プロセッサの電源管理オプションの概要Processor power management options overview

Windows 10 プロセッサ電源管理 (PPM) アルゴリズムでは、os レベルの機能が実装されています。これにより、OS は、パフォーマンスとエネルギー効率に関するユーザーの期待を分散することで、プラットフォーム上で使用可能な処理リソースを効率的に使用できます。The Windows 10 processor power management (PPM) algorithms implement OS-level functionality that allows the OS to efficiently use the available processing resources on a platform by balancing the user's expectations of performance and energy efficiency.

アルゴリズムには次の特性があります。The algorithms have the following characteristics:

  • ビッグサーバーからタブレットフォームファクターに拡張されます。They scale from big servers to tablet form factors.
  • これらは、静的に構成可能な電源ポリシーインフラストラクチャを使用してカスタマイズできます。They are customizable through a statically configurable power policy infrastructure.
  • プラットフォーム固有の部分からアルゴリズムのプラットフォームに依存しない部分を分離するような方法で階層化され、抽象化されています。They are hierarchical and abstracted in a manner that separates platform-agnostic portions of the algorithms from platform-specific portions.

大まかに言えば、Windows PPM は次の部分で構成されています。At a high-level, the Windows PPM is made up of the following parts:

  • コアパーキングエンジン -ワークロードに関するグローバルなスケーラビリティの決定を行い、実行する最適なコンピューティングコアのセットを決定します。Core parking engine - Makes global scalability decisions about the workload and determines the optimum set of compute cores to execute with.
  • パフォーマンス状態エンジン -プロセッサごとのパフォーマンススケーリングの決定を行います。Performance state engine - Makes per-processor performance scaling decisions.
  • プラットフォーム固有のコントロール -状態遷移のメカニズムを実装し、必要に応じて、OS の状態の決定とランタイムプラットフォームの制約の有効性に関するフィードバックを提供します。Platform specific controls - Implements the mechanics of state transitions and optionally provides feedback about the effectiveness of OS state decisions and runtime platform constraints.

IHV パートナーは、さまざまなハードウェア構成に対するポリシー制御の影響を事前に検証し、測定することができます。IHV partners can enable preliminary validation and measurement of the effects of the policy controls on different hardware configurations.

電源プロファイルPower profiles

Windows プロビジョニングフレームワークを使用して、このセクションで説明するプロセッサ電源設定を構成できます。You can use the Windows Provisioning framework to configure the processor power settings described in this section. まず、 Windows 構成デザイナーを使用して、プロビジョニングパッケージを作成します。First, create a provisioning package using Windows Configuration Designer. 次に、パッケージに含まれている customizations.xml ファイルを編集して、名前空間の下に表示される電源設定を含め Common\Power\Policy\Settings\Processor ます。You will then edit the customizations.xml file contained in the package to include your power settings, which appear under the Common\Power\Policy\Settings\Processor namespace. Windows 構成デザイナーのコマンドラインインターフェイスへの入力の1つとして XML ファイルを使用して、電源設定を含むプロビジョニングパッケージを生成します。Use the XML file as one of the inputs to the Windows Configuration Designer command-line interface to generate either a provisioning package that contains the power settings. その後、プロビジョニングパッケージをイメージに適用できます。You can then apply the provisioning package to the image. Windows 構成デザイナー CLI の使用方法については、「 Windows 構成デザイナーのコマンドラインインターフェイスを使用する」を参照してください。For information on how to use the Windows Configuration Designer CLI, see Use the Windows Configuration Designer command-line interface.

Processor 名前空間は、電源プロファイルと呼ばれる同じ電源プロセッサ構成の3つのセットに分割されます。The processor namespace is divided into three sets of identical power processor configurations called power profiles. 電源プロファイルは、さまざまなシステムのユースケースでパフォーマンスと駐車アルゴリズムを調整するために、電力プロセッサエンジンによって使用されます。The power profiles are used by the power processor engine to adapt the performance and parking algorithm on various system use cases.

Windows 10 は、次のプロファイルをサポートしています。Windows 10 supports the following profiles:

  • 既定 のプロファイルは、ほとんどの場合、アクティブな構成セットです。Default profile is the configuration set that is active most of the time. これらの設定は、バランスの取れた電源設定に indentical ます。These settings are indentical to those for the balanced power scheme. これにより、windows プロビジョニングフレームワークを使用してバランスの取れた電源設定を構成するための lternative メソッドが提供されます。This provides for an lternative method to configure the balanced power scheme settings via the windows provisioning framework.
  • 低待機時間 は、起動時およびアプリの起動時にアクティブ化されるプロファイルです。LowLatency is the profile that is activated during boot and during app launch time.
  • Lowpower は、メディア再生シナリオのバッファリングフェーズでアクティブ化されるプロファイルです。LowPower is the profile that is activated during the buffering phase of media playback scenarios.
  • GameMode プロファイルは、[ゲームモード] 設定の切り替えがオンになっていて、ユーザーがゲームをプレイしている場合に有効になります。GameMode profile is enabled when the 'Game Mode' setting toggle is turned on and the user is playing a game. このプロファイルを使用して、ゲームモードでデバイスのプロセッサ設定を finetune することができます。You can use this profile to finetune processor settings for your devices with Game Mode.
  • Mixed reality は、Windows Mixed reality ヘッドセットがシステムに接続され、ユーザーが MR アプリケーションと対話しているときにアクティブ化されるプロファイルです。Mixed Reality is the profile that is activated when a Windows Mixed Reality headset is connected to the system and the user is interacting with a MR application.
  • 制約 は、デスクトップエディション (Home、Pro、Enterprise、および教育) 用の Windows 10 のバッテリ節約機能によってアクティブ化されるプロファイルです。Constrained is a profile activated by the battery saver feature on Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education). これは、Windows 10 Mobile では使用できません。This is not available on Windows 10 Mobile.
  • スクリーンオフ は、 最新のスタンバイ システムで使用されるプロファイルです。Screen Off is a profile used on Modern Standby systems. システムが長期スリープフェーズに入ると、システムの休止動作がすべて完了し、オーディオが再生されず、モバイルホットスポットが作動していません。It is engaged when the system enters its long term sleep phase-- all system quiescing behavior has completed, no audio is playing, and no mobile hotspot is engaged. システムがスリープ状態から復帰したときに解放されます。It is disengaged when the system awakes from sleep.

