Visual Studio Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.7 リリース ノートVisual Studio 2019 version 16.7 Release Notes


| Developer Community | システム必要条件 | 互換性 | 配布可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 最新リリースの既知のイシュー || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Latest Release Known Issues |


ボタンをクリックして、Visual Studio 2019 の最新バージョンをダウンロードします。Click a button to download the latest version of Visual Studio 2019. Visual Studio 2019 のインストールと更新の手順については、「Update Visual Studio 2019 to the most recent release」(Visual Studio 2019 を最新リリースに更新する) をご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2019, see the Update Visual Studio 2019 to the most recent release. また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。Also, see instructions on how to install offline.


Visual Studio 2019 バージョン 16.7 の新機能What's New in Visual Studio 2019 version 16.7

サポート期間Support Timeframe

Visual Studio 2019 バージョン 16.7 は、Visual Studio 2019 でサポートされる 3 番目のサービス ベースラインです。Visual Studio 2019 version 16.7 is the third supported servicing baseline for Visual Studio 2019. 長期的な安定性とセキュリティで保護された開発環境を採用する必要がある Enterprise および Professional のお客様は、このバージョンで標準化することをお勧めします。Enterprise and Professional customers needing to adopt a long term stable and secure development environment are encouraged to standardize on this version.  ライフサイクルとサポート ポリシーに関するページで詳しく説明しているように、バージョン 16.7 は、次のサービス ベースラインのリリース後 1 年間、修正プログラムとセキュリティ更新プログラムでサポートされます。  As explained in more detail in our lifecycle and support policy, version 16.7 will be supported with fixes and security updates for one year after the release of the next servicing baseline.

さらに、バージョン 16.7 が利用可能になったことで、最新のサービス ベースラインであったバージョン 16.4 は、今後 12 か月間サポートされ、2021 年 10 月にサポート対象外になります。In addition, now that version 16.7 is available, version 16.4, which was the last servicing baseline, will be supported for an additional 12 months and will go out of support in October 2021. また、バージョン 16.5 と 16.6 がサポート対象外になりました。 Note as well that versions 16.5 and 16.6 are no longer under support. これらの中間リリースには、次のマイナー更新プログラムがリリースされるまでに限ってサービス修正が提供されました。These intermediary releases received servicing fixes only until the next minor update released.

my.visualstudio.com のダウンロードのセクションで、Visual Studio 2019 バージョン 16.7 の最も安全な最新バージョンを入手できます。You can acquire the latest most secure version of Visual Studio 2019 version 16.7 in the downloads section of my.visualstudio.com.  Visual Studio でサポートされるベースラインの詳細については、Visual Studio 2019 のサポート ポリシーに関するページを参照してください。  For more information about Visual Studio supported baselines, please review the support policy for Visual Studio 2019.

Visual Studio 2019 バージョン 16.7 リリースVisual Studio 2019 version 16.7 Releases

Visual Studio 2019 アーカイブされているリリース ノートVisual Studio 2019 Archived Release Notes

Visual Studio 2019 ブログVisual Studio 2019 Blog

Visual Studio 2019 ブログは、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。The Visual Studio 2019 Blog is the official source of product insight from the Visual Studio Engineering Team. Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。You can find in-depth information about the Visual Studio 2019 releases in the following posts:


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.7.1Visual Studio 2019 version 16.7.1 New release icon

リリース日: 2020 年 8 月 11 日released August 11, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.7.1 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.7.1


Visual Studio 2019 バージョン 16.7.1 で修正された Developer Community の主なイシューTop Issues Fixed from Developer Community in Visual Studio 2019 version 16.7.1


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.7.0Visual Studio 2019 version 16.7.0

リリース日: 2020 年 8 月 5 日released August 5, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.7.0 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.7.0


