Microsoft Fakes におけるコード生成、コンパイル、および名前付け規則

このトピックでは、Fakes のコード生成とコンパイルのオプションと問題について説明し、Fakes で生成される型、メンバー、およびパラメーターの名前付け規則について説明します。

Requirements

  • Visual Studio Enterprise

このトピックの内容

コードの生成とコンパイル

スタブのコード生成を構成する

スタブ型の生成は、.fakes ファイル拡張子を持つ XML ファイルで構成されます。 Fakes フレームワークは、カスタム MSBuild タスクによってビルド処理で統合され、ビルド時にそれらのファイルを検出します。 Fakes コード ジェネレーターは、スタブ型をアセンブリにコンパイルし、参照をプロジェクトに追加します。

次の例に、FileSystem.dll で定義されたスタブ型を示します。

<Fakes xmlns="http://schemas.microsoft.com/fakes/2011/">  
    <Assembly Name="FileSystem"/>  
</Fakes>  

型のフィルター処理

.fakes ファイルでフィルターを設定して、スタブされる型を制限できます。 StubGeneration 要素の下に Clear、Add、Remove 要素を無制限に追加して、選択された型の一覧を作成できます。

たとえば、次の .fakes ファイルは、System および System.IO 名前空間の下に型のスタブを生成しますが、System では "Handle" が含まれる型は除外します。

<Fakes xmlns="http://schemas.microsoft.com/fakes/2011/">  
  <Assembly Name="mscorlib" />  
  <!-- user code -->  
  <StubGeneration>  
    <Clear />  
    <Add Namespace="System!" />  
    <Add Namespace="System.IO!"/>  
    <Remove TypeName="Handle" />  
  </StubGeneration>  
  <!-- /user code -->  
</Fakes>  

フィルター文字列では、単純な文法を使用して一致の照合方法を定義します。

  • 既定では、フィルターは大文字と小文字を区別しません。フィルターは部分文字列の一致を照合します。

    el は "hello" に一致します

  • フィルターの末尾に ! を追加すると、正確な大文字小文字を区別する照合が行われます。

    el! は "hello" に一致しません

    hello! は "hello" に一致します

  • フィルターの末尾に * を追加すると、文字列のプレフィックスとの一致が照合されます。

    el* は "hello" に一致しません

    he* は "hello" に一致します

  • セミコロン区切りのリストに複数のフィルターを記述すると、フィルターは論理和として組み合わされます。

    el;wo は "hello" と "world" に一致します。

具象クラスと仮想メソッドをスタブする

既定では、スタブ型はすべての非シール クラスに対して生成されます。 .fakes 構成ファイルで指定して、スタブ型を抽象クラスに制限することができます。

<Fakes xmlns="http://schemas.microsoft.com/fakes/2011/">  
  <Assembly Name="mscorlib" />  
  <!-- user code -->  
  <StubGeneration>  
    <Types>  
      <Clear />  
      <Add AbstractClasses="true"/>  
    </Types>  
  </StubGeneration>  
  <!-- /user code -->  
</Fakes>  

内部型

Fakes コード ジェネレーターは、生成された Fakes アセンブリから見える型の shim 型と stub 型を生成します。 shim が適用されたアセンブリの内部型を Fakes アセンブリおよびテスト アセンブリから見えるようにするには、生成された Fakes アセンブリとテスト アセンブリに可視性を与える、shim が適用されたアセンブリ コードに InternalsVisibleToAttribute 属性を追加します。 次に例を示します。

// FileSystem\AssemblyInfo.cs  
[assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Fakes")]  
[assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Tests")]  

厳密な名前を持つアセンブリの内部型

shim が適用されたアセンブリが厳密な名前を持つ場合に、アセンブリの内部型にアクセスするには、

  • テスト アセンブリと Fakes アセンブリの両方に、厳密な名前を付ける必要があります。

  • テスト アセンブリと Fakes アセンブリの公開キーを、shim が適用されたアセンブリの InternalsVisibleToAttribute 属性に追加する必要があります。 以下に、shim が適用されたアセンブリが厳密な名前を持つとき、shim が適用されたアセンブリ コード内のサンプル属性がどのように表示されるかを示します。

