cmd

コマンド インタープリターの新しいインスタンス Cmd.exe を開始します。 パラメーターを指定せずに使用した場合、cmd はオペレーティング システムのバージョンおよび著作権情報を表示します。

構文

cmd [/c|/k] [/s] [/q] [/d] [/a|/u] [/t:{<b><f> | <f>}] [/e:{on | off}] [/f:{on | off}] [/v:{on | off}] [<string>]

パラメーター

パラメーター 説明
/c string で指定されたコマンドを実行してから停止します。
/k string で指定されたコマンドを実行し、続行します。
/s /c または /k の後の string の処理を変更します。
/q エコーをオフにします。
/d 自動実行コマンドの実行を無効にします。
/a 内部コマンドの出力をパイプまたはファイルに米国規格協会 (ANSI) として書式設定します。
/U 内部コマンドの出力を Unicode としてパイプまたはファイルに書式設定します。
/t:{<b><f> | <f>} 背景 (b) 色と前景 (f) 色を設定します。
/e:on コマンド拡張機能を有効にします。
/e:off コマンドの拡張機能を無効にします。
/f:on ファイル名とディレクトリ名の入力候補を有効にします。
/f:off ファイル名とディレクトリ名の入力候補を無効にします。
/v:on 遅延環境変数の拡張を有効にします。
/v:off 遅延環境変数の拡張を無効にします。
<string> 実行するコマンドを指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

次の表に、<b><f> の値として使用できる有効な 16 進数の数字を示します。

Color
0 Black
1
2 [緑]
3 Aqua
4 [赤]
5
6
7
8 グレー
9 薄い青
a 明るい緑
b 水色
c 淡い赤
d 薄い紫
e 薄い黄
f 明るい白

解説

  • <string> に複数のコマンドを使用するには、コマンド区切り記号 && で区切り、それらを引用符で囲みます。 次に例を示します。

    "<command1>&&<command2>&&<command3>"
    
  • /c または /k を指定すると、cmd は、次の条件がすべて満たされている場合にのみ、string の残りの部分を処理し、引用符が保持されます。

    • /s も使用しません。

    • 正確に 1 組の引用符を使用します。

    • 引用符内に特殊文字 (&<> ( ) @ ^ | など) を使用しないでください。

    • 引用符で囲んだ 1 つ以上の空白文字を使用します。

    • 引用符で囲まれた string は、実行可能ファイルの名前です。

    前の条件が満たされていない場合、string は最初の文字を調べて開始引用符であるかどうかを確認することによって処理されます。 最初の文字が開始引用符の場合は、終わりの引用符と共に削除されます。 終わりの引用符の後に続くテキストはすべて保持されます。

  • /dstring に指定しない場合、Cmd.exe は、次のレジストリ サブキーを検索します。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\AutoRun\REG_SZ

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\AutoRun\REG_EXPAND_SZ

    一方または両方のレジストリ サブキーが存在する場合は、他のすべての変数の前に実行されます。

    注意事項

    レジストリを正しく編集しないと、システムが正常に動作しなくなる場合があります。 レジストリを変更する前に、コンピューター上の重要なデータのバックアップを作成する必要があります。

  • /e:off を使用して、特定のプロセスのコマンド拡張機能を無効にすることができます。 次の REG_DWORD 値を設定することにより、コンピューターまたはユーザー セッションのすべての cmd コマンドライン オプションに対する拡張機能を有効または無効にできます。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\EnableExtensions\REG_DWORD

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\EnableExtensions\REG_DWORD

    レジストリ内の REG_DWORD 値を 0×1 (有効) または 0×0 (無効) のいずれかに設定します。これには Regedit.exe を使用します。 ユーザー指定の設定はコンピューターの設定よりも優先され、コマンド ライン オプションはレジストリ設定よりも優先されます。

    注意事項

    レジストリを正しく編集しないと、システムが正常に動作しなくなる場合があります。 レジストリを変更する前に、コンピューター上の重要なデータのバックアップを作成する必要があります。

