chkdskchkdsk

ファイル システムと論理および物理エラーのためのボリュームのファイル システム メタデータを確認します。Checks the file system and file system metadata of a volume for logical and physical errors. パラメーターを指定せずに使用されている場合chkdskボリュームの状態のみを表示し、エラーが解決しません。If used without parameters, chkdsk displays only the status of the volume and does not fix any errors. 使用されている場合、 /f/r/x、または /bパラメーター、ボリューム上にエラーを修正、します。If used with the /f, /r, /x, or /b parameters, it fixes errors on the volume.

重要

ローカル メンバーシップ管理者は実行に必要な最小のグループ、またはそれと同等chkdskします。Membership in the local Administrators group, or equivalent, is the minimum required to run chkdsk. 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開くを右クリックしてコマンド プロンプトで、[スタート] メニューをクリック管理者として実行します。To open a command prompt window as an administrator, right-click Command prompt in the Start menu, and then click Run as administrator.

重要

中断chkdskはお勧めしません。Interrupting chkdsk is not recommended. ただし、キャンセルまたは中断chkdsk離れないように、ボリュームが以前よりも破損しているかどうかをchkdskを実行します。However, canceling or interrupting chkdsk should not leave the volume any more corrupt than it was before chkdsk was run. 再実行chkdskを検査して、ボリュームの残りの破損を修復します。Rerunning chkdsk checks and repairs any remaining corruption on the volume.

重要

注: Chkdsk は、ローカル ディスクに対してのみ使用できます。Note: Chkdsk can be used only for local disks. コマンドは、ネットワーク経由でリダイレクトされているローカル ドライブ文字では使用できません。The command cannot be used with a local drive letter that has been redirected over the network.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

chkdsk [<Volume>[[<Path>]<FileName>]] [/f] [/v] [/r] [/x] [/i] [/c] [/l[:<Size>]] [/b]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ボリューム ><Volume> ドライブ文字 (コロンに続く) を指定します。 マウント ポイント、またはボリュームの名前。Specifies the drive letter (followed by a colon), mount point, or volume name.
[<パス >][<Path>] ファイル アロケーション テーブル (FAT) で使用および FAT32 のみです。Use with file allocation table (FAT) and FAT32 only. 必要なファイルの場所とファイルの名前を指定しますchkdsk断片化を確認します。Specifies the location and name of a file or set of files that you want chkdsk to check for fragmentation. 使用することができます、でしょうか。You can use the ? * ワイルドカードを使用すると、複数のファイルを指定します。and * wildcard characters to specify multiple files.
/f/f ディスク上のエラーを修正します。Fixes errors on the disk. ディスクをロックする必要があります。The disk must be locked. 場合chkdskロック ドライブ、メッセージが表示されるたびにする次のドライブをチェックするかどうかを確認することはできません、コンピューターを再起動します。If chkdsk cannot lock the drive, a message appears that asks you if you want to check the drive the next time you restart the computer.
/v/v 各ファイルの名前が、ディスクのチェックがすべてのディレクトリが表示されます。Displays the name of each file in every directory as the disk is checked.
/r/r 不良セクターを検索し、読み取り可能な情報を回復します。Locates bad sectors and recovers readable information. ディスクをロックする必要があります。The disk must be locked. /rの機能が含まれています /f、物理ディスクのエラーの分析が追加されます。/r includes the functionality of /f, with the additional analysis of physical disk errors.
/x/x 必要な場合は、最初に、マウントを解除するボリュームを強制します。Forces the volume to dismount first, if necessary. ドライブにすべての開いているハンドルが無効になります。All open handles to the drive are invalidated. /xの機能もあります /fします。/x also includes the functionality of /f.
/i/i NTFS でのみ使用します。Use with NTFS only. 実行に必要な時間の量が減少するインデックスのエントリの簡易チェックを実行しますchkdskします。Performs a less vigorous check of index entries, which reduces the amount of time required to run chkdsk.
/c/c NTFS でのみ使用します。Use with NTFS only. 実行に必要な時間を短縮フォルダー構造内のサイクルをチェックしませんchkdskします。Does not check cycles within the folder structure, which reduces the amount of time required to run chkdsk.
/l [:<サイズ >]/l[:<Size>] NTFS でのみ使用します。Use with NTFS only. 指定したサイズにログ ファイルのサイズを変更します。Changes the log file size to the size you type. サイズのパラメーターを省略した場合 /l現在のサイズが表示されます。If you omit the size parameter, /l displays the current size.
/b/b NTFS 専用です。ボリューム上の不良クラスターの一覧をクリアし、エラーのすべての割り当てや解放クラスターを再スキャンします。NTFS only: Clears the list of bad clusters on the volume and rescans all allocated and free clusters for errors. /bの機能が含まれています /rします。/b includes the functionality of /r. 新しいハード ディスク ドライブにボリュームをイメージングの後に、このパラメーターを使用します。Use this parameter after imaging a volume to a new hard disk drive.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • ボリュームのチェックをスキップしていますSkipping volume checks

    /Iまたは /cスイッチを実行するために必要な時間の量が減少chkdskの特定のボリュームをスキップすることを確認します。The /i or /c switch reduces the amount of time required to run chkdsk by skipping certain volume checks.

