リボンの概要Ribbon overview

リボンは、関連するコマンドを見つけやすいように整理する方法です。The ribbon is a way to organize related commands so that they are easier to find. コマンドは、リボン上のコントロールとして表示されます。Commands appear as controls on the ribbon. コントロールで構成されたグループアプリケーション ウィンドウの上端に水平方向のストリップです。Controls are organized into groups along a horizontal strip at the top edge of an application window. 関連するグループは、タブに整理されます。Related groups are organized on tabs.

以前のバージョンの Microsoft Office system でメニューおよびツールバーを使用してアクセスしていた機能の多くは、リボンを使用して今すぐアクセスできます。Most of the features that were accessed by using menus and toolbars in earlier versions of the Microsoft Office system can now be accessed by using the ribbon. 詳細については、技術記事を参照してください。 、2007 Microsoft Office system のユーザー インターフェイスの開発者向け概要します。For more information, see the technical article Developer overview of the user interface for the 2007 Microsoft Office system.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-次のアプリケーション用のプロジェクトで。Excel です。InfoPath 2013 と InfoPath 2010、Outlook;PowerPoint です。プロジェクトです。Visio;単語があります。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for the following applications: Excel; InfoPath 2013 and InfoPath 2010; Outlook; PowerPoint; Project; Visio; Word. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

Microsoft Office のリボンをカスタマイズします。Customize the Microsoft Office Ribbon

リボンをカスタマイズするには、Office プロジェクトに次のリボン項目の 1 つを追加します。To customize the ribbon, add one of the following Ribbon items to your Office project:

  • リボン (ビジュアル デザイナー)Ribbon (Visual Designer)

  • リボン (XML)Ribbon (XML)

    たとえば、Excel のリボンをカスタマイズするには、Excel VSTO アドイン プロジェクトにリボン項目を追加します。For example, to customize the Excel Ribbon, add a Ribbon item to an Excel VSTO Add-in project.

リボン (ビジュアル デザイナー) 項目Ribbon (Visual Designer) item

リボン (ビジュアル デザイナー) 項目には、設計およびカスタムのリボンを開発するためのより簡単にする高度なツールが用意されています。The Ribbon (Visual Designer) item provides advanced tools that make it easier for you to design and develop a custom ribbon. 使用して、リボン (ビジュアル デザイナー) 項目は、次の方法でリボンをカスタマイズします。Use the Ribbon (Visual Designer) item to customize the ribbon in the following ways:

  • カスタムまたは組み込みタブをリボンに追加します。Add custom or built-in tabs to a ribbon.

  • カスタム タブまたは組み込みタブにカスタム グループを追加します。Add custom groups to a custom or built-in tab.

    Note

    グループまたは組み込みタブは、Microsoft Office アプリケーションのリボンに既に存在する 1 つです。A built-in tab or group is one that already exists on the ribbon of a Microsoft Office application. たとえば、データタブは、Excel の組み込みタブ。For example, the Data tab is a built-in tab in Excel. 接続グループは、組み込みのグループ、データタブ。The Connections group is a built-in group on the Data tab.

  • カスタム コントロールをカスタム グループに追加します。Add custom controls to a custom group.

  • Backstage ビューにカスタム コントロールを追加します。Add custom controls to the Backstage View.

    使用してリボンをカスタマイズする方法について、リボン (ビジュアル デザイナー) 項目は、「リボン デザイナーします。For more information about how to customize a ribbon by using the Ribbon (Visual Designer) item, see Ribbon designer.

リボン (XML) 項目Ribbon (XML) item

使用して、リボン (XML) 項目でサポートされていない方法でリボンをカスタマイズする場合、リボン (ビジュアル デザイナー) 項目。Use the Ribbon (XML) item if you want to customize the ribbon in a way that is not supported by the Ribbon (Visual Designer) item. 使用して、リボン (XML) 項目は、次の方法でリボンをカスタマイズします。Use the Ribbon (XML) item to customize the ribbon in the following ways:

  • 追加組み込みをカスタム タブまたは組み込みタブ グループ。Add built-in groups to a custom tab or built-in tab.

