DISM を使用してアプリをプレインストールします。Preinstall Apps Using DISM

注意

Microsoft Store アプリをプレインストールすることに関心が、OEM がないでしょうか。Interested in preinstalling Microsoft Store apps, but you aren’t an OEM? 組織のアプリのサイドローディングの詳細については、DISM を使ってアプリをサイドロードを参照してください。For information about sideloading apps for organizations, see Sideload Apps with DISM.

このトピックでは、Windows イメージの一部として含まれているように、アプリをプレインストールする方法について説明します。This topic covers how to preinstall apps so they are included as part of a Windows image.

ヒント

アプリ (HSAs) のハードウェア サポートは、Microsoft Store アプリで、次の手順が適用されます。Hardware Support Apps (HSAs) are Microsoft Store Apps, and the following instructions apply.

アプリ パッケージを使用します。Work with app packages

オフライン イメージにアプリをプロビジョニングするには、DISM を使用します。Use DISM to offline provisioning an app into an image. Windows PowerShell の DISM コマンド プロンプトで、または DISM コマンドレットを使用できます。You can use DISM from the Command Prompt, or the DISM cmdlets in Windows PowerShell.

Windows 10 の以前のバージョンでプレインストールされているユニバーサル アプリと Microsoft Store アプリは、[スタート] メニューにピン留めする必要があります。In previous versions of Windows 10, preinstalled Universal apps and Microsoft Store apps had to be pinned to the Start menu. Windows は、プレインストールされていても、[スタート] メニューにピン留めされていないアプリを削除します。Windows would remove apps that were preinstalled but not pinned to the Start menu.

Windows 10、バージョン 1803、以降ではアプリ プレインストールできますを使用する場合は、[スタート] メニューにピン留めされていることがなくDISM /add-provisionedappxpackageで、/regionオプション。Starting with Windows 10, version 1803, apps can be preinstalled without being pinned to the Start Menu when you use DISM /add-provisionedappxpackage with the /region option. アプリをプレインストールする際に、LayoutModification.xml からアプリを終了することもでき、アプリが [スタート] メニュー タイルとして表示されることがなく正常にインストールします。When you preinstall an app, you can choose to leave the app out of your LayoutModification.xml and the app will successfully install without appearing as a Start Menu tile. リージョンの一覧が指定されていない場合は、レイアウトを開始することが固定されている場合にのみ、アプリがプロビジョニングされます。When a list of regions is NOT specified, the app will be provisioned only if it is pinned to start layout.

パッケージ ファイルを抽出します。Extract the package files

  1. パートナー ダッシュ ボードからダウンロードしたアプリ パッケージを保存したフォルダーに移動します。Browse to the folder where you saved the app packages that you downloaded from the Partner Dashboard.

  2. アプリ パッケージのファイルを格納している各 .zip フォルダーを右クリックします。Right-click each .zip folder containing your app package files. クリックしてすべて展開ファイル フォルダーにパッケージを保存する場所を選択します。Click Extract All and select a location to save the package file folders.

    フォルダーには、メイン パッケージ、依存関係パッケージ、およびライセンス ファイルを含む、パッケージのアンパックされたファイルのすべてが含まれています。The folder contains the all of the unpacked files for the package, including a main package, any dependency packages, and the license file.

重要

パッケージ ファイルを抽出したら、フォルダーを変更しないでください。Don't modify the folder once you have extracted the package files. 変更、追加、またはフォルダーにファイルを削除する場合は、アプリをインストール中にエラーが発生または起動します。If you change, add, or remove any files in the folder, the app will fail either during installation or launch. でも、フォルダーの参照と、問題が発生する可能性があります。Even browsing the folder may cause problems.

パッケージ ファイルからのライセンス ファイルを使用して、プロビジョニング済みのイメージをテストする必要があります。You’ll need to use the license file from the package files to test your provisioned image. 独自のカスタム データ ファイルの作成の場合、OEM からプレインストールされているアプリを正確にテストすることはできません。Creating your own custom data file will not allow you to accurately test an app preinstalled by an OEM.

