Windows 10 向けのプロビジョニング パッケージの作成Create a provisioning package for Windows 10

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10
  • Windows 10 MobileWindows 10 Mobile

Windows 構成デザイナーを使って、カスタマイズ設定を含むプロビジョニング パッケージ (.ppkg) を作成します。You use Windows Configuration Designer to create a provisioning package (.ppkg) that contains customization settings. Windows 10 または Windows 10 Mobile を実行するデバイスにプロビジョニング パッケージを適用できます。You can apply the provisioning package to a device running Windows 10 or Windows 10 Mobile.

Windows 構成デザイナーをインストールする方法をこちらで確認できます。Learn how to install Windows Configuration Designer.

ヒント

プロビジョニング パッケージの開発およびテストを行うときは、ローカル管理者アカウントを作成することをお勧めします。We recommend creating a local admin account when developing and testing your provisioning package. また、「最小限の特権」のドメイン ユーザー アカウントを使用して、デバイスを Active Directory ドメインに参加させることをお勧めします。We also recommend using a “least privileged” domain user account to join devices to the Active Directory domain.

新しいプロジェクトの開始Start a new project

  1. 次の手順で Windows 構成デザイナーを開きます。Open Windows Configuration Designer:

    • スタート画面または [スタート] メニューの検索ウィンドウで、「Windows 構成デザイナー」と入力して Windows 構成デザイナーのショートカットをクリックします。From either the Start screen or Start menu search, type 'Windows Configuration Designer' and click on the Windows Configuration Designer shortcut,

      またはor

    • Windows 構成デザイナーを ADK からインストールした場合は、C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86 (x64 コンピューター) または C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86\ICD.exe (x86 コンピューター) に移動し、ICD.exe をダブルクリックします。If you installed Windows Configuration Designer from the ADK, navigate to C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86 (on an x64 computer) or C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86\ICD.exe (on an x86 computer), and then double-click ICD.exe.

  2. 次の図に示すように、スタート ページで目的のオプションを選択します。このページには、プロビジョニング パッケージを作成するための複数のオプションがあります。Select your desired option on the Start page, which offers multiple options for creating a provisioning package, as shown in the following image:

    構成デザイナーのウィザード

  3. プロジェクトの名前を入力し、[次へ] をクリックします。Enter a name for your project, and then click Next.

  4. デバイスの種類に基づいて構成する設定を選択し、[次へ] をクリックします。Select the settings you want to configure, based on the type of device, and then click Next. 次の表で、オプションについて説明します。The following table describes the options.

    Windows エディションWindows edition カスタマイズに使用できる設定Settings available for customization プロビジョニング パッケージの可能な適用先Provisioning package can apply to
    すべての Windows エディションAll Windows editions 共通設定Common settings すべての Windows 10 デバイスAll Windows 10 devices
    すべての Windows デスクトップ エディションAll Windows desktop editions 共通設定とデスクトップ デバイスに固有の設定Common settings and settings specific to desktop devices すべての Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Pro Education、Enterprise Education)All Windows 10 desktop editions (Home, Pro, Enterprise, Pro Education, Enterprise Education)
    すべての Windows Mobile デバイスAll Windows mobile editions 共通設定とモバイル デバイスに固有の設定Common settings and settings specific to mobile devices すべての Windows 10 MobileデバイスAll Windows 10 Mobile devices
    Windows 10 IoT CoreWindows 10 IoT Core 共通設定と Windows 10 IoT Core に固有の設定Common settings and settings specific to Windows 10 IoT Core すべての Windows 10 IoT Core デバイスAll Windows 10 IoT Core devices
    Windows 10 HolographicWindows 10 Holographic 共通設定と Windows 10 Holographic に固有の設定Common settings and settings specific to Windows 10 Holographic Microsoft HoloLensMicrosoft HoloLens
    Windows 10 Team Edition に共通Common to Windows 10 Team edition 共通設定と Windows 10 Team に固有の設定Common settings and settings specific to Windows 10 Team Microsoft Surface HubMicrosoft Surface Hub
  5. [プロビジョニングパッケージのインポート (省略可能) ] ページで、[完了] をクリックしてプロジェクトを作成するか、既存のプロビジョニングパッケージを参照して選択し、プロジェクトにインポートし、[完了] をクリックします。On the Import a provisioning package (optional) page, you can click Finish to create your project, or browse to and select an existing provisioning package to import to your project, and then click Finish.

ヒント

[プロビジョニング パッケージのインポート] によって、特定の設定が共通でその他の設定が異なるプロビジョニング パッケージを作成することが簡単になります。Import a provisioning package can make it easier to create different provisioning packages that all have certain settings in common. たとえば、組織のネットワークの設定を含むプロビジョニング パッケージを作成し、その後に作成する他のパッケージにそれをインポートすると、それら共通の設定を何度も再構成する必要がなくなります。For example, you could create a provisioning package that contains the settings for your organization's network, and then import it into other packages you create so you don't have to reconfigure those common settings repeatedly.

