Visual Studio Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6 リリース ノート



Developer Community |システム要件 |互換性 |配布可能コード |ライセンス条項 |ブログ |最新リリースの既知の問題 |Visual Studio Docs の新機能


ボタンをクリックして、Visual Studio 2019 の最新バージョンをダウンロードします。 Visual Studio 2019 のインストールと更新の手順については、「Update Visual Studio 2019 to the most recent release」(Visual Studio 2019 を最新リリースに更新する) をご覧ください。 また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。

Community Download Button Professional Download Button Enterprise Download Button


Visual Studio 2019 バージョン 16.6 の新機能

Visual Studio 2019 バージョン 16.6 のリリース

Visual Studio 2019 アーカイブされているリリース ノート

Visual Studio 2019 ブログ

Visual Studio 2019 ブログ は、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。 Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。

リリース ノートのディスカッションに参加する


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6.4New release icon

リリース日: 2020 年 7 月 14 日

16.6.4 のセキュリティ アドバイザリ メモ

CVE-2020-1393 Diagnostics Hub Standard Collector Service の特権の昇格の脆弱性

Windows Diagnostics Hub Standard Collector Service が入力を正しくサニタイズできない場合、特権の昇格の脆弱性が存在し、ライブラリ読み込み動作が安全でなくなります。

CVE-2020-1416Visual Studio の特権の昇格脆弱性

Visual Studio でソフトウェアの依存関係を読み込むときに、特権の昇格の脆弱性が存在します。

CVE-2020-1147 .NET Core のサービス拒否の脆弱性

認証を受けていないリモートの攻撃者が、特別に作成された要求を ASP.NET Core アプリケーションや、特定の型の XML を解析する他のアプリケーションに発行して、この脆弱性を悪用する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムは、XML ペイロード内に存在できる型を制限することで、脆弱性に対処します。

Visual Studio 2019 バージョン 16.6.4 で修正された主なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6.3

リリース日: 2020 年 6 月 30 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.6.3 で修正された主なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6.2

リリース日: 2020 年 6 月 9 日

16.6.2 のセキュリティ アドバイザリ メモ

CVE-2020-1108 / CVE-2020-1108.NET Core サービス拒否の脆弱性

CVE-2020-1108 に包括的に対応するために、Microsoft は .NET Core 2.1 および .NET Core 3.1 の更新プログラムをリリースしました。 これらのバージョンの .NET Core を使用しているお客様は、最新バージョンの .NET Core をインストールする必要があります。 .NET Core を更新する場合の最新のバージョン番号と手順については、リリース ノートを参照してください。

CVE-2020-1202 / CVE-2020-1203 診断ハブ標準コレクター サービスの特権の昇格の脆弱性

診断ハブ標準コレクターまたは Visual Studio 標準コレクターがメモリ内のオブジェクトを正しく処理できない場合、特権の昇格の脆弱性が存在します。

CVE-2020-1293 / CVE-2020-1278 / CVE-2020-1257 診断ハブ標準コレクター サービスの特権の昇格の脆弱性

診断ハブ標準コレクター サービスによってファイル操作が適切に処理されない場合、特権の昇格の脆弱性が存在します

Visual Studio 2019 バージョン 16.6.2 で修正された主なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6.1

リリース日: 2020 年 6 月 1 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.6.1 で修正された主な問題


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.6.0

リリース日: 2020 年 5 月 19 日

16.6.0 のセキュリティ アドバイザリ メモ

CVE-2020-1108 .NET Core のサービス拒否の脆弱性

認証を受けていないリモートの攻撃者が、特別に作成された要求を .NET Core アプリケーションに発行して、この脆弱性を悪用する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムでは、.NET Core Web アプリケーションによる Web 要求の処理方法を修正することで、脆弱性に対処します。

CVE-2020-1161 .NET Core サービス拒否の脆弱性

認証を受けていないリモートの攻撃者が、特別に作成された要求を ASP.NET Core アプリケーションに発行して、この脆弱性を悪用する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムでは、ASP.NET Core Web アプリケーションによる Web 要求の処理方法を修正することで、脆弱性に対処します。

この Visual Studio 2019 バージョン 16.6.0 リリースの内容


C++

Doxygen または XML のコメント生成の強化: 上記の関数に "///" または "/**" を入力して、Doxygen または XML ドキュメントのコメント スタブを自動的に生成します。 クイック ツール ヒントにも表示されるようになりました。

Generate and consume Doxygen-style comments
Doxygen スタイルのコメントを生成して使用します。

Linux または WSL 用 CMake での Ninja のサポート: WSL またはリモート システム上で CMake プロジェクトをビルドする場合に、基になるジェネレーターとして Ninja を使用します。 Ninja は、Linux または WSL の新しい構成を追加するときの既定のジェネレーターになりました。