C++C++

  • Microsoft はリモート C++ について、sh、csh、bash、tsch、ksh、zsh、dash など、幅広い Linux のディストリビューションとシェルをサポートするようになりました。Our remote C++ support now supports a wider range of Linux distros and shells, including sh, csh, bash, tsch, ksh, zsh, and dash. ConnectionManager.exe を利用して新しい "shell" プロパティを変更することでリモート接続のシェル選択をオーバーライドできます。You can override the choice of a shell for a remote connection by modifying the new "shell" property via ConnectionManager.exe. このサポートは、リモート Linux システムまたは WSL をターゲットにする MSBuild ベースの Linux プロジェクトと CMake プロジェクトの両方でテストされています。This support has been tested with both MSBuild-based Linux projects and CMake projects targeting a remote Linux system or WSL.
  • Ninja (インクリメンタル ビルドを非常に短時間で評価するビルド システム) を使用し、MSBuild ベースの Linux プロジェクトのインクリメンタル ビルド時間を改善できるようになりました。You can now use Ninja (a build system that evaluates incremental builds very quickly) to improve incremental build times for MSBuild-based Linux projects. [全般プロパティ] ページで [インクリメンタル ビルドを有効にする] を [With Ninja](Ninja を使用する) に設定することでこの機能を選択できます。You can opt into this feature by setting "Enable Incremental Build" to "With Ninja" in the General Property Page. Ninja (ninja-build) はリモートの Linux システムまたは WSL にインストールする必要があります。Ninja (ninja-build) must be installed on your remote Linux system or WSL.
  • 新しい C++20 標準ライブラリ機能が実装されました。New C++20 Standard Library features have been implemented. 詳細な一覧については、 GitHub の STL Changelog  を参照してください。Please refer to the STL Changelog on GitHub for a detailed list.
  • 接続マネージャーで、既定のリモート SSH 接続を編集および設定できるようになりました。You can now edit and set default remote SSH connections in the Connection Manager. つまり、既存のリモート接続を編集したり (IP アドレスが変更された場合など)、既定の接続を CMakeSettings.json および launch.vs.json 内で使用されるように設定したりすることができます。This means you can edit an existing remote connection (e.g. if its IP address changed) and set default connections to be consumed in CMakeSettings.json and launch.vs.json. リモート SSH 接続を使用すると、リモートの Linux システム上でのプロジェクトのビルドおよびデバッグを、Visual Studio から直接行うことができます。Remote SSH connections allow you to build and debug C++ projects on a remote Linux system directly from Visual Studio.
Edit remote connections in the Connection Manager
接続マネージャーでのリモート接続の編集Edit remote connections in the Connection Manager
  • Visual Studio で、Windows 上の Clang (clang-cl) に対する IntelliSense サポートが強化されました。Enhanced IntelliSense support for Clang on Windows (clang-cl) in Visual Studio. clang インクルード パスに clang ライブラリが含まれるようになりました。std ライブラリを使用する際のエディター内の波線表示を改善しました。clang モードに C++2a のサポートを追加しました。The clang include path now includes the clang libraries, we've improved in-editor squiggle display when using the std library, and we've added support for C++2a in clang mode.
  • C++ プロジェクトで、コード エラーに下線を引いてみると、提案されるより多くのクイック修正を参照できるようになりました。You can now try out underlining code errors and see more suggested quick fixes in C++ projects. この機能を有効にするには、[ツール] > [オプション] > [テキスト エディター] > [C/C++] > [試験的] で、[実験的なコード リンターの無効化] を false に設定します。 Enable this feature under Tools > Options > Text Editor > C/C++ > Experimental > Set 'Disable Experimental Code Linter' to false. 詳細については、C++ チーム ブログを参照してください。Learn more on the C++ Team Blog.
IntelliSense code linter
IntelliSense コード リンターIntelliSense code linter
  • 追加の安全機能を C++ に組み込むための新しいコード分析規則を 4 つ追加しました: C26817C26818C26819C26820We've added four new code analysis rules to incorporate additional safety features into C++: C26817, C26818, C26819, and C26820.
  • gdbserver を使用してリモート システム上で CMake プロジェクトをデバッグするための最上級のサポートが追加されました。We've added first-class support for debugging CMake projects on remote systems with gdbserver.
  • Visual Studio での C++ 用の AddressSanitizer の試験的な実装により、メモリ破損エラーを簡単に見つけることができるようになりました。現在、x64 ネイティブ プロジェクトで利用できます。Find memory corruption errors easily with an experimental implementation of AddressSanitizer for C++ in Visual Studio, now available for x64 native projects. デバッグ ランタイム (/MTd、/MDd、/LDd) の使用もサポートされるようになりました。We also now support the use of debug runtimes (/MTd, /MDd, /LDd).
  • IntelliSense で、概念、指定された初期化子などの C++20 の機能が基本サポートされるようになりました。IntelliSense now has basic support for Concepts, designated initializers, and several other C++20 features.
  • .ixx ファイルおよび .cppm ファイルは C++ として認識されるようになり、構文で強調表示され、IntelliSense によってそのように扱われるようになりました。.ixx and .cppm files are now recognised as C++ and will be treated as such by the syntax highlighter and IntelliSense.

プレイリストを動的に定義するDefine playlists dynamically

プロジェクト、クラス、または名前空間に基づいて、プレイリストを動的に定義できるようになりました。You can now define playlists dynamically based on Project, Class, or Namespace. これは、特定のプロジェクト/クラス/名前空間内にあるものをすべて含むようにプレイリストを構成できることを意味します。そのグループに追加された新しいテストは、プレイリストに自動的に含まれます。This means you can configure a playlist to include everything in a certain project/class/namespace; any new test added to that group will automatically be included in your playlist!

