Visual Studio Icon Visual Studio 2019 リリース ノートVisual Studio 2019 Release Notes


| 開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再配賦可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 既知の問題 || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Known Issues |


ボタンをクリックして、Visual Studio 2019 の最新バージョンをダウンロードします。Click a button to download the latest version of Visual Studio 2019. Visual Studio 2019 のインストールと更新の手順については、「Update Visual Studio 2019 to the most recent release」(Visual Studio 2019 を最新リリースに更新する) をご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2019, see the Update Visual Studio 2019 to the most recent release. また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。Also, see instructions on how to install offline.


Visual Studio 2019 の新機能What's New in Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 リリースVisual Studio 2019 Releases

Visual Studio 2019 ブログVisual Studio 2019 Blog

Visual Studio 2019 ブログは、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。The Visual Studio 2019 Blog is the official source of product insight from the Visual Studio Engineering Team. Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。You can find in-depth information about the Visual Studio 2019 releases in the following posts:


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.2.2 New release iconVisual Studio 2019 version 16.2.2 New release icon

リリース日: 2019 年 8 月 13 日released August 13, 2019

Visual Studio 2019 バージョン 16.2.2 で修正された主要な問題Top Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.2.2

セキュリティ アドバイザリ メモSecurity Advisory Notices

CVE-2019-1211 Git for Visual Studio の特権の昇格脆弱性CVE-2019-1211 Git for Visual Studio Elevation of Privilege Vulnerability

特権の昇格脆弱性は、Git for Visual Studio で構成ファイルが正しく解析されないときに存在します。An elevation of privilege vulnerability exists in Git for Visual Studio when it improperly parses configuration files. 脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、別のローカル ユーザーのコンテキストでコードを実行することができます。An attacker who successfully exploited the vulnerability could execute code in the context of another local user. 脆弱性を悪用するには、認証された攻撃者が、アプリケーションが完全にインストールされる前に、システム上の Git 構成ファイルを変更する必要があります。To exploit the vulnerability, an authenticated attacker would need to modify Git configuration files on a system prior to a full installation of the application. その後、攻撃者は、システム上の別のユーザーを利用して、特定の Git コマンドを実行させる必要があります。The attacker would then need to convince another user on the system to execute specific Git commands. この更新プログラムでは、構成ファイルの編集に必要なアクセス許可を変更することにより、問題が解決されています。The update addresses the issue by changing the permissions required to edit configuration files.


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.2.1Visual Studio 2019 version 16.2.1

リリース日: 2019 年 8 月 6 日released August 6, 2019

Visual Studio 2019 バージョン 16.2.1 で修正された主要な問題Top Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.2.1


