DisableAntiSpywareDisableAntiSpyware

重要

DisableAntiSpyware ウェア対策は、Oem および IT 担当者が、Microsoft Defender ウイルス対策を無効にし、展開時に別のウイルス対策製品を展開するために使用することを目的としています。DisableAntiSpyware is intended to be used by OEMs and IT Pros to disable Microsoft Defender Antivirus and deploy another antivirus product during deployment. これは、別のウイルス対策プログラムが検出されたときに Microsoft Defender ウイルス対策が自動的にオフになるため、不要になった従来の設定です。This is a legacy setting that is no longer necessary as Microsoft Defender antivirus automatically turns itself off when it detects another antivirus program. この設定はコンシューマーデバイスを対象としていないため、このレジストリキーを削除することにしました。This setting is not intended for consumer devices, and we’ve decided to remove this registry key. この変更は、Microsoft Defender マルウェア対策プラットフォームのバージョン4.18.2007.8 およびそれ以降の 4052623に含まれています。This change is included with Microsoft Defender Antimalware platform versions 4.18.2007.8 and higher KB 4052623. Enterprise E3 および E5 エディションは、今後リリースされる予定です。Enterprise E3 and E5 editions will be released at a future date. この設定は、 改ざん防止によって保護されていることに注意してください。Note that this setting is protected by tamper protection. 改ざん防止は、Windows 10 バージョン1903以降のすべての Home edition および Pro エディションで使用でき、既定で有効になっています。Tamper protection is available in all Home and Pro editions of Windows 10 version 1903 and higher and is enabled by default. DisableAntiSpyware ウェア対策の削除による影響は、Microsoft Defender ウイルス対策を使用して1903より前の Windows 10 バージョンに限定されます。The impact of the DisableAntiSpyware removal is limited to Windows 10 versions prior to 1903 using Microsoft Defender Antivirus. この変更は、Windows セキュリティアプリへのサードパーティ製のウイルス対策接続には影響しません。This change does not impact third party antivirus connections to the Windows Security app. これらは引き続き正常に動作します。Those will still work as expected.

DisableAntiSpyware Microsoft Defender ウイルス対策を無効にするかどうかを指定します。DisableAntiSpyware specifies whether to disable Microsoft Defender Antivirus. Microsoft Defender ウイルス対策は、スパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアを防止、削除、検疫できるアプリケーションです。Microsoft Defender Antivirus is an application that can prevent, remove, and quarantine malicious software, including spyware.

Values

Value 説明Description
truetrue Microsoft Defender ウイルス対策、およびサードパーティ製のウイルス対策ソフトウェアとアプリをオフにします。Turns off Microsoft Defender Antivirus, as well as third-party antivirus software and apps.
falsefalse Microsoft Defender をオンにします。Turns on Microsoft Defender. これが既定値です。This is the default value.

注意事項

この値を true に設定しても、クライアントデバイス (管理対象と管理対象外) の Microsoft Defender ウイルス対策の動作は変更されません。Setting this value to true will not change Microsoft Defender Antivirus behavior on client devices (both managed and unmanaged). この設定は、Windows Server にのみ適用されます。This setting only applies to Windows Server.

サードパーティのウイルス対策ソリューションプロバイダーは、 Microsoft ウイルス対策 (MVI)によって提供されるapiを使用して Windows Security Center に登録することを強くお勧めします。We highly recommend that third party antivirus solution providers use the APIs provided by Microsoft Virus Initiative (MVI), to register with Windows Security Center.

有効な構成パスValid Configuration Passes

specializespecialize

oobeSystemoobeSystem

offlineServicingofflineServicing

[親階層]Parent Hierarchy

セキュリティ-マルウェア-Windows-Defender | Disableantispyware ウェア対策Security-Malware-Windows-Defender | DisableAntiSpyware

適用対象Applies To

  • Windows ServerWindows Server