offlineServicing

無人セットアップ設定をオフラインの Microsoft® Windows®イメージに適用するには、 offlineServicing 構成パスを使用します。 この構成パスでは、言語パック、更新プログラム、デバイスドライバー、またはその他のパッケージをオフラインイメージに追加できます。

offlineServicing 構成パスは Windows セットアップ中に実行されます。 セットアップは Windows イメージを抽出してインストールし、展開イメージのサービスと管理 (Dism.exe) ツールを実行します。 「」セクションに記載されているパッケージ <servicing><offlineServicing> 応答ファイルのセクションの設定は、オフライン Windows イメージに適用されます。

さらに、展開イメージのサービスと管理ツールを応答ファイルと共に使用して、 offlineServicing パスに設定を適用できます。 詳細については、「 DISM を使用した Windows イメージのサービス」を参照してください。

関連トピック

構成パスのしくみ

auditSystem

auditUser

generalize

oobeSystem

specialize

windowsPE