Office ソリューションを構築します。Build Office solutions

一般に、Office プロジェクトのビルドとデバッグは、Visual Studio のその他の種類のプロジェクト (Windows フォームなど) のビルドおよびデバッグとほとんど同じです。In general, building and debugging Office projects is the same as building and debugging other types of projects in Visual Studio, such as Windows Forms. このセクションのトピックでは、いくつかある相違点について説明します。The topics in this section explain the differences that do exist. アプリケーションを構築する方法については、次を参照してください。コンパイルし、Visual Studio でビルドします。For general information about how to build applications, see Compile and build in Visual Studio.

Note

複数のプラットフォームにまたがる Office を拡張するソリューション開発に関心がありますか?Interested in developing solutions that extend the Office experience across multiple platforms? 新しい Office アドイン モデルをチェックして下さい。Check out the new Office Add-ins model. Office アドインは VSTO アドインやソリューションと比較して、小さなフット プリントを持ち、HTML5、JavaScript、CSS3、XML などのほぼすべての web プログラミング テクノロジを使用して、ビルドすることができます。Office Add-ins have a small footprint compared to VSTO add-ins and solutions, and you can build them by using almost any web programming technology, such as HTML5, JavaScript, CSS3, and XML.

Office プロジェクトのプロジェクトの出力Project output for Office projects

Office プロジェクトは、 プロジェクト名\bin\release または プロジェクト名\bin\debug に出力されます。The output location for Office projects is projectname\bin\release or projectname\bin\debug. 配置ディレクトリにはビルドできません。You cannot build to a deployment directory.

ドキュメント レベルのプロジェクトDocument-level projects

ドキュメント レベルのプロジェクトをビルドすると、プロジェクト出力には次の項目が含まれるようになります。When you build a document-level project, the following items are included in the project output:

  • プロジェクト ドキュメントのコピー。A copy of the project document.

  • プロジェクト アセンブリと、 [ローカル コピー] プロパティが trueに設定されているすべての参照先アセンブリ。The project assembly and all referenced assemblies that have their Copy Local property set to true.

  • アプリケーション マニフェストは、ファイル名拡張子を持つ .manifestします。The application manifest, which has the file name extension .manifest. 詳細については、次を参照してください。 Office ソリューション用アプリケーション マニフェストします。For more information, see Application manifests for Office solutions.

  • 配置マニフェストは、ファイル名拡張子を持つ .vstoします。The deployment manifest, which has the file name extension .vsto. 詳細については、次を参照してください。 Office ソリューション用配置マニフェストします。For more information, see Deployment manifests for Office solutions.

  • プログラム データベース (PDB) ファイル。A program database (PDB) file.

Note

ドキュメント レベルのソリューションを、ローカル コンピューターではなくリモートの場所に作成する場合は、アプリケーションのセキュリティ センターにある信頼できる場所のリストに完全修飾パスを追加します。If you build a document-level solution to a remote location instead of the local computer, add the fully qualified path to the Trusted Locations list in the application's Trust Center. 詳細については、ドキュメントへの信頼の付与と呼ばれるセクションを参照してください。セキュリティで保護された Office ソリューションします。For more information, see the section called Granting Trust to Documents in Secure Office solutions.

アプリケーション レベルのプロジェクトApplication-level projects

VSTO アドイン プロジェクトをビルドするときに、プロジェクト出力には、次のものが含まれています。When you build a VSTO Add-in project, the following items are included in the project output:

  • プロジェクト アセンブリと、 [ローカル コピー] プロパティが trueに設定されているすべての参照先アセンブリ。The project assembly and all referenced assemblies that have their Copy Local property set to true.

  • アプリケーション マニフェストは、ファイル名拡張子を持つ .manifestします。The application manifest, which has the file name extension .manifest. 詳細については、次を参照してください。 Office ソリューション用アプリケーション マニフェストします。For more information, see Application manifests for Office solutions.

  • 配置マニフェストは、ファイル名拡張子を持つ .vstoします。The deployment manifest, which has the file name extension .vsto. 詳細については、次を参照してください。 Office ソリューション用配置マニフェストします。For more information, see Deployment manifests for Office solutions.

  • プログラム データベース (PDB) プロジェクトのアセンブリのファイル。A program database (PDB) file for the project assembly.

    VSTO アドイン プロジェクトのビルド処理により、開発用コンピューターには、VSTO アドインの読み込みに必要な一連のレジストリ エントリも作成されます。The build process for VSTO Add-in projects also creates a set of registry entries on the development computer that are required to load the VSTO Add-in. 詳細については、次を参照してください。 VSTO アドインのレジストリ エントリします。For more information, see Registry entries for VSTO Add-ins.

    フォーム領域を含む Outlook VSTO アドイン プロジェクトをビルドすると、ビルド処理により、次に示す情報がレジストリに追加されます。If you build an Outlook VSTO Add-in project that contains form regions, the build process adds the following additional information to the registry:

  • 1 つ以上のフォーム領域に関連付けられている各メッセージ クラスのキー。A key for each message class that is associated with one or more form regions.

  • 各フォーム領域のエントリと、Outlook VSTO アドインの名前を表す関連値。An entry for each form region and an associated value that represents the name of the Outlook VSTO Add-in.

    この情報は、Outlook がフォーム領域を読み込むために必要になります。Outlook needs this information to load the form regions.

参照アセンブリReferenced assemblies

Office ソリューションのビルド プロジェクトからアセンブリ (クラス ライブラリ プロジェクトを含む) を参照できます。You can reference assemblies (including class library projects) from your Building Office Solutions project. 各参照先アセンブリには、 [ローカル コピー] というプロパティがあります。Every referenced assembly has a property called Copy Local. [ローカル コピー] では、アセンブリを出力ディレクトリにコピーするかどうかを指定します。Copy Local indicates whether the assembly is copied to the output directory. 既定では trueに設定されています。By default it is set to true. [ローカル コピー]true に設定されている参照先アセンブリは、すべて出力ディレクトリにコピーされます。Every referenced assembly that has Copy Local set to true is copied to the output directory.

