キャプチャし、Windows、システム、および復旧パーティションを適用Capture and apply Windows, system, and recovery partitions

Windows、WIM 形式を使用して、パーティション、カスタマイズされた、カスタマイズしたシステム パーティションまたは、追加のユーティリティのパーティションを使用してデプロイするときは、新しい Pc に適用する適切なパーティションをキャプチャする方法を説明します。When you're deploying Windows using the WIM format, and using customized partitions, a customized system partition or an additional utility partition, learn how to capture the right partitions to apply to new PCs.

注:Notes:

  • カスタムのパーティションを必要としない場合、Windows パーティションだけを取り込んでし、し、そのイメージからファイルを使用して、ドライブ上のパーティションの残りの部分を設定する通常ことができます。If you don't need custom partitions, you usually can just capture the Windows partition, and then use files from that image to set up the rest of the partitions on the drive. 参照してくださいキャプチャと 1 つの WIM ファイルを使用して適用 Windowsします。See Capture and Apply Windows using a single WIM file.

  • FFU 形式を使用して、キャプチャする場合は、十分 - FFU は、ドライブ上のパーティションのすべてをキャプチャします。If you're capturing using the FFU format, you'll be fine - FFU captures all of the partitions on the drive.

カスタマイズされたパーティションをキャプチャします。Capture the customized partitions

手順 1:キャプチャ対象のパーティションを決定します。Step 1: Determine which partitions to capture

次の表では、キャプチャする必要がありますパーティションと自動的に管理されているものの種類を示します。This table shows the types of partitions that you must capture and those that are managed automatically.

UEFI と BIOS の両方のシステムをデプロイする場合、UEFI および BIOS ベースのデバイスがないその他のパーティションの種類の間で、プライマリ パーティションと論理パーティションを再利用できます。If you're deploying both UEFI and BIOS systems, you can reuse your primary and logical partitions across UEFI-based and BIOS-based devices, but not the other partition types.

パーティションの種類Partition type このパーティションをキャプチャする必要がありますか。Should you capture this partition? UEFI と BIOS ファームウェアを同じ WIM を再利用することができますか。Can you reuse the same WIM on UEFI and BIOS firmware?
システム パーティション(EFI システム パーティションまたは BIOS のシステム パーティション)System partition (EFI System Partition or BIOS system partition) (省略可能)。Optional. 単純な一連のパーティションのファイルが必要なだけの場合は、このパーティションをキャプチャする必要はありません。If only a simple set of partition files is required, you don’t have to capture this partition. XNo
Microsoft 予約パーティション (MSR)Microsoft Reserved partition (MSR) XNo XNo
プライマリ パーティション(Windows パーティション、データのユーティリティが追加されていることをパーティション分割/)Primary partitions (Windows partitions, data / utility partitions that you've added) Yes Yes
復旧パーティションRecovery partition (省略可能)。Optional. このパーティションをカスタマイズしていない場合は、それをキャプチャする必要はありません。If you haven't customized this partition, you don’t have to capture it. XNo
拡張パーティションExtended partition XNo XNo
論理パーティション(Windows パーティション、データのユーティリティが追加されていることをパーティション分割/)Logical partitions (Windows partitions, data / utility partitions that you've added) Yes Yes

手順 2:パーティションをキャプチャするための準備します。Step 2: Prepare to capture partitions

  1. Windows イメージを起動する場合は、その他のデバイスにデプロイできるように一般化します。If you've booted the Windows image, generalize it so that it can be deployed to other devices. 詳細については、Sysprep (一般化)、Windows インストールを参照してください。For more information, see Sysprep (Generalize) a Windows installation.

  2. Windows PE を使用して、参照デバイスを起動します。Start your reference device by using Windows PE.

  3. Windows PE のコマンド プロンプトで「 diskpart DiskPart ツールを開きます。At the Windows PE command prompt, type diskpart to open the DiskPart tool.

    X:> diskpart
    DISKPART>
    
  4. キャプチャするパーティションが割り当てられたドライブ文字であるかどうかを確認します。Check to see if the partitions that you want to capture have drive letters assigned.