    // FileSystem\AssemblyInfo.cs  
    [assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Fakes",  
        PublicKey=<Fakes_assembly_public_key>)]  
    [assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Tests",  
        PublicKey=<Test_assembly_public_key>)]  
    

    shim が適用されたアセンブリが厳密な名前を持つ場合、Fakes フレームワークは生成された Fakes アセンブリに自動的に厳密な名前で署名します。 テスト アセンブリに厳密な名前で署名する必要があります。 「厳密な名前付きアセンブリの作成と使用」をご覧ください。

    Fakes フレームワークは、生成されるすべてのアセンブリに同じキーを使って署名するため、このスニペットを開始点として使って Fakes アセンブリの InternalsVisibleTo 属性を shim が適用されたアセンブリ コードに追加することができます。

[assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Fakes, PublicKey=0024000004800000940000000602000000240000525341310004000001000100e92decb949446f688ab9f6973436c535bf50acd1fd580495aae3f875aa4e4f663ca77908c63b7f0996977cb98fcfdb35e05aa2c842002703cad835473caac5ef14107e3a7fae01120a96558785f48319f66daabc862872b2c53f5ac11fa335c0165e202b4c011334c7bc8f4c4e570cf255190f4e3e2cbc9137ca57cb687947bc")]  

.fakes ファイルの Fakes\Compilation 要素に、KeyFile 属性値として代替キーを含む .snk ファイルへの完全パスを指定して、shim が適用されたアセンブリ用に作成したキーなどの別の公開キーを Fakes アセンブリに指定することができます。 例:

<-- FileSystem.Fakes.fakes -->  
<Fakes ...>  
  <Compilation KeyFile="full_path_to_the_alternate_snk_file" />  
</Fakes>  

shim が適用されたアセンブリ コード内の Fakes アセンブリの InternalVisibleTo 属性の 2 番目のパラメーターとして、代替 .snk ファイルの公開キーを使う必要があります。

// FileSystem\AssemblyInfo.cs  
[assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Fakes",  
    PublicKey=<Alternate_public_key>)]  
[assembly: InternalsVisibleTo("FileSystem.Tests",  
    PublicKey=<Test_assembly_public_key>)]  

上の例で、値 Alternate_public_keyTest_assembly_public_key は同じでもかまいません。

ビルド時間を最適化する

Fakes アセンブリのコンパイルで、ビルド時間が非常に長くなることがあります。 別の一元化されたプロジェクトで .NET System のアセンブリとサードパーティのアセンブリの Fakes アセンブリを生成することで、ビルド時間を最小限に抑えることができます。 こういうアセンブリはコンピューターでほとんど変更されないため、生成された Fakes アセンブリを他のプロジェクトで再利用できます。

単体テスト プロジェクトから、プロジェクト フォルダーの FakesAssemblies の下に置かれたコンパイル済みの Fakes アセンブリへの参照を取得できます。

  1. テスト プロジェクトに一致する .NET ランタイム バージョンを含む新しいクラス ライブラリを作成します。 これに Fakes.Prebuild という名前を付けます。 プロジェクトから不要な class1.cs ファイルを削除します。

  2. Fakes が必要なすべてのシステムおよびサードパーティのアセンブリへの参照を追加します。

  3. アセンブリごとに .fakes ファイルを追加し、ビルドします。

  4. テスト プロジェクトから

    • Fakes ランタイム DLL への参照があることを確認します。

      C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 12.0\Common7\IDE\PublicAssemblies\Microsoft.QualityTools.Testing.Fakes.dll

    • Fakes を作成したアセンブリごとに、プロジェクトの Fakes.Prebuild\FakesAssemblies フォルダーの対応する DLL ファイルへの参照を追加します。

アセンブリ名の競合を回避する

チーム ビルド環境では、すべてのビルド出力が 1 つのディレクトリにマージされます。 複数のプロジェクトが Fakes を使用している場合は、異なるバージョンの Fakes アセンブリが互いにオーバーライドすることがあります。 たとえば、.NET Framework 2.0 からの TestProject1 による mscorlib.dll の Fakes 処理と .NET Framework 4 の TestProject2 による mscorlib.dll の Fakes 処理は、いずれも mscorlib.Fakes.dll Fakes アセンブリを生成します。

