Windows、システム、復旧パーティションのキャプチャと適用

WIM 形式を使用して Windows を展開し、カスタマイズされたパーティション、カスタマイズされたシステム パーティション、または追加のユーティリティ パーティションを使用する場合は、新しい PC に適用する正しいパーティションをキャプチャする方法について学習しましょう。

:

  • カスタム パーティションは必要ない場合は、通常、Windows パーティションをキャプチャした後、そのイメージのファイルを使用して、ドライブ上の残りのパーティションを設定できます。 詳細については、「単一の WIM ファイルを使用した Windows のキャプチャと適用」を参照してください。

  • FFU はドライブの全内容をキャプチャするので、個々のパーティションのキャプチャと構成について考慮する必要はありません。

カスタマイズされたパーティションをキャプチャする

手順 1: キャプチャするパーティションを決定する

次の表は、キャプチャする必要があるパーティションの種類と、自動的に管理されるパーティションを示しています。

UEFI と BIOS の両方のシステムを展開する場合は、UEFI ベースのデバイスと BIOS ベースのデバイス間でプライマリ パーティションと論理パーティションを再利用できますが、他の種類のパーティションは再利用できません。

パーティションの種類 このパーティションをキャプチャする必要があるかどうか UEFI および BIOS ファームウェアで同じ WIM を再利用できるかどうか
システム パーティション (EFI システム パーティションまたは BIOS システム パーティション) 任意。 単純なパーティション ファイルのセットだけが必要な場合は、このパーティションをキャプチャする必要はありません。 No
Microsoft 予約パーティション (MSR) いいえ いいえ
プライマリ パーティション (Windows パーティション、追加したデータまたはユーティリティ パーティション) はい はい
回復パーティション 任意。 このパーティションのカスタマイズを行っていない場合は、キャプチャする必要はありません。 No
拡張パーティション いいえ いいえ
論理パーティション (Windows パーティション、追加したデータまたはユーティリティ パーティション) はい はい

手順 2: パーティションをキャプチャする準備をする

  1. Windows イメージを起動した場合は、他のデバイスに展開できるようイメージを一般化します。 詳細については、「Windows インストールの Sysprep (一般化)」をご覧ください。

  2. Windows PE を使用して参照デバイスを起動します。

  3. Windows PE コマンド プロンプトに diskpart と入力して DiskPart ツールを開きます。

    X:> diskpart
    DISKPART>
    
  4. キャプチャするパーティションにドライブ文字が割り当てられていることを確認します。

    DISKPART> list volume
    
      Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info
      ----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  --------
      Volume 0     C   Windows      NTFS   Partition    475 GB  Healthy    Boot
      Volume 1                      NTFS   Partition    554 MB  Healthy
      Volume 2         SYSTEM       FAT32  Partition    499 MB  Healthy    System
    

    キャプチャするパーティションにドライブ文字が割り当てられていない場合は、次の処理を続行します。

  5. PC 上のディスクを一覧表示します。

    DISKPART> list disk
    
    Disk ###  Status         Size     Free     Dyn  Gpt
    --------  -------------  -------  -------  ---  ---
    Disk 0    Online          127 GB      0 B        *
    
  6. プライマリ ハード ディスクを選択します。

    DISKPART> select disk 0
    
  7. パーティションを表示します。

    DISKPART> list partition
    
      Partition ###  Type              Size     Offset
      -------------  ----------------  -------  -------
      Partition 1    System             499 MB  1024 KB
      Partition 2    Reserved           128 MB   500 MB
      Partition 3    Primary            475 GB   628 MB
      Partition 4    Recovery           554 MB   476 GB
    
  8. ドライブ文字が必要なパーティションを選択します。

    DISKPART> select partition=1
    
  9. assign letter コマンドを使用してパーティションに文字を割り当てます。 たとえば、

    DISKPART> assign letter=S
    
  10. exit と入力して、Windows PE コマンド プロンプトに戻ります。

    DISKPART> exit
    X:\>
    

詳細については、コマンド ラインから DiskPart ヘルプを確認するか、Diskpart コマンド ライン構文に関するページを参照してください。

手順 3: カスタマイズされたパーティションごとにイメージをキャプチャする。

  • Windows PE コマンド プロンプトで、カスタマイズされた各パーティションをキャプチャします。次に例を示します。

    Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\my-windows-partition.wim /CaptureDir:C:\ /Name:"My Windows partition"
    Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\my-system-partition.wim /CaptureDir:S:\ /Name:"My system partition"
    