リモート CMake デバッグ用のデバッグ テンプレート: リモートの Linux システムまたは WSL 上で gdb を使用して CMake プロジェクトをデバッグするためのテンプレートが簡略化されました。

C++20 の概念の初期サポート: IntelliSense で C++20 の概念を認識し、メンバー リストでこれを提示するようになりました。

デバッグ

スナップショット デバッガーの添付が再起動なしで可能に: 再起動しなくても Azure App Services (ASP.NET Core 3.1) にスナップショット デバッガーをインストールできるようになりました。これにより、ご利用のサービスを中断することなく、発生中の問題をデバッグして診断することができます。 初めてスナップショット デバッガーにアタッチすると、スナップショット デバッガー サイト拡張機能を Azure App Service デプロイにインストールするように求めるメッセージが表示されますが、この場合に、再起動が必要でした。

逆コンパイルに関するユーザー エクスペリエンスの改善: 逆コンパイル プロセスでは、既存の PDB を使用して、ローカル変数に対してより適切な名前が生成されます。

Git の生産性

  • 1 つのソリューションのみを含むリポジトリを複製すると、そのソリューションが複製の完了後に自動的に読み込まれます。

JavaScript/TypeScript

  • TSServer 進行状況バー:言語サービスによって TypeScript プロジェクトが開かれると、ユーザーはバックグラウンド タスク ウィジェットで、開いている構成済みプロジェクトの進行状況を確認できます。

  • 新しい複数ターゲット JavaScript/TypeScript のデバッグおよびサービス ワーカーのサポート:JavaScript/TypeScript デバッガーでは、サービス ワーカー、Web ワーカー、iFrame、およびページ JavaScript のデバッグがすべて同時にサポートされるようになりました。 さらに、新しいデバッグ エクスペリエンスでは、バックエンド ノード サーバー アプリケーションとクライアント側 JavaScript をブラウザーで同時にデバッグするためのサポートが追加されています。 この機能はまだ試験段階です。 [デバッグ オプション] メニューで新しいデバッグ エクスペリエンスを有効にすることができます

  • LiveShare シナリオをより適切にサポートするために、[シグネチャ ヘルプ] と [定義へ移動] の実装が更新されました。

.NET Core および SDK スタイルのプロジェクトのための Microsoft Fakes

Microsoft Fakes が .NET Core をサポートするようになりました。 多くのユーザーは、アプリとテストスイートを .NET Core に移行することを希望していますが、ついにそのプロセスの大部分が .NET Core での Fakes のサポートによって可能になりました。 この機能は [ツール] > [オプション] > [プレビュー機能] で有効にすることができます。 Fakes は、スタブまたは shim を使用して製品コードの特定の部分をモックすることによって、テストを分離できるモック フレームワークです。 このモックは、特定のテストに関連するテストのみに集中できるように、製品コードからテストを分離するのに役立ちます。

エディター

リスト ビュー: 新しい [フォルダーを指定して検索] エクスペリエンスでは、以前の結果形式 (書式設定なしのフラット テキスト) が特定の用途に役立ったというフィードバックがありました。 以前の形式の結果にアクセスするために結果パネルでリスト ビューを使用できるようになりました。

検索を繰り返す: [フォルダーを指定して検索] 操作の結果ウィンドウに [検索を繰り返す] ボタンが表示されるようになりました。 このボタンにより、検索に使用されるすべてのオプションが表示され、[フォルダーを選択して検索] パネルに再入力されます。 これにより、いくつかの変更を行った後に検索を繰り返したり、検索を微調整して結果を絞り込んだりすることが容易になります。 フォーカスが [結果] ウィンドウにあるときに、Alt+R キーを押してから Enter キーを押すと、検索が直ちに繰り返されます。

.NET の生産性

明示的なキャスト コードの修正を追加する: 式を暗黙的にキャストできない場合に明示的なキャストを追加するようにコード修正が加えられました。 エラーにカーソルを置き、(Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [明示的なキャストの追加] を選択します。 Add explicit cast

条件式を簡略化するリファクタリング: 不要なコードを削除することで条件式を簡略化します。 条件式にカーソルを置きます。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [条件式を簡略化する] を選択します。 Simplify conditional expressions

標準文字列リテラルを逐語的文字列リテラルに変換するリファクタリング: 標準文字列リテラルにカーソルを置きます。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [Convert to verbatim string](逐語的文字列に変換) を選択します。 Convert to verbatim string