  • テスト エクスプローラーでプロジェクト、名前空間、またはクラスのグループを右クリックしてプレイリストを作成します。Create a playlist by right clicking on a project, namespace, or class grouping in the Test Explorer.
Test Explorer: Create a playlist
テスト エクスプローラー:プレイリストを作成するTest Explorer: Create a playlist
  • ツール バーの編集ボタンをクリックして、どのグループがプレイリストに含まれるかを編集します。Edit what groups are included in the playlist by clicking on the edit button in the tool bar. チェック ボックスが表示されます。Check boxes will appear. 必要に応じてグループを編集します。Edit groups as desired.
Test Explorer: Edit a playlist
テスト エクスプローラー:プレイリストを編集するTest Explorer: Edit a playlist
  • これらのプレイリストは、テストの静的リストになるのではなく、ルールに基づいて動的に更新されます。Instead of being a static list of tests these playlists dynamically update based on rules. どのルールによって動的なプレイリストが生成されているのかをより深く理解するには、保存ボタンを使用してプレイリスト ファイルをディスクに保存し、xml で生成されたルールを確認します。If you want to better understand what rules are generating your dynamic playlist, save the playlist file to disk with the save button and view the rules generated in the xml.
PlayList file dynamic rule set
プレイリスト ファイルの動的なルール セットPlayList file dynamic rule set
  • 個々のテストを含めたり除外したりすることができます。また、プレイリストでは、動的なルールを更新したり、テストを静的リストとして追跡するように切り替えたりできます。You can continue to include/exclude individual tests and the playlist will be able to either update its dynamic rules or switch back to keeping track of tests as a static list. 特徴を使用して、プレイリストの xml ファイルを直接編集することによって動的なグループを定義することもできます。You can also use traits to define a dynamic group by editing the playlist xml file directly.

Git の生産性Git Productivity

[ツール]、[オプション] の [New Git User Experience](新しい Git ユーザー エクスペリエンス) プレビュー機能をオンにすると、このエクスペリエンスを利用できるようになります。Toggle on the 'New Git user experience' Preview Feature in Tools | Options | Environment to use this experience.

  • 任意のフォルダーまたはまったく新しいフォルダーから新しい Git リポジトリを生成するCreate a new Git repository, starting from any folder or a brand new folder
  • 新しい複製操作を開始する前に、開いているフォルダーまたはソリューションを保存して閉じるSave and close an open folder or solution before starting a new clone operation
  • コミット テキスト ボックス内でコミット メッセージ エラーまたは一時退避メッセージ エラーを明確に表示するView commit or stash message errors clearly in the commit text box
  • 新しい Git リポジトリ ウィンドウ内のツリー ビューで Git ブランチを表示し、管理するView and manage Git branches in a tree view within a new Git Repository window
  • Git リポジトリ ウィンドウで各ブランチの履歴グラフを切り替え、グラフを操作するSwitch between and interact with the history graph of each branch in the Git Repository window
  • [Git リポジトリ] ウィンドウでの送信および発信中のコミットの表示View incoming and outgoing commits in the Git Repository window
  • 最新機能の詳細を含む Git 生産性チームのブログGit Productivity team blog with more details of recent features
Manage branches and view history in a focused Git Repository window
フォーカスされた Git リポジトリ ウィンドウでブランチを管理し、履歴を表示するManage branches and view history in a focused Git Repository window

Git で重点が置かれているマージ エディターで、以下を使用して、マージ競合を解決します。Resolve merge conflicts with a Git focused merge editor using:

  • マージ競合を含むファイル内の情報バー。これにより、マージ エディターを開くように求めるメッセージ表示されます。An info bar in files containing merge conflicts that prompts you to open the merge editor
  • よりわかりやすいタイトルおよびキャプション。マージ エディター内での不明瞭の削減。More informative titles and captions, and less clutter in the merge editor
  • 競合内の差分。一致する行が揃えられ、単語レベルの違いが表示され、表示可能な空白が唯一の違いである場合にそれが表示されます。Diffs within conflicts that align matching lines, show word level differences, and display visible whitespace when it is the only difference.
  • ファイル レベルの追加、追加の競合に対する双方向のマージTwo-way merges for file level add/add conflicts
  • 1 回のクリックで、どちらか一方とのすべての競合を解決する機能The ability to resolve all conflicts to one side or the other with a single click
  • 競合のみに焦点を当てて、競合していない相違点は無視するためのトグル。A toggle to focus on just conflicts, ignoring non-conflicting differences
New Merge Editor Experience
マージ エディターを使用してマージ競合を解決するResolve Merge Conflicts with the Merge Editor

JavaScript/TypeScriptJavaScript/TypeScript

  • LiveShare シナリオをより適切にサポートするために、完了とクイックヒントの実装が更新されました。The implementations of Completion and Quick Info have been updated to better support LiveShare scenarios.

Kubernetes を使用したローカル プロセスLocal Process with Kubernetes

Local Process with Kubernetes
Kubernetes を使用したローカル プロセスLocal Process with Kubernetes

Local Process with Kubernetes を使用すると、開発用のワークステーション上で .NET のコードの記述、テスト、デバッグを行いながら、使用する残りのアプリケーションまたはサービスが置かれている Kubernetes クラスターとの接続を保つことができます。Local Process with Kubernetes allows you to write, test and debug your .NET code on your development workstation while connected to your Kubernetes cluster with the rest of your application or services. 開発ワークステーションをクラスターに接続すれば、開発用コンピューター上で依存サービスを手動で実行および構成する必要がなくなります。By connecting your development workstation to your cluster, you eliminate the need to manually run and configure dependent services on your development machine. クラスターからの環境変数、接続文字列、およびボリュームは、ローカルで実行されているマイクロサービス コードで使用できます。Environment variables, connection strings and volumes from the cluster are available to your microservice code running locally. Dockerfile や Kubernetes マニフェストなどの追加のアセットは必要ありません。There is no need for extra assets, such as a Dockerfile or Kubernetes manifests. 通常どおりに、.NET コードを実行、デバッグ、およびテストします。Run, debug, and test your .NET code as you normally would.