  • 組み込みコントロールをカスタム グループに追加します。Add built-in controls to a custom group.

  • カスタム コードを追加して、組み込みコントロールのイベント ハンドラーをオーバーライドします。Add custom code to override the event handlers of built-in controls.

  • クイック アクセス ツールバーをカスタマイズします。Customize the Quick Access Toolbar.

  • 修飾 ID を使用して、VSTO アドイン間でリボンのカスタマイズを共有します。Share a Ribbon customization between VSTO Add-in by using a qualified ID.

    使用してリボンをカスタマイズする方法について、リボン (XML) 項目は、「リボン XMLします。For more information about how to customize the ribbon by using the Ribbon (XML) item, see Ribbon XML.

リボン デザイナーからリボン XML にエクスポートします。Export a ribbon from the Ribbon Designer to Ribbon XML

リボンをリボン デザイナーを使用して作成し、場合の方法でリボンをカスタマイズすることをリボン (ビジュアル デザイナー) 項目はサポートしていません、リボンを XML にエクスポートすることができます。If you create a ribbon by using the Ribbon Designer, and then decide that you want to customize the ribbon in ways that the Ribbon (Visual Designer) item does not support, you can export the ribbon to XML.

Visual Studio が自動的に作成、リボン (XML) 項目し、リボン上の各コントロールの要素と属性を持つリボン XML ファイルに入力します。Visual Studio automatically creates a Ribbon (XML) item and populates the Ribbon XML file with elements and attributes for each control on the ribbon.

すべてのプロパティに含まれる、プロパティリボン デザイナーのウィンドウは、リボン XML ファイルに転送されます。Not all of the properties that are in the Properties window of the Ribbon Designer are transferred to the Ribbon XML file. たとえば、Visual Studio がの値をエクスポートしません、イメージまたはテキストプロパティ。For example, Visual Studio does not export the value of the Image or Text property. これは、コントロールのイメージを割り当てたり、コントロールのテキストを設定したりするには、エクスポートしたプロジェクトのリボン コード ファイルにコールバック メソッドを作成する必要があるためです。That is because you must create a callback method in the Ribbon code file of the exported project to assign an image or set the text of a control. Visual Studio で、エクスポート プロセスの一部としてコールバック メソッドが自動的に生成されることはありません。Visual Studio does not automatically generate callback methods as part of the export process.

また、既定値から変更されていないプロパティ値は、結果として得られるリボン XML ファイルには含められません。In addition, any unchanged default property values do not appear in the resulting Ribbon XML file.

リボンを XML にエクスポートする方法の詳細については、次を参照してください。方法。リボン デザイナーからリボン XML にエクスポートします。For more information about how to export the Ribbon to XML, see How to: Export a ribbon from the Ribbon Designer to Ribbon XML.

コードを更新しますUpdate the code

新しいリボン コード ファイルに追加されますソリューション エクスプ ローラーします。A new Ribbon code file is added to Solution Explorer. このファイルにはリボン XML クラスが含まれています。This file contains the Ribbon XML class. ボタンのクリックなどのユーザー操作を処理するには、このクラスの Ribbon Callbacks 領域にコールバック メソッドを作成する必要があります。You must create callback methods in the Ribbon Callbacks region of this class to handle user actions, such as clicking a button. イベント ハンドラーからこれらのコールバック メソッドにコードを移動し、リボン機能拡張 (RibbonX) プログラミング モデルで動作するようにコードを変更します。Move your code from the event handlers to these callback methods and modify the code to work with the Ribbon extensibility (RibbonX) programming model. 詳細については、「 Ribbon XML」を参照してください。For more information, see Ribbon XML.

さらに、ThisAddInThisWorkbook、または ThisDocument のいずれかのクラスに、CreateRibbonExtensibilityObject メソッドをオーバーライドして Office アプリケーションにリボン XML クラスを返すコードを追加する必要もあります。You must also add code to the ThisAddIn, ThisWorkbook, or ThisDocument class that overrides the CreateRibbonExtensibilityObject method and returns the Ribbon XML class to the Office application.

