eventcreateeventcreate

管理者は、指定されたイベント ログにカスタム イベントを作成できます。Enables an administrator to create a custom event in a specified event log. このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

eventcreate [/s <Computer> [/u <Domain\User> [/p <Password>]] {[/l {APPLICATION|SYSTEM}]|[/so <SrcName>]} /t {ERROR|WARNING|INFORMATION|SUCCESSAUDIT|FAILUREAUDIT} /id <EventID> /d <Description>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s<コンピューター >/s <Computer> 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。Specifies the name or IP address of a remote computer (do not use backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u <Domain\User>/u <Domain\User> 指定されたユーザーのアカウント権限でコマンドを実行<ユーザー > または < domain \user >。Runs the command with the account permissions of the user specified by <User> or <Domain\User>. 既定では現在のコマンドを実行するコンピューターのユーザー ログオンのアクセス許可です。The default is the permissions of the current logged on user on the computer issuing the command.
/p<パスワード >/p <Password> 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
/l {アプリケーション|システム}/l {APPLICATION|SYSTEM} イベントを作成するイベント ログの名前を指定します。Specifies the name of the event log where the event will be created. 有効なログ名は、アプリケーションおよびシステムです。The valid log names are APPLICATION and SYSTEM.
/so <SrcName>/so <SrcName> イベントに使用するソースを指定します。Specifies the source to use for the event. 有効なソースは、任意の文字列と、アプリケーションまたはイベントを生成するコンポーネントを表す必要があります。A valid source can be any string and should represent the application or component that is generating the event.
/t {エラー|警告|情報|/t {ERROR|WARNING|INFORMATION|
SUCCESSAUDIT|FAILUREAUDIT}SUCCESSAUDIT|FAILUREAUDIT}
作成するイベントの種類を指定します。Specifies the type of event to create. 有効な型は、エラー、警告、情報、SUCCESSAUDIT、および failureaudit です。The valid types are ERROR, WARNING, INFORMATION, SUCCESSAUDIT, and FAILUREAUDIT.
/id <EventID>/id <EventID> イベントのイベント ID を指定します。Specifies the event ID for the event. 有効な ID は、1 から 1000 の任意の数です。A valid ID is any number from 1 to 1000.
/d<説明 >/d <Description> 新しく作成されたイベントに使用する説明を指定します。Specifies the description to use for the newly created event.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • カスタム イベントは、セキュリティ ログに書き込むことはできません。Custom events cannot be written to the security log.

Examples

次の例では、eventcreate コマンドを使用する方法を示します。The following examples show how you can use the eventcreate command:

eventcreate /t error /id 100 /l application /d "Create event in application log"
eventcreate /t information /id 1000 /so winmgmt /d "Create event in WinMgmt source"
eventcreate /t error /id 2001 /so winword /l application /d "new src Winword in application log"
eventcreate /s server /t error /id 100 /l application /d "Remote machine without user credentials"
eventcreate /s server /u user /p password /id 100 /t error /l application /d "Remote machine with user credentials"
eventcreate /s server1 /s server2 /u user /p password /id 100 /t error /so winmgmt /d "Creating events on Multiple remote machines"
eventcreate /s server /u user /id 100 /t warning /so winmgmt /d "Remote machine with partial user credentials"

その他の参照情報Additional References

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key