Kubernetes を使用してローカル プロセスを有効にするには、[ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] の順にアクセスし、[Kubernetes サービスのローカル デバッグを有効にします] を選択します。To enable Local Process with Kubernetes, go to Tools > Options > Envrionment > Preview Features and select "Enable local debugging for Kubernetes services".

Enable Preview Features
プレビュー機能を有効にするEnable Preview Features

.NET コンソール アプリケーションの場合は、追加の手順が必要です。For .NET console applications, an additional step is required. "Microsoft.VisualStudio.Azure.Kubernetes.Tools.Targets" NuGet パッケージをインストールします。Install the "Microsoft.VisualStudio.Azure.Kubernetes.Tools.Targets" Nuget Package.

.NET の生産性.NET Productivity

抑制演算子があるが効果がないとき、警告とコード修正が表示されるようになりました。There is now a warning and code fix when a suppression operator is present but has no effect. 正しい否定式を提案する 2 つ目のコード修正も利用できます。A second code fix suggesting the correct negating expression is also available. 抑制演算子にカーソルを置きます。Place your cursor on the suppression operator. (Ctrl + . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl + .) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. 次に、次のいずれかを選択します。Next, select from one of the following:

  • 演算子を完全に削除するには、 [Remove operator (preserves semantics)](演算子を削除する (セマンティクスを残す)) を選択します。To remove the operator completely, select Remove operator (preserves semantics):
Code fix to remove suppression operator
抑制演算子を削除するコード修正Code fix to remove suppression operator
  • 式を否定するには、 [Negate expression (change semantics)(式を否定する (セマンティクスを変更する))] を選択します。To negate the expression, select Negate expression (change semantics):
Code fix to negate expression
式を否定するコード修正Code fix to negate expression
  • プロジェクトで利用できる場合、新しい C# 9 not パターンで式を否定することもできます。You can also negate the expression with the new C# 9 not pattern if it is available in your project:
Code fix to negate expression using not
not を使用して式を否定するコード修正Code fix to negate expression using not

型でコンストラクターを生成するとき、プロパティを生成できるようになりました。You can now generate properties when generating a constructor in a type. インスタンスにカーソルを合わせます。Place your cursor on the instance. (Ctrl + . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl + .) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Generate constructor in <QualifiedName> (with properties)](<修飾名> でコンストラクターを生成する (プロパティを指定する)) を選択します。Select Generate constructor in <QualifiedName> (with properties).