    DISKPART> list volume
    
      Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info
      ----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  --------
      Volume 0     C   Windows      NTFS   Partition    475 GB  Healthy    Boot
      Volume 1                      NTFS   Partition    554 MB  Healthy
      Volume 2         SYSTEM       FAT32  Partition    499 MB  Healthy    System
    

    割り当てられたドライブ文字をキャプチャするパーティションのいずれか持っていない場合は続行します。If any of the partitions you want to capture don’t already have a drive letter assigned, continue:

  5. お使いの PC でディスクを一覧表示します。List the disks in your PC:

    DISKPART> list disk
    
    Disk ###  Status         Size     Free     Dyn  Gpt
    --------  -------------  -------  -------  ---  ---
    Disk 0    Online          127 GB      0 B        *
    
  6. プライマリ ハード ディスクを選択します。Select the primary hard disk:

    DISKPART> select disk 0
    
  7. パーティションを表示するには。View the partitions:

    DISKPART> list partition
    
      Partition ###  Type              Size     Offset
      -------------  ----------------  -------  -------
      Partition 1    System             499 MB  1024 KB
      Partition 2    Reserved           128 MB   500 MB
      Partition 3    Primary            475 GB   628 MB
      Partition 4    Recovery           554 MB   476 GB
    
  8. ドライブ文字が必要なパーティションを選択します。Select a partition that needs a drive letter:

    DISKPART> select partition=1
    
  9. パーティションの文字を割り当てる、assign letterコマンド。Assign a letter to the partition with the assign letter command. 以下に例を示します。For example,

    DISKPART> assign letter=S
    
  10. exitWindows PE コマンド プロンプトに戻ります。Type exit to return to the Windows PE command prompt.

    DISKPART> exit
    X:\>
    

詳細については、DiskPart のコマンドラインからヘルプを参照してください。 またはDiskpart コマンド ライン構文します。For more information, see the DiskPart Help from the command line, or Diskpart Command line syntax.

手順 3:カスタマイズされた各パーティション用のイメージをキャプチャします。Step 3: Capture images for each customized partition.

  • Windows PE コマンド プロンプトでは、たとえば、カスタマイズされた各パーティションをキャプチャします。At the Windows PE command prompt, capture each customized partition, for example:

    Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\my-windows-partition.wim /CaptureDir:C:\ /Name:"My Windows partition"
    Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\my-system-partition.wim /CaptureDir:S:\ /Name:"My system partition"
    

    DISM ツールを使用してイメージをキャプチャする方法の詳細については、DISM イメージ管理コマンド ライン オプションを参照してください。For more information about using the DISM tool to capture an image, see DISM Image Management Command-Line Options.

手順 4:イメージをネットワークまたは別の安全な場所に保存します。Step 4: Save images to the network or another safe location.

  1. 外付けのドライブを接続またはなどの安全なネットワークの場所に接続します。Connect an external drive, or connect to a safe network location, for example:

    net use n: \\Server\Share
    

    メッセージが表示されたら、ネットワーク資格情報を提供します。If prompted, provide your network credentials.

  2. パーティションは、ネットワーク共有にコピーします。Copy the partitions to your network share. 以下に例を示します。For example,

    md N:\Images\
    copy C:\my-windows-partition.wim N:\Images\
    copy C:\my-system-partition.wim N:\Images\
    

イメージを適用します。Apply the images

手順 1:パーティションを適用するための準備します。Step 1: Prepare to apply partitions

  1. Windows PE を使用して変換先デバイスを起動します。Start your destination device by using Windows PE.

  2. 外付けのドライブを接続またはなどの安全なネットワークの場所に接続します。Connect an external drive, or connect to a safe network location, for example:

    net use n: \\Server\Share
    

    メッセージが表示されたら、ネットワーク資格情報を提供します。If prompted, provide your network credentials.

  3. ハード ドライブをワイプし、新しいパーティションを作成します。Wipe the hard drive and create new partitions.

    複数のデバイスに適用するには、スクリプトに Diskpart コマンドを保存し、新しい各デバイス上で実行します。To apply to multiple devices, save the Diskpart commands into a script and run them on each new device. 例については、Configure UEFI/GPT-Based のハード ドライブ パーティションまたはConfigure BIOS/MBR-Based のハード ドライブ パーティションを参照してください。For examples, see Configure UEFI/GPT-Based Hard Drive Partitions or Configure BIOS/MBR-Based Hard Drive Partitions. 以下に例を示します。Example:

    diskpart /s D:\CreatePartitions-UEFI.txt
    

    ここで、d: は、USB フラッシュ ドライブまたはその他のファイルの保存場所です。Where D: is a USB flash drive or other file storage location.

    これらのDiskPart例については、パーティション、文字の割り当ては。システム = S、Windows、W キーと回復の = = R です。In these DiskPart examples, the partitions are assigned the letters: System=S, Windows=W, and Recovery=R.

    W、ドライブ文字の競合を回避するなど、アルファベットの最後近くにある文字には、Windows ドライブ文字を変更します。Change the Windows drive letter to a letter that’s near the end of the alphabet, such as W, to avoid drive letter conflicts. このドライブ文字が予約されている Windows PE のため、X を使用しないでください。Do not use X, because this drive letter is reserved for Windows PE. デバイスの再起動後、Windows パーティションには文字 C が割り当てられますが、他のパーティションにはドライブ文字が割り当てられません。After the device reboots, the Windows partition is assigned the letter C, and the other partitions don’t receive drive letters.