Release Notes Icon

リリース日: 2019 年 7 月 24 日released July 24, 2019

IDEIDE

  • Alt キーを押しながら文字 (単語内の下線で示される) を押すと、スタート ウィンドウの異なるアクションにすばやく移動し、キーボードの完全なアクセシビリティのため、[新しいプロジェクト] のダイアログ画面が開きます。Hold down the Alt key + a letter indicated by an underline in the word to quickly jump to different actions in the start window and new project dialog screens for complete keyboard accessibility.
  • Visual Studio の起動時にソリューション ファイルを含むあらゆるファイルの種類を取得し、これをスタート ウィンドウ上にドロップすることでファイルが読み込まれます。Take any file type including solution files and drop them on to the start window when you launch Visual Studio to load the file.
  • スタート ウィンドウと新しいプロジェクトのダイアログは端をドラッグすることでサイズ変更できます。Resize the start window and new project dialog by dragging the edges. Visual Studio はウィンドウの呼び出し中に変更されたサイズを記憶します。Visual Studio remembers changed sizes between invocations of the windows. タイトル バー領域をダブルクリックするとウィンドウを最大化し、起動中のタスク バー アイコンをクリックするとウィンドウを最小化できます。Ability to maximize the windows by double clicking in the title bar area and minimize the windows by clicking on the task bar icon when in their launch states.
  • 開発者コマンド プロンプトと開発者 PowerShell は、[ツール] > [コマンド ライン] または Visual Studio 検索から検索することでアクセスできます。Access the Developer Command Prompt and Developer Power Shell by either going to “Tools > Command Line” or by searching for them via the Visual Studio Search. IDE 内からアクセスすると、現在開いているソリューションまたはフォルダーのパスが自動的に設定されます。Accessing them from within the IDE, automatically sets their path according to the currently opened solution or folder.
  • プレビュー機能ツール オプションのページの外観が新しくなり、機能の詳しい情報が表示されるようになりました。The Preview Features tools options page has a new look that provides more information of the feature. このページの新機能をご覧になり、機能に関するフィードバックをお寄せください。Check this page for new features and to provide feedback on features.
  • プレビュー機能: “標準ツール ウィンドウ レイアウト” のプレビュー機能を有効にすると、開いているツール ウィンドウの影響が最小化するため Visual Studio の起動時間が改善されます。Preview Feature: Enable the “Standard tool window layout” preview feature to improve the startup time for Visual Studio by minimizing the impact of opening tool windows.
  • バックアップ ファイルが一時フォルダーに保存されることで、OneDrive と同期している [マイ ドキュメント] フォルダーで不要なストレージ領域が使用されなくなりましたBackup files are now saved to a temporary folder to avoid using unnecessary storage space in My Document folders that are synchronized with OneDrive
  • サインインを 1 回するだけで、Visual Studio、Azure CLI または Azure PowerShell の Azure リソースにアクセスできるようになりました。Users only have to sign in one time to access Azure resources in Visual Studio, Azure CLI or Azure PowerShell.
  • 開発者向け PowerShell を使うと、開発者コマンド プロンプトで行えることをすべて行えますが、これからは使い慣れた PowerShell インターフェイスから行えるようになりました。Developer PowerShell enables users to do everything available in Developer Command Prompt, but now from the familiar PowerShell interface.
  • Visual Studio の言語、プラットフォーム、プロジェクトの種類に対するフィルターが、新しいプロジェクト ダイアログの呼び出し間で保持され、通常使っているテンプレートの種類により少ないクリックでアクセスできます。Visual Studio retains filters for language, platform, and project type between invocations of the new project dialog for easier access generally used templates with fewer clicks.
Filters in New Project Dialog
[新しいプロジェクト] ダイアログで保持されるフィルターFilters retained in New Project Dialog

機能拡張Extensibility

  • LSP: 大規模なスニペットをさらにサポートするために折りたたみ範囲が更新されましたLSP: Folding Range has been updated to better support large snippets
  • Newtonsoft.Json を使用する拡張機能が、新しいバージョンの機能を活用できます。An extension that uses Newtonsoft.Json may take advantage of features in the new version.

