Windows 構成デザイナーのインストール

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 10 Mobile

Windowsの構成デザイナー ツールを使って、プロビジョニング パッケージを作成し、Windows 10 を実行するデバイスを容易に構成します。 Windows 構成デザイナーは、主に Bring Your Own Device (BYOD) や会社支給のデバイスをプロビジョニングする必要がある企業や教育機関の IT 部門を対象に設計されています。

サポートされているプラットフォーム

Windows 構成デザイナーは、Windows 10 のデスクトップ エディションおよびモバイル エディションのためのプロビジョニング パッケージを作成できます。これには Windows 10 IoT Core、Microsoft Surface Hub、Microsoft HoloLens なども含まれます。 Windows 構成デザイナーは、次のオペレーティング システムで実行できます。

  • Windows 10 (x86 および amd64)
  • Windows 8.1 Update (x86 および amd64)
  • Windows 8.1 (x86 および amd64)
  • Windows 8 (x86 および amd64)
  • Windows 7 (x86 および amd64)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2 Update
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2

警告

いずれかのウィザードを使って Azure Active Directory の登録を構成するには、Windows 10 で Windows 構成デザイナーを実行する必要があります。

Windows 構成デザイナーのインストール

Windows 10 を実行しているデバイスでは、Microsoft Store から Windows 構成デザイナー アプリをインストールできます。 他のオペレーティング システムまたは英語以外の言語で Windows 構成デザイナーを実行するには、Windows 10 用 Windows アセスメント & デプロイメント キット(ADK) からインストールします。

注意

ADK と Microsoft Store の両方から Windows 構成デザイナーをインストールした場合、Store アプリは開きません。

Microsoft Store の Windows 構成デザイナー アプリは、現在英語のみサポートしています。 Windows 構成デザイナーのローカライズ版は、Windows ADK からインストールします。

  1. Windows ADK のダウンロード」にアクセスし、作成するプロビジョニング パッケージが対象とする Windows 10 のバージョン (バージョン 1511、1607、または 1703) の [Windows ADK を入手する] を選択します。

    注意

    この手順の残りの部分では、例として Windows ADK for Windows 10 バージョン 1703 を使用します。

  2. adksetup.exe を保存し、実行します。

  3. [場所の指定] ページで、インストール パスを選択し、[次へ] をクリックします。

    注意

    このページに表示される推定ディスク領域は、完全な Windows ADK の場合に必要な領域です。 Windows 構成デザイナーだけをインストールする場合、必要な領域は約 32 MB です。

  4. [Windows キット プライバシー] ページで選択を行い、[次へ] をクリックします。

  5. 使用許諾契約書に同意し、[次へ] をクリックします。

  6. [インストールを行う機能を選択してください] ページで、[構成デザイナー] を除くすべての選択をクリアし、[インストール] クリックします。

    インストール対象として [構成デザイナー] のみ選択

現在の Windows 構成デザイナーの制限事項

  • コンピューターで一度に実行できる Windows 構成デザイナーのインスタンスは 1 つだけです。

  • アプリとドライバーを追加する場合、同じフォルダーに格納されているファイルがすべてインポートされ、ビルド プロセスでエラーを生じることがあるので注意が必要です。

  • Windows 構成デザイナーの UI では、マルチバリアント構成はサポートされません。 代わりに、Windows 構成デザイナーのコマンド ライン インターフェイスを使用して、マルチバリアント設定を構成する必要があります。 詳しくは、「マルチバリアント設定を含むプロビジョニング パッケージを作成する」をご覧ください。

  • Windows 構成デザイナー内で複数のプロジェクトを同時に開くことはできますが、一度にビルドできるプロジェクトは 1 つだけです。

  • 簡素化されたオーサリング jscript が Windows 構成デザイナーを実行している Server SKU で機能するように、[スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する] を明示的に有効にする必要があります。 これを行うには、Internet Explorer を開き、[設定] > [インターネット オプション] > [セキュリティ] -> [レベルのカスタマイズ] > [スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する] の順に選択し、[有効にする] をクリックします。

  • Windows 構成デザイナー プロジェクトを 1 つの PC から別の PC にコピーする場合は、アプリやドライバーなど、展開資産に関連するすべてのファイルが、元の PC と同じパスにプロジェクトとともにコピーされることを確認してください。

    たとえば、プロビジョニング済みパッケージにドライバーを追加する場合は、Windows 構成デザイナーを実行している PC のローカル ディレクトリに .INF ファイルをコピーする必要があります。 これを行わずに、このプロジェクトのコピー バージョンを別の PC で使用しようとすると、Windows 構成デザイナーにより、元の PC を指すファイル パスへの解決が試行されることがあります。

  • 推奨: 開始する前に、ネットワーク共有やリムーバブル ドライブなどの外部ソースを使うのではなく、Windows 構成デザイナーを実行する PC にすべてのソース ファイルをコピーします。 これにより、一時的なネットワークの問題や USB デバイスの取り外しでビルド プロセスを中断することのリスクが軽減されます。

次のステップ: プロビジョニング パッケージの作成方法

詳細情報

関連トピック