表記Format

適用先:Windows 10、Windows Server 2016Applies To: Windows 10, Windows Server 2016

Windows ファイルをそのまま使用するディスクをフォーマットします。Formats a disk to accept Windows files.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

format <Volume> [/fs:{FAT|FAT32|NTFS}] [/v:<Label>] [/q] [/a:<UnitSize>] [/c] [/x] [/p:<Passes>]
format <Volume> [/v:<Label>] [/q] [/f:<Size>] [/p:<Passes>]
format <Volume> [/v:<Label>] [/q] [/t:<Tracks> /n:<Sectors>] [/p:<Passes>]
format <Volume> [/v:<Label>] [/q] [/p:<Passes>]
format <Volume> [/q]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ボリューム ><Volume> マウント ポイント、ボリューム名、または書式を設定するドライブのドライブ文字 (コロンに続く) を指定します。Specifies the mount point, volume name, or drive letter (followed by a colon) of the drive that you want to format. 次のコマンド ライン オプションのいずれかを指定しない場合形式ボリュームの種類を使用して、ディスクの既定の形式を決定します。If you do not specify any of the following command-line options, format uses the volume type to determine the default format for the disk.
/fs: {FAT/fs:{FAT FAT32FAT32
/v:<ラベル >/v:<Label> ボリューム ラベルを指定します。Specifies the volume label. 省略した場合、 /vコマンド ライン オプションや、ボリューム ラベルを指定せずに使用形式フォーマットが完了した後、ボリューム ラベルの求めします。If you omit the /v command-line option or use it without specifying a volume label, format prompts you for the volume label after the formatting is complete. ボリューム ラベルの入力が要求されないようにするには、構文 /v: を使用します。Use the syntax /v: to prevent the prompt for a volume label. 複数のディスクをフォーマットするのに 1 つの format コマンドを使用すると、すべてのディスクに同じボリューム ラベルが割り当てられます。If you use a single format command to format more than one disk, all of the disks will be given the same volume label.
/a:<UnitSize >/a:<UnitSize> FAT、FAT32、または NTFS ボリュームで使用するアロケーション ユニット サイズを指定します。Specifies the allocation unit size to use on FAT, FAT32, or NTFS volumes. UnitSize を指定しなかった場合は、ボリューム サイズに基づいて選択されます。If you do not specify UnitSize, it is chosen based on volume size. 一般的な用途には、既定の設定を使用することを強くお勧めします。Default settings are strongly recommended for general use. 以下の一覧に、NTFS、FAT、および FAT32 での UnitSize の有効な値を示します。The following list presents valid values for NTFS, FAT, and FAT32 UnitSize:
512512
10241024
20482048
40964096
81928192
16K16K
32K32K
64K64K
セクター サイズが 512 バイトを超える場合は、FAT と FAT32 は 128K と 256K もサポートします。FAT and FAT32 also support 128K and 256K for a sector size greater than 512 bytes.
/q/q クイック フォーマットを実行します。Performs a quick format. ファイル テーブルと、以前にフォーマットされたボリュームのルート ディレクトリを削除しますが、不良領域は、セクターごとのスキャンは実行されません。Deletes the file table and the root directory of a previously formatted volume, but does not perform a sector-by-sector scan for bad areas. 使用する必要があります、 /q形式のみをコマンド ライン オプションが以前に正常な状態ではわかっているボリュームをフォーマットします。You should use the /q command-line option to format only previously formatted volumes that you know are in good condition. /q/p を上書きすることに注意してください。Note that /q overrides /p.
/f:<サイズ >/f:<Size> フォーマットするフロッピー ディスクのサイズを指定します。Specifies the size of the floppy disk to format. 可能であればの代わりにこのコマンド ライン オプションを使用して、 /t/nコマンド ライン オプション。When possible, use this command-line option instead of the /t and /n command-line options. Windows では、サイズとして次の値を使用できます。Windows accepts the following values for size:
- 1440 または 1440k または 1440kb- 1440 or 1440k or 1440kb
- 1.44 または 1.44m または 1.44mb- 1.44 or 1.44m or 1.44mb
-1.44 MB、両面、4 回密度、3.5 インチ ディスク- 1.44-MB, double-sided, quadruple-density, 3.5-inch disk
/t:<トラック >/t:<Tracks> ディスクのトラック数を指定します。Specifies the number of tracks on the disk. 可能であればを使用して、 /fコマンド ライン オプションを使用します。When possible, use the /f command-line option instead. /t オプションを使用する場合は、 /n オプションも使用する必要があります。If you use the /t option, you must also use the /n option. これらのオプションを併用して、フォーマットするディスクのサイズを指定する代替の方法とすることができます。These options together provide an alternative method of specifying the size of the disk that is being formatted. /f オプションと同時に使用した場合、このオプションは無効です。This option is not valid with the /f option.
/n:<セクター >/n:<Sectors> トラック 1 つあたりのセクターの数を指定します。可能であればを使用して、 /fコマンド ライン オプションの代わりに /nします。Specifies the number of sectors per track. When possible, use the /f command-line option instead of /n. /n を使用する場合は、 /t も使用する必要があります。If you use /n, you must also use /t. これらの 2 つのオプションを併用して、フォーマットするディスクのサイズを指定する代替の方法とすることができます。These two options together provide an alternative method of specifying the size of the disk that is being formatted. /f オプションと同時に使用した場合、このオプションは無効です。This option is not valid with the /f option.
/p:<パス >/p:<Passes> ボリューム上のゼロ間隔セクターの回数を指定します。Zeros every sector on the volume for the number of passes specified. /q オプションと同時に使用した場合、このオプションは無効です。This option is not valid with the /q option.
/c/c NTFS のみ。NTFS only. 新しいボリュームに作成されるファイルが、既定で圧縮されます。Files created on the new volume will be compressed by default.
/x/x フォーマット前に、必要に応じてボリュームのマウントを解除します。Causes the volume to dismount, if necessary, before it is formatted. ボリュームに対して開いているハンドルは、無効になります。Any open handles to the volume will no longer be valid.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 管理資格情報Administrative credentials

    ハード ドライブをフォーマットする Administrators グループのメンバーがあります。You must be a member of the Administrators group to format a hard drive.

