DISM オペレーティング システムのパッケージ (.cab または .msu) Servicing コマンド ライン オプションDISM Operating System Package (.cab or .msu) Servicing Command-Line Options

Windows のキャビネット (.cab) や Windows Update スタンドアロン インストーラー (.msu) ファイルの DISM を使用して、インストールまたは更新プログラム、サービス パック、言語パックを削除して、有効または Windows の機能を無効にします。Use DISM with Windows cabinet (.cab) or Windows Update Stand-alone Installer (.msu) files to install or remove updates, service packs, language packs, and to enable or disable Windows features. 機能は、コア オペレーティング システムのオプションのコンポーネントです。Features are optional components for the core operating system.

構文Syntax

DISM.exe {/Image:<path_to_image_directory> | /Online} [dism_global_options] {servicing_option} [<servicing_argument>]

次のオペレーティング システム パッケージのサービスのオプションは、オフライン イメージに対して使用されます。The following operating system package-servicing options are available for an offline image:

DISM.exe /Image:<path_to_image_directory> [/Get-Packages | /Get-PackageInfo | /Add-Package | /Remove-Package ] [/Get-Features | /Get-FeatureInfo | /Enable-Feature | /Disable-Feature ] [/Cleanup-Image]

次のオペレーティング システム パッケージ サービスのオプションは、実行中のオペレーティング システムに対して使用されます。The following operating system package-servicing options are available for a running operating system:

DISM.exe /Online [/Get-Packages | /Get-PackageInfo | /Add-Package | /Remove-Package ] [/Get-Features | /Get-FeatureInfo | /Enable-Feature | /Disable-Feature ] [/Cleanup-Image]

オペレーティング システムのパッケージ サービス オプションOperating system package-servicing options

このセクションでは、各オペレーティング システムのパッケージ サービス オプションを使用する方法について説明します。This section describes how you can use each operating system package-servicing option. これらのオプションは大文字小文字が区別されません。These options are not case sensitive.

/Get-help/でしょうか。/Get-Help /?

パッケージ サービスのコマンド ライン オプションの後にすぐに使用する場合、オプションと引数の詳細情報が表示されます。When used immediately after a package-servicing command-line option, information about the option and the arguments is displayed.

他のトピックは、イメージを指定すると、使用可能になる可能性があります。Additional topics might become available when an image is specified.

構文:Syntax:

Dism /Get-Help 

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Add-Package /?
Dism /Online /Get-Packages /?

/Get-Packages/Get-Packages

イメージ内のすべてのパッケージに関する基本情報を表示します。Displays basic information about all packages in the image. /Format:Table または/Format:List 引数を使用すると、テーブルまたは一覧として出力を表示します。Use the /Format:Table or /Format:List argument to display the output as a table or a list.

構文:Syntax:

Dism /Get-Packages [/Format:{Table | List}]

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Get-Packages
Dism /Image:C:\test\offline /Get-Packages /Format:Table
Dism /Online /Get-Packages

/Get-PackageInfo/Get-PackageInfo

詳細については、.cab ファイルとして提供されているパッケージを表示します。Displays detailed information about a package provided as a .cab file. .Cab ファイルのみを指定することができます。Only .cab files can be specified. このコマンドを使用して、.msu ファイルのパッケージ情報を取得することはできません。You cannot use this command to obtain package information for .msu files. /PackagePath は、.cab ファイルまたはフォルダーのいずれかを指定できます。/PackagePath can point to either a .cab file or a folder.

/Get-Packages オプションを使用するには、イメージのパッケージの名前を検索するか、.cab ファイルへのパスを指定できます。You can use the /Get-Packages option to find the name of the package in the image, or you can specify the path to the .cab file. パッケージの元のソースにではなく、オフライン イメージ上のファイルがインストールされている、.cab ファイルへのパスをポイントする必要があります。The path to the .cab file should point to the original source of the package, not to where the file is installed on the offline image.

構文:Syntax:

Dism /Get-PackageInfo {/PackageName:<name_in_image> | /PackagePath:<path_to_cabfile>}

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Get-PackageInfo /PackagePath:C:\packages\package.cab
Dism /Image:C:\test\offline /Get-PackageInfo /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0

/-パッケージの追加/Add-Package

イメージの指定された .cab または .msu パッケージをインストールします。Installs a specified .cab or .msu package in the image. ターゲット イメージが、マウントまたは適用オフラインの場合にのみ、.msu パッケージはサポートされています。An .msu package is supported only when the target image is offline, either mounted or applied.

