chkntfschkntfs

表示またはチェックは、コンピューターの起動時に自動のディスクを変更します。Displays or modifies automatic disk checking when the computer is started. オプションを指定せずに使用する場合chkntfs指定されたボリュームのファイル システムが表示されます。If used without options, chkntfs displays the file system of the specified volume. を実行するファイルの自動チェックがスケジュールされている場合chkntfsが表示されますが、指定されたボリュームがダーティまたはされる予定だかどうかチェック、次回コンピューターを起動します。If automatic file checking is scheduled to run, chkntfs displays whether the specified volume is dirty or is scheduled to be checked the next time the computer is started.

注意

実行するchkntfs、Administrators グループのメンバーがあります。To run chkntfs, you must be a member of the Administrators group.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

chkntfs <Volume> [...]
chkntfs [/d]
chkntfs [/t[:<Time>]]
chkntfs [/x <Volume> [...]]
chkntfs [/c <Volume> [...]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ボリューム > [...]<Volume> [...] コンピューターが起動を確認する 1 つまたは複数のボリュームを指定します。Specifies one or more volumes to check when the computer starts. 有効なボリュームには、ドライブ文字 (コロンに続く) が含まれます。 マウント ポイント、またはボリュームの名前。Valid volumes include drive letters (followed by a colon), mount points, or volume names.
/d/d すべて復元chkntfs既定のファイルの自動チェックのカウント ダウン時間以外に設定します。Restores all chkntfs default settings, except the countdown time for automatic file checking. コンピューターが開始されると、既定では、すべてのボリュームがチェックされて、 chkdskがダーティに実行されます。By default, all volumes are checked when the computer is started, and chkdsk runs on those that are dirty.
/t [:<Time>]/t [:<Time>] Autochk.exe 開始のカウント ダウン時間を秒単位で指定された時間数に変更します。Changes the Autochk.exe initiation countdown time to the amount of time specified in seconds. 時刻を入力しない場合 /t現在のカウント ダウン時間が表示されます。If you do not enter a time, /t displays the current countdown time.
/x<ボリューム > [...]/x <Volume> [...] コンピューターの起動時にボリュームが必要であるとマークされている場合でものチェックから除外する 1 つまたは複数のボリュームを指定しますchkdskします。Specifies one or more volumes to exclude from checking when the computer is started, even if the volume is marked as requiring chkdsk.
/c<ボリューム > [...]/c <Volume> [...] コンピューターが起動し、実行する場合にチェックする 1 つまたは複数のボリュームをスケジュールchkdskダーティにあるものにします。Schedules one or more volumes to be checked when the computer is started, and runs chkdsk on those that are dirty.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

ドライブ C のファイル システムの種類を表示するには、次のように入力します。To display the type of file system for drive C, type:

chkntfs c:

次の出力では、NTFS ファイル システムを示します。The following output indicates an NTFS file system:

The type of the file system is NTFS.

注意

ファイルの自動チェックが実行をスケジュールに追加の出力が表示されます、チェックを示す、ドライブがダーティか手動で設定されているかどうかスケジュールを次回コンピューターを起動します。If automatic file checking is scheduled to run, additional output will display, indicating whether the drive is dirty or has been manually scheduled to be checked the next time the computer is started.

Autochk.exe 開始カウント ダウン時間を表示するには、次のように入力します。To display the Autochk.exe initiation countdown time, type:

chkntfs /t

たとえば、カウント ダウン時間が 10 秒に設定されている場合、次の出力が表示されます。For example, if the countdown time is set to 10 seconds, the following output displays:

The AUTOCHK initiation countdown time is set to 10 second(s).

Autochk.exe 開始のカウント ダウン時間を 30 秒に変更するに次のように入力します。To change the Autochk.exe initiation countdown time to 30 seconds, type:

chkntfs /t:30

注意

Autochk.exe 開始のカウント ダウン時間を 0 に設定することができますが、できなく時間がかかる可能性があるファイルの自動チェックをキャンセルします。Although you can set the Autochk.exe initiation countdown time to zero, doing so will prevent you from canceling a potentially time-consuming automatic file check.

/Xコマンド ライン オプションは、累積することはできません。The /x command-line option is not accumulative. 複数回入力する場合、最新のエントリには、前のエントリが上書きされます。If you type it more than once, the most recent entry overrides the previous entry. チェック対象から、複数のボリュームを除外するには、1 つのコマンドで各を一覧表示する必要があります。To exclude multiple volumes from being checked, you must list each of them in a single command. たとえば、D および E の両方のボリュームを除外する次のように入力します。For example, to exclude both the D and E volumes, type:

chkntfs /x d: e:

/Cコマンド ライン オプションが累積されます。The /c command-line option is accumulative. 入力した場合 /c各エントリが 2 回以上残ります。If you type /c more than once, each entry remains. 特定のボリュームだけがチェックされていることを確認するには、既定値は、前のすべてのコマンドをクリアして、チェック対象からすべてのボリュームを除外をリセットし、目的のボリュームで自動ファイル確認をスケジュールします。To ensure that only a particular volume is checked, reset the defaults to clear all previous commands, exclude all volumes from being checked, and then schedule automatic file checking on the desired volume.

たとえば、自動ファイル D ボリュームが C または E のボリュームではない確認をスケジュールするには、順序で、次のコマンドを入力します。For example, to schedule automatic file checking on the D volume but not the C or E volumes, type the following commands in order:

chkntfs /d
chkntfs /x c: d: e:
chkntfs /c d:

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key