    コンピューターを再起動する場合 Windows PE を再割り当てのディスク文字アルファベット順に、Windows セットアップでは、構成に関係なく、C で始まります。If you reboot, Windows PE reassigns disk letters alphabetically, starting with the letter C, without regard to the configuration in Windows Setup. この構成は、USB フラッシュ ドライブなど、別のドライブの存在に基づいて変更できます。This configuration can change based on the presence of different drives, such as USB flash drives.

  4. 高パフォーマンス電源設定を設定して、イメージのキャプチャを省略可能: 速度:Optional: speed up the image capture by setting the power scheme to High performance:

    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c
    

手順 2:パーティションを適用します。Step 2: Apply the partitions

  1. Windows とデータ パーティション: イメージの適用例。Windows and data partitions: Apply the image(s), example:

    dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-windows-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:W:\
    

    w: は、Windows パーティションです。where W: is the Windows partition.

  2. システム パーティション: 方法があります。System partition: You can either:

    • BCDBoot ツールを使用して、システム パーティションを構成します。Configure the system partition by using the BCDBoot tool. このツールは、コピーし、Windows のパーティションからファイルを使用してシステム パーティション ファイルを構成します。This tool copies and configures system partition files by using files from the Windows partition. 次に、例を示します。For example:

      W:\Windows\System32\bcdboot W:\Windows /s S:
      

      またはor:

    • カスタム イメージを適用します。Apply a custom image

      dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-system-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:S:\
      

      %S: のシステム パーティションがあります。Where S: is the system partition

  3. 復旧パーティション:Recovery partition:

    a. a. 方法があります。You can either:

    • 回復ツールのパーティションには、Windows 回復環境 (RE) ツールをコピーします。Copy the Windows Recovery Environment (RE) tools into the recovery tools partition.

      md R:\Recovery\WindowsRE
      copy W:\Windows\System32\Recovery\winre.wim R:\Recovery\WindowsRE\winre.wim
      

      R: が復旧パーティションをWhere R: is the recovery partition

    またはor:

    • カスタム イメージを適用します。Apply a custom image

      dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-recovery-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:R:\
      

    b. b. 回復ツールの場所を登録し、Diskpart を使用して復旧パーティションを非表示にします。Register the location of the recovery tools, and hide the recovery partition using Diskpart. 使用することができます、サンプル スクリプト手順を手動で実行します。You can use our sample script or perform the steps manually:

    W:\Windows\System32\reagentc /setreimage /path R:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    UEFI の Diskpart 手順:Diskpart steps for UEFI:

    set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
    gpt attributes=0x8000000000000001
    

    BIOS の Diskpart 手順:Diskpart steps for BIOS:

    set id=27
    

手順 3:機能したことを確認します。Step 3: Verify that it worked

デバイスを再起動 (exit)。Reboot the device (exit). Windows を起動する必要があります。Windows should boot.

注意

デバイスが起動しない場合 (たとえば、エラー メッセージを受信する場合。Bootmgr は見つかりませんでした。CTRL + ALT + DEL キーを押して) システム パーティションを設定するための手順を確認します。If the device doesn't boot, (for example, if you receive the error message: Bootmgr not found. Press CTRL+ALT+DEL) check the steps for setting up the system partition:

  • 参照してくださいBCDBoot コマンド ライン オプションシステム パーティションにブート ファイルをコピーする方法の詳細。See BCDBoot command-line options for more info about copying boot files to the system partition.
  • システム パーティションがアクティブに設定されていることを確認するには、DiskPart ツールを使用します。Use the DiskPart tool to check to make sure that the system partition is set to Active.

新しいユーザーは、experience (OOBE) の出力を完了し、復旧パーティションを確認してください。Complete the out of box experience (OOBE) as a new user, and check the recovery partition:

  • ファイル エクスプ ローラーを復旧パーティションが表示されないことを確認するにはCheck that in File Explorer that the Recovery partition is not visible.

  • パーティションが存在するかを右クリックしてビュー開始選択ディスクの管理、または diskpart を使用して (管理者としてコマンド プロンプトを開き > diskpart > select disk 0 > list partition > exit).View the partitions exist, either by right-clicking Start and selecting Disk Management, or by using diskpart (Open a command prompt as an administrator > diskpart > select disk 0 > list partition > exit).

関連トピックRelated topics

UEFI GPT ベースのハード ドライブのパーティションを構成します。Configure UEFI/GPT-Based Hard Drive Partitions

BIOS MBR ベースのハード ドライブのパーティションを構成します。Configure BIOS/MBR-Based Hard Drive Partitions

BCDboot コマンド ライン オプションBCDboot Command-Line Options

REAgentC コマンド ライン オプションREAgentC Command-Line Options