C++C++

  • Clang で構成されているローカルの CMake プロジェクトの場合、コード分析で実行された clang-tidy チェックがバックグラウンド コード分析の一部としてエディター内警告 (波線) とエラー一覧に表示されるようになりました。For local CMake projects configured with Clang, Code Analysis now runs clang-tidy checks, appearing as part of background code analysis as in-editor warnings (squiggles) and in the Error List.
  • C++ 17 の  P0067R5 基本文字列変換の  <charconv>  ヘッダーが次のように更新されました。Updated the <charconv> header for C++17's P0067R5 Elementary string conversions:
    • chars_format::fixed  と chars_format::scientific  の桁数に浮動小数点  to_chars()  のオーバーロードが追加されました (chars_format::general precision は一部で未実装です)Added floating-point to_chars() overloads for chars_format::fixed and chars_format::scientific precision (chars_format::general precision is the only part not yet implemented)
    •  chars_format::fixed  が最短に最適化されましたOptimized chars_format::fixed shortest
  • C++20 標準ライブラリの次のプレビュー機能が追加されました。Added the following C++20 Standard Library preview features:
    •  /std:c++latest で使用可能:Available under /std:c++latest:
    • P0020R6atomic<floating-point>P0020R6atomic<floating-point>
    • P0463R1: エンディアン列挙型P0463R1: endian enumeration
    • P0482R6: UTF-8 文字と文字列用の  char8_t  型P0482R6char8_t type for UTF-8 characters and strings
    • P0653R2: ポインターを生ポインターに変換するための  to_address() P0653R2to_address() for converting a pointer to a raw pointer
    •  /std:c++17  と  /std:c++latest で使用可能:Available under /std:c++17 and /std:c++latest:
    • P0600R1: ライブラリの  [[nodiscard]] P0600R1[[nodiscard]] in the library
    • 無条件で使用可能:Available unconditionally:
    • P0754R2:  <version>  ヘッダーP0754R2<version> header
    • P0771R1:  std::function  の移動コンストラクターは  noexcept にする必要がありますP0771R1std::function move constructor should be noexcept
  • Windows SDK は、Windows 用 CMake および Linux 用 CMake のコンポーネントと依存しなくなりました。Windows SDK is no longer a dependency for the CMake for Windows and CMake for Linux components.
  • C++ リンカーの機能強化により、繰り返しビルド時間の入力の大部分が大幅に改善しました。Improvements to the C++ linker to significantly improve iteration build times for the largest of input. /debug:fast/incremental の時間は平均で 2 倍、/debug:full は 3 倍から 6 倍改善されています。/debug:fast and /incremental times have been improved on average by 2x, and /debug:full by 3-6x.

Visual Studio インストーラーのサポートVisual Studio Installer support

  • Visual Studio インストーラーで、ユーザーのインストール内容に基づき、より改善されたサイズ領域が検出されるようになりました。The Visual Studio Installer now handles improved size space detection based on what a user already has installed. 必要な領域が使用可能な領域より大幅に大きい場合、以前の警告がエラーに変わり、インストールがブロックされるようになりました。If the required amount of space is significantly larger than what is available, the previous warning is now converted to an error and blocks installations.
Insufficient Space Error Example
空き領域が足りないエラーの例Insufficient Space Error Example

Microsoft Edge Insider サポートMicrosoft Edge Insider support

  • Visual Studio の ASP.NET と ASP.NET Core プロジェクト向けの新しい Microsoft Edge Insider ブラウザーで JavaScript をデバッグできるようになりました。Visual Studio now enables debugging JavaScript in the new Microsoft Edge Insider browser for ASP.NET and ASP.NET core projects.
  • ブラウザーをインストールし、JavaScript アプリケーションにブレークポイントを設定し、Edge Insider ブラウザーを使用してデバッグ セッションを開始します。Install the browser, set a breakpoint in application JavaScript and start a debug session using Edge Insider browser. デバッグが有効な状態で Visual Studio の新しいブラウザー ウィンドウが起動するため、開発者は Visual Studio 内で JavaScript を移動できます。Visual Studio will launch a new browser window with debugging enabled allowing developers to step through application JavaScript within Visual Studio.
Edge Insiders debugging in Visual Studio
Edge Insider を使用したデバッグDebugging using Edge Insiders
  • Visual Studio ではカスタム CLI パラメーター (例: ---inprivate) でブラウザーを起動する [ブラウザーの選択] オプションによるカスタム ブラウザー構成のデバッグもサポートしています。Visual Studio also supports debugging custom browser configurations using the "Browse with" option to launch the browser with custom CLI parameters (e.g. ---inprivate).
Edge Insiders with custom CLI params
カスタム CLI パラメーターのサポートCustom CLI params support