オフライン プロビジョニング用のアプリのイメージに、Windows PowerShell で、Dism.exe ツールまたは DISM コマンドレットを使用アンパックされたファイルのフォルダーからアプリを追加することができます。For offline provisioning of an app into an image, you can use either the Dism.exe tool or the DISM cmdlets in Windows PowerShell to add an app from a folder of unpacked files.

DISM を使って Microsoft Store で署名されたアプリのプレインストールPreinstall a Microsoft Store-signed app with DISM

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。Open the Command Prompt as administrator.

  2. サービスにするの Windows イメージをマウントします。Mount a Windows image for that you want to service:

    Dism /Mount-Image /ImageFile:c:\images\myimage.wim /Index:1 /mountdir:c:\test\offline
    
  3. アプリは、マウントされたイメージを追加します。Add the app to the mounted image. 使用して、/PackagePath/DependencyPackagePathオプション。Use the /PackagePath and /DependencyPackagePath options.

    • Packagepath .appx バンドルまたはパッケージ ファイルのパスです。Packagepath is the path to the .appx bundle or package file
    • DependencyPackagePath 各依存関係パッケージを指定するためのパスです。DependencyPackagePath is the path for specifying each dependency package. 1 つのコマンドは、複数の依存関係があることができます。You can have more than one dependency per command.
    • Windows 10、バージョン 1803 で新しい:使用して、Regionアプリを追加するときのオプションします。New in Windows 10, version 1803: Use the Region option when adding apps. Region [スタート] メニューにアプリをピン留めすることがなくアプリを追加することができます。Region allows you to add an app without having to pin the app to the Start Menu.
    Dism /Image:c:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:c:\downloads\package.appxbundle /DependencyPackagePath:c:\downloads\dependency1.appx /DependencyPackagePath:c:\downloads\dependency2.appx /LicensePath=c:\downloads\package_License1.xml /region=all"
    

    参照してくださいDISM アプリ パッケージのコマンド ライン オプションをサービスアプリ パッケージの使用方法については、新しい/地域のオプションを含む.See DISM app package servicing command-line options for information about working with app packages, including the new /region option..

  4. [スタート] メニューにアプリをピン留めします。Pin the app to the Start Menu.

  5. 変更を保存し、イメージのマウントを解除します。Save changes and unmount the image. コマンド プロンプトで、次のように入力します。At the command prompt, type:

    Dism /Unmount-Image /mountdir:c:\test\offline /commit
    

注意

Microsoft Store アプリは、監査モードで実行しないでください。Microsoft Store apps don't run in audit mode. デプロイをテストするには、Windows を実行し、新しいユーザー プロファイルを作成します。To test your deployment, run Windows and create a new user profile. 監査モードの詳細については、監査モードの概要を参照してください。For more information about audit mode, see Audit mode overview.

重要な  モバイル ブロード バンド デバイス アプリをプレインストールする場合をする必要があります、SIM カードを挿入、pc の Sysprep specialize フェーズを実行する前にします。Important   If you are preinstalling a mobile broadband device app, you must insert the SIM card in the PC before you run the specialize phase of Sysprep. モバイル ブロード バンド デバイス アプリのプレインストールに関する詳細については、モバイル ブロード バンド アプリケーション エクスペリエンスのために必要なコンポーネントをプレインストールを参照してください。For more information about preinstalling a mobile broadband device app, see Preinstall the Necessary Components for a Mobile Broadband Application Experience.

更新またはパッケージの削除Update or remove packages

ライセンスや Windows PowerShell を DISM.exe ツールまたは DISM コマンドレットを使用して Windows イメージからのカスタム データ ファイルなど、プレインストールされているアプリを削除することができます。You can remove a preinstalled app, including the license and custom data files, from a Windows image by using the DISM.exe tool or the DISM cmdlets in Windows PowerShell. 新しいものをインストールする前に、古いバージョンのアプリを削除する必要があります。You should remove the old version of the app before installing a new one.