    コマンド拡張機能を有効にすると、次のコマンドが影響を受けます。

    • assoc

    • call

    • chdir (cd)

    • color

    • del (erase)

    • endlocal

    • for

    • ftype

    • goto

    • if

    • mkdir (md)

    • popd

    • prompt

    • pushd

    • set

    • setlocal

    • shift

    • start (外部コマンド プロセスの変更も含む)

  • 遅延環境変数の展開を有効にした場合、感嘆符文字を使用して、実行時に環境変数の値を置き換えることができます。

  • ファイル名とディレクトリ名の入力候補は、既定では有効になっていません。 cmd コマンドを /f:{on | off} と一緒に使用して、その特定のプロセスに対して、ファイル名の入力候補を有効または無効にできます。 次のREG_DWORD 値を設定することにより、コンピューターまたはユーザー セッションの cmd コマンドのすべてのプロセスに対するファイル名とディレクトリ名の入力候補を有効または無効にできます。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\CompletionChar\REG_DWORD

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar\REG_DWORD

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\CompletionChar\REG_DWORD

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar\REG_DWORD

    REG_DWORD 値を設定するには、Regedit.exe を実行し、特定の関数に対して制御文字の 16 進数値を使用します (たとえば、0×9 は TAB であり、0×08 は BACKSPACE)。 ユーザー指定の設定はコンピューターの設定よりも優先され、コマンド ライン オプションはレジストリ設定よりも優先されます。

    注意事項

    レジストリを正しく編集しないと、システムが正常に動作しなくなる場合があります。 レジストリを変更する前に、コンピューター上の重要なデータのバックアップを作成する必要があります。

  • /F: onを使用してファイル名とディレクトリ名の入力候補を有効にした場合は、ディレクトリ名の入力候補に Ctrl + D キーを使用し、ファイル名の入力候補に Ctrl + F キーを使用します。 レジストリ内の特定の完了文字を無効にするには、これは有効な制御文字ではないため、空白の値 [0×20] を使用します。

    • Ctrl + D キーまたは Ctrl + F キーを押すと、ファイル名とディレクトリ名の入力候補が処理されます。 これらのキーの組み合わせ関数は、ワイルドカード文字を string に追加し (存在しない場合)、一致するパスのリストを作成して、最初に一致したパスを表示します。

      パスが一致しない場合、ファイル名とディレクトリ名の入力候補機能はビープ音を鳴らし、表示を変更しません。 一致するパスの一覧を移動するには、Ctrl + D キーまたは Ctrl + F キーを繰り返し押します。 リストを後方に移動するには、SHIFT キーを押しながら、Ctrl + D キーまたは Ctrl + F キーを同時に押します。 一致するパスの保存済みリストを破棄して新しいリストを生成するには、文字列 を編集し、Ctrl + D キーまたは Ctrl + F キーを押します。 Ctrl+D キーと Ctrl+F キーを切り替えると、一致したパスの保存された一覧が破棄され、新しいリストが生成されます。 Ctrl + D キーと Ctrl + F キーの組み合わせの唯一の違いは、Ctrl + D キーはディレクトリ名のみと一致し、Ctrl + F キーはファイル名とディレクトリ名の両方に一致するという点です。 組み込みのディレクトリ コマンド (CDMDRD) でファイル名とディレクトリ名の入力候補を使用すると、ディレクトリの補完が想定されます。

    • ファイル名とディレクトリ名の入力候補では、一致するパスを引用符で囲むと、空白や特殊文字を含むファイル名が正しく処理されます。

    • 次の特殊文字を引用符で囲む必要があります: &<> [ ] | { } ^ = ; ! ' + , ` ~ [空白]。

    • スペースや特殊文字が入力する情報が含まれる場合は、テキストを囲む引用符を使用する必要があります (たとえば、"コンピューター名")。

    • ファイル名とディレクトリ名の入力候補を string 内から処理する場合は、カーソルの右側にある path の任意の部分が破棄されます (入力候補が処理された位置の string 内)。

その他のリファレンス