


Team Foundation Server 2017 Update 3.1 リリース日: 2018 年 2 月 28 日Team Foundation Server 2017 Update 3.1 Release Date: February 28, 2018

Team Foundation Server 2017 Update 3.1 の新機能What's New in Team Foundation Server 2017 Update 3.1

この更新プログラムでは、潜在的なクロス サイト スクリプト (XSS) の脆弱性およびその他のセキュリティの脆弱性を修正します。This update fixes potential cross site scripting (XSS) and other security vulnerabilities. 詳細については、ブログ記事を参照してください。See the blog post for more information. これは完全なアップグレードです。したがって、TFS 2017 Update 3.1 に直接アップグレードすることができます。It is a full upgrade, so you can upgrade directly to TFS 2017 Update 3.1.

フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We’d love to hear from you! 開発者コミュニティで問題を報告して追跡し、スタック オーバーフローでアドバイスを得ることができます。You can report a problem and track it through Developer Community and get advice on Stack Overflow. Microsoft に優先的に取り組んで欲しいアイデアがある場合は、UserVoice でアイデアを追加するか、既存のアイデアに投票してください。As always, if you have ideas on things you’d like to see us prioritize, head over to UserVoice to add your idea or vote for an existing one.


Team Foundation Server 2017 Update 3 リリース日: 2017 年 11 月 6 日Team Foundation Server 2017 Update 3 Release Date: November 6, 2017

Team Foundation Server 2017 Update 3 の新機能What's New in Team Foundation Server 2017 Update 3

これは Team Foundation Server 2017 の更新プログラムであり、Team Foundation Server 2017 Update 2 以降のバグ修正が含まれています。This is an update for Team Foundation Server 2017 that includes bug fixes since Team Foundation Server 2017 Update 2.


作業Work

  • ASCII 文字コード >127 を使用してテンプレートをエクスポートすると、WebLayout は得られず、正しくないファイル名が含められます。Exporting a template with ASCII character code >127 does not have WebLayout and includes incorrect file names.
  • ボード設定およびカードの設定で、作業項目の種類の名前変更が処理されません。Board and Card Settings does not handle Work Item Type rename.
  • トルコ語でのかんばんボード カードの並び替えがスタック順位で行われる可能性があります。Kanban board card reordering in Turkish should be by stack rank.
  • REST API の WorkItemSearchConditionalFaultIn が検索に対して NotSupportedException をスローする可能性があります。REST API WorkItemSearchConditionalFaultIn should throw NotSupportedException for Search.
  • StructureChangeNotification イベントは WIT で起動しません。StructureChangeNotification event not firing for WIT.
  • 最大リンク制限を超過したときは、詳細にリンクを追加します。Add link to more info when exceeding max links limit.
  • 作業項目フィールドのデータ移行実行プランを最適化して、アップグレードのパフォーマンスを改善します。Optimize work item field data migration execution plan to improve upgrade performance.
  • [割り当て先ユーザー/グループ] コンテキスト メニューでは、特定のために表示名ではなくコンボ文字列を使用します。Assigned To context menu should use combo string instead of display name to disambiguate.

コードCode

ビルドBuild

  • ビルド エージェントの登録を試みているときに次のエラーが発生します。認証 - "スタックが不足しているためプログラムを安全に実行できません。"Error while attempting to register build agent: Authentication - "Insufficient stack to continue executing the program safely."
  • Git の新しいバージョンを実行するには、vsts-agent を更新しますUpdate vsts-agent to carry new version of git.
  • .NET との互換性のために NuGet.exe 4.3.0 をビルドに含めるには、NuGet Tool インストーラーのタスクを有効にします。Enable NuGet Tool Installer task in order to allow for NuGet.exe 4.3.0 to be included in builds for compatibility with .NET.
  • スケジュールされた XAML ビルドの RequestedFor フィールドは設定されません。RequestedFor field of scheduled XAML build is not set.

ReleaseRelease

  • TFS 2017 からのアップグレードで、Azure ベースの接続済みサービスからサービス エンドポイントへの移行が失敗します。Upgrade from TFS 2017 failing migration of Azure-based connected service to service endpoint.

テストTest

  • "テスト エージェントの配置" タスクは、Win7 SP1 コンピューター上で複数の問題があります。Deploy Test Agent task has multiple issues on Win7-SP1 machine.
  • テスト エージェントのパスが正しくない場合、エラーとしては記録されず、デバッグにのみ表示されます。If Test Agent path is wrong it is not logged as error but appears only in debug.
  • 添付情報のアップロードに失敗した場合に、テストの実行/タスクが失敗しない可能性があります。Test run/task shouldn’t fail if we failed to upload attachment.
  • GetTestPlatform API は、構成に基づいてプローブ ディレクトリ内の testplatform.config ファイルを検索します。GetTestPlatform API will look for a testplatform.config file in the probing directory based on configuration.
  • dbo.tbl_TestResult のインデックスをドロップすることで、アップグレードのパフォーマンスが大幅に改善します。Drop indexes on dbo.tbl_TestResult to significantly improve upgrade performance.
  • テスト結果の移行サービス ステップのパフォーマンスを改善すると、アップグレードのパフォーマンスが大幅に改善します。Improve performance of test results migration servicing step to significantly improve upgrade performance.

レポートReporting

  • RDL バーンダウン レポートに削除されたタスクの正確な時間数が表示されるようになりました。The RDL Burndown Reports will now show the correct amount of time for deleted tasks.

管理Administration

  • ユーザー ページのパブリック URL は、ロード バランサーが関連する場合などに必ず呼び出し元の URL と一致します。Users page Public URL should match the calling URL such as when a load balancer is involved.

ページのトップへ
Top of Page