vdisk をアタッチします。attach vdisk

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

(とも呼ばれるマウントまたはアタッチ サーフェス) 仮想ハード_ディスク (VHD) としてローカル ハード ディスク ドライブをホスト コンピューター上に表示されるようにします。attaches (sometimes called mounts or surfaces) a virtual hard disk (VHD) so that it appears on the host computer as a local hard disk drive. VHD は、アタッチするには、ディスク パーティションとファイル システムのボリュームを既に持っている場合、vhd のボリュームにドライブ文字が割り当てられます。If the VHD already has a disk partition and file system volume when you attach it, the volume inside the VHD is assigned a drive letter.

注意

このコマンドは、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 に該当するだけです。This command is only applicable to Windows 7 and Windows Server 2008 R2.

構文Syntax

attach vdisk [readonly] { [sd=<SDDL>] | [usefilesd] } [noerr]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
読み取り専用readonly 読み取り専用として VHD をアタッチします。attaches the VHD as read-only. すべての書き込み操作を返します。 エラー。Any write operation returns an error.
sd=sd= VHD 上で、ユーザー フィルターを設定します。Sets the user filter on the VHD. フィルター文字列は、セキュリティ記述子定義言語 (SDDL) 形式である必要があります。The filter string must be in the Security Descriptor Definition Language (SDDL) format. 既定では、ユーザー フィルターは、物理ディスク上のようなへのアクセスを許可します。By default the user filter allows access like on a physical disk.

SDDL 文字列が複雑になることができますが、最も単純な形式では、アクセスを保護するセキュリティ記述子は随意アクセス制御リスト (DACL) と呼ばれます。SDDL strings can be complex, but in its simplest form, a security descriptor that protects access is known as a discretionary access control list (DACL). 形式には。D: < dacl_flags >< string_ace1 >< string_ace2 >.< string_acen >It is of the form: D:<dacl_flags><string_ace1><string_ace2>... <string_acen>

DACL の一般的なフラグは次のとおりです。Common DACL flags are:

- Aアクセスを許可します。- A Allow access
- Dアクセスを拒否します。- D Deny access

一般的な権限は次のとおりです。Common rights are:

- GAのすべてのアクセス- GA All access
- GR読み取りアクセス- GR Read access
- GW書き込みアクセス- GW Write access

共通のユーザー アカウントは次のとおりです。Common user accounts are:

- BA管理者に組み込まれています- BA Built in administrators
- オーストラリア認証されたユーザー- AU Authenticated users
- CO Creator owner- CO Creator owner
- WD -すべてのユーザー- WD - Everyone

例:Examples:

D:P:(A;;GR;;オーストラリアにより、すべての認証済みユーザーに読み取りアクセスD:P:(A;;GR;;;AU gives read-access to all authenticated users

D:P:(A;;GA;;WD全員の完全なアクセスD:P:(A;;GA;;;WD gives everyone full acces
usefilesdusefilesd VHD 上で、.vhd ファイルのセキュリティ記述子を使用することを指定します。Specifies that the security descriptor on the .vhd file should be used on the VHD. 場合、 Usefilesdパラメーターが指定されていないを指定しない場合、VHD は、明示的なセキュリティ記述子をありません、 Sdパラメーター。If the Usefilesd parameter is not specified, the VHD will not have an explicit security descriptor unless it is specified with the Sd parameter.
noerrnoerr スクリプトのみに使用されます。Used for scripting only. エラーが発生すると、DiskPart は、エラーが発生しなかったかのようにコマンドを処理し続けます。When an error is encountered, DiskPart continues to process commands as if the error did not occur. このパラメーターは、エラー発生すると、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。Without this parameter, an error causes DiskPart to exit with an error code.

注釈Remarks