詳細については、「 Ribbon XML」を参照してください。For more information, see Ribbon XML.

複数のリボン項目をプロジェクトに追加します。Add multiple Ribbon items to a project

1 つのプロジェクトに複数のリボン項目を追加することができます。You can add more than one Ribbon item to a single project. これは、次の 2 つのタスクのいずれかを実行する場合に便利です。This is useful if you want to perform either of the following two tasks:

  • Outlook のリボンを作成インスペクターします。Create ribbons for Outlook Inspectors. 詳細については、次を参照してください。 Outlook のリボンをカスタマイズします。For more information, see Customize a ribbon for Outlook.

    Note

    インスペクターは、ユーザーが電子メール メッセージを作成するなど、特定のタスクを実行するときに表示されるウィンドウです。An Inspector is a window that opens when users perform certain tasks, such as creating an e-mail message.

  • 実行時に表示するリボンを選択します。Select which ribbon to display at runtime.

実行時に表示するには、どのリボンを選択します。Select which ribbons to display at runtime

プロジェクトは、1 つ以上のリボンを含めることができます、ためには、実行時に表示するリボンを選択できます。Because a project can contain more than one ribbon, you can select which ribbon to display at runtime.

実行時に表示するリボンを選択するには、オーバーライド、CreateRibbonExtensibilityObjectメソッドで、 ThisAddinThisWorkbook、またはThisDocumentプロジェクトと戻り値を表示するリボンのクラス。To select a ribbon to display at runtime, override the CreateRibbonExtensibilityObject method in the ThisAddin, ThisWorkbook, or ThisDocument class of your project and return the ribbon that you want to display. 次の例は、という名前のフィールドの値を確認します。myConditionし、適切なリボンを返します。The following example checks the value of a field named myCondition and returns the appropriate ribbon.

Note

この例で使用されている構文を使用して作成されたリボンを返します、リボン (ビジュアル デザイナー) 項目。The syntax used in this example returns a ribbon that was created by using the Ribbon (Visual Designer) item. 使用して作成されるリボンを返すため、構文、リボン (XML) 項目は若干異なります。The syntax for returning a ribbon that is created by using a Ribbon (XML) item is slightly different. 返すの詳細については、リボン (XML) 項目は、「リボン XMLします。For more information about returning a Ribbon (XML) item, see Ribbon XML.

次のコードを追加します。Add the following code:

