bootcfg debugbootcfg debug

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

追加または指定したオペレーティング システム エントリのデバッグ設定を変更します。adds or changes the debug settings for a specified operating system entry.

構文Syntax

bootcfg /debug {ON | OFF | edit}[/s <computer> [/u <Domain>\<User> /p <Password>]] [/port {COM1 | COM2 | COM3 | COM4}] [/baud {9600 | 19200 | 38400 | 57600 | 115200}] [/id <OSEntryLineNum>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
{ON | OFF|編集}{ON | OFF| edit} デバッグの値を指定します。Specifies the value for debugging.

ON -リモート デバッグのサポートを指定した、/debug オプションを追加することによりします。ON - Enables remote debugging support by adding the /debug option to the specified .

オフ-指定された対象から、/debug オプションを削除することでリモート デバッグのサポートを無効にしますします。OFF - Disables remote debugging support by removing the /debug option from the specified .

編集-により、指定された、/debug オプションに関連付けられている値を変更することで、ポートとボーへの変更の頻度の設定します。edit - Allows changes to port and baud rate settings by changing the values associated with the /debug option for the specified .
/s /s 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。Specifies the name or IP address of a remote computer (do not use backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u \/u \ 指定されたユーザーのアカウント権限でコマンドを実行または \します。Runs the command with the account permissions of the user specified by or \. 既定では現在のコマンドを実行するコンピューターのユーザー ログオンのアクセス許可です。The default is the permissions of the current logged on user on the computer issuing the command.
/p /p 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
ポート {COM1 | COM2 | COM3 | COM4}/port {COM1 | COM2 | COM3 | COM4} デバッグに使用する COM ポートを指定します。Specifies the COM port to be used for debugging. 使用しないでください、 /portデバッグする場合は、パラメーターが無効にします。Do not use the /port parameter if debugging is being disabled.
/baud {9600| 19200| 38400| 57600| 115200}/baud {9600| 19200| 38400| 57600| 115200} デバッグに使用するボー レートを指定します。Specifies the baud rate to be used for debugging. 使用しないでください、 /baudデバッグする場合は、パラメーターが無効にします。Do not use the /baud parameter if debugging is being disabled.
/id /id デバッグ オプションを追加する Boot.ini ファイルの [operating systems] セクションでは、オペレーティング システム エントリの行番号を指定します。Specifies the operating system entry line number in the [operating systems] section of the Boot.ini file to which the debugging options are added. [オペレーティング システム] セクション ヘッダーの後の最初の行には 1 です。The first line after the [operating systems] section header is 1.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.
注釈Remarks
  • 1394 ポートのデバッグが必要な場合は、使用bootcfg dbg1394します。if 1394 port debugging is required, use bootcfg dbg1394.

    Examples

    次の例を使用する方法、 bootcfg/debugコマンド。The following examples show how you can use the bootcfg /debugcommand:
    bootcfg /debug on /port com1 /id 2 
    bootcfg /debug edit /port com2 /baud 19200 /id 2 
    bootcfg /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23 /debug off /id 2
    

    その他の参照additional references

    コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key