1 つのコマンド ラインでは、複数のパッケージを追加できます。Multiple packages can be added on one command line. 各パッケージの適用性がチェックされます。The applicability of each package will be checked. パッケージは、指定したイメージに適用することはできない場合、エラー メッセージが表示されます。If the package cannot be applied to the specified image, you will receive an error message. 各パッケージの適用性をチェックせずに処理するコマンドを追加する場合は、/IgnoreCheck 引数を使用します。Use the /IgnoreCheck argument if you want the command to process without checking the applicability of each package.

/PreventPending オプションを使用すると、オンライン操作保留中のパッケージまたは Windows イメージがある場合は、パッケージのインストールをスキップします。Use the /PreventPending option to skip the installation of the package if the package or Windows image has pending online actions. (Windows 8/Windows PE 4.0 で導入されました)。(Introduced in Windows 8/Windows PE 4.0).

/PackagePath を指すことができます。/PackagePath can point to:

  • 1 つの .cab または .msu ファイル。A single .cab or .msu file.

  • 1 つの展開された .cab ファイルを格納するフォルダー。A folder that contains a single expanded .cab file.

  • 1 つの .msu ファイルを格納するフォルダー。A folder that contains a single .msu file.

  • 複数の .cab または .msu ファイルを格納するフォルダー。A folder that contains multiple .cab or .msu files.

メモNotes  

  • /PackagePath は、そのルートにある .cab または .msu ファイルを含むフォルダーをポイントしている場合は、すべてのサブフォルダーは .cab および .msu ファイルのチェックを再帰的にもできます。If /PackagePath points to a folder that contains a .cab or .msu files at its root, any subfolders will also be recursively checked for .cab and .msu files.
  • /-パッケージの追加パッケージの適用性と依存関係の完全なチェックは実行されません。/Add-Package doesn't run a full check for a package's applicability and dependencies. 依存関係を使用してパッケージを追加する場合は、パッケージを追加すると、すべての依存関係がインストールされていることを確認します。If you're adding a package with dependencies, make sure that all dependencies are installed when you add the package.

構文:Syntax:

Dism /Add-Package /PackagePath:<path_to_cabfile> [/IgnoreCheck] [/PreventPending]

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.msu
Dism /Image:C:\test\offline /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package1.cab /PackagePath:C:\packages\package2.cab /IgnoreCheck
Dism /Image:C:\test\offline /Add-Package /PackagePath:C:\test\packages\package.cab /PreventPending

/Remove-Package/Remove-Package

指定された .cab ファイルのパッケージをイメージから削除します。Removes a specified .cab file package from the image. .Cab ファイルのみを指定することができます。Only .cab files can be specified. このコマンドを使用して、.msu ファイルを削除することはできません。You cannot use this command to remove .msu files.

  このコマンドを使用して、オフライン イメージからパッケージを削除するイメージのサイズは縮小されません。Note   Using this command to remove a package from an offline image will not reduce the image size.

/PackagePath オプションを使用するには、パッケージの元のソースをポイントし、CAB ファイルへのパスを指定するか、イメージに表示されている名前でパッケージを指定することができます。You can use the /PackagePath option to point to the original source of the package, specify the path to the CAB file, or you can specify the package by name as it is listed in the image. イメージのパッケージの名前を検索するのにには、/Get-Packages オプションを使用します。Use the /Get-Packages option to find the name of the package in the image.

