eventcreate

管理者が、指定したイベント ログにカスタム イベントを作成できるようにします。

重要

カスタム イベントはセキュリティ ログには書き込まれません。

構文

eventcreate [/s <computer> [/u <domain\user> [/p <password>]] {[/l {APPLICATION|SYSTEM}]|[/so <srcname>]} /t {ERROR|WARNING|INFORMATION|SUCCESSAUDIT|FAILUREAUDIT} /id <eventID> /d <description>

パラメーター

パラメーター 説明
/s <computer> 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。 既定値はローカル コンピューターです。
/u <domain\user> <user> または <domain\user> で指定されたユーザーのアカウント アクセス許可でコマンドを実行します。 既定値は、コマンドを発行するコンピューター上の現在ログオンしているユーザーのアクセス許可です。
/p <password> 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。
/l {APPLICATION | SYSTEM} イベントが作成されるイベント ログの名前を指定します。 有効なログ名は APPLICATION または SYSTEM です。
/so <srcname> イベントに使うソースを指定します。 有効なソースは任意の文字列です。イベントを生成しているアプリケーションまたはコンポーネントを表すものを指定する必要があります。
/t {ERROR | WARNING | INFORMATION | SUCCESSAUDIT | FAILUREAUDIT} 作成するイベントの種類を指定します。 有効な種類は、ERRORWARNINGINFORMATIONSUCCESSAUDITFAILUREAUDIT です。
/id <eventID> イベントのイベント ID を指定します。 有効な ID は 1 から 1000 の任意の数値です。
/d <description> 新しく作成するイベントに使う説明を指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

次の例は、eventcreate コマンドの使用方法を示しています。

eventcreate /t ERROR /id 100 /l application /d "Create event in application log"
eventcreate /t INFORMATION /id 1000 /d "Create event in WinMgmt source"
eventcreate /t ERROR /id 201 /so winword /l application /d "New src Winword in application log"
eventcreate /s server /t ERROR /id 100 /l application /d "Remote machine without user credentials"
eventcreate /s server /u user /p password /id 100 /t ERROR /l application /d "Remote machine with user credentials"
eventcreate /s server1 /s server2 /u user /p password /id 100 /t ERROR /d "Creating events on Multiple remote machines"
eventcreate /s server /u user /id 100 /t WARNING /d "Remote machine with partial user credentials"

その他のリファレンス