各プロファイルは、次の構成設定をサポートしています。Each profile supports the following configuration settings:

異種アーキテクチャのプロセッサを搭載したシステムでは、効率性クラス1コアの構成設定は同様の命名規則を使用します。On systems with processors with heterogeneous architecture, the configuration settings for efficiency class 1 cores use a similar naming convention. 効率クラスは、ACPI 6.0 セクション 5.2.12.14 GICC 構造体で定義されています。Efficiency class is defined in ACPI 6.0 section 5.2.12.14 GICC Structure. 詳細については、ACPI 仕様を参照してください。For more information, consult the ACPI specification.

共通パラメーターには、効率クラスを示すための "1" というサフィックスが付いています。The common parameters have the suffix "1" to indicate efficiency class. Hetero 固有のパラメーターには、"Hetero" というプレフィックスが付いています。Hetero-specific parameters have the prefix "Hetero".

ゲームモードプロファイルGame Mode Profile

ゲームモードの電源プロファイルは、Windows 10 2019 年5月更新プログラム (19H1) 以降のラップトップの OEM オプトイン機能として提供されており、イメージの作成時にプロビジョニングパッケージを使用して展開する必要があります。The game mode power profile is available as an OEM opt-in feature for laptops starting with the Windows 10 May 2019 Update (19H1) and you'll have to deploy it via provisioning packages during image creation. ゲームモードの電源プロファイルのプロセッサ電源管理設定を定義するカスタマイズ xml ファイルの例については、以下を参照してください。カスタマイズオプションと展開の詳細については、「ゲームモードのテスト手順」を参照してください。See below for an example of a customization xml file that defines processor power management settings for the Game Mode Power Profile and refer to the 'Game Mode Test Instructions' document for further guidance on customization options and deployment. この例では、プロセッサの最小パフォーマンス状態を100% に設定して、CPU のパフォーマンスを向上させることができます。This example sets the minimum processor performance state to 100% thereby biasing the CPU towards performance. チューニングガイダンスの詳細については、シリコンベンダにお問い合わせください。For more tuning guidance, please reach out to your silicon vendor.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<WindowsCustomizatons>  
  <PackageConfig xmlns="urn:schemas-Microsoft-com:Windows-ICD-Package-Config.v1.0">  
    <ID>b8aca924-e386-436e-a50e-bdec4d1715a1</ID>  <!-- ID needs to be be unique GUID for the package -->  
    <Name>CustomOEM.Power.Settings.Control</Name>  
    <Version>1.0</Version>  
    <OwnerType>OEM</OwnerType>  
  </PackageConfig>  
  <Settings xmlns="urn:schemas-microsoft-com:windows-provisioning">  
    <Customizations>  
      <Common>  
          <Power> 
            <Policy> 
              <Settings> 
                <Processor> 
                  <SchemePersonality> 
                    <Profile SchemeAlias="Balanced"> 
                      <Setting ProfileAlias="GameMode"> 
                        <MinPerformance> 
                          <AcValue>100</AcValue> 
                          <DcValue>100</DcValue> 
                        </MinPerformance> 
                      </Setting> 
                    </Profile> 
                  </SchemePersonality> 
                </Processor> 
              </Settings> 
            </Policy> 
          </Power>  
      </Common>  
    </Customizations>  
  </Settings>  
</WindowsCustomizatons> 

電源プロファイルとそのプロビジョニングプロファイルのエイリアスPower Profiles and their Provisioning ProfileAlias

例として、カスタマイズ XML を使用して、xml タグをプロビジョニングエイリアスと照合することで、すべての電源プロファイルのプロビジョニングパッケージを作成でき ます。Using the customization XML as an example, you can create a provisioning package for all power profiles by matching the xml tag to their provisioning aliases. 電源プロファイルとそれに対応するエイリアスの一覧については、以下を参照してください。See below for list of power profiles and their corresponding aliases.

注意

PPM のプロファイルは、プロセッサの電源とパフォーマンスを最適化するためにシリコンベンダーによって調整されています。PPM profiles are tuned by Silicon vendors to optimize power and performance of processors. プロセッサの電源管理設定を変更する前に、シリコンベンダにチューニングガイダンスをお寄せください。Please reach out to your silicon vendor for tuning guidance before modifying processor power management settings.

プロファイル名Profile Name プロファイルのエイリアスProfile Alias

DefaultDefault

標準"Default"

低待機時間Low Latency

LowLatency"LowLatency"

低電力Low Power

"低電力""LowPower"

制約あり。Constrained

制約付き"Constrained"

画面をオフにするScreen Off

Standby"Standby"

ゲーム モードGame Mode

"GameMode""GameMode"

Mixed RealityMixed Reality

"SustainedPerf""SustainedPerf"