DISM を使用して、プレインストールされているアプリを削除します。Remove a preinstalled app by using DISM

  1. 管理者特権を持つ、Windows ADK と共にインストール展開ツールのコマンド プロンプトを開きます。Open the Deployment Tools Command Prompt, installed with the Windows ADK, with administrator privileges. スタート画面から「展開とイメージング ツール環境、アイコンを右クリックし、、選択、管理者として実行します。From the Start screen, type Deployment and Imaging Tools Environment, right-click the icon, and select Run as Administrator.

  2. サービスをオフライン イメージをマウントします。Mount the offline image for servicing. コマンド プロンプトで、次のように入力します。At the command prompt, type:

    Dism /Mount-Image /ImageFile:c:\images\myimage.wim /Index:1 /mountdir:c:\test\offline
    
  3. 削除するアプリの完全なパッケージ名を検索します。Find the full package name of the app that you want to remove. コマンド プロンプトで、次のように入力します。At the command prompt, type:

    Dism /Image:C:\test\offline /Get-ProvisionedAppxPackages
    
  4. マウントされたイメージからアプリを削除します。Remove the app from the mounted image. たとえば、コマンド プロンプトで次のように入力します。For example, at the command prompt, type:

    Dism /Image:c:\test\offline /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:microsoft.devx.appx.app1_1.0.0.0_neutral_en-us_ac4zc6fex2zjp
    
  5. アプリを更新する場合は、Microsoft Store で署名されたアプリの更新バージョンをプレインストールできます。If you want to update the app, you can preinstall the updated version of the Microsoft Store-signed app. コマンド プロンプトで次のように入力します。At a command prompt, type:

    Dism /Image:c:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage/FolderPath:c:\downloads\appxpackage
    
  6. 変更を保存し、イメージのマウントを解除します。Save changes and unmount the image. コマンド プロンプトで、次のように入力します。At the command prompt, type:

    Dism /Unmount-Image /mountdir:c:\test\offline /commit
    

カスタムのデータ ファイルを使用します。Use custom data files

PC にプレインストールされているアプリのインストールに固有のカスタム データにアクセスできます。Apps that are preinstalled on a PC can access custom data specific to the installation. このカスタム データは、プレインストール中に、アプリに追加され、実行時に使用可能になります。This custom data is added to the app during preinstallation and becomes available at runtime. カスタム データでは、アプリの機能とレポート機能を提供するなどの機能をカスタマイズすることができます。Custom data enables developers to customize an app's features and functionality, including providing reporting capabilities.

カスタム データ ファイルを Windows イメージに追加します。Add a custom data file to a Windows image

DISM ツールを使用して、Windows PowerShell を使用して、アプリをプレインストールする際に、カスタムのデータ ファイルを指定する必要があります、追加 AppxProvisionedPackageコマンドレット。You must specify the custom data file when you preinstall the app by using the DISM tool and through Windows PowerShell using the Add-AppxProvisionedPackage cmdlet. 次のコマンドは、この操作は、DISM ツールを使用する方法を示します。The following command shows how to do this using the DISM tool:

Dism /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage / FolderPath:f:\Apps\Fabrikam_KnowMyPC /CustomDataPath:f:\Contoso_Promotion.xml

カスタム データ ファイルのアプリのデータ ストアに既に存在 — たとえば、パッケージは既にイメージに追加されています: 既存のファイルが上書きされます。If a custom data file already exists in the data store for an app—for example, if the package has already been added to the image—the existing file is overwritten. インストールが失敗した場合、ファイルは復元されません。If the installation fails, the file isn't restored.

  カスタム データ ファイルを失うことがなく、Microsoft Store からのアプリへの更新をリリースできます。Note   You can release updates to an app through the Microsoft Store without losing the custom data file. ただし、ユーザーは、アプリを削除した場合、カスタム データ ファイルが不要になった、使用可能な場合でも、ユーザーがアプリを再インストールします。However, if a user deletes the app, the custom data file is no longer available, even if the user reinstalls the app.