構文:Syntax:

/Remove-Package {/PackageName:<name_in_image> | /PackagePath:<path_to_cabfile>}

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /LogPath:C:\test\RemovePackage.log /Remove-Package /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0
Dism /Image:C:\test\offline /LogPath:C:\test\RemovePackage.log /Remove-Package /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0 /PackageName:Microsoft-Windows-MediaPlayer-Package~31bf3856ad364e35~x86~~6.1.6801.0
Dism /Image:C:\test\offline /LogPath:C:\test\RemovePackage.log /Remove-Package /PackagePath:C:\packages\package1.cab /PackagePath:C:\packages\package2.cab

/取得機能/Get-Features

パッケージ内の (省略可能な Windows foundation の機能が含まれているオペレーティング システム コンポーネント) のすべての機能に関する基本情報を表示します。Displays basic information about all features (operating system components that include optional Windows foundation features) in a package. /Get-Features オプションを使用するには、イメージのパッケージの名前を検索するか、パッケージの元のソースへのパスを指定できます。You can use the /Get-Features option to find the name of the package in the image, or you can specify the path to the original source of the package. パッケージの名前またはパスを指定しない場合は、イメージ内のすべての機能が表示されます。If you do not specify a package name or path, all features in the image will be listed. /PackagePath は、.cab ファイルまたはフォルダーのいずれかを指定できます。/PackagePath can point to either a .cab file or a folder.

機能名が小文字以外は、Windows 8、Windows イメージをサービスする場合です。Feature names are case sensitive if you are servicing a Windows image other than Windows 8.

/Format:Table または/Format:List 引数を使用すると、テーブルまたは一覧として出力を表示します。Use the /Format:Table or /Format:List argument to display the output as a table or a list.

構文:Syntax:

/Get-Features {/PackageName:<name_in_image> | /PackagePath:<path_to_cabfile>} [/Format:{Table | List}]

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Get-Features
Dism /Image:C:\test\offline /Get-Features /Format:List
Dism /Image:C:\test\offline /Get-Features /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0
Dism /Image:C:\test\offline /Get-Features /PackagePath:C:\packages\package1.cab

/Get-FeatureInfo/Get-FeatureInfo

機能に関する詳細な情報を表示します。Displays detailed information about a feature. /FeatureName を使用する必要があります。You must use /FeatureName. 機能名で大文字小文字が区別 Windows 10 または Windows 以外の Windows イメージをサービスする場合は 8.x します。Feature names are case sensitive if you are servicing a Windows image other than Windows 10 or Windows 8.x. /Get-Features オプションを使用すると、イメージ内の機能の名前を確認します。You can use the /Get-Features option to find the name of the feature in the image.

/Packagename:/PackagePath オプションとはパッケージ内で特定の機能を検索するために使用できます。/PackageName and /PackagePath are optional and can be used to find a specific feature in a package.

構文:Syntax:

/Get-FeatureInfo /FeatureName:<name_in_image> [{/PackageName:<name_in_image> | /PackagePath:<path_to_cabfile>}]

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Get-FeatureInfo /FeatureName:Hearts
Dism /Image:C:\test\offline /Get-FeatureInfo /FeatureName:Hearts /PackagePath:C:\packages\package.cab

/機能を有効にします。/Enable-Feature

有効またはイメージ内の指定した機能を更新します。Enables or updates the specified feature in the image. /FeatureName オプションを使用する必要があります。You must use the /FeatureName option. 機能名が小文字以外は、Windows 8、Windows イメージをサービスする場合です。Feature names are case sensitive if you are servicing a Windows image other than Windows 8. /Get-Features オプションを使用すると、イメージ内の機能の名前を確認します。Use the /Get-Features option to find the name of the feature in the image.

同じ親パッケージを共有する機能の 1 つのコマンド ラインでは、/FeatureName オプションを複数回指定できます。You can specify the /FeatureName option multiple times in one command line for features that share the same parent package.

パッケージが Windows Foundation パッケージの場合は、/PackageName オプションを使用して、パッケージ名を指定する必要はありません。You do not have to specify the package name using the /PackageName option if the package is a Windows Foundation Package. それ以外の場合、/PackageName を使用して、機能の親パッケージを指定します。Otherwise, use /PackageName to specify the parent package of the feature.

復元し、以前のイメージから削除された機能を有効にできます。You can restore and enable a feature that has previously been removed from the image. /Source 引数を使用すると、この機能を復元するのにために必要なファイルの場所を指定します。Use the /Source argument to specify the location of the files that are required to restore the feature. ファイルのソースは、たとえば c:\test\mount\Windows、マウントされたイメージで Windows のフォルダーでことができます。The source of the files can by the Windows folder in a mounted image, for example c:\test\mount\Windows. Z:\sources\SxS など、ファイルのソースとして、Windows のサイド バイ サイドでフォルダーを使用することもできます。You can also use a Windows side-by-side folder as the source of the files, for example z:\sources\SxS.

