bootcfg rawbootcfg raw

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

文字列として指定されたオペレーティングシステムの読み込みオプションを、Boot.ini ファイルの [オペレーティングシステム] セクションのオペレーティングシステムエントリに追加します。Adds operating system load options specified as a string to an operating system entry in the [operating systems] section of the Boot.ini file. このコマンドは、既存のオペレーティングシステムのエントリオプションを上書きします。This command overwrites any existing operating system entry options.

構文Syntax

bootcfg /raw [/s <computer> [/u <domain>\<user> /p <password>]] <osloadoptionsstring> [/id <osentrylinenum>] [/a]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s <computer> リモートコンピューターの名前または IP アドレスを指定します (円記号は使用しないでください)。Specifies the name or IP address of a remote computer (don't use backslashes). 既定値はローカル コンピューターです。The default is the local computer.
/u <domain>\<user> またはによって指定されたユーザーのアカウントアクセス許可を使用してコマンドを実行し <user> <domain>\<user> ます。Runs the command with the account permissions of the user specified by <user> or <domain>\<user>. 既定値は、コマンドを実行しているコンピューターの現在のログオンユーザーのアクセス許可です。The default is the permissions of the current logged on user on the computer issuing the command.
/p <password> 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
<osloadoptionsstring> オペレーティングシステムエントリに追加するオペレーティングシステムの読み込みオプションを指定します。Specifies the operating system load options to add to the operating system entry. これらの読み込みオプションは、オペレーティングシステムエントリに関連付けられている既存の読み込みオプションを置き換えます。These load options replace any existing load options associated with the operating system entry. パラメーターに対する検証は行われません <osloadoptions>There is no validation against the <osloadoptions> parameter.
/id <osentrylinenum> オペレーティングシステムの読み込みオプションが追加される Boot.ini ファイルの [オペレーティングシステム] セクションのオペレーティングシステムエントリの行番号を指定します。Specifies the operating system entry line number in the [operating systems] section of the Boot.ini file to which the operating system load options are added. [オペレーティングシステム] セクションヘッダーの後の最初の行は1です。The first line after the [operating systems] section header is 1.
/a/a 既存のオペレーティングシステムオプションに追加するオペレーティングシステムオプションを指定します。Specifies which operating system options should be appended to any existing operating system options.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

このテキストに は、有効 な OS 読み込みオプション ( /debug/fastdetect/nodebug/crashdebug/sos など) が含まれている必要があります。This text should contain valid OS Load Options such as /debug, /fastdetect, /nodebug, /baudrate, /crashdebug, and /sos.

最初のオペレーティングシステムエントリの末尾に /debug/fastdetect を追加するには、以前のオペレーティングシステムエントリのオプションを置き換えます。To add /debug /fastdetect to the end of the first operating system entry, replacing any previous operating system entry options:

bootcfg /raw /debug /fastdetect /id 1

Bootcfg/raw コマンドを使用するには、次のようにします。To use the bootcfg /raw command:

bootcfg /raw /debug /sos /id 2
bootcfg /raw /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23 /crashdebug  /id 2

その他のリファレンスAdditional References