プレインストールされているアプリのテストのカスタム データTest custom data for preinstalled apps

PC にプレインストールされているアプリのインストールに固有のカスタム データにアクセスできます。Apps that are preinstalled on a PC can access custom data specific to the installation. このカスタム データは、プレインストール中に、アプリに追加され、アプリで実行時に使用可能になります。This custom data is added to the app during preinstallation and becomes available to the app at runtime. カスタム データでは、アプリの機能とレポート機能を提供するなどの機能をカスタマイズすることができます。Custom data enables developers to customize an app's features and functionality, including providing reporting capabilities.

アプリのインストール場所に変更します。 ファイルが表示されます。The Custom.data file appears at the app's installed location. 名前変更します。 はハードコードされて、変更することはできません。The name Custom.data is hard-coded and can't be modified. アプリは、アプリが PC にプレインストールされているかどうかを判断するには、このファイルの存在を確認できます。Your app can check for the existence of this file to determine if the app was preinstalled on the PC. Custom.data ファイルにアクセスする方法の例を次に示します。Here's an example of how to access the Custom.data file.

var outputDiv = document.getElementById("CustomData");
Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync
     ("microsoft.system.package.metadata\\Custom.data").then(function (file) {
         // Read the file
         Windows.Storage.FileIO.readTextAsync(file).done(function (fileContent) {
            outputDiv.innerHTML = 
                 "App is preinstalled. CustomData contains:<br /><br />"
                 + fileContent;
         },
         function (error) {
             outputDiv.innerText = "Error reading CustomData " + error;
         });
     },
     function (error) {
         outputDiv.innerText = "CustomData was not available. App not preinstalled";
     });

Custom.data ファイルは、コンテンツを含めることと、アプリで必要なあらゆる形式にします。Your Custom.data file can include any content and be in any format your app requires. プレインストール処理だけで使用できるように、アプリ。The preinstallation process simply makes it available to your app. 開発者は、プレインストールの取引先では、データ ファイルを指定できますか、パートナーは、コンテンツを生成できる形式に同意することができます。Developers can supply the data file to the preinstallation partner, or you can agree to a format that enables the partner to generate the content.

カスタム データをテストします。Test your custom data

ビルドと、Microsoft Visual Studio でアプリをデバッグしている、ときに、アプリがまだプレインストールされていないため、アプリのインストール場所から変更します。 ファイルにアクセスすることはできません。When you're building and debugging your app in Microsoft Visual Studio, you can't access the Custom.data file from the app's installed location because the app isn't preinstalled yet. Custom.data ファイルを使用して、アプリ自体にテストを変更します。 ファイルを配置して、読み込み/アプリのローカル ファイルをテストすることをシミュレートすることができます。You can simulate using your Custom.data file by putting a test Custom.data file in the app itself, and then loading and testing the app local file. これを行うからのコード サンプルを変更します。To do this, modify the code sample from:

("microsoft.system.package.metadata\\Custom.data").then(function (file) {

これを次のように変更します。to:

("Custom.data").then(function (file) {

ファイル形式と内容を確認した後は、上の元の例で示すように、最終的の場所に変更します。 ファイルの場所を変更できます。After you have verified your file format and content, you can change the location of the Custom.data file to the final location, as shown in the original example above.

Custom.data ファイルをテストするにはTo test your Custom.data file

  1. 管理者特権を持つ、Windows ADK と共にインストール展開ツールのコマンド プロンプトを開きます。Open the Deployment Tools Command Prompt, installed with the Windows ADK, with administrator privileges. スタート画面から「展開とイメージング ツール環境、アイコンを右クリックし、、選択、管理者として実行します。From the Start screen, type Deployment and Imaging Tools Environment, right-click the icon, and select Run as Administrator.