/Source の複数の引数を指定する場合、ファイルが見つかったおよび場所の残りの部分は無視されますは、最初の位置から収集されます。If you specify multiple /Source arguments, the files are gathered from the first location where they are found and the rest of the locations are ignored. または、レジストリの既定の場所の使用を/Source が削除された機能を指定しない場合は、オンラインのイメージでは、Windows Update (WU) が使用されます。If you do not specify a /Source for a feature that has been removed, the default location in the registry is used or, for online images, Windows Update (WU) is used.

/LimitAccess を使用して、DISM がオンライン イメージの WU を接続しないようにします。Use /LimitAccess to prevent DISM from contacting WU for online images.

使用/すべて指定した機能のすべての親機能を有効にします。Use /All to enable all parent features of the specified feature.

/Source、/LimitAccess、およびすべての引数は、Windows 10、Windows で使用できる/8.x、および 4.0 の上の Windows PE イメージ。The /Source, /LimitAccess, and /All arguments can be used with Windows 10, Windows 8.x, and Windows PE images above 4.0.

構文:Syntax:

/Enable-Feature /FeatureName:<name_in_image> [/PackageName:<name_in_image>] [/Source: <source>] [/LimitAccess] [/All]

例:Examples:

Dism /Online /Enable-Feature /FeatureName:Hearts /All
Dism /Online /Enable-Feature /FeatureName:Calc /Source:c:\test\mount\Windows /LimitAccess
Dism /Image:C:\test\offline /Enable-Feature /FeatureName:Calc /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0

/機能を無効にします。/Disable-Feature

イメージの指定した機能を無効にします。Disables the specified feature in the image. /FeatureName オプションを使用する必要があります。You must use the /FeatureName option. 機能名が小文字以外は、Windows 8、Windows イメージをサービスする場合です。Feature names are case sensitive if you are servicing a Windows image other than Windows 8. /Get-Features オプションを使用すると、イメージ内の機能の名前を確認します。Use the /Get-Features option to find the name of the feature in the image.

同じ親パッケージの機能の 1 つのコマンド ラインでは、/FeatureName を複数回指定できます。You can specify /FeatureName multiple times in one command line for features in the same parent package.

/PackageName オプションを使用して、パッケージがある場合、パッケージ名を指定する必要はありません Windows Foundation パッケージ。You do not have to specify the package name using the /PackageName option if it the package is a Windows Foundation Package. それ以外の場合、/PackageName を使用して、機能の親パッケージを指定します。Otherwise, use /PackageName to specify the parent package of the feature.

フィーチャーのマニフェストをイメージから削除せずに機能を削除するのにには、/remove と入力しを使用します。Use /Remove to remove a feature without removing the feature's manifest from the image. このオプションを使用することができますのみ Windows 10、Windows で使用できる 8.x、および 4.0 の上の Windows PE イメージ。This option can only be used can be used with Windows 10, Windows 8.x, and Windows PE images above 4.0. 「削除」/Get-FeatureInfo を使用して表示する機能の詳細および復元でき、/Enable-Feature を/Source オプションを使用して有効になっている機能が表示されます。The feature will be listed as "Removed" when you use /Get-FeatureInfo to display feature details and can be restored and enabled using /Enable-Feature with the /Source option.

構文:Syntax:

/Disable-Feature /FeatureName:<name_in_image> [/PackageName:<name_in_image>] [/Remove]

例:Examples:

*Dism /Online /Disable-Feature /FeatureName:Hearts
Dism /Image:C:\test\offline /Disable-Feature /FeatureName:Calc /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86~en~1.0.0.0

