bootcfg timeoutbootcfg timeout

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

オペレーティング システムのタイムアウト値を変更します。changes the operating system time-out value.

構文Syntax

bootcfg /timeout <timeOutValue> [/s <computer> [/u <Domain\User>/p <Password>]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/timeout /timeout [ブート ローダー] セクションでは、タイムアウト値を指定します。Specifies the timeout value in the [boot loader] section. は、ユーザーは、NTLDR が既定値を読み込む前に、ブート ローダーの画面から、オペレーティング システムを選択する必要があります秒数です。The is the number of seconds the user has to select an operating system from the boot loader screen before NTLDR loads the default. 有効な範囲は 0 ~ 999 です。Valid range for is 0-999. 値が 0 の場合、NTLDR はブート ローダーの画面を表示せずに、既定のオペレーティング システムをすぐに起動します。If the value is 0, then NTLDR immediately starts the default operating system without displaying the boot loader screen.
/s /s 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。Specifies the name or IP address of a remote computer (do not use backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u <Domain\User>/u <Domain\User> 指定されたユーザーのアカウント権限でコマンドを実行または < domain \user >。Runs the command with the account permissions of the user specified by or <Domain\User>. 既定では現在のコマンドを実行するコンピューターのユーザー ログオンのアクセス許可です。The default is the permissions of the current logged on user on the computer issuing the command.
/p /p 指定します、で指定されているユーザー アカウントの /uパラメーター。Specifies the of the user account that is specified in the /u parameter.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

次の例を使用する方法、 bootcfg/timeoutコマンド。The following examples show how you can use the bootcfg /timeout command:

bootcfg /timeout 30
bootcfg /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23 /timeout 50

その他の参照additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key