逐語的文字列リテラルを標準文字列リテラルに変換するリファクタリング: 逐語的文字列リテラルにカーソルを置きます。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [Convert to regular string](標準文字列に変換) を選択します。 Convert to regular string

アナライザー カテゴリの重大度レベルを直接、エディターを介して一括構成する: エラー、警告、または修正候補にカーソルを置き、(Ctrl+ . ) キーを押して [クイック アクションとリファクタリング] メニューを開きます。 [問題の抑制または構成] を選択します。 次に、 [Configure severity for all {category name} analyzers](すべての {カテゴリ名} アナライザーの重要度を構成) を選択します。 これにより、既存の EditorConfig ファイルがカテゴリの新しい重要度で更新されます。 Bulk configure analyzer categories

戻り値と値のタグを含む XML コメントのクイック ヒント スタイルのサポート: 要素にカーソルを合わせます。 すると、クイック ヒントによって、ご利用のコードの上にある XML コメントのサポートされているスタイルが表示されます。 XML style support for returns and value tags

EditorConfig を使用して既存のファイル、プロジェクト、およびソリューションにファイル ヘッダーを追加する: まず、ご利用の EditorConfig ファイルに file_header_template 規則を追加する必要があります。 次に、適用するヘッダー テキストと同じ値を設定する必要があります。 Add file header rule

さらに、C# ファイルまたは Visual Basic ファイルの先頭行にカーソルを置き、(Ctrl + . ) キーを押して、 [クイックアクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [ファイルのバナーを追加します] を選択します。 ファイル ヘッダーを既存のプロジェクトまたはソリューションのすべてのファイルに適用する場合は、 [次の場所のすべての出現箇所を修正します] オプションで [プロジェクト] または [ソリューション] を選択します。 Add file header

Web ツール

Azure のサービスとエミュレーターを構成するための新しいエクスペリエンス: [接続済みサービス] タブで、Azure SQL、Storage、Key Vault などの Azure サービスにアプリケーションを接続するための新しいエクスペリエンスが提供されるようになりました。 新しいインスタンスをプロビジョニングする (または既存のインスタンスを選択する) ことにより、コードに最新の NuGet パッケージと適切なスタートアップ構成コードが確実に含まれるようになります。 可能な限りローカル エミュレーション オプションを使用することもできます。

発行エクスペリエンスの更新: 発行には、新しい発行プロファイルを作成するための、オプションの手順を示す新しいウィザードのようなエクスペリエンスが用意されました。 一部の Visual Studio コンポーネントがインストールされていない場合でも、発行のターゲットとオプションの完全なセットにアクセスすることができます。不足しているコンポーネントがあれば特定され、オンデマンドでインストールが要求されます。 発行プロファイルの概要ページも、Azure サービスへの依存関係を構成するための [接続済みサービス] タブで使用できるエクスペリエンスに合わせて更新されました。

Windows フォーム

.NET Core での Windows フォーム デザイナー

.NET Core プロジェクトに対して Windows フォーム デザイナーを使用できるようになりました。 Visual Studio 内でデザイナーを有効にするには、[ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、[Use the preview Windows Forms designer for .NET Core apps](プレビュー版 Windows フォーム デザイナー (.NET Core アプリ) を使用する) オプションを選択します。

Windows Forms Designer for .NET Core

このリリースでは、追加のコントロールのサポートなど、次の機能強化が行われています。

  • すべてのダイアログ コントロール、PropertyGrid、HScrollBar、VScrollBar、DomainUpDown、および TrackBar のサポート
  • ドラッグ アンド ドロップの強化
  • 選択の強化
  • 安定性とバグ修正

WPF/UWP ツール

パッケージ ウィザードでの Azure Key Vault: UWP 開発者は、パッケージ ウィザードで Azure Key Vault から直接、コード署名証明書を使用してアプリ パッケージに署名できるようになりました。 必要なのは、Key Vault の URI と、Microsoft アカウントに対する適切なアクセス許可だけです。 選択した証明書は、署名に使用できるユーザーのローカル証明書ストアにインポートされます。 ローカル パスワードで保護された証明書を、Key Vault のシークレットで復号化することもできます。

XAML ホット リロードとライブ ビジュアル ツリー で複数プロセスへの同時アタッチがサポートされるようになりました。 これは、ソリューションで複数の WPF/UWP プロジェクトが同時に開始する場合や、UWP アプリがマルチインスタンス化を使用している場合などのシナリオに役立ちます。 この作業を行うために、新しい最上位レベルのプロセス ノードでライブ ビジュアル ツリーを更新し、同じプロセスの要素をグループ化しました。 Live Visual Tree with multiple processes attached