.NET.NET

  • ユーザーの要望により、using の並べ替えコマンドが using の削除コマンドと再び分離されました。Users requested bringing back the Sort Usings command separate from the Remove Usings command. using の並べ替えコマンドが [編集] > [IntelliSense] から使用できるようになりました。The Sort Usings command in now available under Edit > IntelliSense.
Sort Usings
using の並べ替えSort Usings
  • switch ステートメントを switch 式に変換できるようになりました。Users can now convert a switch statement to a switch expression. switch 式は新しい C# 8.0 の機能であるため、プロジェクト ファイルの下で言語バージョンをプレビューに設定してください。Under project file, verify the language version is set to preview as switch expressions are a new C# 8.0 feature. switch キーワードにカーソルを置き、 [Ctrl + .] を押してクイック アクションおよびリファクタリング メニューを開いて、 [Convert switch statement to expression](switch ステートメントを式に変換する) を選択します。Place your cursor in the switch keyword, type (Ctrl+.) to open the Quick Actions and Refactorings menu, and select Convert switch statement to expression.
Convert Switch Statement to Switch Expression
switch ステートメントを switch 式に変換するConvert Switch Statement to Switch Expression
  • 開発者がコード修正を含むパラメーターを生成できるようになりました。Developers can now generate a parameter with a code fix. 変数名にカーソルを置き、 [Ctrl + .] を押してクイック アクションおよびリファクタリング メニューを開きます。Place the cursor in the variable name and type (Ctrl+.) to open the Quick Actions and Refactorings menu. 変数を生成するオプションを選択して新しいパラメーターを生成します。Select the option to Generate a variable to generate a new parameter.
Generate Parameter Code Fix
パラメーターのコード修正を生成するGenerate Parameter Code Fix

テスト エクスプローラーTest Explorer

[テスト エクスプローラー] の UI が大幅に改善されました。これには、大規模なテスト セットの処理の改善、より自然なフィルター処理、コマンドの見つけやすさの向上、表示するテスト情報をユーザーが微調整できるカスタマイズ可能な列の追加などが含まれます。The Test Explorer now has significant UI improvements including better handling of large test sets, more natural filtering, discoverable commands, and the addition of customizable columns that let the user fine-tune what test information is displayed.