  • 再起動時にロックされているドライブのチェックChecking a locked drive at restart

    場合chkdskディスク エラーを修正するには、ドライブ上の開いているファイルを含めることはできません。If you want chkdsk to correct disk errors, you cannot have open files on the drive. ファイルが開いている場合は、次のエラー メッセージが表示されます。If files are open, the following error message appears:

    Chkdsk cannot run because the volume is in use by another process. Would you like to schedule this volume to be checked the next time the system restarts? (Y/N)  
    

    次に、コンピューターを再起動するときに、ドライブをチェックする選択した場合chkdskドライブをチェックし、コンピューターを再起動するときに自動的にエラーを修正します。If you choose to check the drive the next time you restart the computer, chkdsk checks the drive and corrects errors automatically when you restart the computer. ドライブのパーティションがブート パーティション場合、 chkdskはドライブを検査した後に、コンピューターを自動的に再起動されます。If the drive partition is a boot partition, chkdsk automatically restarts the computer after it checks the drive.

    使用することも、 chkntfs/cボリュームのチェック、次回のスケジュールを設定するコマンドをコンピューターを再起動します。You can also use the chkntfs /c command to schedule the volume to be checked the next time the computer is restarted. 使用して、 fsutil ダーティ セットボリュームを設定するコマンドその Windows が実行されるように (かを示す破損)、ビット ダーティchkdskコンピューターが再起動されたとき。Use the fsutil dirty set command to set the volume's dirty bit (indicating corruption), so that Windows runs chkdsk when the computer is restarted.

  • ディスク エラーの報告Reporting disk errors

    使用する必要がありますchkdskディスク エラーをチェックする FAT と NTFS のファイル システムの場合があります。You should use chkdsk occasionally on FAT and NTFS file systems to check for disk errors. Chkdskディスク領域とディスクの使用を調査し、各ファイル システムに固有の状態レポートを示します。Chkdsk examines disk space and disk use and provides a status report specific to each file system. 状態レポートは、ファイル システムで見つかったエラーを示しています。The status report shows errors found in the file system. 実行する場合chkdskせず、 /fパラメーター、ドライブをロックできないため、アクティブなパーティションで疑似エラーを報告する場合があります。If you run chkdsk without the /f parameter on an active partition, it might report spurious errors because it cannot lock the drive.

  • 論理ディスクのエラーを修正Fixing logical disk errors

    Chkdskを指定する場合にのみ、論理ディスクのエラーを修正、 /fパラメーター。Chkdsk corrects logical disk errors only if you specify the /f parameter. Chkdskエラーを修正するドライブをロックできる必要があります。Chkdsk must be able to lock the drive to correct errors.

    FAT ファイル システムの修復通常ディスクのファイル アロケーション テーブルを変更し、データの損失が発生する場合がありますのでchkdsk次のような確認メッセージを表示することがあります。Because repairs on FAT file systems usually change a disk's file allocation table and sometimes cause a loss of data, chkdsk might display a confirmation message similar to the following:

    10 lost allocation units found in 3 chains.  
    Convert lost chains to files?  
    

    キーを押す場合Y、Windows は、失われた各チェーンをルート ディレクトリにファイルの形式で名前を持つファイルとして保存<nnnn > .chk します。If you press Y, Windows saves each lost chain in the root directory as a file with a name in the format File<nnnn>.chk. ときにchkdskが終了したら、必要なデータが格納されているこれらのファイルをチェックすることができます。When chkdsk finishes, you can check these files to see if they contain any data you need. キーを押す場合NWindows の修正、ディスクが失われるアロケーション ユニットの内容は保存されません。If you press N, Windows fixes the disk, but it does not save the contents of the lost allocation units.

    使用しない場合、 /fパラメーター、 chkdskファイルを修正する必要がありますが、すべてのエラーの修正は行いませんのメッセージが表示されます。If you do not use the /f parameter, chkdsk displays a message that the file needs to be fixed, but it does not fix any errors.