完了をクリックすると、[利用可能なカスタマイズ] ウィンドウが開き、パッケージの設定を構成できます。After you click Finish, Windows Configuration Designer will open the Available customizations pane and you can then configure settings for the package.

設定の構成Configure settings

プロビジョニングの詳細設定プロジェクトの場合、Windows 構成デザイナーによって [利用可能なカスタマイズ] ウィンドウが開かれます。For an advanced provisioning project, Windows Configuration Designer opens the Available customizations pane. 次の図の例は、[すべての Windows デスクトップ エディション] の設定に基づいています。The example in the following image is based on All Windows desktop editions settings.

ICD インターフェイスの外観

Windows 構成デザイナーの設定は、Windows 10 構成サービス プロバイダー (CSP) に基づいています。The settings in Windows Configuration Designer are based on Windows 10 configuration service providers (CSPs). CSP について詳しくは、「構成サービス プロバイダー (CSP) の概要 (IT 担当者向け)」をご覧ください。To learn more about CSPs, see Introduction to configuration service providers (CSPs) for IT pros.

設定を構成するプロセスは、すべての設定で同様です。The process for configuring settings is similar for all settings. 次の表に例を示します。The following table shows an example.

step one
カテゴリを展開します。Expand a category.
Expand Certificates category
step two
設定を選択します。Select a setting.
Select ClientCertificates
step three
設定の値を入力します。Enter a value for the setting. ボタンが表示されている場合は、[追加] をクリックします。Click Add if the button is displayed.
Enter a name for the certificate
step four
この例など、一部の設定には追加情報が必要です。Some settings, such as this example, require additional information. [利用可能なカスタマイズ] で、作成した値を選択すると、追加の設定が表示されます。In Available customizations, select the value you just created, and additional settings are displayed.
Additional settings for client certificate
step five
設定が構成されると、それが [選択されたカスタマイズ] ウィンドウに表示されます。When the setting is configured, it is displayed in the Selected customizations pane.
Selected customizations pane

特定の設定について詳しくは、「Windows プロビジョニングの設定に関するリファレンス」をご覧ください。For details on each specific setting, see Windows Provisioning settings reference. 設定のリファレンス トピックは、次の図に示すように、設定を選択したときに Windows 構成デザイナーにも表示されます。The reference topic for a setting is also displayed in Windows Configuration Designer when you select the setting, as shown in the following image.

設定を選択すると、Windows 構成デザイナーがリファレンス トピックを表示

パッケージのビルドBuild package

  1. カスタマイズの構成が終わったら、[エクスポート] をクリックし、[プロビジョニング パッケージ] を選択します。After you're done configuring your customizations, click Export and select Provisioning Package.

    上部バーでエクスポート

  2. [プロビジョニング パッケージの説明] ウィンドウで、次の情報を入力して [次へ] をクリックします。In the Describe the provisioning package window, enter the following information, and then click Next:

    • [名前] - このフィールドには、あらかじめプロジェクトの名前が入力されています。Name - This field is pre-populated with the project name. この値は、[名前] フィールドに別の名前を入力して変更できます。You can change this value by entering a different name in the Name field.
    • [バージョン] (メジャー.マイナー形式) - - 省略可能です。Version (in Major.Minor format - - Optional. 既定のパッケージ バージョンは、[バージョン] フィールドに新しい値を指定して変更できます。You can change the default package version by specifying a new value in the Version field.
    • [所有者] - [IT 管理者] を選択します。詳しくは、「プロビジョニング パッケージの優先順位」をご覧ください。Owner - Select IT Admin. For more information, see Precedence for provisioning packages.
    • [順位 (0 ~ 99)] - 省略可能です。Rank (between 0-99) - Optional. 0 ~ 99 の値を選択できます。You can select a value between 0 and 99, inclusive. パッケージの順位の既定値は 0 です。The default package rank is 0.
  3. [プロビジョニング パッケージのセキュリティ情報の選択] ウィンドウで、プロビジョニング パッケージを暗号化したり、選択した証明書を使って署名したりすることができます。In the Select security details for the provisioning package window, you can select to encrypt and/or sign a provisioning package with a selected certificate. どちらの選択も省略可能です。Both selections are optional. 選択が完了したら、[次へ] をクリックします。Click Next after you make your selections.

    • [パッケージの暗号化]: このオプションを選択した場合、自動生成されたパスワードが画面に表示されます。Encrypt package - If you select this option, an auto-generated password will be shown on the screen.