Generate properties when generating constructor
コンストラクター生成時にプロパティを生成するGenerate properties when generating constructor
  • クイック ヒントには、診断 ID に加えて、ご自分のコード内の警告とエラーの詳細を確認できる Microsoft のドキュメントに容易に移動できるヘルプ リンクが表示されるようになりました。Quick Info now displays the diagnostic ID along with a help link where you can easily navigate to our documentation to learn more about warnings and errors in your code.
Quick Info Diagnostic ID and Help Link
クイック ヒントの診断 ID とヘルプリンクQuick Info Diagnostic ID and Help Link
  • デバッガーの表示属性をクラスに追加するためのクイック アクションが導入されました。There is now a quick action to add a debugger display attribute to a class. これにより、デバッガー内のプロパティをコード内にプログラムによってピン留めすることができます。This allows you to pin properties within the debugger programmatically in your code. クラス名にカーソルを置きます。Place your cursor on the class name. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Add 'DebuggerDisplay' attribute]('DebuggerDisplay' 属性の追加) を選択します。Select Add ‘DebuggerDisplay` attribute. これにより、デバッガーの表示属性がクラスの先頭に追加され、ToString () を返す auto メソッドが生成されます。このメソッドを編集して、デバッガー内でピン留めするプロパティ値を返すことができます。This will add the debugger display attribute to the top of your class and generate an auto method that returns ToString() which you can edit to return the property value you want pinned in the debugger.
Add Debugger Display Attribute
デバッガーの表示属性の追加Add Debugger Display Attribute
  • 誤った割り当てや同じ変数との比較に対するコード修正が導入されました。There is now a code fix for accidental assignments or comparisons to the same variable. 警告にカーソルを合わせます。Place your cursor on the warning. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. 誤った割り当ての場合は、 [.value に割り当て] を選択します。For accidental assignments, select Assign to .value. 誤った比較の場合は、 [.value と比較] を選択します。For accidental comparisons, select Compare to .value.
Accidental Assignments Code Fix
誤った割り当てのコード修正Accidental Assignments Code Fix
Accidental Comparisons Code Fix
誤った比較のコード修正Accidental Comparisons Code Fix
  • IComparable を実装する型に対して比較演算子を生成できるようになりました。You can now generate comparison operators for types that implement IComparable. クラス内または IComparable 上にカーソルを置きます。Place your cursor either inside the class or on IComparable. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Generate comparison operators](比較演算子を生成) を選択します。Select Generate comparison operators. 比較演算子を使用してボイラー プレートが生成されます。A boiler plate will be generated for you with the comparison operators.
Generate Comparison Operators
[Generate Comparison Operators]\(比較演算子を生成\)Generate Comparison Operators
  • 構造体の .Equals を生成するときに IEquatable 演算子を生成できるようになりました。You can now generate IEquatable operators when generating .Equals for structs. 値の型に対する [Equals および GetHashCode を生成する] へのリファクタリングは既にありました。We already had a refactoring to Generate Equals and GetHashCode for value types. 現在は、構造体を使用して、IEquatable と equals 演算子および not equals 演算子が自動的に追加されます。Now with structs we will automatically add the IEquatable as well as the equals and not equals operators for you. 構造体内にカーソルを置きます。Place your cursor within the struct. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Equals(object) を生成する] を選択します。Select Generate Equals(object).
Generate IEquatable Operators
IEquatable 演算子を生成するGenerate IEquatable Operators
  • 使用されていないすべてのコンストラクター パラメーターのプロパティまたはフィールドを作成して割り当てることができるようになりました。You can now create and assign properties or fields for all unused constructor parameters. これを個々のパラメーターに対して実行できるクイック アクションは既にありましたが、一度にすべての未使用パラメーターに対して実行できるようになりました。We already had a quick action that allowed you to do this on an individual parameter, but now you can do it for all unused parameters at once. 残りのパラメーターのいずれかにカーソルを置きます。Place your cursor on any of the remaining parameters. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. プロパティを作成して初期化するには、 [Create and assign remaining as properties](残りをプロパティとして作成し、割り当てる) を選択します。To create and initialize properties, select Create and assign remaining as properties. フィールドを作成して初期化するには、 [Create and assign remaining as fields](残りをフィールドとして作成し、割り当てる) を選択します。To create and initialize fields, select Create and assign remaining as fields.
Create and Assign Remaining Fields
残りのフィールドを作成して割り当てるCreate and Assign Remaining Fields
Create and Assign Remaining Properties
残りのプロパティを作成して割り当てるCreate and Assign Remaining Properties
  • DateTime および TimeSpan 文字列リテラルに IntelliSense の入力候補が用意されました。There is now IntelliSense completion in DateTime and TimeSpan string literals. DateTime または TimeSpan 文字列リテラル内にカーソルを置き、 (Ctrl+Space) キーを押します。Place your cursor inside the DateTime or TimeSpan string literal and press (Ctrl+Space). 入力候補オプションと、各文字の意味についての説明が表示されます。You will then see completion options and an explanation as to what each character means. 日時形式と例の両方が提供されます。Both the date time format and an example will be provided.
IntelliSense Completion in DateTime and TimeSpan
DateTime および TimeSpan 文字列リテラルにおける IntelliSense 入力候補IntelliSense Completion in DateTime and TimeSpan string literals
  • [シグネチャの変更] ダイアログ内でパラメーターを追加できるようになりました。You can now add a parameter within the Change Signature dialog. メソッドの署名内にカーソルを置きます。Place your cursor within the method’s signature. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [シグネチャの変更] を選択します。Select Change signature. 次のダイアログが開きます。このダイアログで、 [追加] を選択してパラメーターを追加できるようになりました。The following dialog will open where you can now select Add to add a parameter. [追加] を選択すると、新しい [パラメーターの追加] ダイアログが開きます。Once you select Add, the new Add Parameter dialog will open. [パラメーターの追加] ダイアログでは、型名とパラメーター名を追加できます。The Add Parameter dialog allows you to add a type name and a parameter name. 既定値を使用してパラメーターを必須または省略可能にすることを選択できます。You can choose to make the parameter required or optional with a default value. その後、呼び出しサイトで値を追加し、その値の名前付き引数を選択するか、TODO 変数を導入できます。You can then add a value at the call site and choose a named argument for that value or you can introduce a TODO variable. TODO 変数では TODO がコードに挿入されるので、各エラーにアクセスし、それぞれの呼び出しサイトを個別に確認して、何を渡すかを決定することができます。The TODO variable puts a TODO in your code so you can visit each error and go through each call site independently and decide what to pass. 省略可能なパラメーターについては、呼び出しサイトを完全に省略するオプションがあります。For optional parameters you have the option to omit the call site completely.
Change Signature Dialog
[シグネチャの変更] ダイアログChange Signature Dialog
Add Parameter Dialog
[パラメーターの追加] ダイアログAdd Parameter Dialog
  • アナライザーの作成者は、NuGet を使用してアナライザーを配布するときに、IntelliSense の入力候補として CompletionProviders を使用できるようになりました。Analyzer authors can now use CompletionProviders for IntelliSense completions when shipping their analyzers with NuGet. 以前は、CompletionProviders は VSIX でしか使用できなかったため、ライブラリの作成者が別個の VSIX を作成する必要がありました。Before, library authors would have to create a separate VSIX since CompletionProviders was only available in VSIX. 現在は、ライブラリの作成者は、アナライザーがある NuGet パッケージ内に IntelliSense の入力候補を実装できるようになり、これを個別に行う必要はなくなりました。Now library authors can implement IntelliSense completions in the NuGet package where their analyzers are, and they don’t need to do it separately. NuGet パッケージに実装されている入力候補プロバイダーでは、個々のプロジェクトに固有の提案も提供され、その機能をサポートする各 IDE で自動的に機能します。Completion providers implemented in NuGet packages will also provide suggestions specific to individual projects and will automatically work in each IDE supporting the feature.

