ftypeftype

表示またはファイル名拡張子の関連付けで使用されているファイルの種類を変更します。Displays or modifies file types that are used in file name extension associations. 代入演算子を使用せずに使用する場合 (=)、 ftype 指定したファイルの種類に対して現在開いているコマンド文字列を表示します。If used without an assignment operator (=), ftype displays the current open command string for the specified file type. パラメーターを指定せずに使用する場合 ftype 開いているコマンド文字列が定義されているファイルの種類が表示されます。If used without parameters, ftype displays the file types that have open command strings defined.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

ftype [<FileType>[=[<OpenCommandString>]]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<FileType><FileType> 表示または変更するファイルの種類を指定します。Specifies the file type to display or change.
<OpenCommandString ><OpenCommandString> 指定したファイルの種類のファイルを開くときに使用する開いているコマンド文字列を指定します。Specifies the open command string to use when opening files of the specified file type.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

次の表方法 ftype [開く] コマンド文字列内の変数に置換します。The following table describes how ftype substitutes variables within an open command string:

変数Variable 置換値Replacement value
%0 または %1%0 or %1 アソシエーションを起動して、ファイル名と置き換えを取得します。Gets substituted with the file name being launched through the association.
%* すべてのパラメーターを取得します。Gets all of the parameters.
%2, %3, ...%2, %3, ... 最初のパラメーター (%2)、2 番目のパラメーター (%3) およびなどを取得します。Gets the first parameter (%2), the second parameter (%3), and so on.
%~<N>%~<N> 以降で、残りのパラメーターのすべてを取得、 N番目のパラメーター位置 N 2 ~ 9 の任意の数値を指定できます。Gets all of the remaining parameters starting with the Nth parameter, where N can be any number from 2 to 9.

Examples

開いているコマンド文字列が定義されている現在のファイルの種類を表示するには、次のように入力します。To display the current file types that have open command strings defined, type:

ftype

現在開いているコマンド文字列を表示する、 txtfile ファイルの種類、種類。To display the current open command string for the txtfile file type, type:

ftype txtfile

このコマンドには、次のような出力が生成されます。This command produces output similar to the following:

txtfile=%SystemRoot%\system32\NOTEPAD.EXE %1

呼ばれるファイルの種類の開いているコマンド文字列を削除する , 、種類。To delete the open command string for a file type called Example, type:

ftype example=

.Pl ファイル名拡張子を PerlScript ファイルの種類に関連付け、PERL を実行する PerlScript ファイルの種類を有効にします。実行可能ファイルで、次のコマンドを入力します。To associate the .pl file name extension with the PerlScript file type and enable the PerlScript file type to run PERL.EXE, type the following commands:

assoc .pl=PerlScript 
ftype PerlScript=perl.exe %1 %*

Perl スクリプトを呼び出すときに、.pl のファイル名拡張子を入力する必要をなくすためには、次のように入力します。To eliminate the need to type the .pl file name extension when invoking a Perl script, type:

set PATHEXT=.pl;%PATHEXT%

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key