bootcfg rawbootcfg raw

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

オペレーティング システムのエントリを文字列として指定するオペレーティング システムの読み込みオプションを追加します、 [オペレーティング システム] Boot.ini ファイルのセクション。adds operating system load options specified as a string to an operating system entry in the [operating systems] section of the Boot.ini file.

構文Syntax

bootcfg /raw [/s <computer> [/u <Domain>\<User> /p <Password>]] <OSLoadOptionsString> [/id <OSEntryLineNum>] [/a]

パラメーターParameters

項目Term 定義Definition
/s /s 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。Specifies the name or IP address of a remote computer (do not use backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u \/u \ 指定されたユーザーのアカウント権限でコマンドを実行または \します。Runs the command with the account permissions of the user specified by or \. 既定では現在のコマンドを実行するコンピューターのユーザー ログオンのアクセス許可です。The default is the permissions of the current logged on user on the computer issuing the command.
/p /p 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
オペレーティング システム エントリに追加するオペレーティング システムの読み込みオプションを指定します。Specifies the operating system load options to add to the operating system entry. これらのロード オプション、オペレーティング システム エントリに関連付けられている既存のロード オプションに置き換えられます。These load options will replace any existing load options associated with the operating system entry. 検証なしは行われます。No validation of is done.
/id /id 更新する Boot.ini ファイルの [operating systems] セクションでは、オペレーティング システム エントリの行番号を指定します。Specifies the operating system entry line number in the [operating systems] section of the Boot.ini file to update. [オペレーティング システム] セクション ヘッダーの後の最初の行には 1 です。The first line after the [operating systems] section header is 1.
/a/a オペレーティング システムのオプションが追加されているが、既存のオペレーティング システムのオプションを追加することを指定します。Specifies that the operating system options being added should be appended to any existing operating system options.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.
注釈Remarks
  • bootcfg 生既存のオペレーティング システム エントリのオプションを上書きする、オペレーティング システム エントリの末尾にテキストを追加するために使用します。bootcfg raw is used to add text to the end of an operating system entry, overwriting any existing operating system entry options. このテキストはなど、有効な OS ロード オプションを含める必要があります /debug/fastdetect/nodebug/baudrate/なりません、および /sosします。This text should contain valid OS Load Options such as /debug, /fastdetect, /nodebug, /baudrate, /crashdebug, and /sos. たとえば、次のコマンドを追加します" /debug/fastdetect"最初のオペレーティング システム エントリのために、置換、以前のオペレーティング システム エントリのオプション。For example, the following command adds "/debug /fastdetect" to the end of the first operating system entry, replacing any previous operating system entry options:
    bootcfg /raw "/debug /fastdetect" /id 1
    

    Examples

    次の例を使用する方法、 bootcfg/生コマンド。The following examples show how you can use the bootcfg /raw command:
    bootcfg /raw "/debug /sos" /id 2
    bootcfg /raw /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23 "/crashdebug " /id 2
    

    その他の参照additional references

    コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key