RazorRazor

[Enable experimental Razor editor](試験的な Razor エディターを有効にする) プレビュー機能を選択して、すべての Razor ファイル (.cshtml/.razor) で新しい試験的言語サーバー プロトコル (LSP) を使用した Razor エディターをお試しください。Try out the new experimental Language Server Protocol (LSP) powered Razor editor with all Razor files (.cshtml/.razor) by selecting the Enable experimental Razor editor preview feature.

テスト エクスプローラーTest Explorer

[Run/Debug All Tests In View](ビューの全テストの実行/デバッグ) がテスト エクスプローラーに追加されました。Run/Debug All Tests In View have been added to the Test Explorer. これらのコマンドは、テスト エクスプローラーに表示された [すべてのテストを実行する][すべてのテストをデバッグする] のコマンドを置き換えるものです。These commands replace where the Run All Tests and Debug All Tests commands appeared in the Test Explorer. この変更により、ウィンドウで表示されるテストのみが実行されるように、これらのコマンドがテスト エクスプローラーのフィルターに従うことが明確になります。This change clarifies that these commands honor the filters of the Test Explorer so that only tests visible in window are run. これには、列フィルターと検索ボックス フィルターの両方が含まれます。This includes both column filters and search box filters.

Test Explorer Run/Debug All Tests in View commands
テスト エクスプローラーの [Run/Debug All Tests In View]\(ビューの全テストの実行/デバッグ\) コマンドTest Explorer Run/Debug All Tests in View commands

[Global Run/Debug All](グローバル実行/すべてデバッグ) コマンドが、最上位の [テスト] メニューにのみ表示されるようになりました。The Global Run/Debug All commands will now only appear in the top-level Test menu. これらは、テスト エクスプローラーのツール バーやテスト ウィンドウ ビューのコンテキスト メニューには含まれなくなりました。They are no longer included in the Test Explorer toolbar or context menu of any test window view. テスト エクスプローラーからトリガーされるときに、 [すべてのテストのコード カバレッジ分析] がテスト ウィンドウ ビューにも適用されるようになりました。When triggered from the Test Explorer, the Analyze Code Coverage for All Tests now applies to the test window views as well.

ショートカット キー:Short-cut Keys:

  • Ctrl R、A - [Run All Test](すべてのテストを実行) - グローバル コマンドは常にすべてのテストを実行しますCtrl R, A - Run All Test - Global command always runs all tests
  • Ctrl R、V - [Run All Tests In View](ビューのすべてのテストを実行) - テスト ウィンドウ (テスト エクスプローラー、プレイリスト、Live Unit Testing ウィンドウ) がアクティブなウィンドウの場合にのみ有効なコマンドCtrl R, V - Run All Tests In View - Only a valid command when a test window (Test Explorer, Playlist, Live Unit Testing Window) are active windows
  • Ctrl R、Ctrl A - [Debug All Test](すべてのテストをデバッグ) - グローバル コマンドは常にすべてのテストをデバッグしますCtrl R, Ctrl A - Debug All Test - Global command always debugs all tests
  • Ctrl R、Ctrl V - [Debug All Tests In View](ビューのすべてのテストをデバッグ) - テスト ウィンドウ (テスト エクスプローラー、プレイリスト、Live Unit Testing ウィンドウ) がアクティブなウィンドウの場合にのみ有効なコマンドCtrl R, Ctrl V - Debug All Tests In View - Only a valid command when a test window (Test Explorer, Playlist, Live Unit Testing Window) are active windows

デバッガーDebugger

ネイティブ ポインターを使用したマネージド COM オブジェクトの表示Viewing Managed COM Objects Through Native Pointers

この機能では、ネイティブ ポインターに参照されるマネージド COM オブジェクトを自動的にデコードし、[ローカル] ウィンドウで値を完全に検査できるようにします。This feature automatically decodes managed COM objects referenced by native pointers allowing you to fully inspect values in the Locals window. 詳細については、Visual Studio のブログを参照してください。You can find more details here at the Visual Studio blog.