Protected Overrides Function CreateRibbonExtensibilityObject() As  _
    Microsoft.Office.Core.IRibbonExtensibility
    If myCondition = True Then
        Return Globals.Factory.GetRibbonFactory().CreateRibbonManager _
            (New Microsoft.Office.Tools.Ribbon.IRibbonExtension() _
                 {New Ribbon1()})
    Else
        Return Globals.Factory.GetRibbonFactory().CreateRibbonManager _
            (New Microsoft.Office.Tools.Ribbon.IRibbonExtension() _
                 {New Ribbon2()})
    End If
End Function
    protected override Microsoft.Office.Core.IRibbonExtensibility
CreateRibbonExtensibilityObject()
    {
        if (myCondition == true)
        {
            return Globals.Factory.GetRibbonFactory().CreateRibbonManager(
                new Microsoft.Office.Tools.Ribbon.IRibbonExtension[] { new Ribbon1() });
        }
        else
        {
            return Globals.Factory.GetRibbonFactory().CreateRibbonManager(
                new Microsoft.Office.Tools.Ribbon.IRibbonExtension[] { new Ribbon2() });
        }
    }
タイトルTitle 説明Description
方法: リボンのカスタマイズの概要します。How to: Get started customizing the ribbon Microsoft Office アプリケーションのリボンのカスタマイズを追加する方法を示します、リボン (ビジュアル デザイナー) またはリボン (XML) を Office プロジェクトの項目。Shows you how to customize the ribbon of a Microsoft Office application, add a Ribbon (Visual Designer) or Ribbon (XML) item to an Office project.
リボン デザイナーRibbon designer リボン デザイナーを使用して、Microsoft Office アプリケーションのリボンにカスタム タブ、グループ、およびコントロールを追加する方法について説明します。Describes how you can use the Ribbon Designer to add custom tabs, groups, and controls to the ribbon of a Microsoft Office application.
チュートリアル: リボン デザイナーを使用してカスタム タブを作成します。Walkthrough: Create a custom tab by using the Ribbon Designer リボン デザイナーを使用してカスタム リボン タブを作成する方法について説明します。Shows you how to create a custom Ribbon tab by using the Ribbon Designer. リボン デザイナーを使用すると、カスタム タブにコントロールを追加し、位置を設定することができます。You can use the Ribbon Designer to add and position controls on the custom tab.
リボン オブジェクト モデルの概要Ribbon object model overview 取得および実行時にリボン コントロールのプロパティを設定するのに使用できる厳密に型指定されたオブジェクト モデルの概要を示します。Provides an overview of the strongly typed object model that you can use to get and set the properties of Ribbon controls at runtime.
チュートリアル: 実行時にリボン上のコントロールを更新します。Walkthrough: Update the controls on a ribbon at runtime Office アプリケーションにリボンを読み込んだ後に、リボン オブジェクト モデルを使用してリボン上のコントロールを更新する方法について説明します。Demonstrates how to use the Ribbon object model to update the controls on a ribbon after the ribbon is loaded into the Office application.
Outlook のリボンをカスタマイズします。Customize a ribbon for Outlook Microsoft Office Outlook でリボンをカスタマイズするためのガイダンスを提供します。Provides guidance for customizing the ribbon in Microsoft Office Outlook.
InfoPath のリボンをカスタマイズします。Customize a ribbon for InfoPath Microsoft Office InfoPath のリボンをカスタマイズするためのガイダンスを提供します。Provides guidance for customizing the ribbon in Microsoft Office InfoPath.
実行時にリボンへのアクセスします。Access the ribbon at runtime 表示、非表示には、リボンを変更し、カスタム作業ウィンドウ、操作ウィンドウ、または Outlook フォーム領域のコントロールからコードを実行するユーザーを有効にする方法を示します。Shows how to show, hide, and modify the ribbon, and enable users to run the code from controls in a custom task pane, actions pane, or Outlook form region.
方法: リボンのタブの位置を変更します。How to: Change the position of a tab on the ribbon リボン タブの順序を変更する方法を示します。Shows how to change the order of tabs on a ribbon.
方法: 組み込みタブをカスタマイズします。How to: Customize a built-in tab 組み込みタブにグループやコントロールを追加する方法について説明します。Shows how to add groups and controls to a built-in tab.
方法: Backstage ビューにコントロールを追加します。How to: Add controls to the Backstage View クリックするときに表示されるメニューにコントロールを追加する方法を示しています、ファイルします。Shows how to add controls to the menu that opens when you click the File.
方法: リボン グループにダイアログ ボックス起動ツールを追加します。How to: Add a dialog box launcher to a Ribbon group リボン上の任意のグループにダイアログ ボックス起動ツールを追加するには示しています。Shows to add a dialog box launcher to any group on a ribbon.
方法: リボン デザイナーからリボン XML にエクスポートします。How to: Export a ribbon from the Ribbon Designer to Ribbon XML デザイナーからリボンをリボン XML にエクスポートして、高度な方法でリボンをカスタマイズする方法を示しています。Shows how to customize the ribbon in advanced ways by exporting the ribbon from the designer to Ribbon XML.
Ribbon XMLRibbon XML リボン XML を使用してリボンをカスタマイズする方法について説明します。Explains how you can customize a ribbon by using Ribbon XML.
チュートリアル: リボン デザイナーを使用してカスタム タブを作成します。Walkthrough: Create a custom tab by using the Ribbon Designer 使用してカスタム リボン タブを作成する方法を示します、リボン (XML) 項目。Demonstrates how to create a custom Ribbon tab by using the Ribbon (XML) item.