DiskPart コマンドDiskPart commands

適用先:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、windows server 2008 R2、Windows Server 2008Applies To: Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008

DiskPart コマンドを使用すると、PC のドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、または仮想ハードディスク) を管理できます。DiskPart commands help you to manage your PC's drives (disks, partitions, volumes, or virtual hard disks). DiskPart コマンドを使用するには、まず、オブジェクトを一覧表示してから、フォーカスを与えるオブジェクトを選択する必要があります。Before you can use DiskPart commands, you must first list, and then select an object to give it focus. オブジェクトにフォーカスがある場合、入力した DiskPart コマンドはそのオブジェクトに対して動作します。When an object has focus, any DiskPart commands that you type will act on that object.

List disk、list volume、list partition、およびlist vdiskコマンドを使用して、使用可能なオブジェクトの一覧を表示し、オブジェクトの番号またはドライブ文字を特定できます。You can list the available objects and determine an object's number or drive letter by using the list disk, list volume, list partition, and list vdisk commands. List disk、list vdisk 、およびlist volumeコマンドは、コンピューター上のすべてのディスクとボリュームを表示します。The list disk, list vdisk and list volume commands display all disks and volumes on the computer. ただし、 list partitionコマンドは、フォーカスのあるディスク上のパーティションのみを表示します。However, the list partition command only displays partitions on the disk that has focus. Listコマンドを使用すると、フォーカスがある*オブジェクトの横にアスタリスク () が表示されます。When you use the list commands, an asterisk (*) appears next to the object with focus.

オブジェクトを選択すると、別のオブジェクトを選択するまでフォーカスがそのオブジェクトに残ります。When you select an object, the focus remains on that object until you select a different object. たとえば、フォーカスがディスク0に設定されていて、ディスク2で [ボリューム 8] を選択した場合、フォーカスはディスク0からディスク2のボリューム8に移ります。For example, if the focus is set on disk 0 and you select volume 8 on disk 2, the focus shifts from disk 0 to disk 2, volume 8. 一部のコマンドでは、フォーカスが自動的に変更されます。Some commands automatically change the focus. たとえば、新しいパーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しいパーティションに切り替わります。For example, when you create a new partition, the focus automatically switches to the new partition.

選択したディスクのパーティションにのみフォーカスを移すことができます。You can only give focus to a partition on the selected disk. パーティションにフォーカスがある場合、関連するボリューム (存在する場合) にもフォーカスがあります。When a partition has focus, the related volume (if any) also has focus. ボリュームにフォーカスがある場合、関連するディスクとパーティションには、ボリュームが1つの特定のパーティションにマップされている場合にもフォーカスがあります。When a volume has focus, the related disk and partition also have focus if the volume maps to a single specific partition. そうでない場合は、ディスクとパーティションにフォーカスが失われます。If this is not the case, focus on the disk and partition is lost.

DiskPart コマンドDiskPart commands

DiskPart コマンドインタープリターを起動するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。To start the DiskPart command interpreter, at the command prompt type:

diskpart

重要

DiskPart を実行するには、ローカルのAdministratorsグループのメンバーシップ、またはそれと同等のメンバーシップが最低限必要です。Membership in the local Administrators group, or equivalent, is the minimum required to run DiskPart.

Diskpart コマンドインタープリターでは、次のコマンドを実行できます。You can run the following commands in the Diskpart command interpreter:

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

Windows PowerShell の記憶域コマンドレットStorage Cmdlets in Windows PowerShell