  2. カスタム データ ファイルを使用して、アプリケーションを追加します。Add the application with the custom data file:

    dism /online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:.\CustomData_1.0.0.1_AnyCPU_Debug.appx /CustomDataPath:.\Test.txt /SkipLicense
    

    場所/PackagePath:.\CustomData_1.0.0.1_AnyCPU_Debug.appx、ローカルのアプリのテスト パッケージを指すと where /CustomDataPath:.\Test.txt Custom.data ファイルを指します。Where /PackagePath:.\CustomData_1.0.0.1_AnyCPU_Debug.appx points to your local app test package, and where /CustomDataPath:.\Test.txt points to your Custom.data file. アプリでデータをインストールした後にここで指定するファイル名が使用されていないことに注意します。Be aware that the file name you provide here isn't used after the data is installed in your app.

    アプリ タイルになりました、開始PC の画面を使用してアプリケーションをテストします。The app now has a tile on the Start screen of the PC used to test the app. アプリは、変更します。 ファイルにアクセスできる必要があります。The app should be able to access the Custom.data file. 他のデバッグが必要な場合は、デバッガーをアタッチからアプリを起動した後、開始画面。If additional debugging is needed, attach a debugger after starting the app from the Start screen.

      サインアウトしてもう一度サインインで、アプリを表示する必要があります、開始画面。Note   You might be required to sign out and sign in again to see the app on the Start screen.

  3. 完了したら、アプリをテストするには、開発環境の使用を続けるにプレインストールされているパッケージを削除する必要があります。After you're done testing your app, you must remove the preinstalled package to continue using your Dev environment. Windows PowerShell を使用して、プレインストールされているパッケージを削除するには、使用することができます、 Get-appxpackageコマンドレットをパイプラインを介して完全なアプリ パッケージの名前を指定する、削除 ProvisionedAppxPackageコマンドレット:To remove the preinstalled package using Windows PowerShell, you can use the Get-AppxPackage cmdlet to provide the full app package name through the pipeline to the Remove-ProvisionedAppxPackage cmdlet:

    Get-AppxPackage *CustomData* | Remove-ProvisionedAppxPackage

    場所*CustomData*はアプリの名前の既知の一部ですWhere *CustomData* is the known part of your app's name

Microsoft Store のデバイスのアプリまたはモバイル ブロード バンドのアプリをプレインストールします。Preinstall a Microsoft Store device app or mobile broadband app

Microsoft Store のデバイスのアプリや、Deployment Image Servicing and Management (DISM) プラットフォームを使用してモバイル ブロード バンド アプリに必要なコンポーネントをプレインストールすることができます。You can preinstall the necessary components for a Microsoft Store device app or a mobile broadband app using the Deployment Image Servicing and Management (DISM) platform.

  自分のデバイスで、デバイス アプリを Microsoft Store アプリやモバイル ブロード バンド アプリにサポートする oem 向けのこの記事が対象としています。Note   This article is intended for OEMs, who will be supporting a Microsoft Store device app or the mobile broadband app on their devices.

各種類のアプリケーションでは、正しい Microsoft Store のデバイスのアプリまたはモバイル ブロード バンドのアプリを提供する次の 2 つをプレインストールする必要があります。For each type of app, two things should be preinstalled to provide the correct Microsoft Store device app or mobile broadband app:

  • Microsoft Store のデバイスのアプリ、プレインストール:Microsoft Store device app, preinstall:
    1. デバイス メタデータ パッケージThe device metadata package
    2. アプリThe app
  • Microsoft Store モバイル ブロード バンド アプリ、プレインストール:Microsoft Store mobile broadband app, preinstall:
    1. サービス メタデータ パッケージThe service metadata package
    2. アプリThe app

重要な  がメタデータ パッケージと、対応するアプリは、ユーザーは、メタデータ パッケージを解釈する前に、アプリを起動できる場合があります、OOBE プロセスが完了すると、すぐに解析されます。Important   Although metadata packages and the corresponding apps are parsed immediately after the OOBE process completes, a user might be able to launch the app before the metadata package is parsed. この場合、ユーザーにはアクセス拒否エラーを参照してください。In this case, the user will see an access denied error. これを回避するには、システム イメージにメタデータ パッケージと、アプリの両方を適用します。To avoid this, apply both the metadata package and the app to the system image.