/イメージのクリーンアップ/Cleanup-Image

イメージのクリーンアップや回復の操作を実行します。Performs cleanup or recovery operations on the image. /AnalyzeComponentStore と/ResetBase 5.0 上の Windows 10、Windows 8.1、および Windows PE イメージを使用できます。/AnalyzeComponentStore and /ResetBase can be used with Windows 10, Windows 8.1, and Windows PE images above 5.0. 以降では、Windows 10 バージョン 1607、/ResetBase で/Defer を指定できます。Beginning with Windows 10, version 1607, you can specify /Defer with /ResetBase. ただし、DISM /Resetbase が完了までに 30 分以上かかる場合にのみ、工場出荷時のオプションとして /Deferを使用することをお勧めします。But we highly recommend you only use /Defer as an option in the factory where DISM /Resetbase requires more than 30 minutes to complete. /Windows 10、Windows で使用できる StartComponentCleanup 8.x、および 4.0 の上の Windows PE イメージ。/StartComponentCleanup can be used with Windows 10, Windows 8.x, and Windows PE images above 4.0. /Windows 10、Windows で使用できます CheckHealth、/ScanHealth、/RestoreHealth、/Source、および/LimitAccess 8.x、および 4.0 の上の Windows PE イメージ。/CheckHealth, /ScanHealth, /RestoreHealth, /Source, and /LimitAccess can be used with Windows 10, Windows 8.x, and Windows PE images above 4.0. /Windows イメージを Windows 7 Service Pack 1 (SP1) よりも前のバージョンを処理するときに、HideSP と/SPSuperseded は使用できません。/HideSP and /SPSuperseded can’t be used when servicing a version of Windows that is earlier than Windows 7 Service Pack 1 (SP1) image.

ヒント:    /ResetBase オプションの最終実行を判断するには、このレジストリ パスの下の LastResetBase_UTC レジストリ エントリを確認します。Tip   To determine when the /ResetBase option was last run, check the LastResetBase_UTC registry entry under this registry path:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component ベースのサービスHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing

構文:Syntax:

/Cleanup-Image {/RevertPendingActions | /SPSuperseded [/HideSP] | /StartComponentCleanup [/ResetBase [/Defer]] | /AnalyzeComponentStore | /CheckHealth | /ScanHealth | /RestoreHealth [/Source: <filepath>] [/LimitAccess]}
パラメーターParameter 説明Description
/RevertPendingActions/RevertPendingActions 起動エラーが発生した場合は、システムを回復しようとする/RevertPendingActions オプションを使用することができます。If you experience a boot failure, you can use the /RevertPendingActions option to try to recover the system. 操作は、これらのアクションの起動の失敗の原因可能性があるために、直前のサービス操作からのすべての保留中の操作を元に戻します。The operation reverts all pending actions from the previous servicing operations because these actions might be the cause of the boot failure. /RevertPendingActions オプションは、実行中のオペレーティング システムまたは Windows PE、Windows 回復環境 (Windows RE) イメージでサポートされていません。The /RevertPendingActions option is not supported on a running operating system or a Windows PE or Windows Recovery Environment (Windows RE) image. 重要:起動しなかった Windows イメージ上でシステム回復シナリオでのみ/RevertPendingActions オプションを使用する必要があります。Important: You should use the /RevertPendingActions option only in a system-recovery scenario on a Windows image that did not boot.
SPSupersededSPSuperseded Service pack のインストール時に作成されたバックアップ ファイルを削除します。Removes any backup files created during the installation of a service pack. /HideSP をサービス パックがインストールされている更新プログラムのコントロール パネルに表示されていることを防ぐために使用します。Use /HideSP to prevent the service pack from being listed in the Installed Updates Control Panel. /SPSuperseded 操作が完了したら、サービス パックをアンインストールできません。The service pack cannot be uninstalled after the /SPSuperseded operation is completed.
/StartComponentCleanup/StartComponentCleanup 置換対象のコンポーネントをクリーンアップし、コンポーネント ストアのサイズを縮小します。Cleans up the superseded components and reduces the size of the component store. /ResetBase を使用して、置換対象のコンポーネントは、コンポーネント ストアのサイズがさらに低下の底をリセットします。Use /ResetBase to reset the base of superseded components, which can further reduce the component store size. /ResetBase オプションで/StartComponentCleanup を実行した後、更新プログラムをアンインストールできません Windows をインストールします。Installed Windows updates can’t be uninstalled after running /StartComponentCleanup with the /ResetBase option. /ResetBase で/Defer を使用して、[次へ] の自動メンテナンスの実行時間の長いクリーンアップ操作を延期します。Use /Defer with /ResetBase to defer long-running cleanup operations to the next automatic maintenance.
/AnalyzeComponentStore/AnalyzeComponentStore コンポーネントのストアのレポートを作成します。Creates a report of the component store. レポートと、レポートに表示される情報を使用する方法の詳細については、WinSxS フォルダーの実際のサイズを調べるを参照してください。For more information about the report and how to use the information provided in the report, see Determine the Actual Size of the WinSxS Folder.
/CheckHealth/CheckHealth イメージが設定されているプロセスが失敗したによって壊れているかどうかと、破損を修復するかどうかを確認します。Checks whether the image has been flagged as corrupted by a failed process and whether the corruption can be repaired.
/ScanHealth/ScanHealth コンポーネント ストアが破損していないイメージをスキャンします。Scans the image for component store corruption. この操作では、数分をかかります。This operation will take several minutes.
/RestoreHealth/RestoreHealth コンポーネント ストアが破損していない、画像をスキャンし、自動的に修復操作を実行します。Scans the image for component store corruption, and then performs repair operations automatically. この操作では、数分をかかります。This operation will take several minutes.
/ソース/Source /RestoreHealth 既知の適切なバージョンのマウントされたイメージの Windows ディレクトリへのパスなど、修復のために使用できるファイルの場所を指定するために使用します。Used with /RestoreHealth to specify the location of known good versions of files that can be used for the repair, such as a path to the Windows directory of a mounted image.
/LimitAccess/LimitAccess DISM が Windows 更新プログラムをオンラインのイメージの修復のために接続するを防ぎます。Prevents DISM from contacting Windows Update for repair of online images.