ビルド プロセス中のセキュリティSecurity during the build process

ビルド処理中、Visual Studio は、ソリューションに信頼を付与するように、開発用コンピューター上のセキュリティ設定を自動的に構成します。Visual Studio automatically configures the security settings on the development computer to grant trust to the solution during the build process. これにより、デバッグしながらソリューションを実行できるようになります。This allows the solution to run while you debug it.

Office プロジェクトでは、発行者を確認するために証明書が使用されます。Office projects use certificates to verify the publisher. Visual Studio は、Office ソリューションを識別するための一時的な証明書を自動的に作成し、その一時的な証明書を信頼するように開発コンピューターを構成します。Visual Studio automatically creates a temporary certificate to identify Office solutions, and configures the development computer to trust the temporary certificate.

詳細については、セキュリティで保護された Office ソリューションを参照してください。For more information, see Secure Office solutions.

ネットワーク プロジェクトNetwork projects

アセンブリまたはドキュメントの場所がネットワーク共有上に存在している場合は、ローカル (User レベル) セキュリティ ポリシーを更新するだけでは、ソリューションを実行できるようになりません。If the assembly or document location is on a network share, the local (User level) security policy update is not enough to allow the solution to run. 管理者は、ソリューションの実行前に、コンピューター (Machine) レベルで、ネットワーク共有上のアセンブリとドキュメントに完全な信頼を付与する必要があります。An administrator must grant full trust at the Machine level to assemblies and documents that are on a network share before the solution will run. セキュリティ ポリシーを設定する方法の詳細については、次を参照してください。セキュリティで保護された Office ソリューションします。For more information about how to set security policy, see Secure Office solutions.

ドキュメント レベルのプロジェクトでは、Office の信頼できるフォルダーのリストに、ドキュメントの完全修飾位置を追加する必要もあります。For document-level projects, you must also add the fully qualified location of the document to the Office trusted folders list. 詳細については、次を参照してください。ドキュメントに信頼を付与します。For more information, see Grant trust to documents.

プラットフォーム ターゲットを変更します。Change the platform target

既定では、Office プロジェクトのプラットフォーム ターゲットは Any CPUです。By default, the platform target for Office projects is Any CPU. 通常、この設定を変更する必要はありません。Typically, you should not change this setting. Any CPU プラットフォーム ターゲット設定でビルドされた Officeソリューションは、32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの Microsoft Office 2013Office 2013 または Office 2010Office 2010で実行するようになります。Office solutions that are built with the Any CPU platform target setting run in 32-bit and 64-bit versions of Microsoft Office 2013Office 2013 or Office 2010Office 2010.

64 ビット バージョンの Microsoft Office 2013Office 2013 または Office 2010Office 2010でのみ実行するソリューションを作成していて、そのソリューションからネイティブの 64 ビット API を呼び出す場合は、プラットフォーム ターゲットを x64 に限定して設定する必要があります。You should set the platform target to x64 only if you are creating a solution that will run only in 64-bit versions of Microsoft Office 2013Office 2013 or Office 2010Office 2010, and your solution calls native 64-bit APIs. プラットフォーム ターゲット設定を変更する方法についての詳細については、次を参照してください。方法。プロジェクトのターゲット プラットフォームを構成します。For more information about changing the platform target setting, see How to: Configure projects to target platforms.

プラットフォーム ターゲットを x64 に設定すると、そのソリューションは 32 ビット バージョンの Windows または Office では実行できなくなります。If you set the platform target to x64, the solution will not run in 32-bit versions of Windows or Office. x64 プラットフォーム ターゲットには、64 ビット プロセスで実行するソリューションが必要になります。The x64 platform target requires the solution to run in a 64-bit process.

[クリーン] コマンドを使用して、Use the Clean command

開発用コンピューターからビルド済みのプロジェクト ファイルを削除する場合は、 [ビルド] メニューにある [クリーン] Visual StudioVisual Studioコマンドを使用できます。To remove the built project files from the development computer, you can use the Clean command on the Build menu in Visual StudioVisual Studio. [クリーン] コマンドにより、ビルドの出力場所にあるファイルがすべて削除されます。The Clean command deletes all files in the build output location. アプリケーション レベルのプロジェクトの場合は、 [クリーン] コマンドによって、ビルド処理で作成されたレジストリ エントリも削除されます。For application-level projects, the Clean command also removes the registry entries that are created by the build process.

タイトルTitle 説明Description
Office プロジェクトのデバッグDebug Office projects Office プロジェクトのデバッグに関する問題について説明します。Presents issues involved in debugging Office projects.
チュートリアル: 最初の Excel 用ドキュメント レベルのカスタマイズを作成します。Walkthrough: Create your first document-level customization for Excel Excel 用の基本的なドキュメント レベルのカスタマイズを作成する方法を示します。Demonstrates how to create a basic document-level customization for Excel.
方法: 無効になっている VSTO アドインを再度有効にします。How to: Re-enable a VSTO Add-in that has been disabled ハードまたはソフト無効になっている VSTO アドインを再度有効にする方法について説明します。Describes how to re-enable a VSTO Add-in that has been hard or soft disabled.
Office ソリューションの設計と作成Design and create Office solutions Office ソリューションの作成に関する情報と、ソリューション内のアセンブリの役割に関する情報へのリンクが掲載されています。Provides links to information about creating Office solutions, and about the role of assemblies in your solution.