以前のバージョンの Windows PE を使用した Windows 10 のインストールInstall Windows 10 using a previous version of Windows PE

孤立した プロビジョニングパッケージなど、一部の dism 機能を WinPE で使用するには、新しいバージョンの dism を別の場所から実行することができます。To use some DISM features in WinPE, such as siloed provisioning packages, you may run the latest version of DISM from a separate location.

WinPE を起動してこれらの機能を使用する場合は、DISM に必要なドライバーをインストールして構成する必要があります。これには、wimmount.sys と wofadk.sys ドライバーが含まれます。Each time you boot WinPE and want to use these features, you'll need to install and configure the drivers needed for DISM, including the wimmount.sys and wofadk.sys drivers.

CopyDandI スクリプトは、ADK のローカルインストールから、WinPE で使用できるフォルダーに DISM のバージョンをコピーします。The CopyDandI.cmd script copies the version of DISM from your local installation of the ADK to a folder which you can use in WinPE.

オプション 1: 別の場所から DISM を実行するOption 1: Run DISM from a separate location

ADK に含まれている展開およびイメージング ツールの Windows 10 バージョン 1607 に対応したバージョンが必要になります。You'll need the Windows 10, version 1607 version of the Deployment and Imaging Tools from the ADK.

重要 WinPE イメージに既にある DISM ファイルは上書きしないでください。Important Don't overwrite the existing DISM files on the WinPE image.

  1. 管理者として、[展開およびイメージング ツール環境] を開始します。Start the Deployment and Imaging Tools Environment as an administrator.

  2. テクニシャン PC で、展開およびイメージング ツールを、Windows ADK から記憶域である USB キーにコピーします。From the technician PC, copy the Deployment and Imaging Tools from the Windows ADK to the storage USB key.

    CopyDandI.cmd amd64 E:\ADKTools\amd64
    

オプション 2: DISM を WinPE RAMDisk に追加します。Option 2: Add DISM to the WinPE RAMDisk.

注: これにより、DISM イメージのサイズに約4MB が追加されるため、パフォーマンスが低下する可能性があります。Note: this will add roughly 4MB to the size of your DISM image, which may affect performance.

  1. テクニシャン PC で、windows 10 用 Windows ADK をインストールします。On your technician PC, install the Windows ADK for Windows 10.

  2. WinPE をマウントします。Mount WinPE. WinPE 2.x の場合は、ファイル ( \ ソース \ WinPE .wim) をマウントします。For WinPE 3.x, mount the file: \sources\winpe.wim. WinPE 4.x と5.x の場合は、ファイル「 \ sources boot.wim」をマウントします。 \For WinPE 4.x and 5.x, mount the file: \sources\boot.wim.

    md "C:\WinPE_amd64\mount"
    
    Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim" /index:1 /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount"
    
  3. Windows ADK の DISM フォルダーを、マウントされている WinPE イメージの新しいフォルダーにコピーします。Copy the DISM folder from the Windows ADK into a new folder in the mounted WinPE image.

    md C:\WinPE_amd64\mount\DISM
    
    robocopy "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\DISM" C:\WinPE_amd64\mount\DISM
    

    重要 WinPE イメージの system32 フォルダーにある既存の DISM ファイルは上書きしないでください。Important Don't overwrite the existing DISM files from the system32 folder in the WinPE image. 代わりに、ホストコンピューターに新しいフォルダーを作成して、Windows ADK ファイルをにコピーします。Instead, create a new folder on the host computer to copy the Windows ADK files into.

  4. WinPE をマウント解除します。Unmount WinPE.

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount" /commit
    
  5. WinPE の起動可能なメディアを作成するか、既存のリムーバブルメディアの WinPE イメージファイルを置き換えます。Create WinPE bootable media, or replace the WinPE image file on your existing removable media.

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 F:
    

新しいバージョンの DISM を使用するUse the new version of DISM

  1. 参照 PC を WinPE で起動します。Boot the reference PC to WinPE.

  2. ストレージ ドライブのドライブ文字を探します (diskpart, list volume, exit)。Find the drive letter of the storage drive (diskpart, list volume, exit).

  3. wimmountadksetupamd64.exe/install または wimmountadksetupx86.exe/install のいずれかを使用して、DISM の必要なドライバーをインストールして構成します。Install and configure DISM's required drivers by using either wimmountadksetupamd64.exe /Install or wimmountadksetupx86.exe /Install.

    W:\ADKTools\amd64\wimmountadksetupAmd64.exe /Install /q
    

    WinPE の既定 (RAMDisk) バージョンでは、WinPE を起動するたびに、このコマンドを実行する必要があります。For the default (RAMDisk) version of WinPE, you'll need to run this command each time you boot WinPE. WinPE の起動時にこのコマンドを自動的に実行する方法については、「 Wpeinit And Startnet .cmd: Winpe スタートアップスクリプトの使用」を参照してください。To learn how to run this command automatically when WinPE boots, see Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts.

  4. DISM の新しいバージョンを確認します。Verify the new version of DISM:

    W:\ADKTools\amd64\DISM.exe /?
    

    出力には、ビルド番号が示されています。次に例を示します。The output shows the build number, for example:

    Deployment Image Servicing and Management tool
    Version: 10.0.14939.0
    
  5. 新しいバージョンの DISM を使用します。Use the new version of DISM. 例:Example:

    W:\ADKTools\amd64\DISM.exe /Apply-Image /ImageFile:install.wim /Index:1 /ApplyDir:W: /Compact
    W:\ADKTools\amd64\DISM.exe /Apply-SiloedPackage /ImagePath:W:\ /PackagePath:"e:\SPPs\fabrikam-id.spp" /PackagePath:"D:\SPPs\office16_base.spp" /PackagePath:"D:\SPPs\office16_fr-fr.spp" /PackagePath:"D:\SPPs\office16_de-de.spp"
    

関連トピックRelated topics

DISM でサポートされているプラットフォームDISM Supported Platforms

WinPE: マウントとカスタマイズWinPE: Mount and Customize

ラボ 10: 孤立プロビジョニング パッケージ (SPP) を使ってデスクトップ アプリケーションと設定を追加するLab 10: Add desktop applications and settings with siloed provisioning packages (SPPs)