[ツールボックス] で、複数の VisualStudioToolsManifest.xml ファイルを含む NuGet パッケージがサポートされるようになりました: これにより、NuGet パッケージの作成者は、参照元のプロジェクトのフレームワークまたはプラットフォームのバージョンに基づいて、[ツールボックス] に表示されるコントロールを変更できます。 [ツールボックス] には、プロジェクトのターゲット フレームワークまたはプラットフォームに最も一致する、ツールのサブディレクトリのターゲット フレームワーク モニカー (TFM) を持つマニフェストからの項目が表示されます。 TFM の一致が見つからない場合は、ツールのディレクトリのルートにあるマニフェストにフォール バックされます。 このルート マニフェストは、旧バージョンの Visual Studio との互換性を維持するためにも必要です。

新しい設定:保存時の XAML ホット リロード。 既定の XAML ホット リロードでは、有効な XAML のすべての変更がリアルタイムで実行中のアプリに送信されます。 このリリースでは、新しい設定が追加されました ([デバッグ] > [オプション] > [全般] > [XAML の UI デバッグ ツールを有効にする] > [ドキュメントの保存時に XAML ホット リロードを適用する])。これにより、開発者はその動作を選択できます。 この設定を有効にすると、編集中のファイルが保存されるときまで、XAML ホット リロードの変更は適用されません。

クラス デザイナーに対するダーク テーマのサポート が追加されました。

Class Designer now supports dark theme

Xamarin

ご利用のページ全体ではなく、ページ上で変更された内容だけを XAML ホット リロードで再度読み込むことができるようになりました。 これを試してみるには、 [ツール] > [オプション] > [Xamarin] > [ホット リロード] の順に選択して、"再度読み込みオプション" の設定を変更します。

実行中のアプリケーションのページ上の要素のライブ ビジュアル ツリーを表示します。 XAML ホット リロード デバッグ セッション中に [デバッグ] > [Windows] > [ライブ ビジュアル ツリー] の順に選択して、ライブ ビジュアル ツリーを開きます。

[環境設定] パッドを使用して、明または暗モードやフォント サイズなど、ご利用のエミュレーターの設定をオーバーライドします。 XAML ホット リロード セッション中にそれを開くには、 [デバッグ] > [Windows] > [環境設定] の順に選択します。

ご利用の Android XML を編集するときに、Lint 構成ファイルを使用し、より多くの IntelliSense 候補から選択することができます


バグ修正

Visual Studio 2019 バージョン 16.6.0 で修正された主なイシュー

  • [新しい Git エクスペリエンス] 機能フラグが有効になっていると、ユーザーを新しい Git ツール ウィンドウに誘導するメッセージがチーム エクスプローラーに表示されます。
  • WinForms .NET Core デザイナーが開いた状態のときに VS を閉じている間に生じる断続的な UI 遅延を修正しました。
  • 実行時に不足しているメソッドの例外をスローして、型プロバイダーを使用したプロジェクトの作成に関する問題を修正しました。
  • .NET framework プロジェクトのプロジェクト作成を修正しました。
  • 新しい [フォルダーを選択して検索] エクスペリエンスでは、[ツール] > [オプション] > [検索と置換] ウィンドウのオプションが考慮されています。
  • フォルダーを閉じてソリューションを開くときに Git リポジトリが変更されないバグを修正しました。
  • 完全なデバッグ シンボルを使用して iOS アプリをビルドするときのバグを修正しました。
  • Mac 配布プロビジョニング プロファイルと証明書のバックアップの Windows からの逆参照を追加しました。
  • 特定のシナリオで Xamarin プロジェクトを操作するときに Visual Studio 2019 が応答を停止するバグを修正しました。
  • SQL スクリプトの結果グリッドで [ヘッダー付きでコピー] オプションにキーボード ショートカットを追加しました
  • SSDT ユーザーが SQL Server 2008 以上のすべてのバージョンで感度プロパティを設定して表示できるようになりました
  • アクセシビリティ ユーザー向けの接続プロパティ ダイアログを改善しました。
  • [Tested By Code Lens](コード レンズによりテスト済み) インジケーターの使用時に不定期で発生するクラッシュを修正しました。
  • [フォルダーを指定して検索] でのテキストの自動作成が従来の動作と同じになりました。
  • [フォルダーを指定して検索] の左方向キーの動作が修正されました。
  • C++20 Ranges ライブラリの C++ ユーザーによるアルゴリズムの使用をブロックする問題。

Developer Community から


既知の問題

Visual Studio 2019 のすべての未解決のイシューと、利用可能な回避策を以下のリンクから参照してください。


フィードバックと提案

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。 次に、 Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。 ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。


ブログ

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。


ページのトップへ