プロファイラーProfiler

新しい .NET パフォーマンス カウンター ツールNew .NET Performance Counters Tool

.NET Performance Counters Tool
.NET パフォーマンス カウンター ツール.NET Performance Counters Tool

.NET パフォーマンス カウンター ツールを使用して、Visual Studio プロファイラー内から dotnet カウンターを直接表示します。Visualize dotnet counters right from within the Visual Studio Profiler using the .NET Performance Counters Tool. このツールを試すには、 [デバッグ]、[パフォーマンス プロファイラー]、[Checkmark .NET Performance Counters Tool](チェックマーク .NET パフォーマンス カウンター ツール) にアクセスします。To try out the tool go to Debug -> Performance Profiler -> Checkmark .NET Performance Counters Tool.

XamarinXamarin

  • Android レイアウト ファイルを使用するときに発生する最も一般的な種類の問題を解決するためにコード修正ツールを導入しました。Code fixers have been introduced for the most common types of problems experienced by users with Android layout files.
  • Xamarin.Forms テンプレート選択操作が新しくなり、視覚的にわかりやすくなりました。Flyout テンプレートと Tabbed テンプレートで Shell が使用されるようになりました。The Xamarin.Forms template selection experience now has a fresh and more illustrative look, and the Flyout and Tabbed templates now utilize Shell. Shell の詳細については、こちらを参照してください。Read more about Shell here. 何らかの理由から Shell を使用しない場合、Blank テンプレートを使用してください。If for some reason you don't wish to use Shell, use the Blank template.
New Xamarin.Forms template selection experience
Xamarin.Forms テンプレートを選択するChoosing a Xamarin.Forms template

XAML ツール (WPF、UWP、Xamarin.Forms)XAML Tools (WPF, UWP & Xamarin.Forms)

XAML ホット リロード:XAML Hot Reload:

  • アプリ内ツール バーの機能強化: WPF と UWP の XAML ホット リロード ツール ワークフローに含まれるアプリ内ツール バー体験をさらに改良しました。In-app Toolbar Improvements: We have further refined the in-app toolbar experience that is part of the XAML Hot Reload tooling workflow for WPF & UWP. 変更には、ツール バーを短くしたことが含まれます。それにより、実行中のアプリケーションが隠されることがなくなりました。また、折りたたみメカニズムが変更され、クリックすると XAML ホット リロード テキストが最初に折りたたまれ、次に 2 回目のクリックでバーが完全に折りたたまれるようになりました。Changes include a shorter toolbar so that it no longer covers the running application, and a change in the collapse mechanism which when clicked will now collapse the XAML Hot Reload text first, then collapse the bar fully on the second click.

XAML デザイナー:XAML Designer:

  • WPF と UWP の拡張されたデザイン時データ サポート: このリリースでは、WPF .NET Core と UWP の開発者のための新しいデザイン時データ機能を導入しています。Expanded Design-time Data Support for WPF & UWP: In this release we are introducing a new design-time data feature for WPF .NET Core and UWP developers. この新機能では、現在使用可能なデザイン時プロパティ一覧を、d: プレフィックスを使用して拡張します。This new capability will extend the current list of accessible design-time properties through the use of the d: prefix. Xamarin.Forms の開発者には、プロパティがデザイン時にのみレンダリングされるよう指定される、実行中のアプリにはプロパティがコンパイルされない "d:" プレフィックスを使用した同じアプローチを使用できるこの機能は、なじみ深いでしょう。This feature will be familiar to Xamarin.Forms developers, as it makes available the same approach of using a “d:” prefix to indicate a property that should only be rendered at design-time and never gets compiled into the running app making it very safe to use for design time UI validation. このリリースでは、WPF および UWP の既定のコントロールがすべてサポートされ、今後のリリースでは、サードパーティ製およびカスタム コントロールがサポートされる予定です。In this release we support all the out-of-the-box controls for WPF and UWP and plan to support 3rd party and custom controls in future releases.
  • XAML デザイナー更新ボタン: XAML デザイナーに更新ボタンを追加しました。この新しいアイコンは、左下のアイコン領域にあります。ズーム レベル インジケーターの近くです。XAML Designer Refresh Button: We have added a refresh button to the XAML designer, this new icon can be found in the bottom-left icon area near the zoom level indicator. この更新アクションでは、レンダリング問題の解決で必要になるまれな状況でデザイナー ビューを閉じ、再び開くというリセット アクションと同じ動作が行われます。This refresh action does the equivalent reset of closing the designer view and re-opening it for the rare situations where this is required to resolve a rendering issue. この機能は WPF .NET Core と UWP の開発者が利用できます。This feature is available for WPF .NET Core and UWP developers.