この問題を回避するには、.fakes ファイルを追加するとき、Fakes 処理で非プロジェクト参照用にバージョンで修飾された Fakes アセンブリ名を自動的に作成する必要があります。 バージョンで修飾された Fakes アセンブリ名の場合は、Fakes アセンブリ名を作成するときにバージョン番号が埋め込まれます。

アセンブリ MyAssembly とバージョン 1.2.3.4 の場合、Fakes アセンブリ名は MyAssembly.1.2.3.4.Fakes です。

.fakes の Assembly 要素の Version 属性を編集して、このバージョンを変更または削除できます。

attribute of the Assembly element in the .fakes:  
<Fakes ...>  
  <Assembly Name="MyAssembly" Version="1.2.3.4" />  
  ...  
</Fakes>  

Fakes 名前付け規則

Shim 型とスタブ型の名前付け規則

名前空間

  • .Fakes サフィックスは名前空間に追加されます。

    たとえば、System.Fakes 名前空間には System 名前空間の shim 型が含まれています。

  • Global.Fakes には、空の名前空間の shim 型が含まれています。

    型名

  • Shim プレフィックスが型名に追加されて、shim 型名が作成されます。

    たとえば、ShimExample は Example 型の shim 型です。

  • Stub プレフィックスが型名に追加されて、stub 型名が作成されます。

    たとえば、StubIExample は IExample 型の stub 型です。

    型引数および入れ子にされた型の構造体

  • ジェネリック型の引数がコピーされます。

  • shim 型の場合、入れ子にされた型の構造体がコピーされます。

Shim デリゲート プロパティまたはスタブ デリゲート フィールドの名前付け規則

空の名前から始まるフィールド名の付け方の基本的な規則は次のとおりです。

  • メソッド名が追加されます。

  • メソッド名が明示的なインターフェイスの実装の場合、ドットは削除されます。

  • メソッドがジェネリックの場合、Ofn が追加されます。n はジェネリック メソッドの引数の数です。

    プロパティの get/set アクセス操作子などの特殊なメソッド名は、次の表に示すように処理されます。

メソッドの種類 追加されるメソッド名
コンストラクター .ctor Constructor
静的コンストラクター .cctor StaticConstructor
"_" で区切られた 2 つの部分で構成されるメソッド名を持つアクセサー (プロパティの get アクセス操作子など) kind_name (一般的なケース。ただし ECMA で強制されていない) NameKind。両方のパーツが大文字になり、前後が逆になっています
プロパティの get アクセス操作子 Prop PropGet
プロパティの set アクセス操作子 Prop PropSet
イベントを追加する操作子 Add
イベントを削除する操作子 Remove
2 つの部分で構成される演算子 op_name NameOp
例: + 演算子 op_Add AddOp
変換演算子の場合は、戻り値の型が追加されます。 T op_Implicit ImplicitOpT

  • インデクサーの get および set アクセス操作子は、プロパティと同様に扱われます。 インデクサーの既定の名前は Item です。

  • パラメーターの型の名前は変換され、連結されます。

  • 戻り値の型は、オーバーロードのあいまいさがない場合は無視されます。 あいまいさがある場合は、戻り値の型が名前の末尾に追加されます

パラメーターの型の名前付け規則

種類 追加される文字列
T T

名前空間、入れ子になった構造体、およびジェネリック チックは削除されます。
out パラメーター out T TOut
ref パラメーター ref T TRef
配列型 T[] TArray
多次元配列T[ , , ] T3
ポインターT* TPtr
ジェネリック型 T<R1, ...> TOfR1
C<TType>ジェネリック型引数 !i Ti
メソッド M<MMethod>ジェネリック メソッド引数 !!i Mi
入れ子にされた型 N.T N が追加され、その後に T

再帰的な規則

次の規則は再帰的に適用されます。

  • Fakes は C# を使用して Fakes アセンブリを生成するため、無効な C# トークンを生成する文字は "_" (アンダースコア) にエスケープされます。

  • 結果の名前が宣言する型のいずれかのメンバーと競合する場合は、01 から始まる 2 桁のカウンターの追加して番号付けスキーマが使用されます。

外部リソース

ガイダンス

Visual Studio 2012 を使用した継続的配信のためのテスト - 第 2 章: 単体テスト: 内部のテスト

関連項目

Microsoft Fakes を使用したテストでのコードの分離