  • 使用して形式Using format

    形式コマンドは、ディスクの新しいルート ディレクトリとファイル システムを作成します。The format command creates a new root directory and file system for the disk. ディスク上の不良領域もチェックし、ディスク上のすべてのデータを削除できます。It can also check for bad areas on the disk, and it can delete all data on the disk. 新しいディスクを使用するには、このコマンドを使用してディスクをフォーマットする必要があります。To be able to use a new disk, you must first use this command to format the disk.

  • ボリューム ラベルを追加します。Adding a volume label

    フロッピー ディスクでは、書式設定後形式次のメッセージが表示されます。After formatting a floppy disk, format displays the following message:

    Volume label (11 characters, ENTER for none)?

    ボリューム ラベルを追加するには、最大 11 文字を (スペースを含む) を入力します。To add a volume label, type up to 11 characters (including spaces). ディスクにボリューム ラベルを追加しない場合は、ENTER キーを押します。If you do not want to add a volume label to the disk, press ENTER.

  • ハード ディスク フォーマットFormatting a hard disk

注意

ハード_ディスクをフォーマットする Administrators グループのメンバーがあります。You must be a member of the Administrators group to format a hard disk.

使用すると、形式ハード ディスクでは、次のような警告メッセージの書式設定コマンド。When you use the format command to format a hard disk, a warning message similar to the following displays:

WARNING, ALL DATA ON NON-REMOVABLE DISK 
DRIVE x: WILL BE LOST! 
Proceed with Format (Y/N)? _ 

ハード ディスクをフォーマットするには、; Y キーを押します.ディスクをフォーマットしたくない場合は、N キーを押しますTo format the hard disk, press Y; if you do not want to format the disk, press N.

  • ユニットのサイズUnit size

    FAT ファイル システムは、65526 へのクラスターの数を制限します。FAT file systems restrict the number of clusters to no more than 65526. FAT32 ファイル システムでは、65527 4177917 間にクラスターの数を制限します。FAT32 file systems restrict the number of clusters to between 65527 and 4177917.

    アロケーション ユニット サイズが 4096 を超える場合、NTFS 圧縮はサポートされません。NTFS compression is not supported for allocation unit sizes above 4096.

注意

形式指定したクラスターのサイズを使用して、上記の要件を満たすことができないことを判断した場合の処理がただちに停止します。Format will immediately stop processing if it determines that the previous requirements cannot be met using the specified cluster size.

  • 形式メッセージFormat messages
When formatting is complete, **format** displays messages that show the total disk space, the spaces marked as defective, and the space available for your files.
  • クイック フォーマットQuick formatting

    書式設定プロセスを加速するを使用して、 /qコマンド ライン オプション。You can speed up the formatting process by using the /q command-line option. ハード ディスクに不良セクターがない場合に限り、このオプションを使用します。Use this option only if there are no bad sectors on your hard disk.

  • 再び割り当てられたドライブやネットワーク ドライブに対する format の使用Using format with a reassigned drive or a network drive

    subst コマンドを使用して準備されたドライブには、format コマンドを使用しないでください。You should not use the format command on a drive that was prepared by using the subst command. ネットワーク経由でディスクをフォーマットすることはできません。You cannot format disks over a network.

  • format の終了コードFormat exit codes

    次の表に、終了コードとその意味の簡単な説明を示します。The following table lists each exit code and a brief description of its meaning.

    終了コードExit code 説明Description
    00 フォーマット操作が正常に完了しました。The format operation was successful.
    11 誤ったパラメーターが指定されました。Incorrect parameters were supplied.
    44 致命的なエラーが発生しました (つまり 0、1、または 5 以外のエラー)。A fatal error occurred (which is any error other than 0, 1, or 5).
    55 ユーザーが押した「形式 (Y/N) の続行しますか?」プロンプトへの応答内の NThe user pressed N in response to the prompt "Proceed with Format (Y/N)?" 停止するために N を押しました。to stop the process.

    ERRORLEVEL 環境変数と if バッチ コマンドを使用して、これらの終了コードを確認できます。You can check these exit codes by using the ERRORLEVEL environment variable with the if batch command.

  • 回復コンソールでの format の使用Using format at the Recovery Console

    パラメーターが異なる format コマンドを回復コンソールから利用できます。The format command, with different parameters, is available from the Recovery Console.

Examples

既定のサイズを使用して、ドライブ A で新しいフロッピー ディスクをフォーマットするには、次のように入力します。To format a new floppy disk in drive A using the default size, type:

format a:

ドライブ A で以前にフォーマットされたフロッピー ディスクのクイック フォーマット操作を実行するには、次のように入力します。To perform a quick format operation on a previously formatted floppy disk in drive A, type:

format a: /q

ドライブ A でフロッピー ディスクをフォーマットして、ボリューム ラベル "DATA" を割り当てるには、次のように入力します。To format a floppy disk in drive A and assign it the volume label "DATA," type:

format a: /v:DATA

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key