    DISM ツールを使用してイメージをキャプチャする方法の詳細については、「DISM イメージ管理のコマンド ライン オプション」を参照してください。

手順 4: ネットワーク上または別の安全な場所にイメージを保存する。

  1. 外部ドライブを接続するか、イメージを安全に保存できるネットワークの場所に接続します。次に例を示します。

    net use n: \\Server\Share
    

    メッセージが表示されたら、ネットワーク資格情報を入力します。

  2. ネットワーク共有にパーティションをコピーします。 たとえば、

    md N:\Images\
    copy C:\my-windows-partition.wim N:\Images\
    copy C:\my-system-partition.wim N:\Images\
    

イメージを適用する

手順 1: パーティションを適用する準備をする

  1. Windows PE を使用して目的のデバイスを起動します。

  2. 外部ドライブを接続するか、安全なネットワークの場所に接続します。次に例を示します。

    net use n: \\Server\Share
    

    メッセージが表示されたら、ネットワーク資格情報を入力します。

  3. ハード ドライブをワイプし、新しいパーティションを作成します。

    複数のデバイスに適用するには、Diskpart コマンドをスクリプトに保存し、これを新しい各デバイスに対して実行します。 例については、「UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションを構成する」、または「BIOS/MBR ベースのハード ドライブ パーティションを構成する」を参照してください。 例:

    diskpart /s D:\CreatePartitions-UEFI.txt
    

    D: は USB フラッシュ ドライブまたは他のファイル ストレージの場所です。

    これらの DiskPart の例では、パーティションには、CreatePartitions-UEFI.txt と CreatePartitios-BIOS.txt によって割り当てられた文字が含まれているので、System = S、Windows = W、および Recovery = R という文字が割り当てられています。

    異なるスクリプトを使用している場合は、ドライブ文字の競合を避けるために、Windows のドライブ文字をアルファベットの最後に近い文字 (W など) に変更します。 ドライブ文字 X は Windows PE のために予約されているため、このドライブ文字は使用しないでください。 デバイスの再起動後、Windows パーティションには文字 C が割り当てられますが、他のパーティションにはドライブ文字が割り当てられません。

    再起動すると、Windows セットアップ内の構成には関係なく、Windows PE によってディスク文字がアルファベット順に (文字 C から) 再割り当てされます。 この構成は、さまざまなドライブ (USB フラッシュ ドライブなど) の存在に基づいて変更される場合があります。

手順 2: パーティションを適用する

  1. Windows パーティションとデータ パーティション: イメージを適用します。例:

    dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-windows-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:W:\
    

    W: は Windows パーティションです。

  2. システム パーティション: 以下のいずれかを行うことができます。

    • BCDboot ツールを使用して、システム パーティションを構成します。 このツールは、Windows パーティションからのファイルを使用してシステム パーティション ファイルをコピーして構成します。 次に例を示します。

      W:\Windows\System32\bcdboot W:\Windows /s S:
      

      または

    • カスタム イメージを適用します

      dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-system-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:S:\
      

      S: はシステム パーティションです

  3. 回復パーティション:

    a. 次のいずれかを実行できます。

    • 回復ツール パーティションに、Windows 回復環境 (RE) ツールをコピーします。

      md R:\Recovery\WindowsRE
      copy W:\Windows\System32\Recovery\winre.wim R:\Recovery\WindowsRE\winre.wim
      

      R: は回復パーティションです

    または

    • カスタム イメージを適用します

      dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Images\my-recovery-partition.wim /Index:1 /ApplyDir:R:\
      

    b. 回復ツールの場所を登録し、Diskpart を使用して回復パーティションを非表示にします。 サンプル スクリプトを使用するか、以下のように手動で手順を実行できます。

    W:\Windows\System32\reagentc /setreimage /path R:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    UEFI 用の Diskpart の手順:

    set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
    gpt attributes=0x8000000000000001
    

    BIOS 用の Diskpart の手順:

    set id=27
    

手順 3: 機能することを確認する

デバイスを再起動します (exit)。 Windows が起動するはずです。

Note

デバイスが起動しない場合 (たとえば、次のエラー メッセージが表示された場合: Bootmgr が見つかりません。Ctrl + Alt + DEL キーを押してください) は、システム パーティションを設定する手順を確認します。

  • ブート ファイルをシステム パーティションにコピーする方法の詳細については、「BCDboot のコマンド ライン オプション」を参照してください。
  • DiskPart ツールを使用して、システム パーティションが [アクティブ] に設定されていることを確認します。

新しいユーザーとして Out of Box Experience (OOBE) を完了し、回復パーティションを確認します。

  • エクスプローラーで回復パーティションが表示されていないことを確認します。

  • [スタート] を右クリックして [ディスクの管理] を選択するか、diskpart を使用 (管理者としてコマンドプロンプトを開く >select disk 0>list partition>exit) して、パーティションが存在していることを確認します。

UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションを構成する

BIOS/MBR ベースのハード ドライブ パーティションを構成する

BCDboot のコマンド ライン オプション

REAgentC コマンド ライン オプション