Updated Test Explorer UI
更新されたテスト エクスプローラーの UI Updated Test Explorer UI
  • Visual Studio のプロセスによるメモリ消費量の大幅な削減と、大量のテストを含むソリューションのテスト検出の高速化。Significant reduction in memory consumed by the Visual Studio process and faster test discovery for solutions which have a large number of tests.
  • 新しいフィルター ボタンを使うと、テスト結果で簡単にビューをフィルター処理できます。New filter buttons allow users to filter the view by test outcome easily. 失敗したテストが 1 回のクリックで表示されます。Failing tests show with a single click!
New filter buttons on Test Outcome
テスト結果に対する新しいフィルター ボタン New filter buttons on Test Outcome
  • '失敗したテストの実行' と '前のテストの実行を実行' の追加ボタンを使うと、最もよく使われるテスト関連のキーボード ショートカットの一部を簡単に見つけられます。Additional buttons for ‘Run Failed Tests’ and ‘Run Previous Test Run’ make it easier to discover some of the most popular test-related keyboard shortcuts.
Run Failed Tests and Run Previous Test Run buttons
失敗したテストの実行および前のテストの実行の実行ボタンRun Failed Tests and Run Previous Test Run buttons
  • 表示される列を選択することで、テストによって表示される情報をひとめでカスタマイズできます。Users can customize what information is displayed by tests at a glance by selecting what columns are displayed! パフォーマンスを調査するときは期間の列を表示させたり、結果を比較するときはメッセージ列を使ったりできます。The Duration column can be displayed when investigating performance and use the Message column when comparing results. このテーブル レイアウトでは、そのカスタマイズ性についてエラー一覧のテーブルが模倣されています。This table layout mimics the Error List table in its customizability. 列ヘッダーにカーソルを合わせると表示されるフィルター アイコンを使って、列をフィルター処理することもできます。The columns can also be filtered using the filter icon that appears when hovering over the column header.
Right-click to select what columns are displayed
右クリックしてどの列を表示させるか選択するRight-click to select what columns are displayed
Filterable columns
フィルターできる列Filterable columns
  • テスト階層の階層ごとに表示される内容を指定することができます。Users can specify what is displayed in each tier of the test hierarchy. 既定の階層は、プロジェクト、名前空間、クラスの順ですが、結果または期間のグループ化を選択することもできます。The default tiers are Project, Namespace, and then Class, but additional options include Outcome or Duration groupings.
Customize test hierarchy with Group by
グループ化を使ってテスト階層をカスタマイズするCustomize test hierarchy with Group by
  • テストのステータス ウィンドウ (メッセージや出力などを表示するテスト一覧の下のウィンドウ) がより使いやすくなりました。The test status window (the pane below the test list that displays the messages, output, etc.) is much more usable. ユーザーがテキストの substring をコピーでき、出力をより読みやすくするためフォント幅が固定されます。Users can copy substrings of text, and the font-width is fixed for more readable output.
  • プレイリストを複数のタブで表示でき、必要に応じてより簡単に作成したり破棄したりできます。Playlists can be displayed in multiple tabs and are much easier to create and discard as needed.
Open playlists in separate tabs
別のタブでプレイリストを開くOpen playlists in separate tabs
  • テスト エクスプローラーに Live Unit Testing のビューが追加されました。Live Unit Testing now has its view in the Test Explorer. 現在 Live Unit Testing に含まれているすべてのテストが表示されます (別名:It displays all tests currently included in Live Unit Testing (aka. ライブ テスト セット)。これにより、テスターが手動で実行したテスト結果とは別に Live Unit Testing の結果を簡単に追跡できます。the live test set), so testers can easily keep track of Live Unit Testing results separate from the manually run test results.
  • ターゲットが複数のテスト結果を表示できるターゲット フレームワークの列があります。There is a target framework column that can display multi-targeted test results.
AndroidAndroid
iOSiOS

非推奨の項目Deprecated items

  • Azure DevOps Server (TFS) の新しいプロジェクトを作成するためのプロジェクト作成ウィザードがチーム エクスプローラーから削除されました。The project creation wizard for creating new Azure DevOps Server (TFS) projects has been removed from the Team Explorer. 新しいプロジェクトを作成するユーザーは引き続き Azure DevOps Server インスタンスに移動し、Web UI 経由でプロジェクトを作成できます。Users who want to create a new project can still go to their Azure DevOps Server instance and create a project through the web UI.
  • Azure DevOps Server (TFS) プロジェクトと接続しているときの SharePoint 統合タブがチーム エクスプローラーから削除されました。The Sharepoint integration tab has been removed from Team Explorer when connecting to Azure DevOps Server (TFS) projects. Azure DevOps/SharePoint 統合が TFS 2018 で非推奨になりましたThe Azure DevOps / Sharepoint integration was deprecated in TFS 2018.

Visual Studio 2019 バージョン 16.2 で修正された主要なイシューTop Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.2


既知の問題Known Issues

Visual Studio 2019 バージョン 16.2 のすべての問題と、利用可能な回避策については、以下のリンクを参照してください。See all issues and available workarounds in Visual Studio 2019 version 16.2 by following the below link.

Visual Studio 2019 Known Issues Visual Studio 2019 Known Issues


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。You can make a product suggestion or track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions, find answers, and propose new features. ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。You can also get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログ サイトで利用できる洞察と推奨事項を活用して、すべての新リリースを常に最新の状態に保ち、幅広い機能の深いダイブポストを含めることができます。開発者ツールのブログを参照すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手することができ、さまざまな機能の詳細な記事が含まれています。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴Visual Studio 2019 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2019, see the Visual Studio 2019 Release Notes History page.


ページのトップへ
Top of Page