例:Examples:

Dism /Image:C:\test\offline /Cleanup-Image /RevertPendingActions
Dism /Image:C:\test\offline /Cleanup-Image /SPSuperseded /HideSP
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:c:\test\mount\windows /LimitAccess

詳細についてを参照してください。 Windows イメージを修復します。To learn more, see Repair a Windows Image.

制限事項Limitations

  • オフライン イメージにパッケージをインストールするときにパッケージの状態は「インストール保留中」の保留中のオンライン操作です。When you are installing a package in an offline image, the package state is “install pending” because of pending online actions. つまり、パッケージは、イメージが起動され、オンラインのアクションが処理されるときにインストールされます。In other words, the package will be installed when the image is booted and the online actions are processed. 後続のアクションが要求される場合前の保留中のオンライン操作が完了するまでは処理できません。If subsequent actions are requested, they cannot be processed until the previous pending online action is completed. 保留中のオンライン操作がある場合は、パッケージのインストールをスキップする/AddPackage を使用してパッケージを追加すると、/PreventPending オプションを使用することができます。You can use the /PreventPending option when you add a package with /AddPackage to skip the installation of a package when there are pending online actions.
  • 一部のパッケージには、他のパッケージが最初にインストールする必要があります。Some packages require other packages to be installed first. 依存関係が満たされることを想定する必要があります。You should not assume that dependencies will be satisfied. 依存関係の要件がある場合は、応答ファイルを使用して、必要なパッケージをインストールする必要があります。If there are dependency requirements, you should use an answer file to install the necessary packages. DISM には、応答ファイルを渡すことによって、正しい順序で複数のパッケージをインストールできます。By passing an answer file to DISM, multiple packages can be installed in the correct order. これは、複数のパッケージをインストールするための推奨される方法です。This is the preferred method for installing multiple packages. 詳細については、の追加と削除パッケージを使用して DISM オフラインを参照してください。For more information, see Add or Remove Packages Offline Using DISM.
  • パッケージは、コマンド ラインで表示されている順序でインストールされます。Packages are installed in the order that they are listed in the command line.
  • DISM を使用して、Windows PE イメージの省略可能なコンポーネントを一覧表示、省略可能なコンポーネント常に表示されます保留中としてサービスの操作が成功した場合でもです。When using DISM to list the optional components in a Windows PE image, the optional components will always be listed as pending even when the servicing operation was successful. これは設計によるものし、ユーザーによる追加操作は必要ありません。This is by design and requires no additional action from you.

関連トピックRelated topics

DISM は何ですか。What is DISM?

DISM のイメージの管理コマンド ライン オプションDISM Image Management Command-Line Options

Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションDeployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options