breakbreak

設定または MS-DOS システムの拡張の CTRL + C をクリアします。Sets or clears extended CTRL+C checking on MS-DOS systems. パラメーターを指定せずに使用されている場合break現在の設定を表示します。If used without parameters, break displays the current setting.

注意

このコマンドは、使用中ではなくなりました。This command is no longer in use. これは、既存の MS-DOS ファイルとの互換性を保持するためだけに備えられていますが、機能は自動で実行されるためコマンド ラインでは無効です。It is included only to preserve compatibility with existing MS-DOS files, but it has no effect at the command line because the functionality is automatic.

構文Syntax

break=[on|off]

注釈Remarks

コマンド拡張機能が有効になっており、Windows プラットフォームで実行されている場合、挿入、 breakをバッチ ファイル コマンドでは、デバッガーによってデバッグされている場合、ハード コーディングされたブレークポイント。If command extensions are enabled and running on the Windows platform, inserting the break command into a batch file enters a hard-coded breakpoint if being debugged by a debugger.

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key