IconIDIconID

IconIDCustomPowerApplication2で使用するアイコンを含むリソース DLL への完全パスを指定します。IconID specifies the full path to the resource DLL that contains the icon to use with CustomPowerApplication2.

この設定はオプションです。This setting is optional.

言語ごとに異なる IconID を使用するには、リソースファイルを作成し、"filename.dll,-referenceid" の形式で参照します。To use a different IconID for each language, create a resource file, and refer to it using the format: "filename.dll,-referenceid". この設定用にローカライズされたテキストバージョンを作成する方法については、「 アプリケーションでの MUI の使用」を参照してください。For information on creating localized text versions for this setting, see the topic Using the MUI with Applications.

Values

IDID

CustomPowerApplication2に使用するアイコンのリソース ID を指定します。Specifies the resource ID of the icon to use for CustomPowerApplication2.

IconID は、@dllname、-resourceIDの形式で表されます。 dllname にはリソース DLL への完全パスを含める必要があります。IconID is represented as @dllname,-resourceID, where dllname must include a full path to the resource DLL. たとえば、次のように入力します。For example,

@%ProgramFiles%\Microsoft Shared\Resource.dll,-200

ID は文字列です。ID is a string.

この文字列の種類は空要素をサポートします。This string type supports empty elements.

有効な構成パスValid Configuration Passes

generalizegeneralize

specializespecialize

[親階層]Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-stobject | CustomPowerApplication2 | IconIDMicrosoft-Windows-stobject | CustomPowerApplication2 | IconID

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 Microsoft-windows-stobject」を参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-stobject.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、 CustomPowerApplication2 での Application.exe を示して parameter -param います。The following XML output shows CustomPowerApplication2 Application.exe with parameter -param. IconID および ItemName は、Resource.dll ファイルに含まれています。IconID and ItemName are included in the Resource.dll file.

<CustomPowerApplication2>
   <Application>C:\Program Files\CustomPower\Application.exe</Application>
   <IconID>@%ProgramFiles%\Microsoft Shared\Resource.dll,-200</IconID>
   <ItemName>%ProgramFiles%\Microsoft Shared\Resource.dll,-100</ItemName>
   <Parameters>-param</Parameters>
</CustomPowerApplication2>

CustomPowerApplication2CustomPowerApplication2