デバイスのメタデータまたはサービス メタデータ パッケージのプレインストールPreinstall the device metadata or service metadata package

デバイスのメタデータまたはサービス メタデータ パッケージをプレインストールするにはTo preinstall a device metadata or service metadata package

  1. Microsoft Store のデバイスのアプリをプレインストールする場合、デバイス メタデータ パッケージ取得したがする必要があります。If you are preinstalling a Microsoft Store device app then you should have acquired the device metadata package. モバイル ブロード バンドのアプリをプレインストールする場合、サービス メタデータ パッケージ取得したがする必要があります。If you are preinstalling a mobile broadband app then you should have acquired the service metadata package.

      デバイス メタデータ パッケージとサービス メタデータ パッケージは、同じファイル名拡張子 (.devicemetadata ミリ秒) を使用します。Note   Device metadata packages and service metadata packages use the same file name extension (.devicemetadata-ms).

  2. デバイスのメタデータまたはサービス メタデータ パッケージ (devicemetadata ms ファイル) 内のシステム イメージをコピー、 %programdata%\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStoreフォルダー。Copy the device metadata or service metadata package (devicemetadata-ms file) to your system image in the %ProgramData%\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStore folder. これは、次の方法のいずれかで行います。You can do this in one of the following ways:

    • Sysprep を実行する前にオンラインOnline before running Sysprep

    • DISM を使用して Sysprep を実行した後はオフラインです。Offline after running Sysprep by using DISM. これには、次の手順を実行します。To do this:

      1. サービスをオフライン イメージをマウントします。Mount the offline image for servicing.

        Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline
        
      2. メタデータのパッケージ ファイルをマウントされたイメージのデバイスのメタデータ ストアにコピーします。Copy the metadata package files to the device metadata store of the mounted image. コピーするなど、 0ECF2029-2C6A-41AE-9E0A-63FFC9EAD877.devicemetadata-ms 、デバイスのメタデータ ストアにパッケージ ファイルのメタデータProgramData\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStore:For example, to copy the 0ECF2029-2C6A-41AE-9E0A-63FFC9EAD877.devicemetadata-ms metadata package file to the device metadata store, ProgramData\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStore:

        copy 0ECF2029-2C6A-41AE-9E0A-63FFC9EAD877.devicemetadata-ms C:\test\offline\ProgramData\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStore
        
      3. 変更を保存し、イメージのマウントを解除します。Save the changes and unmount the image.

        dism /Unmount-Image /mountdir: c:\test\offline /commit
        

      オフライン イメージ サービスに関する詳細については、DISM 概要を参照してください。For more info about offline image servicing, see DISM Overview.

サービス メタデータの詳細については、サービス メタデータを参照してください。For more info about service metadata, see Service metadata.

Microsoft Store のデバイスのアプリまたはモバイル ブロード バンドのアプリをプレインストールします。Preinstall the Microsoft Store device app or mobile broadband app

Microsoft Store のデバイスのアプリまたはモバイル ブロード バンドのアプリをプレインストールするにはTo preinstall the Microsoft Store device app or mobile broadband app

  1. サービスをオフライン イメージをマウントします。Mount the offline image for servicing.

    Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline
    
  2. Microsoft Store のデバイスのアプリまたはモバイル ブロード バンドのアプリをイメージに追加します。Add the Microsoft Store device app or mobile broadband app to the image.

    dism /Image:<mounted folder> /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath:<appxpackage path>
    
  3. 変更を保存し、イメージのマウントを解除します。Save the changes and unmount the image.

    dism /Unmount-Image /mountdir: c:\test\offline /commit