    使用する場合chkdsk/f非常に大きなディスクやディスク ファイル (たとえば、数百万のファイル) の数が非常に多いchkdsk/f完了までに時間がかかる場合があります。If you use chkdsk /f on a very large disk or a disk with a very large number of files (for example, millions of files), chkdsk /f might take a long time to complete.

  • 物理ディスクのエラーの検出Finding physical disk errors

    使用して、 /rディスク セクターの影響を受けるパラメーターは、ファイル システムに物理ディスクのエラーを検索し、いずれかからデータを回復しようとしています。Use the /r parameter to find physical disk errors in the file system and attempt to recover data from any affected disk sectors.

  • 使用してchkdskファイルを開いています。Using chkdsk with open files

    指定した場合、 /fパラメーター、 chkdskディスク上の開いているファイルがある場合、エラー メッセージが表示されます。If you specify the /f parameter, chkdsk displays an error message if there are open files on the disk. 指定しない場合、 /fパラメーターと開いているファイルが存在するchkdskディスクに失われるアロケーション ユニットをレポートすることがあります。If you do not specify the /f parameter and open files exist, chkdsk might report lost allocation units on the disk. これは、開いている場合に発生する可能性がありますが、まだファイル アロケーション テーブルに記録されていないファイルです。This could happen if open files have not yet been recorded in the file allocation table. 場合chkdsk破損がレポートのアロケーション ユニットの数が多い、ディスクの修復を検討してください。If chkdsk reports the loss of a large number of allocation units, consider repairing the disk.

  • 使用してchkdsk共有フォルダーのシャドウ コピーとUsing chkdsk with Shadow Copies for Shared Folders

    ソース ボリュームの共有フォルダーのシャドウ コピーは、共有フォルダーが有効になっている、シャドウ コピー中にロックできません、ため、次のように実行されているchkdskソースに対してボリューム可能性がありますの間違ったエラーを報告されたりchkdskが突然終了します。Because the Shadow Copies for Shared Folders source volume cannot be locked while Shadow Copies for Shared Folders is enabled, running chkdsk against the source volume might report false errors or cause chkdsk to unexpectedly quit. 実行して、シャドウ コピーのエラーを確認することができます、ただし、 chkdsk (パラメーターなし) の読み取り専用モードで共有フォルダーの記憶域ボリュームのシャドウ コピーを確認します。You can, however, check shadow copies for errors by running chkdsk in Read-only mode (without parameters) to check the Shadow Copies for Shared Folders storage volume.

  • 終了コードについてUnderstanding exit codes

    次の表の終了コードをchkdskが完了した後にレポートします。The following table lists the exit codes that chkdsk reports after it has finished.

    終了コードExit code 説明Description
    00 エラーは見つかりませんでした。No errors were found.
    11 エラーが見つかり、修復します。Errors were found and fixed.
    22 ディスク クリーンアップ (ガベージ コレクション) などを実行またはクリーンアップが実行されなかったため、 /fが指定されていません。Performed disk cleanup (such as garbage collection) or did not perform cleanup because /f was not specified.
    33 ディスクを確認できませんでした。 エラーは修正できない、またはため、エラーは修復されません /fが指定されていません。Could not check the disk, errors could not be fixed, or errors were not fixed because /f was not specified.
  • Chkdskコマンドで他のパラメーターは、回復コンソールから利用できます。The chkdsk command, with different parameters, is available from the Recovery Console.

  • 再起動が頻度の低いサーバーを使用する可能性があります、 chkntfsまたはfsutil ダーティ クエリビットが既にボリュームのダーティかどうかを判別するためのコマンドは、chkdsk を実行する前に設定します。On servers that are infrequently restarted, you may want to use the chkntfs or the fsutil dirty query commands to determine whether the volume's dirty bit is already set before running chkdsk.

Examples

D ドライブでディスクをチェックして、Windows のエラーを修正する場合は、次のように入力します。If you want to check the disk in drive D and have Windows fix errors, type:

chkdsk d: /f  

エラーが発生した場合chkdskを一時停止し、メッセージが表示されます。If it encounters errors, chkdsk pauses and displays messages. Chkdskディスクの状態を一覧表示するレポートを表示して終了します。Chkdsk finishes by displaying a report that lists the status of the disk. までの指定したドライブ上のファイルを開くことができませんchkdskが完了するとします。You cannot open any files on the specified drive until chkdsk finishes.

現在のディレクトリに FAT ディスク上のすべてのファイルの非連続ブロックを確認するには、次のように入力します。To check all files on a FAT disk in the current directory for noncontiguous blocks, type:

chkdsk *.*  

Chkdskを状態レポートを表示し、非連続ブロックを持つファイルの仕様に一致するファイルを表示します。Chkdsk displays a status report, and then lists the files that match the file specifications that have noncontiguous blocks.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key