XAML コード エディター:XAML Code Editor:

  • カラー ビジュアライザー: WPF .NET Core、WPF .NET Framework、Xamarin.Froms プロジェクトの XAML コード エディターの新しいカラー ビジュアライザーをさらに改良しました。Color Visualizer: We have further refined our new color visualizer in the XAML code editor for WPF .NET Core, WPF .NET Framework and Xamarin.Froms projects. このリリースでは、各種リソースから届く色の視覚化サポートを追加しました。前回のプレビューではサポートされていませんでした。In this release we have added support for visualizing colors coming from resources, which was previously not supported in the last preview.
Inline Color Previews in XAML Code Editor
XAML コード エディターでのインライン カラー プレビューInline Color Previews in XAML Code Editor

パッケージ参照を使用せずに NuGet パッケージからツールボックス項目を表示するShow Toolbox items from a NuGet package without having a package reference

コントロール ライブラリの作成者の多くは、現在のプロジェクトでライブラリがまだ参照されていない場合でも、自分のコントロールをツールボックスに表示してほしいと望んでいます。それは検索可能性に役立つからです。Many control library authors want their controls to be seen in the Toolbox even when the current project hasn't referenced the library yet, as this helps with discoverability. WPF .NET Framework SDK では、それはこれまでレジストリ エントリを使用して実現されてきました。しかし、それは .NET Core ではサポートされていません。WPF .NET Framework SDKs have historically accomplished this using registry entries, but this is not supported by .NET Core. WPF .NET Core の場合、NuGet フォールバック フォルダー内の WPF .NET Core NuGet パッケージ内にある VisualStudioToolsManifest.xml ファイルから、コントロールをツールボックスに入力できるようになりました。For WPF .NET Core, Toolbox can now be populated with controls from VisualStudioToolsManifest.xml files found within WPF .NET Core NuGet packages in NuGet fallback folders. 詳細については、GitHub リポジトリの XAML デザイナーの拡張に関するドキュメントを参照してください。For more details, see the documentation in the XAML Designer Extensibility GitHub repo.

Windows フォームWindows Forms

.NET Core での Windows フォーム デザイナーWindows Forms Designer for .NET Core

.NET Core プロジェクトに対して Windows フォーム デザイナーを使用できるようになりました。The Windows Forms designer for .NET Core projects is now available. Visual Studio 内でデザイナーを有効にするには、[ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、[Use the preview Windows Forms designer for .NET Core apps](プレビュー版 Windows フォーム デザイナー (.NET Core アプリ) を使用する) オプションを選択します。To enable the designer in Visual Studio, go to Tools > Options > Environment > Preview Features and select the Use the preview Windows Forms designer for .NET Core apps option.

このリリースでは、次のコントロールとその他の機能強化がサポートされるようになりました。In this release the following controls are now supported along with other improvements:

  • UserControl とカスタム コントロール インフラストラクチャUserControl and custom controls infrastructure
  • TableLayoutPanelTableLayoutPanel
  • サードパーティ製コントロールのサポートの基盤Fundamentals for third-party controls support
  • データ バインディング サポートの基盤Fundamentals for data binding support
  • デザイナーと TableLayoutPanel の相互作用の強化Improvements in designer interaction with the TableLayoutPanel

バグ修正Bug Fixes

Visual Studio 2019 バージョン 16.7.0 で修正された主なイシューTop Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.7.0

  • WMI プロバイダー コンポーネントのインストール エラーを修正しました。Fixed WMI Provider component installation failure.
  • ユーザーがバーの下部にある左側のボタンをクリックしてテストの実行の進捗を確認できないイシューを修正しました。Fixed an issue where users were not able to see test run progress by clicking the left button at the bottom of the bar.
  • 使用可能な Visual Studio Codespace の課金プランの検出のパフォーマンスが向上しました。Improved performance of discovering available Visual Studio Codespace billing plans.
  • Visual Studio Codespace を作成するときの、既定の中断時間を 30 分から 3 時間に変更しました。When creating a Visual Studio Codespace, we changed the default suspend time from 30minutes to 3 hours.
  • [Git 変更] のウィンドウで、実際には存在しない受信/送信のコミットがユーザーに通知されるバグを修正しました。Fix bug where the Git Changes window informs the user they have incoming/outgoing commits, when in fact they have none.
  • 診断ツールとパフォーマンス プロファイラーの安定性が向上しました。Improved stability of the Diagnostic Tools and Performance Profiler.
  • マイナー バージョンの不一致により、Azure Sphere Visual Studio 拡張機能が自動的に更新されないイシューに対処しました。Addressed an issue where Azure Sphere Visual Studio extension will not be automatically updated due to a minor version mismatch. 修正により、VSIX 自動アップデーターの実行時に、Azure Sphere が自動的に更新されるようになります。With the fix, Azure Sphere will be able to get automatically updated when the VSIX auto updater runs.

Developer Community からFrom Developer Community


既知の問題Known Issues

Visual Studio 2019 のすべての未解決のイシューと、利用可能な回避策を以下のリンクから参照してください。See all open issues and available workarounds in Visual Studio 2019 by following the below link.


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。You can make a product suggestion or track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions, find answers, and propose new features. ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。You can also get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴Visual Studio 2019 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2019, see the Visual Studio 2019 Release Notes History page.


ページのトップ

Top of Page