    • [パッケージへの署名]: このオプションを選択した場合、パッケージの署名に使用する有効な証明書を選ぶ必要があります。Sign package - If you select this option, you must select a valid certificate to use for signing the package. [選択] をクリックし、パッケージの署名に使う証明書を選んで、証明書を指定します。You can specify the certificate by clicking Select and choosing the certificate you want to use to sign the package.

      注意

      デバイス プロビジョニングのためにパッケージを使用し、パッケージが証明書や資格情報などの漏洩を防止する必要のある機密データを含む場合は、プロビジョニング パッケージのセキュリティを構成する必要があります。You should only configure provisioning package security when the package is used for device provisioning and the package has contents with sensitive security data such as certificates or credentials that should be prevented from being compromised. OOBE 中に、または設定 UI を介して、暗号化または署名されたプロビジョニング パッケージを適用するときに、パッケージの暗号化を解除することができ、署名されている場合は、ユーザーの明示的な同意がなくてもパッケージを信頼することができます。When applying an encrypted and/or signed provisioning package, either during OOBE or through the setting UI, the package can be decrypted, and if signed, be trusted without explicit user consent. IT 管理者は、ユーザー デバイスにポリシーを設定して、デバイスから必須パッケージを削除することや、有害な恐れのあるパッケージをデバイスにプロビジョニングすることを制限できます。An IT administrator can set policy on a user device to restrict the removal of required packages from the device, or the provisioning of potentially harmful packages on the device.

      プロビジョニング パッケージが信頼できるプロビジョナーによって署名されている場合は、ユーザーに同意を要求せずにデバイスにインストールできます。If a provisioning package is signed by a trusted provisioner, it can be installed on a device without a prompt for user consent. 信頼できるプロバイダーの証明書を有効にするために、信頼できるプロビジョニング パッケージをインストールする前に TrustedProvisioners を設定する必要があります、設定します。In order to enable trusted provider certificates, you must set the TrustedProvisioners setting prior to installing the trusted provisioning package. これは、ユーザーの同意なくパッケージをインストールする唯一の方法です。This is the only way to install a package without user consent. 追加のセキュリティを提供するために、RequireProvisioningPackageSignature を設定することもできます。これによって、信頼できるプロビジョナーによって署名されていないプロビジョニング パッケージをユーザーがインストールすることを防ぐことができます。To provide additional security, you can also set RequireProvisioningPackageSignature, which prevents users from installing provisioning packages that are not signed by a trusted provisioner.

  4. [プロビジョニング パッケージの保存先の選択] ウィンドウで、ビルドしたプロビジョニング パッケージの出力場所を指定し、[次へ] をクリックします。In the Select where to save the provisioning package window, specify the output location where you want the provisioning package to go once it's built, and then click Next. 既定では、Windows 構成デザイナーはプロジェクト フォルダーを出力先として使います。By default, Windows Configuration Designer uses the project folder as the output location.

  5. [プロビジョニング パッケージのビルド] ウィンドウで、[ビルド] をクリックします。In the Build the provisioning package window, click Build. プロビジョニング パッケージのビルドにはそれほど時間はかかりません。The provisioning package doesn't take long to build. ビルド ページにプロジェクト情報が表示され、進行状況バーでビルドの状態が示されます。The project information is displayed in the build page and the progress bar indicates the build status.

    ビルドを取り消す必要がある場合は、[キャンセル] をクリックします。If you need to cancel the build, click Cancel. これにより、現在のビルド プロセスが取り消され、ウィザードが閉じられて、[カスタマイズ ページ] に戻ります。This cancels the current build process, closes the wizard, and takes you back to the Customizations Page.

  6. ビルドに失敗した場合は、プロジェクト フォルダーへのリンクが含まれたエラー メッセージが表示されます。If your build fails, an error message will show up that includes a link to the project folder. エラーの原因を特定するには、ログを調べることができます。You can scan the logs to determine what caused the error. 問題が解決したら、パッケージをもう一度ビルドしてみてください。Once you fix the issue, try building the package again.

    ビルドに成功した場合は、プロビジョニング パッケージの名前、出力ディレクトリ、プロジェクト ディレクトリが表示されます。If your build is successful, the name of the provisioning package, output directory, and project directory will be shown.

    必要に応じて、パッケージの出力先として別のパスを選択し、もう一度プロビジョニング パッケージをビルドすることもできます。If you choose, you can build the provisioning package again and pick a different path for the output package. これを行うには、[戻る] をクリックして出力パッケージの名前とパスを変更し、[次へ] をクリックしてもう一度ビルドを開始します。To do this, click Back to change the output package name and path, and then click Next to start another build.

  7. 完了したら、[完了] をクリックしてウィザードを閉じ、[カスタマイズ ページ] に戻ります。When you are done, click Finish to close the wizard and go back to the Customizations page.

次のステップ: プロビジョニング パッケージの適用方法Next step: How to apply a provisioning package

詳細情報Learn more

関連トピックRelated topics